tatsumo_watts さん プロフィール

  •  
tatsumo_wattsさん: 日々修行
ハンドル名tatsumo_watts さん
ブログタイトル日々修行
ブログURLhttp://hibisyugyo.blog84.fc2.com/
サイト紹介文包丁屋、思考錯誤な日々
自由文堺刃物の製造販売している男です。
なんでそうなる?をテーマに刃物製作から料理まで
さまざまな事に挑戦、奮闘する修行日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/10/25 02:53

tatsumo_watts さんのブログ記事

  • 青二鋼薄刃
  • 事務作業に追われる毎日から一時開放されたくて、気の向くままに210mm 薄刃 青二鋼 本霞+ 富樫作 を本刃付けしました。(本刃付けをお待ちのお客様すみません。。)先日ご紹介したダイアモンド砥石を利用して砥ぎを進めました。改良型 ダイア で思いっきり切刃構造を作り込んで、初期版ダイアで表面のキズを消して、#4000仕上砥石と進みました。久しぶりにキングG-1を使いたくなったので、研いでいると艶が出てきて無性に光 [続きを読む]
  • 新ダイアモンド砥石
  • 前回製作したダイアモンド砥石の改良版が仕上がりました。以前の物は、かなり良い所まで来ていたましたが、感動する程研磨力があった訳でも無かったので、無理を言って改良版を製作して頂きました。下が、初回品、上が改良版 こんな写真で何が解るねん!!っと言われそうですが・・・。写真があった方が、賑わうかと思いまして。。。砥ぎ汁は、こんな風に出ます。いかにも、砥ぎ取っていると言うような研磨力です。当たり前ですが [続きを読む]
  • ありがとうございました。
  • 昨日は、三浦刃物店様でのイベントへの来場ありがとうございました。調理師さん、一般の方、研ぎ愛好家の方などが来られ、色々なお話を伺えて良かったです。極み包丁のご注文も頂きありがとうございます!!研ぎ講習会も好評で、次回の予約も入っていました!!開催日が確定しましたら当ブログでもご案内させて頂きます。新型ダイアモンド砥石の試研ぎもして頂きました。「何を砥いでもらっても良いですよ〜」っと言って包丁接客に [続きを読む]
  • 2018年3月25日
  • 酔心 極みもの販売会名古屋 三浦刃物店様の取り計らいにより 「酔心 極みもの販売会」 開催致します。■開催日時:平成30年3月25日(日)11:00〜17:00■場所:名古屋大須「三浦刃物店」普段は市場に出回ることのない別注品・逸品物。インターネットの情報だけでは購入に踏み切れない水本焼きなどについて、懇切丁寧に説明し、お客様のご質問にお答え致します。また、厳しい検品基準に弾かれた商品をアウトレット価格で販売。「 [続きを読む]
  • 名古屋へ
  • 1週間前ですが、2月22日に新装開店された名古屋「三浦刃物」さんへ行きました。売り場も広くなって、砥ぎ場もあって人が沢山集まってもゆったり包丁を見れそうです。色々なメーカーの包丁、ナイフなども販売されています。調理師さんから趣味の方まで、幅広く対応!伝統工芸士 池田美和作 富士山 本焼の包丁も飾って頂きました。新装開店から、お店に若い店員さんも加わって、砥ぎなども勉強されているようです。砥ぎ場も作ら [続きを読む]
  • 小出刃
  • 今日は、150mm出刃鬼手仏心の本刃付けを行いました。富樫作の白二鋼 究極の小出刃です!WebShopからのご注文で、中砥石までの本刃付け指定。まず、在庫の包丁から仲良く出来そうな包丁を選びます。仲良く出来るとは!楽に本刃付けさせてくれる包丁ですw全て本霞プラスなので、素早く刃付けが出来るのですが、その中から、お客様のご要望にあった本刃付けをし易い包丁を選んで行く感じです。ハマグリ向け?ブッコ抜き向け?とかで [続きを読む]
  • 砥石テスト!
  • 新しい砥石のテストを兼ねて、本刃付けをしました。手軽に砥ぎ上げられる寸法という事で240mmの柳刃庖丁をチョイス!あれこれ考えず、、砥石の性能を見たかったので本霞プラスで、「撫でる砥ぎ」で様子をみました。 砥石がどれだけ研磨力があるかのテストです。刃先から刃元まで、均一に力が掛かるので、安定した砥ぎが出来ます。時間が掛かるので一気に砥ぎたい気持ちが芽生えますが抑えて静々と・・・。今回はキラキラ刃付けを [続きを読む]
  • 疾風本霞プラス
  • 先週末から本刃付け品として砥ぎ始めた疾風本霞プラスを砥ぎ終えました。しっとりした切刃にしたかったのですが、光り出したので艶出しをしました。刃付け以前に、泥と友達になれるのか? 切刃の構造が整っているのか?これらが、仕上がりに大きく影響を及ぼします。この感じにしてから2回ダイアに戻って、振り出しに!仕上げまで行かないと解らない微妙な所があります。ダイア#500 #1000 <新>酔心仕上砥石#4000 北山 #1000 [続きを読む]
  • 出刃庖丁の研ぎ
  • 昨夜、195mm出刃庖丁 白二鋼 本霞+ を本刃付けしました。アイケでは無い訳あり品でしたが、庖丁の内容は良好です。今回は、ちょっと砥石を変えて本刃付けを行いました。ダイア#500WZ#1000キングS-1何が変わったかと言えば、ダイアの後に1000を使った事と、仕上げがキングS-1を利用した事です。泥出しでのS-1仕上げはこんな感じです。しっとり艶が出ます。泥無しで、しっかり研ぎ込むと、刃先が光って軟鉄にも艶が増しました。切 [続きを読む]
  • 薄刃の修理
  • 昨日アップした出刃庖丁修理のお客様より、新しく薄刃修理のご依頼を頂きました。購入した店舗へ研ぎ依頼を出したら・・・。との事です。。薄刃は非常に難しい包丁で、他の人が研いだ包丁を砥ぎ修理するのは・・・。何とかなりそうだったので、お受けしまして先ほど砥石に当てました。見た感じ、研ぎ修理がされていますが!!!!切刃の中が裏スキのように凹んでいます。 行き過ぎた研ぎ抜きデス・・・。こうすると、メチャクチャ [続きを読む]
  • 小出刃の修理
  • 今日は、年始にお預かりした小出刃の砥ぎ修理を行いました。形状の修正と、砥ぎなおしです。古い包丁で、硬いですよ・・・っと伺っていましたが、その通り硬く締まった包丁でした。サビが出ていますが、黒サビで年代物の雰囲気ある包丁です。小さなアイケがあったり、鋼が少なかったりで古い包丁を感じさせます。低温接合で起こる、裏の地合いも良い感じ!裏スキをお薦めしたのですが、何もしなくて正解です。変に触ると鋼が少ない [続きを読む]
  • 東京 合羽橋 新規販売店のお知らせ
  • 昨年末に素晴らしいご縁が御座いまして、東京合羽橋「まえ田」様にて酔心製品(和包丁)をお取り扱い頂ける運びとなりました。年末より、製品を店舗に並べて頂いております。現状、全て手研本刃付けでお納めしていますので、購入後直ぐに御使用頂けます。酔心製品以外にも、和包丁/洋包丁のお取り扱いがありますので、是非一度足を運んで頂ければと思います。正規代理店より酔心製品をお買い上げ頂きましたお客様には、万全のアフ [続きを読む]
  • 初砥ぎは薄刃から!
  • 新年早々にご注文を頂きまして、本刃付けをさせていただきました。本刃付けの途中にアイケが出現し、お客様に了承を頂いきまして、最終まで仕上げさせて頂きました。昨年末から、しっとりと趣のある仕上げを考えています。ここから光る系の砥石を利用すれば、光ってくるのだと思いますが、あえて霞ませる方向です。今回のは富樫作の白二鋼ですので、長切れ重視の薄刃です。まな板で、トントンしても切れ味低下が少ないと想像してま [続きを読む]
  • 剣型フグ引青一鋼本霞
  • 少し前の研ぎですが、270mm 剣型 フグ引 青一鋼 池田作 本霞+を研ぎました。本霞プラスの庖丁ですので、本刃付けし易いのですが、やはり青一鋼は硬い!!軟鉄、裏の紋鍛錬(波模様)は鋼が浮き出るぐらいに硬度差があります。職人さんが、庖丁構造を研ぎだす時に、軟鉄の方が良く研げるor鋼が研げない事が解ります。こうなると、手研ぎではダイアモンド砥石の出番です!反射して見えにくいですが、手研ぎでも軟鉄が先に研げて [続きを読む]
  • 出刃庖丁のマッチング
  • 今回は、出刃庖丁についてお客さんとメールで深く話をしました。まず、綺麗に研ぎが出来る事(シノギが立って裏の比も綺麗に出ている。)これは、本霞プラスで解決!鋼材の種類は、研ぎ易さと使用頻度を考えて白二鋼!柄の材料も、色々な種類がありますが、耐久性や滑りにくさをなどの特徴をご説明して選んで頂きました。もっとも難しいのは庖丁寸法です。出刃庖丁は魚の大きさに合わせて寸法を選びます。普段は小型の魚を捌く機会 [続きを読む]
  • ご予約の庖丁
  • 今日は、ご予約頂いておりました庖丁を本刃付けしました。270mm 先丸蛸引 酔心疾風 敬次郎作 です。この軟鉄と鋼の境目がたまらんのです。。。 溶けて接合していない。鍛えて接合されてるのが感じられます。 敬次郎氏は真空接合って言ってました。本物の槌目がシノギ筋辺りに出ていて、数か所砥石が届きませんでした。庖丁の深部まで槌で叩き締められた影響が残っているのかと想像します。それが浮き出すのは良いのか悪いの [続きを読む]
  • 出刃 霞研ぎ
  • 今日は、出刃庖丁霞研ぎの本刃付けを行いました。白三鋼の霞研ぎですが、良い構造です!切れ抜けの良いハマグリ刃を研ぎ出しました。シノギ筋も想像以上にパリっと立ちました。気になる裏の比も、しっかり出ています。片刃の包丁は、裏がキッチリしていれば、何とか良い刃を出せます。今回は、キングG-1で裏押し最終仕上げを行う予定です。裏が揺れていると、刃線が揺れます。平が揺れていると、シノギ筋が揺れます。出刃はアール [続きを読む]
  • 訃報
  • 2017年11月12日午後僕の大好きな職人さんの一人、土井敬次郎氏が亡くなりました。 90歳でした。刃物業界に入った時から、とても好意にして下さり、多くの事を教えて下さいました。「困った事があれば、何でも言って来い!」っと言われた時の事を思い出します。どんなにアイケの庖丁を出しても、板前さんの為に切れ味、刃持ちを優先して一切ブレる事が無かったです。今日、通夜で敬次郎氏に対面してきました。人生を全うした、幸せ [続きを読む]
  • 白一鋼薄刃
  • オーダーメイドの 白一鋼 薄刃 本霞プラス を本刃付け中です。鍛冶屋さんは、富樫憲治氏 酔心伝承の木砥仕上げ仕様です。薄刃系は、研ぎ込むと型崩れを起こしやすいですが、その点本霞プラスは安心!ベタで行けば行くほど、形状保持の特性を体感する事が出来ます。ダイア#500 #1000黒幕#2000 中仕上砥石#4000キングG-1 #8000INOX専用仕上砥石#6000っと言う、いつもより砥石多めに通してみました。もっと艶めく切刃を狙って [続きを読む]
  • 鬼手仏心 鏡面
  • 今日は、オーダーメイドでご注文頂いた庖丁の本刃付けをしました。180mm 出刃 鬼手仏心 表鏡面仕上 朴八角 鞘無 価格:46,300円プラス加工:手研本刃付けナチュラルハマグリ+糸引を加えた、切れ抜けと強度を意識した本刃付です。刃先が薄く見えますが、刃先に芯がある仕上がりです。切っ先裏は綺麗に当たります。 峰側が少し抜けていますが、これが構造的には正解!刃の掛かり具合は、白二鋼ならでは!しっかり掛かってスバっ [続きを読む]
  • 今日の緊急修理
  • 切っ先欠けの修理依頼で電話頂いていた調理師さんより包丁が送られてきました。数年前に購入された包丁で、修理修正のご依頼です。出来るだけ早く返送したくて、夕方から一気に研ぎました。切っ先の欠けだけ研ぎ修正すれば良かったのかも知れませんが、切っ先の刃肉が厚くなるので、研ぎ抜き調整を行いました。捻り込んで切っ先のシノギ筋を上げる事も考えましたが、グッと堪えて・・・。長年使った包丁は柄も痛みます。一位柄は強 [続きを読む]
  • やっぱし裏だぜ!
  • WebShop掘り出し物カテゴリの鎌型薄刃を出荷の為に、刃を合わせました。薄刃庖丁ように直線を意識した片刃の包丁は、裏が命です。”そんなん自分で研げばいいやん!”っと思う方も居られると思いますが、裏だけは、刃付け職人以外触る事が出来ません。(グラインダーで削るのは論外デス。)裏がビシ!っと仕上がっていると、刃線が真っすぐになります。平が綺麗に仕上がっていると、シノギ筋が真っすぐ立ちます。裏と表(平)が整 [続きを読む]
  • 掘り出し物更新しました。
  • 今日は、午後から少しだけ時間が出来たので掘り出し物をWebShopにアップしました。本気で作った皮剥き包丁や本刃付済み(砥石との相性確認で加工)アイケを研ぎ取ってみようと本刃付けした物普通に本刃付けした物数ある包丁でも、キワモノ(薄い柳刃)を特別仕様にしてみたりしました。どれも、お薦めの包丁です。 気に入った逸品があれば幸いです。 [続きを読む]
  • 出刃の修理
  • NYから届いた出刃庖丁の修理をしました。既に修理済みで、良く切れる状態になっていましたが、形状が気に入らない。。。。っとの事で酔心へ来ました。新品研ぎをお薦めしたのですが、銘を消したく無いとの事で出来る範囲で研ぎをしました。ご予算が決まっているので、ここまで!!裏の比が綺麗に出ていなく、両刃風になっていたので、本当はビシっと直しておきたかった。。欠けなくて良いんですけどね。。平は少し磨いて鏡面っぽく [続きを読む]