はなこ さん プロフィール

  •  
はなこさん: はなこの暮らし工房
ハンドル名はなこ さん
ブログタイトルはなこの暮らし工房
ブログURLhttp://hana2526.blog77.fc2.com/
サイト紹介文毎日を元気でかけぬける主婦の暮らし日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2008/10/19 10:31

はなこ さんのブログ記事

  • ガーデンシクラメン スケッチ
  • 早、お花屋さんの店頭ではガーデンシクラメンが出てきました。定番ですが赤い小さなこの花を買ったので、スケッチしました。これからの花は、花の期間がとても長いですね。来年の春まで楽しませてくれます。展覧会が開かれて、受付のお当番も毎日のように有りますが、5日間ですからあっという間に終わります。仲間の手作りのオープンセレモニーもあって、また、一歩親密さが進んだでしょうか。日ごろゆったりリズムで暮らしていま [続きを読む]
  • 兎のぬいぐるみ人形
  • 久し振りに、人形作り。これはカルチャーの先生作のレシピ人形ですが、兎?豚?っていう感じでなんだか分かりにくいです? 横と後姿立体的な図案を裁断し、縫い合わせていくのですがやや難しかったです。今月と来月で、ハロウィンのお飾りつきトールペイントを作ります。いろいろなものを習いましたが、そろそろ卒業かと考えています。月に1回で1年だけ通ってみようと思って始めましたが、随所に工夫があり、なんといってもやっ [続きを読む]
  • 座りすぎ防止タイマー
  • 外出をしない日は、椅子に座りっぱなしの時間が多いので、“座りすぎ防止タイマー“のアプリを使っています。このアプリをONにして、読書や、スケッチ、針仕事、新聞読みなどなど・・・・手芸などすれば、よくないことは分かっていても、ほとんど一日中座りっぱなしになります。。30分するとアラームが鳴り、写真のようになります。「はい、はい・・・。」と言いながら立ちあがり、小さな用をします。これが意外と、このアプリ [続きを読む]
  • ホトトギス咲く
  • 秋の運動会にピッタリの秋晴れの日曜日です。衣換えの家事も山積みで、庭仕事もちょぴりしたりで主婦にはお忙しい季節です。庭の花はもう、ほとんど終わって来ていますが、♪ホトトギスが庭の隅で咲きだしました。♪コルチカム も。 双方とも、増えすぎて抜いたものが健気になんとか咲いてきたものです。他にも吾亦紅や、ラベンダーセージなども咲いていますが、写真を撮るによくないものばかりになっていてもう、今年の花はお終 [続きを読む]
  • 夏の思い出 スケッチ
  •  F6今年の夏に“ハイジの村”(山梨県)へ行った時のひまわり畑のスケッチです。写真から記憶と感動を思い出しながらスケッチしました。途中で他の絵を描いたりしていたので、今になってやっと仕上がりました。私のサークルでは、写真から思い起こしてするスケッチもOKです。私は何をお稽古しても自由にさせてくれる先生に当たり、とても幸せだと思います。あれはだめ、こうしなくてはいけないと指導されたらきっと、何でも長 [続きを読む]
  • ちょっぴり秋めいて
  • ひと雨ごとに、秋が進みます。今夜の雨の後は、最低気温が14度とはちょっと驚きです。小さな庭にも、少しつつ秋の気配が。右回りに♪サンザシの実、スズランノキの早々紅葉はじめ、♪オオデマリ、♪チョウジソウの黄葉。ナンテンの実もほんの少し赤くなってきました。2カ月〜3カ月かけて真っ赤な実になって行きますね。こちらは多分6月頃、友人が持ってきてくれたバラの中から一輪だけ、挿し芽で薔薇が根付きました。我が家に [続きを読む]
  • ヒガンバナ スケッチ
  • F4花の命は短くて・・・ヒガンバナの花も終わっていきました。雨に打たれたら本当にお終いになると思い、前日に切っておいた花をスケッチしました。ヒガンバナは、誰が見ても、描いても、花弁が大変そう・・・・ですが、相変わらず、苦心ところはバックの色つけでした。絵手紙を書いていた頃もアクリル画を描いていたときも、絵にバックの色つけをしなかったものですから描いた絵にバックの色を入れるは最近のことで、今もまだ [続きを読む]
  • 金木犀咲く
  • 街中でも、公園でも、金木犀はこの時期、漂う香りで側にこの木があるのを知ります。家の庭にも、シンボルツリーのように大きくなった♪キンモクセイの花も咲きはじめました。夏への決別を告げる花のようでもあります。2年に一度、大きく剪定するのですが、ものすごい勢いで更に大きくなり(3M位になっています)少々困りものです。今年は剪定する年になっていますから、花が終わり次第にする予定でいます。今の時期は枝を小さく [続きを読む]
  • 秋の賑わい  スケッチ
  • 生で食べられるカボチャのコリンキーを見付けたら、また描きたくなって、秋の果物と一緒に描いてみました。スーパーで売っていたのは初めて見ました。コリンキーはもっぱら梅酢漬けとかんたん漬けの漬け物です。早く漬けてしまいたいので、急ぎ足で描きました。何か中学生の絵みたいに描き上がって、笑っちゃいます。盆笊もやや不自然な所もあり、次回見てもらったら先生は何とおっしゃるだろうか・・・・はい、覚悟しておりますっ [続きを読む]
  • オキザリス(紫の舞) スケッチ
  •  F2オキザリス・紫の舞もちらほらと花が咲いてきましたので、スケッチしました。夏の庭は半分、手入れが終わりました。冬は地上部が何もなくなりますが紫の舞はインパクトのある葉色ですから新しくしたガーデンに4株、新しく植えました。このオキザリスは思いもよらないところから出て来る時がありますね。根っこは、夜盗虫のような形をしています。昨日は絵好きの友人と待ち合わせて、先輩画家の市内の絵の展覧会を見てきまし [続きを読む]
  • ヒガンバナ咲く
  • 秋が深まってきたとはまだ言えませんが、夏の日差しは残るものの秋めいてきました。先日通過の台風で傾いた、ルドベキア・タカオをお終いにしたら庭は夏の姿は無くなってきました。カレンダーを知ってか知らぬか、律儀に秋の彼岸の日を目指して♪ヒガンバナが咲いてきました。本当に不思議な花ですね。何年経っても、ちゃんとこの日を覚えて咲くなんて、認知症にもならずに偉い花だと感心します。こんな風に誰かにプレゼントを贈る [続きを読む]
  • 茗荷 スケッチ
  • 友人の庭で出来た掘りたてのミョウガを頂きました。前回は、もぅ沢山の大葉も頂きました。それもみんなに下さるほど、庭になっているとおっしゃるのです。なにか、宝石箱のような庭だなぁと思いました。(家には蛇しか出ないのとは大違いだわ。)秋のミョウガは、しっかりと固くて太っています。ちょっと画面が暗い感じなのはバックの色のせいか?・・・まだまだ研究がいるところです。その内に、分かってくるでしょう。晩御飯 鰯 [続きを読む]
  • トリカブト 咲く
  • ♪トリカブトの花が咲いてきました。悪名高いので、最近はめっきり見なくなりました。私のところでも花が咲くまで、汚くなってしまって中々、花まで毎年たどり着けないのですが今年は庭の隅で何本か、咲いています。でも植えていても仕方ないし、今年が最後と思いながら記録しました。昔、近所でもこの辺りで野生のトリカブトを見たこともあります。草むらにひと際美しかったのを覚えています。旅行でもちょっとした高原で咲いてい [続きを読む]
  • ツユクサ スケッチ
  • 同じ雑木林で、ツユ草を見つけました。ツユ草は摘んでしまうと花がすぐに萎れてきますから、すぐにスケッチしました。この頃は、何か目新しいものにあうとすぐに、「スケッチをしておこう。」と思います。20年前に、絵手紙を書きはじめた頃もこんな風でした。少しさみしげなスケッチになりましたが、私の心理状態とは関係ありません。至って元気です。ヒガンバナが咲きそうです。あっという間に伸びて来ますね。晩御飯 茹で豚  [続きを読む]
  • ツユ草 スケッチ
  •  F2同じ雑木林で、ツユ草を見つけました。ツユ草は摘んでしまうと花がすぐに萎れてきますから、すぐにスケッチしました。この頃は、何か目新しいものにあうとすぐに、「スケッチをしておこう。」と思います。20年前に、絵手紙を書きはじめた頃もこんな風でした。少しさみしげなスケッチになりましたが、私の心理状態とは関係ありません。至って元気です。ヒガンバナが咲きそうです。あっという間に伸びて来ますね。晩御飯 茹 [続きを読む]
  • ドングリ見つけた スケッチ
  • 夏の日差しが秋に傾きかけた雑木林で、可愛いシイの実(ドングリ)を拾いました。ちょっとした強い風が吹いて、木の枝から振り落とされたみな同じようが格好の小枝つきドングリです。昔・・犬を飼っていた頃、散歩道で拾い、家に持って帰って学校から帰って来た子供に見せましたっけね。秋の始まりは、こんなものでもとても新鮮です。色が緑ばかりで、思うようにうまく描けませんでした。こんなのが気にいるように描きたいものだと [続きを読む]
  • 決断
  • 大きいことや、または小さなことであっても人生は、毎日が決断の連続。今日は何をするか・・・何を食べようか・・・何を買うか、誰と会うか・・・果てしない決断の連読です。あのヤマカカシがヒキガエルを飲み込んだ日の後、再び、あのヤマカカシに出くわす事件があったのです。庭仕事の道具を物置に取りに裏へ回ったところ、その瞬間、吾亦紅がざわざわと揺れて、ザワーと動くものが視界に入りました。ガス器の裏へ入ったところ、 [続きを読む]
  • シュウカイドウ スケッチ
  •  F6家の裏側は半日陰で、シュウカイドウが自然に増えていくには良い環境です。先日のヤマカカシ騒動で、「足元が見えないのは困る。」ということで、まだこんな若いシュウカイドウをみな切ってしまうのは私にはできません。蛇には、どこかへ行ってほしいけど、シュウカイドウは大事にしています。夫と押し問答で、少しばかり譲歩しましたが、まだ花が開いて来ていません。ちょっと早いなぁ・・・と思いながら、あるがままをと思 [続きを読む]
  • 無花果 スケッチ
  •  F3晩御飯の後の時間、出回って来たイチジクをスケッチしました。この時間は一日の暑さもやっと落ち着いて来て、また食事の後片付けは夫がやってくれますので私にとってはゴールデンタイムなのです。イチジクをみると母のことを思い出します。母の好物でした。生前、母とは充分仲良しでしたがこの頃もっと、母がどういう人だったか知りたかった・・・と、思うことが多くなりました。誰にでも優しく親切でよく気がつき、夫に逆ら [続きを読む]
  • ♪オキザリス・レグネリー(緑の舞) スケッチ
  •  F2♪オキザリス・レグネリー(緑の舞)を小さなスケッチブックに描いてみました。オキザリス・紫の舞も水彩で描いてみたいですね。オキザリス・レグネリーは、四季咲だそうです。咲く環境があえば一年中咲くということのようです(ネットから)。先日、庭片づけをした時、本当ならば12月に剪定するブラックベリーを切っていたときです。シジミチョウがわっと何頭も現れました。きっとびっくりしたのでしょうね。来年のブラッ [続きを読む]
  • フルーツパプリカ スケッチ
  • F 2早9月です。フルーツパプリカ(セニョリータ)という名前のパプリカがJA にありました。可愛いので、観賞用のようにもみえますが食用で、沢山いらない我が家向き。オクラも添えて、こちらがモデルです。宝石のようなお野菜ですね!今日は庭でヤマカカシ(毒蛇)が多分カエルを飲み込んだ直後の時を発見して、大騒ぎになりました。あんな大きな蛇は見たことが無かったです。飲み込んだと思われる胴体は両手の親指と人差し指で丸 [続きを読む]
  • 赤トウガラシ スケッチ
  •  F2「赤トウガラシはいつも魅力的なもの」に私には見えます〜1本2本を散らばしたものを描くのは難しいけれど、沢山だと描きやすいように思いました。こちらがモデルです。赤唐辛子は、日本、中国やまたアジアやヨーロッパでも『魔よけ』のお守りとして息づいていますがさて効果のほどは如何でしょうか。またしばらくの間、スケッチが続きます。晩御飯 ピーマンの肉詰め(トマト煮) モロヘイヤ胡麻和え ポテトサラダ 胡瓜 [続きを読む]
  • 久々に、庭便り 
  • ♪ビナンカズラが可愛らしい花をつけました。小さな実に結実したものもあります。昔調べたら、家のこの木は雌雄同株でした。。。(花弁の中の実が赤いのが雌花、薄緑色のが雄花。家の株はどちらもあり雌雄同株。)木の実は赤くなってくるととても魅力的です。昔、武士の髪を整えるのにこの樹液を使ったとか。サネカズラともいう。このビナンカズラの一体に混ざって昨年から↓、ノブドウではなかろうかと思うツルが伸びてきました。 [続きを読む]
  • リースのリメイク 2点
  • そろそろ片づけてもいいのだがと思いながら、一年ほど前に作った花のリースを、リメイクしました。中心の色花の輪が以前に作ったものですが、だんだん痩せてきましたので、アナベルのドライを足して大きくしました。アナベルは加工して白くすることも出来るそうですが、これは1カ月くらい前に仕立て直ししたもので、その頃の緑色のままです。いつまで飾って置くのかとも、自分でも思いますが、これでまたしばらく・・・。再々リメ [続きを読む]
  • 「ボストン美術館の至宝展」を見る 
  • 暑い暑いと言って家ばかりで過すのも、運動不足が気になって来ています。このところの曇りが続いた日に、上野の東京都美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝展」を見てきました。このチケットにある、ゴッホの「郵便配達人・ジョセフ・ルーラン」とその妻の自画像はもともとゴッホ好きにはとてもいい絵ではなかろうか?ルーラン夫妻はゴッホがアルルで暮らした時のご近所の夫妻で、ゴッホを陰ながら支えた人たちと言われる。郵便 [続きを読む]