セールスジャパン社長井崎勝司ブログ さん プロフィール

  •  
セールスジャパン社長井崎勝司ブログさん: セールスジャパン社長「今日の一言」
ハンドル名セールスジャパン社長井崎勝司ブログ さん
ブログタイトルセールスジャパン社長「今日の一言」
ブログURLhttps://ameblo.jp/salesjapan/
サイト紹介文「完全成功報酬型営業代行」株式会社セールスジャパン社長井崎勝司の「今日の一言」です。
自由文株式会社セールスジャパンは、「完全成功報酬型」営業代行会社として、2008年10月営業を開始しました。「初期費用ゼロ」「ランニング費用ゼロ」の「完全成功報酬型営業代行」ですので、大変ご利用しやすいと思います。新規販路開拓に是非ご活用下さい。社長ブログについては、「今日の一言」を毎日更新予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/10/24 20:44

セールスジャパン社長井崎勝司ブログ さんのブログ記事

  • またいつか……
  • 2014年の日本シリーズ、ヤフオクで敗れさった阪神には、これ程大きな拍手が送られただろうか……西岡選手の意図的な守備妨害と、和田監督の執拗な抗議で、決して爽やかな幕切れとは言えなかった様な気がする。今年のポストシーズン、ベイスターズは兎に角強かった。今永・濱口など左の投手はほとんど打てず、ロペス・筒香・宮崎のクリーンナップのフルスイングには、恐怖心すら覚えた……そして、何より不気味だったのは、「未来を [続きを読む]
  • この瞬間だった様な気がする……
  • 今年のポストシーズン、ホークスの中村晁は、柳田の怪我の影響で、5番の重責を背負わされた。決して好調とは言えなかった今シーズン。楽天とのCSが始まっても、不振を極めた。塩見・辛島・則本らに押さえ込まれ、チャンスを悉く潰してしまっていた。「殺されると思った……」凡退してベンチに下がる中村の心に、ファンの溜め息は、兇器のように突き刺さっていたのかもしれない。そんな状況のCS第3戦、同点の8回、決勝の2ランを放っ [続きを読む]
  • 悲しいことがあったとき・・・・・
  • アメリカの大学でこんな実験が行われました。学生を100名ずつ、2つのチームに分けます。Aチームには、悲惨なニュース映像を1時間見せます。Bチームには、楽しい映像を同じく1時間見せます。映像を見終わった学生に、記憶力・判断力・創造力のテストを実施します。どのテスト結果も、Aチームの成績がBチームを上回りました。これは、人間の能力が「悲しい気分になったとき」の方が「楽しいとき」よりも発揮されるという事 [続きを読む]
  • 怒りが我々の人生を・・・・・
  • 今から丁度20年前の1996年5月9日、日生球場で行われた近鉄・ダイエー戦の試合後、事件は起きました。その年ダントツの最下位を走っていたホークスは、この日も秋山のホームランで先制したものの逆転され、そのまま敗れました。チームは4連敗、これまでに9勝22敗の借金13、勝率3割を割る惨状に、怒ったファンがバスを取り囲み、生卵約50個ほどをバスのフロントガラス等に投げつけたのです。・・・・・予兆は試合中からありました。 [続きを読む]
  • 親日家が大統領だった時代・・・・・
  • 東日本大震災の発生直後、ヒラリー・クリントン国務長官が民主党政権時代の松本外務大臣に電話を入れてきました。「最大のパートナー国として、物心両面で全力支援をしたい。」との申し出を行う電話でした。ところが、松本外相は「今、会議中だと言って断れ!」と担当秘書に伝え電話に出ません。この国際的非礼にクリントン氏は、「もう支援しなくていい!」と怒りを表したと言われますがその彼女を説得し、「トモダチ作戦」と言わ [続きを読む]
  • 小さな悩みに明け暮れる毎日・・・・・
  • 阿蘇神社の主祭神は、神武天皇の孫健磐龍命(たけいわたつのみこと)。その昔、阿蘇山と外輪山の間が湖であったころその広大さに感心して、この水をなくして田畑にすれば民は助かるであろうと、外輪山の一部を蹴破り湖水を引かせたとういう言い伝えがあります。・・・・・加藤清正が築城した熊本城は、日本有数の堅固な造りで、明治維新の西南戦争で勢いづく鹿児島の西郷軍が北上してきたとき、明治政府軍が立てこもり、この城の頑丈 [続きを読む]
  • 日本であのプレーは・・・・・
  • 縄文時代の日本人の人骨を調べると、世界の考古学者が驚く数字があります。それは、「暴力死亡率」が1%程度しかなく欧米やアフリカ大陸の同時期の人骨では10数%が「争いによる死亡」という事実からすると「奇跡的に少ない」数字なのだそうです。日本人の祖先は何千年も前から、争い事を嫌う「平和主義」であったということなのでしょう。・・・・・・今年のプロ野球の一つの話題が「コリジョンルール」走者が本塁突入時、捕手がホ [続きを読む]
  • 行き過ぎた情報管理は・・・・・
  • 子供の頃、隣の夫婦喧嘩の声がよく聞こえてきました。壁が薄かったのか、隣で何が起こっているのかうちの両親もよく把握していました。「お隣さん、ご主人がまた酒飲んでもめてるなあ。奥さん可哀想やから、明日にでもおかず作って持って行ったれ・・・」・・・・・中学生のころ、好きな女の子にふられた時その隣のおばちゃんに励まされた事がありました。「女の子なんか何ぼでもおるんやから、元気出しや・・・」通知表で、苦手な [続きを読む]
  • 回り道した人が・・・・・
  • 徳川家康は、若い頃、戦で負かした敵を痛みつけ、女子供まで根絶やしにする武将だったそうです。当時としては、織田信長など武闘派が多かった中、戦国大名としては普通の姿だったのかもしれません。しかしながら、この戦い方は、敵方の徹底抗戦に逢い、自軍の被害も大きくなってしまいます。実際、家康は勝ち戦でも多くの将兵を失っていました。そこで、本田正信らの進言もあり「敵を赦す」方向に転換。降伏した敵は、家来に取り立 [続きを読む]
  • 社会を住みにくいものにしているのは・・・・・
  • 18世紀のイギリスで、ブラック法が施行されました。「血の法典」ともいわれるこの法律では、窃盗や紙幣偽造でも「死刑」が執行される厳しいものでした。この法の施行で、国の治安は格段によくなるものと国王も国民も期待しましたが、結果は逆でした・・・窃盗と強盗殺人が、同罪の「死刑」ですので窃盗犯は、顔を見られると目撃者をすべて殺してしまうのです。「窃盗」が減り、「強盗殺人」が激増しました。・・・・・20世紀、キュ [続きを読む]
  • 人生、生きてるだけで・・・・・
  • 背中にがん細胞を持ったネズミを二つのグループに分けます。片方には毎日、軽い電気ショックでストレスを与えもう片方には、まったく電気ショックを与えません。30日後、がん細胞が大きく拡大している確率は電気ショックを与え続けたグループが、そうでないグループの約2倍でした。ストレスが、生物の健康に与える影響を改めて証明した実験です。・・・・・中国の人民日報が、100歳以上の長寿者の血液型を調べました。なんと83%がB [続きを読む]
  • 細いからこそ・・・・・
  • 昨年、50歳で引退した元中日のレジェンド山本昌投手は昭和58年のドラフト5位でした。その年ドラフトされた投手は、西武渡辺久、阪急星野、日ハム津野近鉄小野・吉井、南海加藤、巨人水野、広島紀藤、横浜大門、阪神中西・池田、ヤクルト高野など「大豊作の年」と言われています。そんな中、地味な投手の山本昌は全く目立たない存在・・・実際、キャンプで初めて彼を見た星野監督も「球速は130キロ台、変化球も制球も良くない。」と [続きを読む]
  • 財布事件・・・・・
  • ニューヨークで財布を拾った人が、運転免許とクレジットカードだけを手紙を添えて返してきた話が話題になっています。「現金は頂きますが、運転免許とクレジットカードはお困りでしょうから返します・・・」「50%の善行」として、新聞の一面を飾るニュースになりました。彼の地では、「財布を落とすと殆ど返ってこない」のが常識でこのような行為もニュースになったのだそうです。・・・・・翻って、私たち日本人はどうでしょうか [続きを読む]
  • 谷は深ければ深いほど・・・・・
  • 「組織を変える事ができるのは『ばか者』か『よそ者』である。」本田圭佑が、イタリアの名門ACミランを変革させようとしています。かつては個人技の優れた国外のスーパースターを集め『世界最強』と言われた同チームも、資金力不足から選手層は小粒になり、セリエAでも低迷が続く「並のチーム」になっていました。本田圭佑が、入団した一昨年もそのような状況でしたがマスコミもファンも、良かった時代の事が忘れられません・・・ [続きを読む]
  • もっと暖かい目を・・・・・
  • 以前、ラグビー界のレジェンド・松尾雄治氏と元巨人軍の柴田勲氏がポーカー賭博で逮捕された事がありました。各マスコミは、この事件を連日「トップニュース」として報道し彼らをバッシングし続けます。そんな中、ニュースステーションの久米宏キャスターが次のようにコメントしました。「例えば、警察官でもマスコミ関係者でも、麻雀をするとき全く何も賭けずにする人はいないと思います。この件をトップニュース扱いし、彼らを叩 [続きを読む]
  • Pretend you're happy ・・・・・
  • 「この世代は弱い・・・」と言われていたサッカーU23の代表が ライバル韓国を倒しアジア王者になりました。決勝戦では、後半早々追加点を取られ0-2と追い詰められてから3点連取しての鮮やかな逆転劇でした。2点ビハインドになった所でも、選手たちの表情を見ているとまだまだ明るく、「逆転してやるぞ」の闘争心が見て取れたので「もしかしたら、ひっくり返すかも。。。」と思いましたが、「決して諦めない心」がもたらした勝利だ [続きを読む]