Mrロミオ さん プロフィール

  •  
Mrロミオさん: ヒロミツの今日もいい日だ
ハンドル名Mrロミオ さん
ブログタイトルヒロミツの今日もいい日だ
ブログURLhttps://ameblo.jp/odahiro/
サイト紹介文中小ソフト開発会社を経営しています。システム開発、マーケティング、日々の日記を公開しています。
自由文今の自分があるのは、私の両親、家族、友人、会社のスタッフ、お客さん・・・みんなのおかげです。

常に感謝の気持ちを持ち生活したいものです。

そんな私の日常の出来事などを書いていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/10/21 14:34

Mrロミオ さんのブログ記事

  • メルカリの働き方(意識改革)
  • ■メルカリの働き方(意識改革)今やフリマアプリで急成長のメルカリ。急成長の秘密は「社員の働き方」にあるようです。メルカリの社員の働き方のキーワードは「意識改革」です。そのカギとなるのは3つのバリュー(行動指針)があります。同社は「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレースを創る」をミッションに掲げており、それを達成するために3つのバリュー(行動指針)を設けています。「Go Bold:大胆にやろう」「A [続きを読む]
  • メルマガはお宝
  • ■メルマガはお宝現在、小冊子を作成しています。3部小冊子を作っています。3部作の構成は以下のとうりです。第1部:ITシステムを成功に導く10の気づき第2部:僕が見てきた「IT失敗会社」と「IT成功企業」第3部:インフォケーションの仕事の仕方を教えます小冊子は自分の仕事(商品サービス)に対する考え方などを伝えるには最適なツールだと思います。小冊子を作るにあたりまずは資料を集めています。公開されているホームペー [続きを読む]
  • ターゲットを絞る
  • ■ターゲットを絞る現在、小冊子を作成しています。約60ページの冊子を想定しています。自分で記述するのもいいのですが時間的な事や文章スキルも考え、ここはプロにお願いすることにしました。文章作成のプロというと身近の人で・・なかなか誰かとかイメージがつかないのでクラウドワークスを利用することにしました。作成したい内容をリクエストをすると何名かの方が応募してくれました。その中でも価格、提案力、過去実績で [続きを読む]
  • 小冊子を作ろうかなと・・
  • ■小冊子を作ろうかなと・・小冊子は自分の商品やサービスを知らせるには有効なツールです。特に、商品・サービスにたいする思いを伝え共感を得るツールには最適です。私は2005年から「ITシステムを成功に導く10の気づき」と題したB版60ページの小冊子を配布しています。https://www.infocation.jp/success04.html自分のシステム受託開発に関する考え方を小冊子で伝えています。製本版とダウンロード版で延べ約1000冊は [続きを読む]
  • マーケティングを学び実践するのは最高の投資
  • ■マーケティングを学び実践するのは最高の投資9月16日(土)17日(日)18日(月)の三連休にとあるコンサルティング会社が主催するマーケティングセミナーに参加してきました。さすがに集客の事、マーケティングの事なら現在、日本一の会社だけあって高額にもかかわらず110名が参加した熱い勉強会でした。3日間で戦略から戦術までまさに早回しのセミナーで凄い情報量ではありましたが多くの気づきがあった充実した時間でし [続きを読む]
  • モヤモヤ感が上達の秘訣
  • ■モヤモヤ感が上達の秘訣趣味のアコースティックギターで演奏する機会も増えてきました。少しずつですが進歩しているのかなと、自分なりに感じています。ギターの上手な人をみるとどうしてあんなに上手に弾けるんだろうと常に思います。自分も上達したいと何冊もギター教材本を買ったり、ネットでハウツーものを検索したり、Youtubeをみたりはしていますが、「モヤモヤ感」がぬぐいません。たとえば、ギタースケールやアドリブ。 [続きを読む]
  • 効率よくしようとの気持ち
  • ■効率よくしようとの気持ち先日、保険代理店のお客様から次のような相談を頂きました。毎月、顧客に保険更改や新規の書類をお知らせするのだが、これが手作業で手間がかかるし送付ミスが発生したりすると大変な事になるからなんとかしたいんだよね。今、どんな作業をしてるんですか?と聞くと1.保険会社からくる新規契約の書類2.送付案内3.宛名ラベルこの3つを封筒にして送付してるんです。間違っちゃいけないので2名で [続きを読む]
  • 上達の秘訣
  • ■上達の秘訣先日、あるギターの上手な方と話をしてギターの上達の秘訣はなんですかと質問したら、上手な仲間を一緒に演奏(PLAY)する事だよと言っていました。つまり、自分より上のレベルの人と一緒に演奏するしかも人前で披露するには「自分だけ恥ずかしい事ができない」だから必死に練習するしかない。自分ひとりで演奏すると自分の価値観だけで自分のペースでの練習になるので緊張感や必死さが今一つ生まれない。なるほどと [続きを読む]
  • もっと集客を勉強しよう
  • ■もっと集客を勉強しよう経営の悩みはなんですか?と質問すると「人材」「売上」「利益」・・などと回答があります。そんな中、多くの経営者が興味を持っているのは「集客」です。では「集客」のためにどのような勉強をしていますか。そして、どのような行動をしていますか。と質問すると意外にも「勉強してない」「行動してない」との回答です。「行動している」としても、その行動内容が現実にアンマッチだったり、昔からの手 [続きを読む]
  • 社員の情報セキュリテイのマナー
  • ■社員の情報セキュリテイのマナー昨日16日(水)にある企業社員研修で情報漏洩リスクとセキュリティ対策の講師をつとめてきました。情報セキュリティリスクの重要性に気がついた経営幹部が研修を企画し私に依頼してきました。業種、業態に関係なく電話マナー、ビジネスマナーと同様にセキュリティに関する正しい知識や対象方法を身につける事は必要な時代です。私は多くの会社の情報システムに携わっていますが、大企業は組織 [続きを読む]
  • ピアツーピア
  • ■ピアツーピアピアツーピア(P2P)ITに携わっている方であれば誰でも知っている用語。データを管理する時に、サーバやホストコンピュータにデータを一元集中して持つ方法(クライアントサーバ)が広くデータ管理に用いられます。それに対してデータは一元管理せずに、各パソコンにデータを保持し、各パソコン同士をつないでデータの共有、有効活用をする方法だと理解してください。これはデータ管理の方法ですが、最近注目あび [続きを読む]
  • やる気
  • ■やる気昨日(7月26日)は私が理事をつとめます多摩経営者クラブの研修会でした。昨日は法政大学大学院教授の石山先生をお招きして「人的資源と働き方改革」の講演でした。石山先生のお話はとてもわかりやすく大変勉強になりました。経営とは人、物、金、情報といわれてますが人だけは他の経営資源と一緒にはできないなと切に思いました。講演の詳細は記述できませんが、私が思うにはキーワードとして3点あったと思います。 [続きを読む]
  • ブロックチェーン
  • ■ブロックチェーンブロックチェーン昨年あたりから耳にします。ブロックチェーンの詳細は検索するといろいろな情報が表示されます。簡単にいいますと金融、流通、製造、消費などの取引情報の共通化です。つまり各々が保持しているデータベース(システム)に共通化された取引台帳を保持し、それがインターネットでつながる仕組みです。取引情報がオープンな取引とクローズな取引に区別はされますが企業間取引などのコストが劇的 [続きを読む]
  • システムシンキングと論理的
  • ■システムシンキングと論理的システムシンキング。システムシンキングとは、大局的な見方ををいいます。ものごと全体を俯瞰しながら、複雑に入り組んだ要因と要因の因果関係を早く正確に把握する思考法です。実はシステムシンキングができる人は論知的な考え方ができる人です。論理的な考え方とは、例えば、話しかたでこの人は論理的な考え方ができる人だなーと思う事があります。それは「複雑で難しい事を簡単にわかりやすく話 [続きを読む]
  • 幸運、不運
  • ■幸運、不運運が良いとか悪いとかよく口にします。どうも運と不運と交互に来るように思います。そもそも運がううとか悪いとかは「心の持ち方」「心のとらえ方」次第のようにも思われます。そんな中「増幅」「分福」「植福」の法則というのがありますので紹介します。「惜福、分福、植福」は明治の文豪、幸田露伴の言葉です。幸田露伴は「どうすれば人は必ず幸福になれるか」というスタイルの幸福論は不可能であると考え、「どう [続きを読む]
  • サイボウズの働き方改革
  • ■サイボウズの働き方改革働き方改革よく耳にしますね。どうも私には「働くなー」と言ってるようにしか聞こえません。それはそうと、働き方で注目をされているサイボウズ。「100人いたら100通りの働き方があっても良い」と考えメンバーそれぞれが望む働き方を実現でいるようにしています。ワークスタイル改革として3つの要件をあげています。①制度在宅勤務、人事評価と給与、育児休暇、採用・退職、副業など②ツール情報 [続きを読む]
  • 【SEための顧客獲得術】数値化
  • 【SEための顧客獲得術】数値化会社では会計データは数値化できますが、それ以外の経営データや管理データはどの程度数値化できていますでしょうか。市場の状況はどうか、、どんな新製品を開発しべきか、業務フローはどうか組織体制はどう変えるべきか、社員をどう評価すべきか企業は効率のよい運営を行うために常に的確でスピィーディな判断を行う必要があります。しかしこれらの判断は何に基づいて行われているのでしょうか。以 [続きを読む]
  • 市議会議員選挙をマーケティング的に考える
  • ■市議会議員選挙をマーケティング的に考える私が住んでいるあきる野市も市議会銀選挙の告示がされ候補者は一生懸命に宣伝カーや街頭演説など頑張っています。私の知りあいも何名が立候補して全員当選して欲しいですねただ、どの候補も選挙カーで同じようなスタイルで同じような女性の声(ウグイス嬢)で同じように候補者名の連呼をしています。これでは、なかなか差別化しにくいなーと感じるのは私だけしょうか。そもそも選挙カ [続きを読む]
  • データ分析スキル
  • ■データ分析スキル混沌とした時代この世界には真偽の定かでない「データ」があふれています。真偽を見抜くために必要なのは分析力です。今。世の中では「勝ち組」企業ほどデータ経営を徹底しています。USJ、メルカリ、すかいらーく・・ITは発展してデータの質、量、分析ソフトの性能が劇的に上がる中、それらを効率的に使う組織がビジネスを制します。こうした流れは今後加速するばかりです。今後は、データを正しく扱い解釈する [続きを読む]
  • 精神的に消耗しやすい人がやっている悪い習慣
  • ■精神的に消耗しやすい人がやっている悪い習慣よく口グセのゆに「忙しい、忙しい」「バタバタして」と言う人がいます。本当に忙しいののだと思いますがひょっとしたら習慣が悪かったりする場合があります。精神的に消耗しやすい人がやっている11の悪い習慣の記事をネットでみかけましたので紹介します1.計画性がない2.過密スケジュール3.散らかっている4.先延ばしにする5.メモをとらない6.完璧主義7.マルチタス [続きを読む]
  • 信念
  • ■信念積極的に「やってみよう」と思って挑むなら思う存分仕事ができる。しかし多くの人は「現実は厳しい」「難しい」と考えいるので上手くいかない。心は潜在意識とつながっていて想念することが宇宙とつながり現実化していくのである。だから「現実は厳しい」と思っていると自分の前進を妨げる多くのものが出現し願望がかなえられない。これに反して「やってみよう」と思っていると前進しやすい条件が作りだされていくのである [続きを読む]
  • 【SEための顧客獲得術】事務処理能力が高い
  • 【SEための顧客獲得術】事務処理能力が高い事務処理能力が高いとはどうゆう事を言うのでしょうか・段取りどうりやれる人・優先順位がわかる人・ワープロなどのドキュメントが素早くできる・ルーチンワークを着実にこなす人・割り込み作業もこなせる人・電卓がミスなく早く打てるなどなどどれも間違いではありませんね。私が考えるのは、事務作業の仕組みを作れる人かなと思います。トヨタでゆう「カイゼン」効率よく早くミスなく [続きを読む]
  • 信頼残高
  • ■信頼残高今朝、テレビを何気にみてたら「いきなりステーキ」運営するペッパーフードサービス・一瀬邦夫社長のインタビュー番組が放送されていました。一瀬社長のバイブルは「七つの習慣」だとの事そんな中で「信頼残高」の話をしていました。「信頼残高」は七つの習慣で紹介されています。「信頼残高」を増やすためにはどのようにすればよいかさっそく気になったので調べてみました。七つの習慣では6つの方法を紹介しています [続きを読む]
  • 宝塚音楽学校
  • ■宝塚音楽学校 この前、宝塚を観劇してきました。友人の娘が出演するとの事で友人を見に行きました。 2回目の観劇でしたが素晴らしいですね。劇も歌も踊りも。感動しました。 やはり超難関(26倍)で音楽学校にはいり清く正しく美しくの精神のもと、あれだけの舞台を披露するにはどれだけ練習するのでしょう。凄すぎます。先日、松岡修造の娘さんが宝塚に合格して今日入学式だったようです。 松岡修造と言 [続きを読む]
  • AI時代における中小企業経営
  • ■AI時代における中小企業経営 先日、私が理事を務める多摩経営者クラブで「AI時代における中小企業経営」と題して東京大学大学院教授の柳川先生に講演して頂きました。 わかりやすくい講演内容でした。 AI環境が発達すると言っても、何も従業員にプログラミング能力を必要とさせるなどの事ではなくAI時代に適応できる会社にしていkなければならない。 AIは私達には、極めて使いやすい形で販売されて [続きを読む]