tatsumo_watts さん プロフィール

  •  
tatsumo_wattsさん: 日々修行
ハンドル名tatsumo_watts さん
ブログタイトル日々修行
ブログURLhttp://hibisyugyo.blog84.fc2.com/
サイト紹介文包丁屋、思考錯誤な日々
自由文堺刃物の製造販売している男です。
なんでそうなる?をテーマに刃物製作から料理まで
さまざまな事に挑戦、奮闘する修行日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/10/25 02:53

tatsumo_watts さんのブログ記事

  • 初期ロット疾風
  • 土井敬次郎氏と始めた疾風シリーズの初期ロットが修理で戻ってきました。2002年に製作された物で16年間現場で使われてきた1丁です。270mm柳刃でしたが、寸法は240mmにまで短くなって、切っ先形状が変わっていました。持ち主の方が、丁寧に砥がれていて錆びなども無く、良好な状態です。鶴首にならず、切っ先を上げる方向で使われています。研ぎとは、別のメンテナンスでしたが、砥ぎたくなってお客様に確認後リフレッシュさせて頂 [続きを読む]
  • 名古屋イベント!
  • 7月29日30日に開催しました、三浦刃物店さんでのイベントに来店頂いた方々台風迫る、でも通り過ぎて暑くなった最中、お越し頂きありがとうございました。若い調理師さんや、包丁マニアの方々とお話し出来て良かったです。超掘り出し物として持ち込んだ210mm牛刀 SUISIN SP-INOXを三浦刃物店に残して来ました!その他の掘り出し物も御座いますので、当日来店出来なかった方も、是非足を運んで頂ければと思います!次回は9月30日- [続きを読む]
  • 鬼手仏心オーダーメイド
  • 北海道大学の学生さんより、オーダーメイドでご注文をお受けしました。既に、いくつか包丁をお持ちのようですが、本物を求めての製作です。富樫憲治氏と山口修二氏によって作られた逸品です。刃持ちが良く、欠け難い富樫氏鍛錬の白二鋼。砥ぎやすいガイドライン構造が刃身に組み込まれている山口氏の本霞プラス。黒檀両輪白色水牛は、お客様のコダワリです!手研ぎ本刃付けは、私が砥がせて頂きました。出刃なのに、しっかり砥ぎ抜 [続きを読む]
  • 白一鋼水本焼修理
  • 今日は、長期間お預かりになっていました白一鋼水焼の研ぎ抜き(糸引刃除去)の修理を行いました。砥いでたら光ってきたので、波紋を出すべく天然砥石を導入!波紋を出す為だけの天然砥石利用です。。 これが良く無かった・・・。波紋は浮いてきたけど、、得体の知れないキズが増えた。。こんな事なら、そのまま光らせる方向で繋いで行けば良かったかと・・・。ゆっくり、砥ぎ戻しを行い、今日はここまで!!■お知らせ■7月29日 [続きを読む]
  • 土井逸夫さんと。
  • 土井逸夫氏と、包丁の改革?改善?研究?をし始めました。今のままでも十分に良いのですが、もっと良い状態にするには、ど〜したら良いのか?それは形状であったり、研ぎ易さであったり、鋭さであったり様々です。刃研ぎの面では目に見える部分が多く、解りやすいのですが、鍛冶屋の所は目に見えない事が多くて、実際に作って、刃研ぎ職人さんに意見を聞いて、実際に本刃付けして、使って!初めて解ってきます。そもそも、包丁は切 [続きを読む]
  • 白一鋼本霞+
  • 先日に引き続き、白一鋼本霞+のご注文を頂きました。土井敬次郎氏の包丁をお探しだったのですが、在庫も完売した為、良く似た印象を受けた、池田美和氏の白一鋼をお薦めさせて頂きました。メールで細かく打ち合わせを行いまして、少しカスタムした1本に仕上がりました。本刃付けのご依頼も受けましたので、砥がせて頂きました。業務用を意識した、刃に仕上げてみました。刃先は薄く糸引きを入れ、切刃の中は抜いて、今後のメンテ [続きを読む]
  • 地震
  • 6月18日大阪北部の地震ですが、堺地域は全く被害がありませんでした。沢山の方よりメール、LINE、電話を頂戴致しました。お気遣いありがとうございます。まだまだ、安心は出来ませんが、気を付けて過ごそうと思います。 [続きを読む]
  • 島根からのお客様
  • 包丁ご購入のご相談と、ご自身の研ぎについての確認の為、島根県出雲よりお客様が来られました。あれやこれやと、沢山の包丁をお出しして、ビビっと来る1本と出会って頂きました!270mm柳刃白一鋼本霞プラス池田美和作です。ちょっとアイケぽいのがあったので、消えるか研いでみよう!っと言う事で、一緒にダイア砥石で荒く研ぎを入れて、消えそうな気配でしたので、その1本をお買い上げ頂きました。途中まで荒砥石でガシガシや [続きを読む]
  • 新ダイアモンド砥石のお知らせ
  • 新ダイアモンド砥石の受付を開始致しました。WebShopにてご予約受付中です。正式粒度#325 実用体感粒度#500の設定となっております。一気に砥ぎ抜きたい時に、圧倒的な威力を発揮します。ダイアモンド層は3mm御座います。面直しを行う事が出来るダイアモンド砥石ですので、研ぎによって多少の反りが出ますが、包丁を砥ぐ用途としては許容範囲です。*最も反ったとしても3mmです! 出刃庖丁など、数本研いだ後に、薄刃を砥ぐと気に [続きを読む]
  • 御礼
  • 三浦刃物店様でのイベントにお越し下さった皆様、ありがとうございました。ゆったりした感じでしたが、色々と詳しいお話しが出来て良かったです!新ダイアモンド砥石も講習で利用して頂きまして、自分以外の方が使われた感想も聞く事が出来ました。持ち込みました掘り出し物の一部は、三浦刃物店にて現在もご覧頂ける状況です。是非、お店にお立ち寄り頂き、手に持ってご覧頂ければと思います!次回は、7月29日30日の予定です [続きを読む]
  • イベント告知
  • -----------------------------------------------------------------------------------三浦刃物店恒例イベント「堺刃物ほんまもん祭り2018」〜堺酔心コレクション&研ぎ屋助八メソッド〜-----------------------------------------------------------------------------------2018年 5月27日/28日 名古屋大須 三浦刃物店様でイベントを開催致します。各種包丁を詳しくご説明しての販売、掘り出し物の販売、包丁関係のあらゆる [続きを読む]
  • GW研ぎ講習
  • GWの帰省で名古屋から大阪に来られた敬里さんと、少しだけ研ぎ講習をしました。先日の三浦刃物店主催「助八研ぎ講習」を受けられて、基本の研ぎをマスターするまで天然砥石を封印された(助八さんに封印を命ぜられたw)調理師さんです。新しい包丁を購入するあたり、包丁を見たい!との事でしたが、自身の包丁で、気になる所がある。。。っという所からの研ぎ講習となりました。当日、風のように助八さんも現れた事もあり、二人で [続きを読む]
  • 夜の研ぎ講習
  • 17時スタートの23時頃まで、夜の研ぎ講習を行いました。お休みがココしかない!!との事で、この時間帯になりました。主に、お客様の研ぎ方と方向性の確認で、ほぼ狙った所を砥げる状況でしたので、実際の砥ぎ講習は、「こうした方が早いですよ〜」「こうしたら包丁減りませんよ〜」「この角度で砥ぐと形が崩れますよ〜」「砥石の管理を変えると鋭い刃が出ますよ〜」っといった感じの講習内容で、殆どの時間は、その話をしながらご [続きを読む]
  • 研ぎ講習
  • 先日の土曜日 4月21日 に研ぎ講習を行いました。遠方から、堺刃物祭りに来られた流れです!事前に、「どこが解らないのか?」「どのように砥いで、どのように使いたいのか! 」などをメモして頂き当日の講習時に、お答え&実践していきました。持ち込まれた、包丁を見てみると、綺麗に管理されているし!研ぎも綺麗に出来ている!糸引刃も出来ている!基本的な事は、全部OKだったので、刃の研ぎ抜きや砥石と包丁の当て角度、切っ [続きを読む]
  • 青二鋼薄刃
  • 事務作業に追われる毎日から一時開放されたくて、気の向くままに210mm 薄刃 青二鋼 本霞+ 富樫作 を本刃付けしました。(本刃付けをお待ちのお客様すみません。。)先日ご紹介したダイアモンド砥石を利用して砥ぎを進めました。改良型 ダイア で思いっきり切刃構造を作り込んで、初期版ダイアで表面のキズを消して、#4000仕上砥石と進みました。久しぶりにキングG-1を使いたくなったので、研いでいると艶が出てきて無性に光 [続きを読む]
  • 新ダイアモンド砥石
  • 前回製作したダイアモンド砥石の改良版が仕上がりました。以前の物は、かなり良い所まで来ていたましたが、感動する程研磨力があった訳でも無かったので、無理を言って改良版を製作して頂きました。下が、初回品、上が改良版 こんな写真で何が解るねん!!っと言われそうですが・・・。写真があった方が、賑わうかと思いまして。。。砥ぎ汁は、こんな風に出ます。いかにも、砥ぎ取っていると言うような研磨力です。当たり前ですが [続きを読む]
  • ありがとうございました。
  • 昨日は、三浦刃物店様でのイベントへの来場ありがとうございました。調理師さん、一般の方、研ぎ愛好家の方などが来られ、色々なお話を伺えて良かったです。極み包丁のご注文も頂きありがとうございます!!研ぎ講習会も好評で、次回の予約も入っていました!!開催日が確定しましたら当ブログでもご案内させて頂きます。新型ダイアモンド砥石の試研ぎもして頂きました。「何を砥いでもらっても良いですよ〜」っと言って包丁接客に [続きを読む]
  • 2018年3月25日
  • 酔心 極みもの販売会名古屋 三浦刃物店様の取り計らいにより 「酔心 極みもの販売会」 開催致します。■開催日時:平成30年3月25日(日)11:00〜17:00■場所:名古屋大須「三浦刃物店」普段は市場に出回ることのない別注品・逸品物。インターネットの情報だけでは購入に踏み切れない水本焼きなどについて、懇切丁寧に説明し、お客様のご質問にお答え致します。また、厳しい検品基準に弾かれた商品をアウトレット価格で販売。「 [続きを読む]
  • 名古屋へ
  • 1週間前ですが、2月22日に新装開店された名古屋「三浦刃物」さんへ行きました。売り場も広くなって、砥ぎ場もあって人が沢山集まってもゆったり包丁を見れそうです。色々なメーカーの包丁、ナイフなども販売されています。調理師さんから趣味の方まで、幅広く対応!伝統工芸士 池田美和作 富士山 本焼の包丁も飾って頂きました。新装開店から、お店に若い店員さんも加わって、砥ぎなども勉強されているようです。砥ぎ場も作ら [続きを読む]
  • 小出刃
  • 今日は、150mm出刃鬼手仏心の本刃付けを行いました。富樫作の白二鋼 究極の小出刃です!WebShopからのご注文で、中砥石までの本刃付け指定。まず、在庫の包丁から仲良く出来そうな包丁を選びます。仲良く出来るとは!楽に本刃付けさせてくれる包丁ですw全て本霞プラスなので、素早く刃付けが出来るのですが、その中から、お客様のご要望にあった本刃付けをし易い包丁を選んで行く感じです。ハマグリ向け?ブッコ抜き向け?とかで [続きを読む]
  • 砥石テスト!
  • 新しい砥石のテストを兼ねて、本刃付けをしました。手軽に砥ぎ上げられる寸法という事で240mmの柳刃庖丁をチョイス!あれこれ考えず、、砥石の性能を見たかったので本霞プラスで、「撫でる砥ぎ」で様子をみました。 砥石がどれだけ研磨力があるかのテストです。刃先から刃元まで、均一に力が掛かるので、安定した砥ぎが出来ます。時間が掛かるので一気に砥ぎたい気持ちが芽生えますが抑えて静々と・・・。今回はキラキラ刃付けを [続きを読む]
  • 疾風本霞プラス
  • 先週末から本刃付け品として砥ぎ始めた疾風本霞プラスを砥ぎ終えました。しっとりした切刃にしたかったのですが、光り出したので艶出しをしました。刃付け以前に、泥と友達になれるのか? 切刃の構造が整っているのか?これらが、仕上がりに大きく影響を及ぼします。この感じにしてから2回ダイアに戻って、振り出しに!仕上げまで行かないと解らない微妙な所があります。ダイア#500 #1000 <新>酔心仕上砥石#4000 北山 #1000 [続きを読む]
  • 出刃庖丁の研ぎ
  • 昨夜、195mm出刃庖丁 白二鋼 本霞+ を本刃付けしました。アイケでは無い訳あり品でしたが、庖丁の内容は良好です。今回は、ちょっと砥石を変えて本刃付けを行いました。ダイア#500WZ#1000キングS-1何が変わったかと言えば、ダイアの後に1000を使った事と、仕上げがキングS-1を利用した事です。泥出しでのS-1仕上げはこんな感じです。しっとり艶が出ます。泥無しで、しっかり研ぎ込むと、刃先が光って軟鉄にも艶が増しました。切 [続きを読む]
  • 薄刃の修理
  • 昨日アップした出刃庖丁修理のお客様より、新しく薄刃修理のご依頼を頂きました。購入した店舗へ研ぎ依頼を出したら・・・。との事です。。薄刃は非常に難しい包丁で、他の人が研いだ包丁を砥ぎ修理するのは・・・。何とかなりそうだったので、お受けしまして先ほど砥石に当てました。見た感じ、研ぎ修理がされていますが!!!!切刃の中が裏スキのように凹んでいます。 行き過ぎた研ぎ抜きデス・・・。こうすると、メチャクチャ [続きを読む]
  • 小出刃の修理
  • 今日は、年始にお預かりした小出刃の砥ぎ修理を行いました。形状の修正と、砥ぎなおしです。古い包丁で、硬いですよ・・・っと伺っていましたが、その通り硬く締まった包丁でした。サビが出ていますが、黒サビで年代物の雰囲気ある包丁です。小さなアイケがあったり、鋼が少なかったりで古い包丁を感じさせます。低温接合で起こる、裏の地合いも良い感じ!裏スキをお薦めしたのですが、何もしなくて正解です。変に触ると鋼が少ない [続きを読む]