はなこ さん プロフィール

  •  
はなこさん: はなこの暮らし工房
ハンドル名はなこ さん
ブログタイトルはなこの暮らし工房
ブログURLhttp://hana2526.blog77.fc2.com/
サイト紹介文毎日を元気でかけぬける主婦の暮らし日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2008/10/19 10:31

はなこ さんのブログ記事

  • 『プーシキン美術館展』(東京都美術館)を見る
  • 連休に入る前、東京都美術館で開催中の「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」を見に行きました。今、上野の国立西洋美術館の方の展覧会も見たいと思っているので、こちらを早めに先に見ました。プーシキン美術館は、モスクワにある国立美術館です。ここに収められている主にフランス絵画の風景画を中心に展示したのが今回の展覧会です。画家が描く絵や絵画の変遷は、往々にしてその生きた時代に影響を受けながら描かれるも [続きを読む]
  • 初めてのバラ と 連休前の庭の花
  • 昨年の今頃に頂いた薔薇の花束のバラを挿し芽にしたら、ひとつだけ元気に着いたのがありました。この薔薇なのですが、お名前が分かりません。分かる方がいらしたら教えてくださいね。蕾は10個くらいも出来ました。蕾は結構大きいです。さて、バラのことは何も分からない私にバラが育てられるでしょうか?古株の♪アイスバークも咲き出しました。私の背丈ほどあります。このアイスバークは初心者向きのバラだそうで、世話なしで一 [続きを読む]
  • ゴールデンウィークのある一日
  • 連休が始まって早い頃に、息子家族が帰ってきました。いつもなら庭でバーべキュウをするのですが、いつも食べるばかりでもつまらないと思いお昼御飯を済ませるとすぐに、近所の賑わいところに散歩に出ました。この鶴見川では、地域の保存会が毎年5月の連休にちょっとしたイベントを開催します。昔はもっと沢山の鯉のぼりが青空を泳いでいたという記憶ですが、やや少なくなった気がしました。金魚すくいやヨーヨー釣り、お祭り恒例 [続きを読む]
  • 新鮮ラデッシュ 描く 
  •  F6やはり春ものですね、大きなラデッシュがありました。描くモデルとしては、根っこの髭なども残してほしかったですが、野菜売り場の陳列棚に並べるにはいらないものなのでしょう、処理されていました。まっ、いいか。ラデッシュはもうひとつ下の大きさのサイズで、描いたことがありました。いつもモデルとしては可愛い美人さんなので、魅かれてしまいます。先日のチゴユリの絵のときの・・・葉がみんな緑という課題が、ここで [続きを読む]
  • ジャーマンアイリス 描く
  •  F6ジャーマンアイリスは以前、庭に沢山咲いてそれは見事でしたが、根をダンゴ虫に食べられてしまいどうしようもなくなったので、全部片づけてしまった花ですが、今回は花屋さんの切り花で描きました。ヘルマン・ヘッセが愛したというのはこの、ジャーマンアイリスでしょうか?アヤメ、アイリス、菖蒲と続くと、いよいよゴールデンウィークがスタートです。近くの鶴見川に、鯉のぼりが悠々と泳いで飾られて5月のお祭りもありま [続きを読む]
  • 「浮世絵モダーン」展 を見に行く
  • (パンフレットの表裏とチケット)市の版画美術館で開催中の、「浮世絵モダーン」展を見てきました。大正〜昭和の時代に多くの画家が、芸術思潮、流行の文化、世相などを強く意識しながら伝統木版による新しい表現を模索し、新版画(これを浮世絵モダーンとネーミング)の制作に意欲的に取り込みました。(パンフレットから。)江戸〜明治時代の市民の話題など、人々の生活や生活感覚を素直に画題にしたそうです。新しいだけあって [続きを読む]
  • チューリップの辺り スケッチ
  •  F6昨年末植えたチューリップがやっと咲いてきました、少し遅かったですね。何色を植えたのかも忘れていましたが、淡い黄色でした。庭に出て、チューリップの一角をスケッチしました。後には♪オルレアがぼちぼちと咲き出しました。♪黄金シモツケ の花も小さな蕾をつけ出し、この花が咲くと、色鮮やかな黄金色はただのシモツケの緑色になっていきます。モデルは、この辺り。小さな庭ももう、地面の全面を覆い被るほどの草木で [続きを読む]
  • チゴユリ スケッチ
  •  F8庭の ♪チゴユリ がダッーと沢山咲いたので、今が旬とスケッチしました。サークルの2時間半で描き上がらず、家に帰ってから仕上げました。とても苦労した一枚でしたが、初めから、修行と思って描きました。葉の緑が全体に変わらない色合いであったことや、花が小さいうえに白い花は絵の中に沈んでしまうので苦心がいった一枚になりました。現在の私の技量では、これで精いっぱいだと描き終えて思いました。画用紙も8号で [続きを読む]
  • サクラソウ スケッチ
  •  F3スケッチサークルの友人からサクラソウと、ペチコート水仙を頂きました。可愛らしいペチコート水仙は、もらった翌日に花がとじてしまったので描かず終い。サクラソウは形が整うまでおよそ2週間。丁寧に可愛いポットに入れられて私のところにやってきました。花が咲くまで時間がかかったので、やっと描き上げたので、地に下してあげます。狭いポットにいつまでも置いて、きつかったでしょうね。ごめんなさいね。晩御飯  烏 [続きを読む]
  • 久し振りに デコパージュ
  • 4月遊び会での作品。眼鏡立てにデコパージュしました。以前に石鹸でデコパージュしたことがありましたね。ちょっとしたプレゼントに差し上げると、喜ばれます。歳をとり、大抵の人は眼鏡を持っています。差し上げたら「明るくって、すてき。」と、いつも側において頂いて喜ばれます。作るのは、ひとりでするより、おしゃべりをしながら作ったら楽しく出来上がります。仲間の方も自分用のひとつだけでなく、2個作っていきました。 [続きを読む]
  • 鮎 スケッチ
  •  F6養殖ものの鮎、愛知県産とありました。昔、絵手紙を書いていた頃は時々魚は描いていましたが、水彩画では初めて魚を描きました。うんと小さい頃は、父が肉好きな人だったので魚と云ったら、鮭か鯵か秋刀魚かくらいしか食卓に上がった記憶がありません。東京オリンピック後くらいからは、いろいろと登場したような記憶ですが。それでも鮎が実家の食卓に上がった覚えはないですね。地域性もあるのかも。そして今、鮎は1年に一 [続きを読む]
  • シロヤマブキ スケッチ
  • 白山吹は黄色の山吹より花がやや大きい感じがしますね。2軒の友人のところからやって来て、並んで二株植わっています。一重のところが一層、清楚に感じます。水やりに庭に降りると、なんやかんやと庭仕事につかまってしまいます。枯れた木を片づけました。好みの木だったドドナエア、オーストラリア原産の木は1本は3年目、もう1本は2年目でここの寒さには慣れていたと思いますが、この冬は越せず枯れてしまいました。ネットに [続きを読む]
  • ケマンソウ(タイツリソウ) スケッチ
  •  F4ケマンソウをスケッチしました。花の作りの複雑なこと。庭では4年目だと思います。しっかりとした太い花径が4〜5本伸びています。花は、ほぼ1週間〜10日位で終わっていきました。晩御飯  焼き鳥 サラダ 蕗と生揚げ煮焼き鳥は、鶏もも肉1枚と鶏レバー一皿で10本も出来ました。下味と生臭みを取るために塩をしておきます。キッチンパーパーで汁気を取ってから焼きます。食べる時に、すりおろしのニンニク醤油、ガ [続きを読む]
  • 今頃の花
  • 香りの♪カロライナジャスミンが咲き出しました。ジャスミンの香り・・・♪ブルーベリーの花 と ♪ハクロニシキの 萌え色の葉。♪アリューム・トリケトラム と ♪アジュガアジュガは花の後、これでもかと増えていきますので、昨年随分抜きましたのであまり多くは無い。♪ギボウシ(ホスタ)他1種あるのですがいつも遅いのでこの2種だけを。ギボウシに混ざるように広がった ♪チゴユリ 地味ですが好きな植物です。♪プリム [続きを読む]
  • クレマチス モンタナ・ルーベンス
  •  F6これは今年アーチに咲いていた 家では受難続きの ♪クレマチスモンタナ・ルーベンス のスケッチです。実はこのモンタナ、アーチに絡んで咲いていたのを気が付いた時は、冬咲きクレマチス・アンシエンシス を剪定した日でした。「あれぇ〜まぁ〜」と再会を喜び、アンシエンシスを剪定する時に切らないように細心の注意をしようと思っていたのですが、残念なことにやはり切ってしまいました。(2本が絡んで見分けが難しい [続きを読む]
  • イースターカクタス スケッチ
  •  F2描いてみたかったイースター・カクタス(赤)です。お花屋さんを通りかかったら、小苗を見つけ嬉しかったです。お日様にあたっている時だけ、花が開きます。こちらはスケッチ。スケッチも毎日のように描いていますし、花も咲きますし、ブログの記録ものんびりしていられません。連日春の強風に驚かされますが、今日はやや穏やかな日でしたのでチャンスと思い庭仕事に勤しみました。 名残の春花パンジーも早いものはそろそろ [続きを読む]
  • 春の花束 スケッチ
  •  F3野菜を買いに行ったとき、可愛い花束を買いました。切り花は一日でも遅くなったら、チューリップがとんでもない形になってしまうと思い風邪引いてしまって体調が悪かったのですが描いてばったっと寝込みました。ほんと何年か振りに風邪ひきなどしましたが今はもう、よくなりました。夏のような気温になった2日間にうっかり油断し過ぎました。どちらかと言えば暑がりなので、歳を取ったのを忘れていました。晩御飯 ロースト [続きを読む]
  • 「うまかんべー」トマト スケッチ
  •  F2「うまかんべー」と名つけられた、小さなトマトです。埼玉県深谷市のトマトですが、今は11軒の農家しか作っていないトマトだそうでぎりぎりまで水をやらずに育てるのだそうです。種はほとんどなく中がぎっちりと実が詰まって、水に浮かせたら沈むのではないかと思うくらい小さいのにどっしりした重さがあります。多分この品種はサイズはこれで最大(直径5センチくらい)で、大きいのサイズは無いのではないかと思います。 [続きを読む]
  • 今頃の庭の花
  • この部屋から見える大きな桜の木は、咲きだしから3日で満開になり、満開の桜も3〜4日は持ったけれど、一夜のうちに9割方が夜中の内に散ってしまい、朝になってブラインドを開けた時はげ坊主になっていて驚きました。「昨日の夜中はそんなに風が強かったっけ?」と。3日くらい前のことです。さてまた今日も春の強風で、ミックスジュースのようです、今も。。最近の、庭の花ですが、進みましたね〜。みんな一緒にやってきました [続きを読む]
  • 筍 スケッチ
  •  F64月サークルで描きました。本物の筍は絵よりやや細身だったのですが、どっしりとした大地の息吹をも描き表したくて太さはやや誇張して描きました。スケッチの画材は自分が持って行く方式ですから、何にしようか・・・と思いましたが「筍が描きたい!」と前日セレサモスに買いに行きました。まだ走りですね。セレサモスはお花や新鮮野菜であふれていますから、何か画材になるものは有ります。ちびトマトは、埼玉県のブランド [続きを読む]
  • クリスマスローズ スケッチ
  •  F6もう、4月になってしまいましたが3月のサークルで描いたもう一枚です。庭のクリスマスローズはもう、すっかり立ちあがって種の袋が膨らんできています。近くのサクラの木は、31日の土曜日には、散り始めたものもあります。4月のサークルの日もはじまります。時は流れます。晩御飯  焼イシモチ ホウレン草お浸し マカロニサラダ晩御飯  チキンソテー おからのサラダ 胡瓜ワカメの酢のもの [続きを読む]
  • 個展へ
  • 柴田悦子画廊水彩画の先生の個展が銀座で開催中なのですが、出掛けた後は花粉症がかなりひどくなるので迷いましたが先生の絵はあまり見たことがないので、どんな絵をお描きになるのだろうと云うこともあったし見せて頂くせっかくのチャンスなので思い切って出掛けてみました。銀座には、ちょっと歩いても小さな画廊がいくつもあります。やはり実物は素晴らしかったです。日本画が主でしたが、水彩画も少しありました。案内葉書の絵 [続きを読む]
  • 都内の桜散策(六義園 )と・・・・
  • 六義園←  でサクラの満開を見に行きましょうとあれこれと案を練っていましたが、結局その日の連れとの中間地点で散策することになり、今は都立の公園「六義園」のしだれ桜を訪ねました。満開の調度よい時で、それは優雅で見事でした。海外からの旅行客は今、どこに出かけても多いです。私達は比較的早い時間に入ったのでよかったですが、出る時間になると、ツアーなどの団体客が門で行列になっていました。夜のライトアッ [続きを読む]
  • 椿 もうひとつスケッチ
  •   F6椿の花は、今の今まで何とも無くて咲いているのに、あまりの潔い終わりにがっかりします。少しの間は長持ちさせたいと思うので、寒い玄関に置いておきましたが、あっという間に落ちるのもあって今日こそは描いてしまわなくてはならないと、描いたもう一枚の椿です。今回2枚描いたので、これで満足、満足ですが苦心作です。バックがね、上手くいかず。描かせて頂き、ありがとう。一昨日の春の温かい日に都内の桜見物をしな [続きを読む]
  • 双子の桜
  • 近所に知る人ぞ知る通称「双子の桜」という、桜の大木(多分ヤマザクラ)があります。この桜はやや早咲きで、世間が満開を叫ぶ時は早、散り始めてしまいますが今年はどうかと買い物のついでに時々見に行っていましたが、今年は満開を見ることができました。どうも二卵性の双子の桜のようで、もう片方の桜の木(右側)の方は、遅れていました。二分咲きくらいかな?古木で昨年は痛々しい姿でしたが、どなたがが、補修をされていました [続きを読む]