ひろけん さん プロフィール

  •  
ひろけんさん: ハングルを食べるブログ
ハンドル名ひろけん さん
ブログタイトルハングルを食べるブログ
ブログURLhttp://karumegi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文のんびり韓国語とコリアタウン
自由文ラジオ講座を中心に、NHKWORLD KoreanやKBSのニュース記事、ハングル読書などで、自分なりに実践してる独学の方法をあれこれ記録してます。
コリアタウンをぶらぶらするのも大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/10/14 20:00

ひろけん さんのブログ記事

  • 全訳TOPIK!第35回(作文)
  • 51無料で差し上げます 私は留学生なのですが、勉強を終えて来週帰国します。そのため今すぐ( ㄱ )。机、椅子、パソコン、経営学専攻の書籍などがあります。今週の金曜までに部屋を空けなければなりません。( ㄴ )。私の電話番号は010-1234-5678です。(ㄱ)今まで使用していた私の家具などを整理しなければなりません。(ㄴ)ですので必要な方は金曜日までに連絡していただきたく思います。52 パズルはいくつかのピースをすべて [続きを読む]
  • 全訳TOPIK!第35回(39〜50)
  • 39 運転時の安全に直結するもののうちの一つが、まさに車線である。夜間の運転中に車線がはっきりと見えなければ、大小さまざまな事故が発生するだろう。(これを防止するため、夜間に車線がはっきり見えるように、反射機能のある特殊なペンキを使用している。)反射性をさらに強化しようとする場合は、ガラスビーズが混合されたペンキを使用することがある。こうすればガラスビーズが光に反射し、車線がよりはっきり見えるようにな [続きを読む]
  • 全訳TOPIK!第35回(25〜38)
  • 25片側に掛けるかばん、腰の健康に「赤信号」腰の健康を守るには軽いカバンを掛けなければならない。腰の健康のためにはカバンを掛けない方が良い。カバンをいつも同じ側に掛けると腰の健康に良くない。カバンを長時間掛けるのは腰の健康に害になる可能性がある。26ユニークなデザインの看板、通行人たちの視線を集め風変わりなデザインの看板が人びとの視線を惹きつけている。看板のデザインを統一させれば人びとがひと目で見るこ [続きを読む]
  • 全訳TOPIK!第35回(1〜24)
  • 選択肢の問題は、ツッコミを入れながら解くと楽しく取り組めるのだそうです。たとえば24番の問題。1 火事の後、会社の経営が良くなった。  →嘘つけ!2 新しい人材をとった。  →何いうてんねん!3 みんなが給料を出し合って助けてくれた。  →えー話やん!4 封筒の中身はみんなの手紙だった。  →そそそ。会社終わってからみんなで集まって書いたんです。社長さんは厳しい人やけど心根は温かい人ってみんなちゃーんと [続きを読む]
  • 今こそ、韓国に謝ろう
  • 百田尚樹がこのタイトルで本を出すんだから、当然普通のはずはないんだけど、それにしても面白かったです。韓国に対してちょっとでもモヤモヤした気持ちを持っている人は、ぜひ読んだほうがいい。読めばきっと謝りたいという気持ちになるでしょう。少なくとも彼らのことをあれこれ言うのは、日本人としてとても恥ずかしい行為であると気づくんじゃないでしょうか。でも実際に謝ったりしたらきっとまたケンカになるので、心のどこ [続きを読む]
  • 『妻たちの学校』 パク・ミンジョン
  • 『아내들의 학교』(2017) 박민정 308p 단편집親が罪人なら、子も罪人の子としてその生涯を送らなければならないのでしょうか。そしてわれわれ日本人は、韓国・北朝鮮の人たちから、犯罪者の子孫として扱われなければならないということが、生まれる前から決められているということなのでしょうか。『妻たちの学校』というタイトルからなんとなく想像するような、いわゆるゴシップ的な内容ではありませんでした。がっつり社会派。短 [続きを読む]
  • チョン・ヨンビンさんと有明海とムツゴロウ
  • [일본에 오신 것을 환영합니다]のコーナーで、韓国語アナウンサーが担当した回のみ聞き取りしてます。NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브10/6 라디오 소설正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります일본 각지의 매력을 전해 드리는 [일본에 오신 것을 환영합니다] 시간입니다.오늘은 일본의 서쪽에 위치한 규슈 [続きを読む]
  • 前期講座おわりました
  • レベルアップハングル講座、今年も半分終わりました。今回はテキストも買いませんでした。2講座通してやってみたのは、同時通訳もどきの練習もどきです^^;今までは流れてきた韓国語をそのままリピートとかシャドーイング、リプロダクトしていたのを、日本語訳でリピートする練習です。前半の昔話は、初見だったら同時訳なんて間違いなく手も足も出ませんが、再放送でだいたい内容も覚えていたし、イ・テムン先生の朗読がゆった [続きを読む]
  • 4本のラケット3
  • 天然は最強。NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브8/19 라디오 소설正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります먼저 지금까지의 줄거리입니다.주인공 다이지는 중학교 1학년 학생으로 학교 테니스부 소속입니다.아침 연습으로 어지럽혀진 테니스코트를 점심 시간 때 정비하는 것은 1학년 부원들의 몫입니다.바위나 [続きを読む]
  • 『ふたりぼっち』 キム・ヨンハ
  • 『오직 두 사람』(2017) 김영하 272p 단편소설집とても読みやすくてどれも面白いんですが、やっぱり「子供を探しています(아이를 찾습니다)」のインパクトがとにかく強烈です。最近ちょうど再燃している、北朝鮮の拉致被害者のこととか、どうしても頭をよぎってしまいますね。ものすごく複雑な気分。衝撃のラストは意見が別れるところでしょうが、僕はどういうわけだか、救われた気持ちになりました。 [続きを読む]
  • 4本のラケット2
  • NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브8/19 라디오 소설正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります부르트다水ぶくれができる、豆ができる간수にがり그르치다し損なう、誤る비지おから먼저 지난 주에 보내 드린 제1부의 줄거리입니다.주인공인 다이지는 중학교 1학년생으로 학교 테니스부 소속입니다. 돌아리 활동을 [続きを読む]
  • 4本のラケット1
  • NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브9/16 라디오 소설正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります사가와 미쓰하루(佐川光晴)는 1965년 도쿄에서 태어났습니다.대학을 졸업한 후 출판사를 거쳐 10년 동안 식육처리장에서 일을 했습니다.그후 2000년에 식육처리장에서 보낸 체험을 토대로 작품을 발표해 데뷔했습니 [続きを読む]
  • 『時間を売る商店』 キム・ソニョン
  • 『시간을 파는 상점』(2012)김선영268p장편소설(청소년)素直で、前向きで、ちょっとおせっかいなところもあるけど、頼られれば放っておけない。両親が大好きで、友達思いで、先生ともざっくばらんに話ができて、一人でいる子にもちゃんと興味を持ってあげたり、親友の恋のために一肌脱ぐのは当たり前、でも自分の恋には無頓着。曲がったことが嫌い、回りくどいことも嫌い、人が喜ぶ顔が好き。どんなときも真剣勝負で、たまに凹むこ [続きを読む]
  • 『アーモンド』 ソン・ウォンピョン
  • 『아몬드』(2017) 손원평 264p 장편소설表紙のイラストはたぶん主人公の少年ですね。人間が感じるべくさまざまな感情を持てない(理解できない)という、脳の障がいを背負って生まれました。身内が死んでも悲しくない、いじめられても悔しくない、リンチに遭っても怖くない、一人ぼっちでも寂しくない。だからどうしてもこんな辛気臭い顔になってしまうのです。しかし。全然暗い話じゃないんです。むしろ超爽快、青春真っ只中。青臭 [続きを読む]
  • 『バックナンバー』 イム・ソンギョン
  • 『빽넘버』(2016)임선경240p장편소설人の背中に、死ぬまでの日数を表す数字が見えるようになった男の話です。前半と後半でノリが全然違うんですよね。妙にリアルな前半と、一転してファンタジックでエンターテイメントな後半。畳み掛けるようにストーリが展開して面白かったのは断然後半なんですが、やさぐれた男の日常を淡々と描いた前半部分のほうが、共感したり考えさせられることが多くて、作者の思いもむしろそちらにあるよう [続きを読む]
  • 『殺人者の記憶法』 キム・ヨンハ(再読)
  • 『살인자의 기억법』(2013)김영하176p장편소설3年ぶりの再読。主人公はアルツハイマー老人。老人は元殺人鬼なんですが、事件は未解決のまま全て時効になっています。ある日老人は偶然出会った男の目に、かつての自分と同じものが宿っているのを見てしまいます。しかも男は、孫ほど年の離れたたった一人の身内である「娘」の恋人として、再び老人の前に姿を現すのです。ラストに畳み掛けるように二転三転のどんでん返しがあって、あ [続きを読む]
  • 『総統閣下』 ペ・ミョンフン
  • 『총통각하』(2012)배명훈364p연작소설連作っぽいのは一部だけで、基本的には短編みたいな感じでした。各話、登場人物も国も時代もノリもバラバラなんですが、それぞれが遠回しになんらかの韓国や朝鮮半島の社会風刺になっているそうです。僕でもなんとなくあのことを言ってるのかなとわかるのは、半分ぐらいでした。風刺がわからなくても、当然それぞれ一つのストーリーとしても成立しているんだけど、やっぱり裏の意味がわかった [続きを読む]
  • キム・エラン 『外は夏』
  • 『바깥은 여름』(2017)김애란272p단편소설집きれいごとだけではない、これこそザ・人間!と言いたくなるような生々しい話ばかりですね。中でも、祖母と二人で貧しく暮らす少年が犬を拾う、『ノ・チャンソンとエバン』がすごかった。せっかく祖母を説得して飼うことになったその老犬の体が、実はガンに侵されていることを知り、お金のない少年は、内緒でアルバイトをはじめます。莫大な治療費は無理だとしても、「安楽死」をさせて [続きを読む]
  • ハン・ガン 『麗水の愛』
  • 『여수의 사랑』(1995/2017)한강단편소설집279p初出は1995年で、もう20年以上前です。上の装丁は今年出た限定版。文章は詩的な表現が多く、過去と現在と現実と幻想が入り交じったりしてちょっと難解でした。が、全部を理解しようとせずに読み進めていったら、結構ドラマチックにストーリーが展開するので面白く読めたと思います。主人公はちょっと極端くらい痛々しい人たちばかり。よくもまあこんな辛気臭い話ばっかり思いつくもの [続きを読む]
  • コン・ジヨン 『ハルモニは死なない』
  • 할머니는 죽지 않는다(2017)공지영272p단편소설집やはりいちばん印象に残ったのは、蓮池薫さんをモデルにした日本人が登場する話でした。(たぶん)私小説の要素が強く、作者の激しい対日感情なども垣間見れてどんどん引き込まれましたが、途中からあまり理解できないところがでてきたりして残念でした。「ハルモニは死なない」は、臨終から何度も復活して元気になる金持ちの老婆が主人公。かわりに相続人である親戚が一人ずつ突然死 [続きを読む]
  • マンガからストーリーを語る
  • 前回はちょっと趣旨を間違えてました(。>?<第2回 誘いをうまく断るには?> CASE 0아, 미안해요-, 좀 무리일 것 같은데요,오늘 차 갖고 와 가지고 술은 못 마셔요.아, 사실은 내일 중요한 회의가 있는 것도 그렇고이번 주말에 성묘하느라 교툐의 할아버지 할머니 댁에 가야 되는데요.오늘 퇴근길에 할아버지 할머니한테 드릴 과일이나 과자를 사러 가야겠네요.성묘 때 올릴 과일도 사고, 불단에 올릴 과자 같은 것도 사고, 그리 [続きを読む]
  • 希望のサバ缶
  • NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브8/24 (3/10 재방송)正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります여러분 안녕하세요? 이홍복입니다.안녕하세요? 장은영입니다.이번주에는 동이본 대지진 후 6년째를 맞이한 현재의 피해 지역 모습을 전해 드리고 있습니다.오늘은 [일본의 요리를 만들어 보자] 시간에서 요리를 가 [続きを読む]
  • ひっぱりうどんとかやき
  • NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브8/25(3/17 재방송) 일본요리를 만들어 보자正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります[일본의 요리를 만들어 보자] 시간입니다.지난주 프로그램에서는 와타나베 아키코 선생님이 도호쿠를 방문해 동일본 대지닌의 피해에서 복구된 어느 통조림 공장을 찾아가 봤습니다.대지진 [続きを読む]
  • あの日母は少女だった3
  • NHK WORLD Korean パダスギ최근의 코리언 서비스 프로그램 아카이브8/19 라디오 소설正解の台本が公開されていないので ・下線は特に自信のない部分  ・*****は聞き取れなかった部分としてそのまま残してあります히로시마 현 남서부 오오타케 시에 사는 올해 여든네 살의 와타나베 히로코 씨와 아들인 올해 여순 살의 아키토시 씨.1945년 8월 6일에 피폭한 어머니 히로코 씨의 체험을 지금 아들 아키토시 씨는 계속 대화를 하면 [続きを読む]
  • 後期ラジオ講座のタイトル出た!
  • 次のレベルアップハングル講座の内容が発表されましたね。【10月〜12月】オ・ヘギョン「違いを楽しむコミュニケーション術」【1月〜3月】中島仁「パターン別会話集で表現力アップ!」だそうです。いずれも2015年度の再々放送。当時のブログを読み返してみると、2015、2016年あたりはリピーティングを頑張ってやってた時期でした。あのフレーズがどれくらい定着できているか、10月からの再々放送で確認したいと思います。楽しみー。 [続きを読む]