ぐり さん プロフィール

  •  
ぐりさん: ぐりむ家な人々
ハンドル名ぐり さん
ブログタイトルぐりむ家な人々
ブログURLhttp://gurimu.yoka-yoka.jp/
サイト紹介文博多区のピアノ教室です。 楽しいレッスン、音楽活動、ペットのことなどをおもしろく綴っています。
自由文生徒募集は随時致しております!
子どもから大人まで 長く楽しめるピアノを心がけてレッスンしています。
ブログ左サイドバーのオーナーにメールするボタンよりお気軽にお問い合わせください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2008/10/13 14:13

ぐり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 春遠からじ
  • スミレちゃん、3年生。 ぐりの教室に初めていらしたのは、転勤で引っ越していらしたばかりで見知らぬ土地での入学を控えた 年長さんの秋のことでした。言葉はまばらで反応も薄く、フワフワ焦点が定まらない状態。まだ小さい下のお子さんと一緒になると、みるみるハイになってドタバタが加速する、そんなお子さんでした。「DQ65で、軽度の学習障害もあります」そうお伺いしてから一通り課題を進めた後、お母さんに「それにしても、 [続きを読む]
  • 時間はかかる、信じて待ってくださるお母さん
  • 年中さん、2年目。3年目になる上のお子さんがいらした当初から心配なさっており、検査を受けられ、見た目にわからないタイプと判明。この子こそは、と願っていらしたお母さんの気持ちを思うと胸が痛んだ。専門職並みの気付きと行動、理解に敬服。お子さんたちも応えている。遠方より連日感謝です。— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月20日 2年生、3年め。レッスンへのご理解が深いお母さん。学校の先生に同 [続きを読む]
  • 発達障害に日にち薬は効かない
  • 「ママとケンカして最悪な日だ」ため息まじりに年少さん、4ヶ月。最悪なんて笑ってしまうが、そんな言葉も使えるのね。それは1つのアクシデントから始まった。特性上から衝撃は大きく、思いがけないところにも波及し長期間引きずる。失敗と捉えるか学びと捉えるか。気付けるかどうか。ファイトなのだ— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月30日 「帰らない」からの崩れが1ヶ月続いた年中さん、丸2年。園の行事 [続きを読む]
  • 思いもしなかった学力の伸び
  • 就学前は言葉もまばらで反応が薄かった2年生、3年超。日常で困らない程度になっている。まだまだこれからだが、加法減法では文章問題も理解してこなす。「筆算できるなんて思いもしなかった」とお母さん。無償の愛が形になったんだ。片道1時間かけて二人のお子さんの為に連日通い詰めて下さり感謝— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月28日 [続きを読む]
  • 普通級へ、その後
  • 次のツイッターまとめは以下の記事の生徒さんです。2015/03/31そして普通級へドアを開けると凛々しい男の子の姿が。リョータくん。今月で、5年目に突入しました。もう、『男の子』なんて言葉も似合わなくなりました。すっかり声も低くなり、今では「わかりましたか?」なんて、ぐりの方が彼の顔を見上げて言っています。「なんだか卒業なんて実感が全然なくて」と、明るくお…合唱コンの録画を頂いた。上手いに決まってる(笑)それ [続きを読む]
  • 支援学級は支援学級のよさ
  • 2年生、3年め。レッスンへのご理解が深いお母さん。学校の先生に同じような課題の取り組みをお願いなさり、ご協力を頂けた。が、形式的な取り組みに過ぎず、本質的な理解以前に飽きて効果的ではなかったかな。その課題にどんな意味があって、なぜ必要なのかを理解し、思考の傾向を知っていないとね。— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月24日 [続きを読む]
  • 見た目にわからないタイプ、お母さんの気付き
  • 年中さん、2年目。3年目になる上のお子さんがいらした当初から心配なさっており、検査を受けられ、見た目にわからないタイプと判明。この子こそは、と願っていらしたお母さんの気持ちを思うと胸が痛んだ。専門職並みの気付きと行動、理解に敬服。お子さんたちも応えている。遠方より連日感謝です。— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月20日 [続きを読む]
  • 20代で発達障害を知る
  • 20代の生徒さん、8ヶ月。料理上手なお母さんと一緒にキッチンに立つ約束をしている。家事は絶好の脳トレ。「卵がMサイズじゃないから作れないって一番ビックリした」とお母さん。冷蔵庫にある物で作るとか目分量などを通して娘さんが今まで辛かった部分を知ったお母さん。よかった。ありがとう。— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月13日 [続きを読む]
  • はじめてのおつかい、お母さんの勇気
  • 滑舌が良くなった4カ月めの年少さん。理解力が高まり自分でやりたい意欲が芽生えるが、折り合いもつけられる。この冬、おつかいに初挑戦できたと。レジで尋ねる姿だけコッソリ確認して車で待機のお母さん。なかなかできることじゃない。誰かに聞くことができるという年少さんにも驚いた。素晴らしい!— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月12日 [続きを読む]
  • 初めての笑い声
  • 年少さん、9カ月。受け入れられず泣くばかりの時期もおありで表情が硬かったお母さんの笑い声を初めて耳にした。楽しい年末年始をお過ごしになられたようでよかった。他の療育に通っていらした頃になかなか成果を感じられなかった領域もクリア。さぁファイトなのだ。遠方より通い詰めて下さり感謝。— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月10日 [続きを読む]
  • 普通級の中で
  • 普通級に在籍しているお子さんで、親御さんがアレ?と気付かれる頃には、見当違いな取り組みですっかりこじらせていることもある。いくつかの課題の中で特徴的なことが見受けられる4年生。自覚もあり親御さんの目を気にする様子に胸が痛む。習い事を整理して下さり遠方から週2回。出会えてよかった。— 福岡ぐりむ療育ピアノ教室 (@gurimupiano) 2017年1月7日 [続きを読む]
  • 全ては最良の選択、頑張れシングルマザー
  • お子さんの症状の説明や対応へのご提案をさせて頂いております。確実に身に付く療育、学力と思考判断力、ピアノ、機能訓練をお子さんに と欲張りなレッスンで、シングルの方にも、遠方からたくさんお越し頂けることに深く感謝致しております。言葉にはなさることはございませんが、一人でもしっかり育てますという皆さんの内に秘められた覚悟と決意に全力でお応えして参ります。ファイトです!!ご両親が別々の生活を始められると [続きを読む]
  • 過去の記事 …