JQ さん プロフィール

  •  
JQさん: 渋谷で働く女社長
ハンドル名JQ さん
ブログタイトル渋谷で働く女社長
ブログURLhttps://ameblo.jp/shibuya1/
サイト紹介文女性として、起業家として、日本人として、思ったことや新しい情報などを書いています。
自由文地域と地域をつなぎ、日本人の農業心を学び、伝えたいと思います。
山形県白鷹町ふるさと交流大使・青森ベースのNPO地域コミュニティ推進協議会理事・新潟市食と花の推進販促アドバイザー・(社)日本フードスペシャリスト協会理事。総務省地域情報化アドバイザー。
神奈川県立鎌倉高校OGです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/10/20 11:03

JQ さんのブログ記事

  • 福島の農家さんたちが考えていること
  • 福島はいまだ復興の道半ばにあります。311のあとの明暗について、いろいろな立場の人たちがいることは言うまでもないのですが、12月8日郡山で、地域活性化や農業をテーマにしたシンポジウムが開催されました。 福島大学・宇都宮大学で教鞭をとられている守友裕一先生による「内発的発展」についての講義のほか、いわき市で無農薬・無化学肥料の自然栽培野菜を栽培しているファーム白石の白石長利さん、会津若松市で会津伝統野 [続きを読む]
  • 出版セミナー 郡山でいたしました。
  • 株式会社SASAE さんが企画してくださり、福島県郡山市での出版セミナーをさせていただきました。実際に企画案をお持ちくださった方は、ご自身の健康的な体験を書籍化したいけれど、出版社に提案してもなしのつぶてであったそう。なぜそれがダメなのか。どうしたら、提案として採用されるのか。商業出版をするための条件はあるのか。知名度のない一般人が商業出版できるのか。自費出版はメリットがないのか。編集者はどんな仕事を [続きを読む]
  • 「運トレ」ってなんだ!?
  • さて、集英社の大人マガジン「Our Age」で、ムーンプリンセス妃弥子さんが大人の運磨きについて、コラムを書いていらっしゃいます。 あなたが今の人生を生きる中で、ワクワク嬉しくなる「素敵な未来」に近づくためには、イメージの力が欠かせません。 ということで、2019年を前に、5つのステップを書いていらっしゃいます。 ①今年を振り返り、頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。②2019年にありたい「素敵な自分」をイ [続きを読む]
  • タヌキかアライグマか、それが問題だ
  • うちの猫がいなくなって1ヶ月。ほぼ同じ時期にいなくなった友人のうちの猫も戻っていない。数日おきに、動物愛護センターと保健所に電話をかけるのだが、どちらの職員さんも、申し訳なかなるほど丁寧で、親切な応対をしてくださる。さて、どこに行ったのやら、猫たち!!!ところで、もしかして、帰ってくるかもしれないと思い、玄関前にカリカリを入れた器を置いてみたところ、毎晩深夜に、誰かが食べに来る。でも、それは、うち [続きを読む]
  • 情報化は高齢者を助けてくれるのか?
  • 実家は、いわゆる古民家のジャンルに入る古い家です。ご多聞に漏れず、トビラはガタピシ。あちこち隙間風が吹いて、寒い。「せめて、トビラがちゃんと開け閉めできるようになるといいんだけれど」と言う母は、いわゆる高齢者。そんな折り、聞いていたかのように、新聞にチラシが入っていました。玄関やトビラの修繕、襖や障子の張り替え。荷物の整理。不用品の片付け。え、いいじゃんいいじゃん!!と、フリーダイヤルに電話する [続きを読む]
  • 太陽のあたる道の真ん中を歩く人生
  • 先日、NHKの番組に登場していた女性。才能があって、美人で、夫と家族がいて、さらに、仕事とチャンスにも恵まれ、まったくもって非の打ち所がない、素敵な方でした。その方が手がける仕事はどれも女性らしい視点で、女性たちに寄り添う企画。どれもが成功するなかで、上司(多分男性)が、「君は、太陽があたる道の真ん中を歩くような人生を送りなさい」的なことを言ったのだそうです。すごいですね!!上司!!!カッコいい。思 [続きを読む]
  • ごはんが消える!!???
  • さて、チビタがいなくなって、2週間以上たちます。チビタの気配はまったくありませんが、最近、玄関前に置いておいたエサがなくなります。先週は2.3日に1階くらいの割合で、誰かが食べに来ていたようですが、昨日今日と、毎日無くなっています!!!しかも、昨晩などは、出してから2時間くらいの間に完食!!!深夜に、カリカリと、猫缶を出して寝ました。すると、今朝。見事に空っぽ!!!さて、誰が食べているのか???今朝は [続きを読む]
  • ガスファンヒーターでやってはいけない5つのこと
  • 秋も深まって、暖房器具が恋しい季節になってくると活躍するのがガスファンヒーターですね。暖房器具で一番利用されているのはエアコンですが、満足度においては94%の人がガスファンヒーターをあげているというデータもあるほど。(2017年リンナイ調査)石油ストーブと違って燃料補給をしなくてもいいし、点火してすぐに温まるうえに、いやなにおいがしないことが最大のメリットです。 しかし、そんなガスファンヒーターにも、 [続きを読む]
  • 手塚治虫90周年記念パーティーに参加させていただきました。
  • 2018年11月20日、帝国ホテルで開催された手塚治虫90周年記念パーティー。とにかくすごい人でした。大手出版社(小学館、講談社、集英社、潮出版社などなど)はもとより、アニメ関係、漫画家の先生たち(大御所がずらり)、そして、デーモン小暮閣下もひときわ目立っていらっしゃいました。 会場は撮影NG。でも、有名漫画家さんたちは同窓会のノリで、あちこちで撮影しあっていらっしゃいました。(ちょっと羨ましい) 私 [続きを読む]
  • 姿が見えないけれど、カリカリがなくなっている!?
  • うちのチビタです。14歳。オス。去勢済み。半分家猫。かれこれ2週間、帰ってきません。いつもなら出てはいかない雨の日に出ていって、それっきり。11月になって、飼い猫が家出をしたという友人知人がすでに2人。家の近くにはポスターがあり、どうやら猫がどこかで集まり、次の年号でも相談しているのかも、なんて思ったり。帰らぬ猫を探すのはなかなかやっかいだし、心がくじけることもあります。宅急便のお兄さんやご近所の方な [続きを読む]
  • 「ひとりちゃ」でマインドフルネス
  • ふたこ座の「nojolink」のブースに、ひっそりと、「ひとりちゃ」の茶器があります。別売りの袋に入れた、ひとりちゃ器。小さな小さな、おちょこのような器が入っています。ちょうど手のひらに乗るくらいのサイズ。玉露を5グラム入れたところ。そこに、ひたひたになるくらいの軟水を入れます。こんな感じ。蓋をして、手のひらで包みこむようにして、3分から5分、目を閉じましょう。器に、お茶を移します。びっくりするほど、ちょっ [続きを読む]
  • いなくなった猫を占ってみたら・・・
  • 猫がいなくなって、早10日。 私、実は占いができます。 その昔、女性誌の編集をしているときに、占いの特集を何年も担当していたこともあるし、もともと鎌倉は超常現象というか、不思議なことがたくさんある土地で、敏感な人もいるのではないかと思います。 私が使うものは、主にタロットカードと、ルーン。タロットは大アルカナだけのもの、猫のタロット、普通のものがあります。そのほかに、仏様カードと、神様カードがありま [続きを読む]
  • 60代女性誌が売れている理由と地域活性化
  • 宝島社で発行している中高年の女性向けのファッション・ムック誌が好調だそうです。私も最近「ハルメク」という雑誌のWEB版の記事を書かせていただいていますが、こちらも書籍のほうは女性誌ではナンバーワンの売り上げとのこと。 60代の女性たちは、日本ではじめてミニスカートをはいた世代 と、どなたか、評論家の方がおっしゃっていましたが、1970年代から80年代にかけて、「anan」「non-no」という女性ファッション誌が大 [続きを読む]
  • 七五三と千歳飴について調べてみました
  • 七五三の由来は平安時代にさかのぼるのだそうです。 当時は妊娠出産も命がけであっただけでなく、疫病などで小さな子供が死ぬことも多く、7歳までの子供は「神様の子供」と考えたそうです。堕胎や死産などの「水子」も同様に「神様のもとに帰った」と考えられたようです。 だから昔は、小さな子供は「かみのうち」と呼ばれて、いつ死んでもおかしくないものと考えている一方で、健康に育つことを祈っていたんですね。 たとえば、 [続きを読む]
  • みんなで作って食べられない人が増えている?
  • クリス松村、お好み焼きの“個人的問題点”を語る「みんなでつっつく・・・というのがダメ」タレントのクリス松村が、10日に「豚玉お好み焼きと個人的問題点」というタイトルで自身のアメブロを更..........≪続きを読む≫[アメーバニュース] クリス松村さんの記事。 「みんなで作る」というところで、自分の好みの味つけができないということと、みんなで食べるというこの2点がストレスになるということなのかな。 最近、「人が [続きを読む]
  • 猫が家出したときに連絡すべき大事な5か所のこと
  • さて、うちの猫が家出をして4日めになりました。しかも、さきほどまで3日間は雨が降って、肌寒い陽気。ご飯も食べずにどうしていることやら。そのうち帰ってくるだろうと、心配しながらも待っていました。 しかし、 もしかして、捕獲されて、引き取り手不在で処分されてしまったら!!! そうならないためには、しかるべきところに連絡することですね。 1.動物愛護センター 東京都の場合、1日15匹程度の脱走猫がいるのだそう [続きを読む]
  • 成分分析。当たった? 当たらない?
  • 世の中にインターネットが出現していない時代。パソコンがやっと庶民でも買えるようになったころに、私は「ドキドキ心理実験室」というソフトを企画して、アスキーから販売していただきました。(さすがにもうないよな、とAmazonを検索したら、データだけうっすらとありました^^ 1991年発売!) ドキドキ心理実験室―PC‐9801+MS‐Windowsで楽しむ Amazon ドキドキ心理実験室―PC‐9801+MS‐Windowsで楽しむ Amazon 心理 [続きを読む]
  • どうなってるの?日本の「人づくり最新事情」
  • 「女性のための情報化研究会」と株式会社ライフワークスさんが共同で、秋のシンポジウムを開催するというお知らせです。 日時は 2018年11月27日(火)18:30〜20:30場所はライフワークス会議室(場所はシグニチャーを見てください) 人材教育、人材開発にご関心があるみなさん、ご参加いかがでしょうか。 お問い合わせは藤田さんまでお願いします。 ===================グローバル化・少子長命化する日本は、 [続きを読む]
  • 歯が捻挫している!?
  • 私は歯とか顎とかに問題があり、中学生のころに行った歯医者さんでは「大学病院で顎を切る手術をしなくてはいけない」と言われたのですが、まあ、生きていけるしということで、30代になって自分で小銭を稼いでから矯正をしました。 矯正にはなんだかんだ3年くらいかかり、そこそこには歯並びがよさげになったのですが、やはり根本的な解決にはなっていなかったような気がします。 歯医者さんを選ぶのは、内科や外科以上に難し [続きを読む]
  • 家出した猫が戻らない・・・
  • 2日前、ときおり雨が降る日。私は仕事に熱中していて、猫が出ていったことに気づきませんでした。 夕方になって、「今日は静かだな」と思って、いつも寝ているところを見にいったら・・・ いない・・・ なぜ??? 小さな家のなかを隅々まで、洗濯機のなかやタンスのなかまで見ても、いない・・・ いつ出ていったのか、気が付かなかった自分を責めました(泣) でも、雨が降っていたから、どこかで雨宿りしているかも・・・ なん [続きを読む]
  • 青森市議が裏アカで差別発言などをしていたことについて
  • 会津の白虎隊の「ならぬことは、ならぬもの」という話。====================1、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ。1、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。1、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ。1、卑怯な振舞をしてはなりませぬ。1、弱い者をいぢめてはなりませぬ。1、戸外で物を食べてはなりませぬ。1、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ。ならぬことは、な [続きを読む]
  • お風呂で石鹸を使うなという理由
  • 先日、久々に行ったスーパー温泉の「垢すり」で、担当してくれた女性と、「自分でやると思ったように垢が出ない」という話に。 彼女曰く、垢すりタオルなど、市販のものはいろいろあるけれど、プロが使うものは「どこか違うんですよねえ」とのこと。 ちなみに、ハードとソフトと選べるのだけれど、「ハードのほうが出るということではなくて、あくまでも感触の好みですね」ということで、月に1度くらい通っていると代謝がよくな [続きを読む]
  • 今日は縁結びの日。縁と運があれば大丈夫。
  • 成功する人は実は運がよくて、「自分が運がいい」と思っている人ほど成功するのだそうです。でも「運より努力が大事だ」と言う人が多いのは、運だよりになると努力しなくなるからなんだって。 この本、とても面白かったです。努力だけじゃあ報われないこともあるよね。今日は「縁結び」の日だそうで、お仕事の縁もつながりますように。 成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 [ ロバート・H・フランク ]1,728円楽天 ▼ [続きを読む]
  • 90周年の牛乳石鹸がスゴイわけ
  • ある仕事で、石鹸のことを調べていて、目からウロコなことがたくさんあった。まず、石鹸は南蛮渡来のもので「サボン」とか「シャボン」とか言われていたというのはうっすら知っていたが、その後日本国内で生産されるようになったのは、それから300年もあとの明治時代になってからだそうだ。それも、最初は軍需産業として、衛生管理のために石鹸が作られ、普及していったという。石鹸には化学薬品が使われることもあり、石鹸によっ [続きを読む]