pukuzoh さん プロフィール

  •  
pukuzohさん: プクッチ劇場
ハンドル名pukuzoh さん
ブログタイトルプクッチ劇場
ブログURLhttps://ameblo.jp/touside/
サイト紹介文戦うブログ。SS作戦実地中。
自由文コラム二ストにならせてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/10/13 10:16

pukuzoh さんのブログ記事

  • 秋を感じる時3
  •  秋は何気に静かだ。  夏のように景気よくセミが鳴くということもない。  春のように小鳥が大挙して訪れることもない。  冬のように雪を踏みしめることもない。  高い空が悠然と。  柔らかな日差しを降り注いでいる。  遠くの音がよく聞こえるプッシュ。→                       人々はこの静寂の中、自分の思考に入り込むことができる。  こうした自分の世界に浸ることができるからこそ [続きを読む]
  • 携帯料金
  •  以前から携帯大手3社は利益率が高いとして値下げ圧力がかけられている。  これに対して大手は第五世代移動通信方式に今後数年で何兆円の設備投資をするから料金は適正であると反論する。  しかし、利益率が毎年20%前後というのはあまりにも高い。  それは諸外国と比べればわかる。  日本ほど携帯料金が高い国もない。  あと4割は値下げしてほしいと総務省は圧力をかける。  但し、それに強制力はない。  4割減な [続きを読む]
  • 米国株の暴落はいつか?
  •  FRBが複数回の利上げを示唆しているにも関わらず、米国株は上昇を続けている。  本来、金利を上げて金融の引き締めに走ると、市場にあるお金は銀行に集まってリスク回避の状態となる。  株などの乱高下が激しい商品はリスクが付き物。  高い金利がつくならお金を銀行に預けようと思うのが相場の心理。   さて、そんな状況の中。  NYダウはいつまで騰がり続けるのか?  いい加減バブルだろ?プッシュ。→      [続きを読む]
  • 秋を感じる時2
  •  風がビュッと吹いて立ち止まると。  そこに高い空がある。  真夏の狂暴な太陽とは違って、柔らかい陽射し。  雲はちりぢりで青い空も涼やかに見える。  そう、秋がやってきた。  秋がやってきたのだ。  もうちょっと押してプッシュ。→                       夏や冬はその暑さや寒さから気持ちが外に行きがち。  しかし、穏やかな気候になると人の気持ちは内面に向く。  そこでああでも [続きを読む]
  • 秋を感じる時
  •  空にはイワシ雲、赤とんぼが飛び回り。  ススキは頭を垂れ、夜になれば鈴虫が鳴く。  日に日に陽が暮れるのが早くなり、木々は紅葉に色づく。  これぞ秋。  THE・秋や。  冬はすぐそこプッシュ。→                       あんたはどんな時に秋を感じる?  夕焼けを見た時?  それとも空が高くなったと感じる時?  食欲を感じた時に秋を感じるかもしれない。  人の感じ方はそれぞれなれど [続きを読む]
  • 望郷の想い
  •  知らない街に一週間滞在していると。  妙に日常生活を懐かしく感じる。  退屈な日常にうんざりしていたはずなのに、何故か非日常が続くと日常という退屈が恋しくなる。  そんな気持ちわかるだろうか?  人間とは。  根本的に変化を好まないものなのかもしれない。  それは年齢にもよると思うプッシュ。→                       みなさん、ただいま。  帰ってきたで。  毎日、豪華なご [続きを読む]
  • 一週間ほど休みます
  •  明日からちょっと福井に行ってくる。  一週間ほど。  この歳になって我が家を一週間も離れるとなると不安のほうが大きいな。  旅先で持病が悪化したらどうしようとか、薬が切れたらどうしようとか。  それでも、行かなあかんのや。  福井がうちを呼んでいる。  今年二回目の福井県プッシュ。→                       生活のルーティーンというのがあるやろ?  朝は何時に起きて朝食は何時 [続きを読む]
  • 本人にとっては怖い話
  •  この間、ちょっとした知り合いの人がこんな話をしてくれた。  夜中に携帯電話が鳴った。  その人は半分、寝ぼけたまま電話に出た。  それはその人の母親からの電話だったんだけど、しばらく話しているうちにフッと気が付いた。  あれ?うちの母親は死んだんじゃなかったっけ?  それに気が付いた途端、怖くなって電話を切ってしまったそうや。  それだけだったら、ただ単に夢だった、もしくは寝ぼけてただけという話。 [続きを読む]
  • FX口座
  •  今日はうちのブログお勧めのFX業者の紹介をしてみたい。  それはプライムなんだけど、どこが良いのか?  いろいろ良いところがあるけど、初心者にお勧めするのは情報量が豊富であるということ。  元々、親会社が伊藤忠だったこともあって、商社の強みというのがあった。  今はGMO傘下だけど、信用という点ではプライムに並ぶ業者なしと言ってもいい。  20種類上のファンダツール。  相場を覚えるには、それくらいの [続きを読む]
  • 物忘れ3
  •  近頃、パッと言葉が出ない時がある。  それは物忘れという奴だけど、物忘れとはどんな時に起きるのか?  記憶のメカニズムはどうなっているか?  それは、記銘、保持、想起、の三段階からなる。  物忘れというのは三番目の想起に障害が起こっている状態をいう。  どんな時に障害が起こるかというと。  ストレスを溜めてる時、もしくは脳機能の低下が著しい時に起こることが多い。  年配の人は早期治療が必要なこともプ [続きを読む]
  • 物忘れ2
  •  度忘れとボケの違いは何か?  それはヒントをもらえれば思い出せるのが度忘れ、やったこと自体を忘れてしまうのがボケ。  大雑把だけど、大抵そういう説明で合ってる。  しかし、ボケではなく度忘れだから安心というものではない。  頭の回転が鈍くなってるのは確かだからね。  不便であることに変わりはない。  正直、ちょっとショックプッシュ。→                       この間、ある場所 [続きを読む]
  • 物忘れ
  •  近頃、物忘れがひどい。  この間、アイコスの説明をしようと思ったら「マルボロ」の名前が出てこなかった。  単純に度忘れしてただけと思ってたけど、最近では人の名前が出てこなくなった。  ボケたとまでは言わないけど、言葉が出なくて立ち往生することも度々。  以前なら記憶術を使って。  記憶するのが得意だったんだけどね。  アルツハイマーではないプッシュ。→                      [続きを読む]
  • 焼き鳥について考える
  •  毎週のように鳥貴族に行ってしまう昨今。  既にうちにとって焼き鳥は欠かせない食べ物になってる。  しかし、驚くなかれ。  「焼き鳥」って季語だったって知ってる?  焼き鳥とは冬の季語、つまり、昔は冬しか食べないものだったらしい。  毎週食ってるから。  季語だとは思いもよらなかった。  季語だとしても夏かとプッシュ。→                       焼き鳥店舗数で言うと名古屋は1万 [続きを読む]
  • 良いトレーダーとは?
  •  FXをやるにおいて、良いトレーダーとはどんなトレーダーだろうか?  それはうちが思うに、安定して勝てるトレーダーが良いトレーダーだと思う。  安定して勝つとは決まった金額を毎月勝つという意味ではなく、上げ相場だろうが下げ相場だろうがレンジだろうが、どんな状況に於いても一定の結果を出すという意味。  相場に自分を合わせるわけだから。  毎月いくら勝てるかは相場次第と言える。  チャンスがなければ勝てな [続きを読む]
  • 武豊4000勝
  •  9月29日に一気に3勝して、通算4000勝を達成した武豊。  騎手生活32年、他の追随を許さない大記録。  通算勝利2位の岡部に1000勝以上もの差をつけてる。  こんなに勝ち続けている一流ジョッキーなのに、武豊曰く「もっと上手くなりたい、もっと実力をつけたい、もっと結果を出したい」と向上心を失うことがない。  この情熱こそが。  才能や。  「もう一度リーディングを獲りたい」プッシュ。→     [続きを読む]
  • 10月FX業者紹介
  •  FXを始めるならプライムを推す。  スプレッドはやや広いながらもファンダツールが充実。  二人に一人以上が初心者という実績もある。  相場を知りたいなら。  プライムから始めよう。  一押しプッシュ。→                       プロのトレーダーの戦略というのは素人から見れば非常に役に立つ。  何故仕掛けたのか?の理由が明確にわかる。  テクニカルか、ファンダか、将又大局観か。 [続きを読む]
  • 昭和について考える6
  •  急激に寒くなってきたね。  夏が終わったと思ったら、もう寒い。  昭和の秋ってもっと長かったように思う。  赤とんぼやオニヤンマを追いかけていた昭和の秋はどこに行ってしまったんだろう?  平成になってからというもの。  夏と冬しかないんじゃないかと思う。  季節が曖昧プッシュ。→                       夏と冬しかないはオーバーだけど。  春物や秋物を買っても、すぐに着れな [続きを読む]
  • 昭和について考える5
  •  昭和60年、日航ジャンボ機が墜落した。  そして、阪神タイガースが優勝した。  ニュースステーションが始まったのもこの頃や。  昭和61年にはスペースシャトル爆発。  62年には国鉄民営化。  JRという言葉ができたプッシュ。→                       その2年後に昭和天皇崩御。  こうして昭和は終わった。  しかし、昭和と平成のギリのところで起こったことはどっちの時代だったか [続きを読む]
  • 昭和について考える4
  •  昭和というのは二つの大きな大戦を経験し。  その後は高度経済成長を遂げ、激動の時代だったといっても良い。  人々の生活は大いに変わった。  しかし、それは昭和に限ったことだろうか?  いや、そうとも言い切れない。  庶民の生活は常に変わるプッシュ。→                       時代が豊かになるにつれて核家族化が進み、庶民は様々な古い様式を捨て去った。  昭和に比べて平成の生活 [続きを読む]
  • 昭和について考える3
  •  昭和ってどんな時代だったであろう?  人間関係が濃密で、明日に夢があった時代だったと思う。  逆にいえば現代は人間関係が希薄で、明日に夢がない。  大企業でさえ潰れてしまう世の中。  一体、何を信じれば良いのか?  貧富の格差は広がるばかりプッシュ。→                       なんで昭和に想いを耽っているかというと。  最近、U-NEXTで「オルウェイズ」シリーズを観直してしまった [続きを読む]
  • 昭和について考える2
  •  時代の流れに身を任せていると。  時の移り変わりに気が付かない。  しかし、改めて振り返ってみると、その隔世に懐かしさを感じたりする。  例えば、これ。  これってどこのうちにもあったよな。  スマホやウィンドウズはなかったかもしれんけど。  昭和にしかなかったものもある。  バスの車掌さんとかプッシュ。→                       今思うと不便だと思うんだけど。   こういう [続きを読む]
  • 昭和について考える
  •  うちのおばあさんは明治生まれで。  明治生まれと聞くと、物凄く年寄りを想像したものや。  昭和と明治の間に大正を挟んでるわけで、普通に考えても60歳以上。  そして昔のお年寄りっていうのは腰の曲がってる人が多くて、今の60歳以上に老けて見えた。  しかし、平成が終わろうとしてる今。  昭和生まれって、同じように老人だと思われてるんだろうね。  平成は30年だしプッシュ。→              [続きを読む]
  • ホームレスではなかった件
  •  以前からうちの近所に若いホームレスがいるという話をしてきた。  近所と言ってもバス停一個分くらいは離れてる場所だけどね。  昨日、再びそのホームレスに遭遇した。  以前は尾行に失敗して住処を特定することはできなかったが、ここは元探偵の意地がある。  尾行に成功した。  その結果に驚いた。  人は見かけによらないプッシュ。→                       まず、どんな人かというと。 [続きを読む]
  • タイムトラベラー3
  •  もし仮にタイムマシンが完成したとして。  人々はどこに行こうとするだろうか?  歴史の謎に迫るのか、大金を求めて相場に参加するのか、はたまた自分の未来を見ようとするのか?  ここで考えてほしいのは、本当にそんなことをしてしまったら世界が崩壊してしまうということや。  時に真実とは。  知らないほうが良い場合もある。  真実は残酷ですプッシュ。→                       例えば [続きを読む]
  • タイムトラベラー2
  •  タイムトラベルは(多分)不可能であるという根拠は示した。  それでは未来に行くことは不可能なんだろうか?  多くの人が言ってるけど、未来に行くことはなんとなく可能かもしれない。  よく言われるのが宇宙での時間の流れは違うので、長期間超高速で宇宙を徘徊できる宇宙船があれば未来に行けるという説がある。  これはホーキング博士も言ってたんじゃないかな?  違ったかな?  ホーキング博士はワームホールで行け [続きを読む]