ジョー さん プロフィール

  •  
ジョーさん: 森林インストラクター豊島襄のフィールドノート
ハンドル名ジョー さん
ブログタイトル森林インストラクター豊島襄のフィールドノート
ブログURLhttp://forestjo.exblog.jp/
サイト紹介文ご一緒に自然に親しみ、環境問題を考えてみませんか。 私が見つけた驚き、感動をビビッドにレポート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/10/09 21:11

ジョー さんのブログ記事

  • No.1402 北杜市白州への往還―かりさかみち
  •  山梨県北杜市白州の「難病のこども支援全国ネットワーク・あおぞれ共和国」への森林ボランティア遠征の往還には、初めての道を使い、秋の気配の深まる山岳、山村などの風景を楽しみながらゆっくりとドライブしてきました。行きも帰りもしっとり雨の中でしたが。 コースは、さいたま市から秩父市に抜け、昔の「かりさかみち」を通って、甲斐の国へ。「かつての、武蔵国の秩父盆地と甲斐国を結ぶ峠。「かりさかみち」とも呼称され [続きを読む]
  • No.1401 山梨県北杜市白州 森林ボランティア遠征
  •  一昨日からあしかけ三日間、山梨県北杜市白州の「難病のこども支援全国ネットワーク」の保養施設「あおぞら共和国」(https://www.nanbyonet.or.jp/yumeproject/)の草刈りイベントに参加してきました。 「草刈りイベント」と言いながら私たち「森づくり集団『栞』」の6人の有志は、主にアカマツの大木の伐採。 予定では13日(金)午後、14日(土)の作業と、今日は近くの尾白川渓谷の自然観察会でしたが、一昨日、今日は雨。 [続きを読む]
  • No.1400 恒例の南草津里山体験会
  •  このところ毎年春秋の二回行っている南草津里山クラブ主催のイベント「里山体験会(同時開催:キノコ料理を楽しむ)」を、昨日行ってきました。 国の「森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業 教育・研修活動」という厳めしいタイトルのイベントです。 群馬県下では夏日にもなったという暑い一日でしたが、木洩れ陽燦々の白根高原の秋日和の林間を皆さん楽しんでいただいたものと思います。 朝から浅間もくっきり。 15名と [続きを読む]
  • No.1399 奥日光の秋を求める散策 拾遺集
  •  前回の「小田代ヶ原の秋を歩く」をメインステージとする奥日光散策の拾遺集です。 東武日光線の電車での朝の足し寝から目覚めると、目の前に男体山が。 天気予報では「一日曇り」だったが・・・。 歩き始めは、龍頭の滝  紅葉始まるも、見ごろはもうちょっと先。 龍頭の滝 を上から。だいぶん紅葉が進んでいる。 向こうの湖面が中禅寺湖。 上流部 ミズナラの明るい黄葉林でお弁当。 カラマツとミズナラの黄葉の中を、 [続きを読む]
  • No.1398 奥日光・小田代ヶ原の秋を歩く
  •  旧自由時間倶楽部・「山と温泉の会」(自主運営)の仲間と日帰りで奥日光の秋を歩いてきました。 「龍頭の滝」から「小田代ヶ原」「戦場ヶ原」を経由し、日光湯元温泉へ。最後は「温泉の会」として国民休暇村の立ち寄り湯に浸かって帰ってきました。「いい湯」でした。 今回は、そのうちのハイライト・小田代ヶ原 標高1400mの湿原の秋です。 正面のシラカバが、カメラスポットとして有名な「小田代ヶ原の貴婦人」(https:// [続きを読む]
  • No.1397 最高の秋日和の中の林間の一日
  •  他用があって二ヶ月ご無沙汰していた森づくり集団「栞」の月一回の作業日。10月の作業日が今日ありました。 今日は、今秋最高の秋日和、暑くもなく寒くもない気持ちのいい林間の一日を過ごしてきました。 紅黄葉はまだですが、木漏れ日が気持ちのいい所沢市下富のフィールド。 準備体操をして、スタート。 といっても、今日の作業は「植生調査」 私たちが手入れをしている林が、経年でどのように変化をしていくかをウォッチ [続きを読む]
  • 北海道からは初雪の便り
  •  北海道・大雪山系では昨日に初雪を見たとか。もうそんな季節になったのですね。 関東地方も今日は、木枯らし一号というほどでもないですが北風が吹いて気温もぐっと下がりました。 夕方には、富士山も。 富士山の初冠雪の「平年値」は9/30、明日とのことですが、その気配はありません。 空には冴えた半月が。 一方、ベランダではトロピカルなハイビスカスが夕陽を受けて。 ハワイのレイの花・プルメリアも。 [続きを読む]
  • No.1396 雨上がりの白根高原の初秋
  •  二ヶ月ぶりの南草津里山整備の夜は一晩中の雨。 しかし翌朝午前九時には雨が上がり、雲の切れ間から日差しも。さっそく近くの山村の中の道を散策。白根高原の初秋の風景です。 この道は、草軽電鉄の廃線軌道跡がそのまま道になっています。 嬬恋キャベツ畑と、向こうが南草津里山。 天に至る。 雨は上がるが、浅間は見えず。 雨上がりの急な日射で畑には湯気が立ち登っている。 もう紅葉始まる。 今日の出会い 仙が入駐 [続きを読む]
  • No.1395 二か月余ぶりの南草津里山森林整備
  •  7月15日以来、夏休みで行われていなかった南草津里山クラブの森林整備、二カ月余ぶりで今日やりました。 今日は白根高原は曇り空、これといった風景もお花などもないので、整備の様子だけで。 二カ月余ぶりで、大好きな森林作業に飢えていたのか? 皆さん張り切って気持ちのいい汗をかきました。 「お疲れさん」の作業終了時。 皆、大車輪で10本以上のナラ、ミズキなどの大木を伐採、片づけをしました。 ナラ大木の切り株 [続きを読む]
  • 台風一過
  •  昨夜、日本海沿岸を駆け抜けた台風18号、関東地方ではほとんど知らない間に通り過ぎたという感じですが、畑に行ってみるとミニトマトの棚が多少傾くなど影響はあったようです。 今朝は、台風一過、急速に回復していく様子を、霊峰富士の時間ごとの推移で。 [続きを読む]
  • No.1393 秩父・長瀞七草寺巡り本番
  •  旧自由時間倶楽部「サークル埼玉」のイベント「長瀞七草寺巡り」、担当幹事として「下見(http://forestjo.exblog.jp/27997833/」の記事は書きましたが、昨日がその本番。 良過ぎるほどの天気で日差しは強かったですが、それでも北の高気圧から吹き出す風はひんやり。10名の参加がありました。 オミナエシの真性寺にて。 多宝寺のキキョウ 法善寺のフジバカマ 真性寺のオミナエシ オミナエシとオトコエシ  秋の七草では [続きを読む]
  • 「ブランド」というもの
  •  このところ暇にあかせて、身の程知らずの経済書を読むことが多いが、また一冊を読んでいて、ある感慨を覚えたので書いてみる。 加藤出著「日銀、出口なしー異次元緩和の次に来る危機」、日銀ウォッチャー第一人者といわれる著者が日銀の異次元金融緩和への疑問、危惧をまとめた書であるが、ここでの話はその主題についてではない。 ここで触れたいテーマは、「ブランド」というものについて。 私は、現役時代のほとんどを「ブ [続きを読む]
  • No.1391 秋色漂い始めた白根高原
  •  今日の「外来植物駆除イベント(同時開催:自然観察会)」のために昨日、今日と白根高原に行ってきました。 今年の関東は、夏を飛ばして秋が来た? 白根高原にも秋色が色濃く漂い始めています。イベントの様子は次回として、今回は「秋色漂い始めた白根高原」 澄んだ秋空に、早朝の浅間サルビアと。コスモスと。取り入れを急ぐ嬬恋キャベツ畑。取り入れを終えたキャベツ畑悠々空を舞う、?鳥もう一か月もすると、紅葉に彩られ [続きを読む]
  • No.1389 最も暑い日を選んでの?高尾登山
  •  8月に入っての東京の連続降雨日数が21日で途絶え、ようやく暑い夏が帰ってきた。天候不順で体のなまった皆んなの相談がなった「高尾友の会」の5人で、このところの中でも最も暑い日の今日を選んで?高尾山に登ってきました。 来た甲斐があった! 見事な夏富士が。もみじ台にて。 富士を愛でる高尾山の主(2300回以上登山)のモー君と三人の女性の仲間。 高尾からさらに足を延ばして裏高尾の城山に。暑い! 城山山頂(670m) [続きを読む]
  • 経済学という「科学」
  •  このところの「毎日雨!」の不順な天候に祟られ、アウトドア派の私としては時間を持て余している。 ということでここ二・三日、畑違いの本を読んでいる。大きくいえば「経済学」の本。もう何度か読み直した本もあり、だいぶん理解が出来るようになってきた。 面白いネタがあったので、また暇にあかせて、いつもとは毛色の違ったブログを書いてみる。 「経済学という『科学』」 上の本は、いずれも日銀の「異次元金融緩和」の [続きを読む]
  • 濡れそぼる畑
  •  今日も未明まで降り続け、関東地方は8月に入り17日間毎日ぜーんぶ雨! 40年ぶり史上二番目の記録だだという。さらに明日からの3〜4日も続くかもしれない。 昨日など最高気温が25℃にも達しなかった。猛暑といわれてきた今夏だが、むしろ冷夏のおかげで過ごしやすいが、日照不足など不順な天候により各地で農産物も生育障害が起きているという。 雨が上がったのでさっそくMy畑に行ってきた。アスパラガスに付く玉つゆ落花生の [続きを読む]
  • No.1388 バラギ湖下見
  •  ちょっとした用事で白根高原に来ています。 ついでにバラギ湖周辺を下見。来月初めここで外来種駆除のイベントをするのでその現場と、その時に併せ行う自然観察会の講師を依頼させれているので、その下見です。 隣接のオートモービル・キャンプ場はお盆連休で大賑わい。湖上も賑わい。出会ったお花たちオニユリヤマトリカブトフシグロセンノウハンゴンソウ  クサレダマクガイソウサワギキョウアキアカネ [続きを読む]
  • No.1387 標高2000mのお花たちなどオンパレード
  •  標高2000mの高峰高原、池の平湿原などで出会った お花たちなどのオンパレード です。全30連発(出会った順番に)高峰高原クルマユリ:ゆり科 コオニユリに似るが、葉が輪生。ワレモコウ:ばら科シュロソウ:ゆり科 葉の形がシュロに似るなどから。マルバタケブキ:きく科シモツケソウ:ばら科ニッコウキスゲ:ゆり科シャジクソウ:まめ科 葉の付き方が「車軸」に似るからという。池の平湿原カワラナデシコ:なでしこ科クモキ [続きを読む]
  • No.1386 雲上の三日間
  • 旧自由時間倶楽部の「山と温泉の会」と「サークル埼玉」の有志による合同の夏季イベントは、その両サークルの大御所Hさん(御年80ウン歳)の肝煎りで標高2000mの高峰高原・嬬恋村の日本大学ワンダーフォーゲル部山小屋(日大ワンゲル部OB会の大御所でもあり)で二泊三日の雲上の旅を過ごしてきました。私は、同山小屋はもう何度目かのお世話になりますが、下界の台風や猛暑はどこ吹く風? 快適な三日間でした。 第一日目の夜は [続きを読む]
  • No.1385 急に思い立って高尾へ
  •  このところ雨が多く畑もやらず身体もなまってきた。今日は雨の心配もなく、熱暑にもならないようだ。 そういえば今週末は浅間山系に山行き。  急に思い立って5時起きで高尾山へ。週末の足慣らしのためにも。モー君・小中学の同級生で年間300日以上も高尾に登っている友人に声をかけるも旅行中。ということで一人山行き。 七時には高尾山口駅からスタート。それでももう。 一人歩きには山の霊気が一入。樹高40mの杉の大木が [続きを読む]
  • No.1384 往復7時間の鈍行の旅
  •  昨日、行こうと思って高崎まで行ったが、前夜の大雨で吾妻線が中之条から先の不通であえなく撤退した草津行き。一日で復旧したので今日、行ってきました。 報復7時間の鈍行の旅。向こうにいたのは約3時間。ほとんどを長閑な電車旅の一日でした。 大人の休日倶楽部・ジパングの3割引きで往復¥3620. 単線の吾妻線。昨日はもうこの区間も不通でした。 例の八ッ場ダムのために付け替えられた新線は、ほとんどトンネル。以前は [続きを読む]