HUTAN さん プロフィール

  •  
HUTANさん: 工房HUTAN
ハンドル名HUTAN さん
ブログタイトル工房HUTAN
ブログURLhttp://hutan174.blog95.fc2.com/
サイト紹介文竹を使った和雑貨を製作している「工房うーたん」のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/10/09 20:18

HUTAN さんのブログ記事

  • 岳切渓谷
  • 大分県宇佐市院内町にある岳切渓谷(たっきりけいこく)山の上にあり自然豊かな渓谷は、一枚岩の岩盤を流れる清流が約2?にわたって続き、素足で沢歩きが愉しめます。ほとんどがくるぶしぐらいの深さで、時々深いところもある両側が木で覆われていて日陰になっているので涼しい小さい魚やカエルに時々会える行きは川の流れに沿って水の中を歩き帰りは流れに逆らうので、この小道を歩いで戻る最高の避暑地なのだ入場料が200円と [続きを読む]
  • ギャラクシーふくなが展示会
  • 2018年6月29日(金)〜7月8日(日)山口県宇部市のギャラクシーふくなが での展示会やってます今年は24名の職人が出展しました油布先生の宗全花篭にガマの穂が生けてあります左手の赤いバッグはbamboo sunaの新作です手前のお座敷バッグミニはHUTANの新作です真ん中のキャンドルホルダーは高さが二種類でちょっとした花や葉っぱを入れても可愛いです四つ目のマットはテーブルコーディネートに色々使えると思います今回初出展の [続きを読む]
  • 初夏の新作2018
  • お座敷バッグの新作ですNo.95 銘仙 紫に朱赤の菱形模様水色のアクセントが素敵です内側 炭色(藍染袢纏の黒が使いこんで炭色になったもの)ビーズ 青No.96 絞り絹 大きい柄の豆絞り内側 黒 ビーズ 黒と青No.97 ニコニコ綿(明治から昭和初期にかけての着物生地、絣模様が多かったのでニコニコと呼ばれたそうです)黒地に花と幾何学模様 内側 小豆色 ビーズ オレンジと黄色No.98 銘仙 ピンクに豆絞りと花柄 [続きを読む]
  • お座敷バッグ ミニ
  • お座敷バッグにミニができました今回の内布は、藍を半分、柄を半分にしてもらいました。藍の生地は高いので本当は値段が違うんだけど販売価格は一緒にしました。No.1キリッとした紺内側とビーズが赤でメリハリが効いた素敵なコントラストです。No.2絣らしい模様、内側赤No.3爽やかな藍の色内側山吹色No.4可愛らしい赤、内側黄色No.5豆絞り、やっぱり可愛いね、内側黒No.6オレンジ系花柄、内側緑系No.7茶色に青系の花模様、 [続きを読む]
  • 五月の関西旅行
  • 5月2日大分空港出発伊丹に着いてバスで阿倍野に移動し大阪市立美術館へ「鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」という戯画を中心とした展示を見ました面白漫画的な要素が大きく見ていて笑えてきましたほのぼのとしたストーリーで昔の人々ののどかな暮らしぶりが伺えますお客さんが多くて見にくい場所もあったのでぐるぐる何周か周ったため疲れてしまいました宿の京都へ移動近所に銭湯を見つけたので入って疲れが取れました宿は大丸百貨 [続きを読む]
  • 春といえば
  • 4月7日 竹の感謝祭がありました今年は喜寿のお二人が大四海波を編みました普段青竹を使うお二人 準備のヒゴ取りもあっという間練習したら「5分で終わった」というので先生方くれぐれもゆっくり編んでくださいねと釘を刺しました神事が終わった後の 直会(なおらい)では、素敵な徳利置きが毎年作ってくださる方がいるのですが、毎年少しづつ違います。久しぶりにお会いする先生から、幅取り包丁を研ぐ治具をいただきました。こ [続きを読む]
  • ミュージアムショップ
  • 3月25日(日)に別府市竹細工伝統産業会館がリニューアルオープンしましたミュージアムショップの増築をし展示室も模様替えしましたオープン当日は、栗原はるみさんのトークショーもありました。新規事業で、料理研究家の栗原はるみさんに監修していただき出来上がった箸置きも素敵ですHUTANの一閑張り古布眼鏡置きも置いてもらってますギャラリーではカップを選んでコーヒーを飲むこともできるんですよだんだん暖かくなり桜も終わろ [続きを読む]
  • 耶馬溪の珈琲屋
  • 東京から来た友達が夕方の飛行機まで時間があったのでどこかに行きたいかと尋ねると「耶馬溪の豆岳珈琲」との答えちょっと遠いけど耶馬溪は景色も変わっていて面白いので行ってみることに道路の真ん中に木が残されているこわーいトンネル中真っ暗お天気が続いていたので「もう雪はないよね」なんて話していたとたん氷柱と道にも氷が残る道が、、、後で調べたら”牙氷柱群”と記してあったやっとの思いで目的に到着「冬休み」、、、 [続きを読む]
  • 修正鬼会 成仏寺
  • 国東独特の行事、修正鬼会(しゅじょうおにえ)去年初めて、2月3日天念寺と4日岩戸寺の二日間見に行った。今年は2月20日に成仏寺だよと情報がありまたもや東京から見に来た友達と行ってきた少し早めについて様子を伺う日程表を見ると15時 参集15時半 昼の勤行18時 夕食19時 みそぎ20時半 大松明上げ21時 夜の勤行22時半 米華23時 鈴鬼23時半 鬼走りと書いてある名物 胡椒餅(こしょうもち)は3個刺さって300円去年食べた [続きを読む]
  • ハラールってなあに?
  • 別府溝部学園短期大学のオープンカレッジ「ハラールってなあに?」ハラール料理を作ってみように参加してきました作ったのはチキンビリアニバスティマライス、洗って30分水に浸しておくスライスした玉ねぎ大3個分をカップ2のオリーブオイルで茶色になるまで炒める(日本だとオリーブオイルはせいぜい大さじ2のところ、カップ2杯という大量のオイルを使うところがハラール料理の特徴)にんにく3かけとショウガ、すりおろした [続きを読む]
  • GAHAMA terrace
  • 別府の人気の宿 晴海(せいかい)の別館ラグジュアリーなGAHAMAterrace(ガハマテラス)ギャラリーショップにHUTANの作ったバッグを置いていただいてます。バッグの内布はホテルの制服を手がけている方が担当しました普段の雰囲気とはまた一味違って大人な感じです蓋がパタンと閉じるマルシェバッグにも内布が入ってますカゴのサイズは4パターンあります布物もこんな感じで置いてました晴海のショップにも少し置いてもらってます [続きを読む]
  • 三社参り
  • 西日本の風習らしい三社参り今年は、家の近くと実家の近くにお参りしたので残りは宇佐神宮に行ってきた駐車場の脇にある橋久しぶりに来た宇佐神宮上宮と下宮がありそれぞれ3箇所にお参り犬を連れた人も多かった絵馬は瓢箪中に願い事を入れるのだそうだ熊手3万円さましだけ説明を読んでもよくわからなかったト占とは、ボクセンと読み、占いの事だそうだ亀甲とは、亀の甲羅を焼いたのか?それをどうやって竹で冷ましたのか?謎だ [続きを読む]
  • 2018年明けましておめでとうございます
  • 暖かいお正月でした近くの神社にお参り今年も素朴な干支の絵がありました門松は金明孟宗竹で作ってあり珍しいな今年もZECCOのおせちを堪能しお酒は山口の獺祭スパークリング実家の近くの神社もお参りこんなお猿たちがいたなんて気がつかなかったことりへコーヒー豆を買いに今年も宇佐土人形を買うやっぱり可愛いそんな正月でした [続きを読む]
  • わら細工を体験
  • 藁で亀と鶴を作れる人が教えてくださるというので行ってきた藁はもち米の藁、普通の米の藁より柔らかいのだそうだ作るのは亀パーツは用意してくださっていた六本づつ12セット 藁の上下を三本づつ入れ替える足で押さえながら交互に編む目を詰めて束ねるちょっと隙間ができてしまった裏表を決めて ぐいっと内側に丸め亀の甲羅部分を作る輪っかのパーツを甲羅の周りに首のパーツを真ん中につけて紐で縛りテープで隠す尻尾をつけて [続きを読む]
  • クリスマスリース
  • 工房の裏山に行って色々な種類の葉や実を採ってきてクリスマスリースを作ってみた土台のツルも木にぶら下がってたツルをくるくる円にしてヒノキ?ヒバの葉を3つづつぐらい束にしてツルに針金で止めてたまにヒノキのとんがった葉も使った実は赤いのと黒いの緑のと小さくて可愛い紫のを生まれて初めて作ったけど楽しい松ぼっくりは何年か前に採ってきて持ってたのを使った簡単にこれだけの材料が揃うってすごい幸せな事だと思う [続きを読む]
  • ワイヤーアート体験
  • ずっと前からモビールを作りたいけど針金はどんなのがいいんだろう?と思っていたところにワイヤーアートのモビール制作のワークショプがあると聞き喜んで行ってきました教えてくださる先生の作品も展示してありとっても素敵影もワイヤーアートの美しいところ山村タケシさん、本業は美容師、時間の合間を縫ってアート作品を作るのだそう材料は結束線といって、工事現場で足場を組む時に使う針金帰って測ったら 0.7mm手でも曲げら [続きを読む]
  • 色々思ったこと
  • ハヤトウリ の季節になりました。スーパーではあまり目にしないこの野菜道の駅などでは季節になると出回ります。食べ方をお店の方に聞くと大抵「漬物」と教えてくれますが、意外にも世界でも結構ある野菜でいろんな料理に使えるらしいです。仕事はだんだん溜まってきています。なかなかはかどりません。竹も買いに行かなくちゃヒゴ作らなくっちゃそんな中以前お座敷バッグを買ってくださったお客様から「虫の処理の仕方」の問い合 [続きを読む]
  • 金継ぎをしてみた
  • ずっとやってみたかった金継ぎ小澤典代さんの「金継ぎのすすめ」や他にも色々読んでみたりしてまず材料はどうしようか悩んで結局何もしないままでいたのだがお気に入りの急須が壊れたのをきっかけについにやってみることにした持ち手が折れてしまった。。。「金継ぎ初心者セット」を購入アマゾンで8000円也必要なものが小袋にパックされていてとても便利漆も使いやすいマニュキュアタイプ金継ぎのやり方は本によって少しずつ違 [続きを読む]
  • ケベス祭りに行ってきた
  • 毎年10月14日に国東で行われる奇祭「ケベス祭り」木製のお面をつけた主役の名がケベス白装束を着た数人のトウバ神事の後 輪になって踊りだすおもむろにケベスが火に飛び込むそれをトウバ達が阻止する何度から繰り返されたのちについにケベスが火の中へ突入それをきっかけにトウバ達はそれぞれに長い木の棒の先に藁の塊をさしそれに火をつけ境内を所狭しと駆け回り見物の人々を追いかけ回すあちこちで叫び逃げる人子供が必死で走り [続きを読む]
  • バーナードリーチ展に行ってきた
  • 小鹿田焼(おんたやき)のある大分県日田市「バーナード・リーチと小鹿田焼展」2017.9.26〜10.18記念フォーラムとして料理研究家の土井善晴さんが講演に来られる土井さんは最近「暮らしの手帳」に連載されていて一汁一菜を提案されている記事をフムフムと読んでいた私これは行かねば!!と興奮どんな話をしてくれるんだろう!!まずは日田に向かって行くにあたり玖珠経由で大好きな慈恩の滝を見てからこの滝の上に行ってみたいな裏 [続きを読む]
  • 文殊仙寺特別公開に行ってきた
  • 国東にある文殊仙寺8月末まで秘仏を特別公開していると聞き行ってきました。648年に中国からやってきた像で12年に一度卯年にだけ公開しているらしい来年が六郷満山開山1300年という節目なので今回特別に公開したらしい入り口近くの石像牛に乗った仏様をすごくシンプルに表現していて牛の表情が可愛い仁王像階段、なかなかに急で息が上がる黒いカラスの人形珍しいと思った国東のお寺は大きな岩にくっつく形で建てられているものが多 [続きを読む]
  • ブルーベリー摘み
  • 大分県日出町の山の上のお家の方から「家の周りにブルーベリーの木があって豊作なのでどうぞご自由にお取りください」という知らせを聞いて行ってきました木は5本ぐらいあったかな?わしわし茂っているのでよくわかりません。手袋に長袖に虫除けネット付きの帽子で行ったので刺されはしませんでしたが汗と蚊の羽音に負けたのと家に帰ってからの処理の事も考えてバケツ半分ぐらいで今日のところはこのぐらいにしといたろ!と止めま [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 8月もあっという間に過ぎようとしています海水浴できる期間って本当に短いなうちから4kmの海水浴場もなんだかすっかり夏が終わったような風が吹いてました注文をためてしまっているので気持ち的には焦りつつもすぐサボってしまいますお問い合わせのあった卵型のオブジェこんなのを作るのが一番楽しい注文は来てませんがついつい作ってしまいましたブログにコメントいただいたメッセージHUTANのメールにいただいメッセージ幾つかお [続きを読む]