流人てりー さん プロフィール

  •  
流人てりーさん: エレキと単車と湯あたりの日々
ハンドル名流人てりー さん
ブログタイトルエレキと単車と湯あたりの日々
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/runinterry
サイト紹介文エレキde単車de湯あたりna日々woそれなりに記録します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/10/25 19:15

流人てりー さんのブログ記事

  • 夏の終わりの露天風呂にとどろく女の悲鳴【風呂歴史20170903・金沢】
  • 9月3日の湯あたりは…金城温泉元湯!ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(1号源泉)/ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(2号源泉)展望(は特に無い)露天風呂が9月いっぱいなので存分に浸かった。私は生き返ったのだが、壁を隔てた女子露天風呂から終始殺人事件のような子供の悲鳴が響き渡っていたため…お湯の声は聞けなかった。なお、タイトルに「女の悲鳴」と書ききったのはそれが女風呂から聞こえてきたからだが、悲鳴の主を [続きを読む]
  • 君はぬる湯の極楽上がりに豚を見たか?【風呂歴史20170902・白山】
  • 9月2日の湯あたりは…CCZ松任海浜温泉!ナトリウム−塩化物泉(等張性弱アルカリ性高温泉)夏場のCCZはいいよ〜。内湯のぬるい方の窓側センター、寝湯の隣に冷水が注がれていて…絶妙のぬるさになってて極楽気分なんだ!…もっとも、温泉成分も見事に薄まってるけどね。湯上りに空を見た。うまく表現できないが…豚な感じ?じゃまた。↑これ押してくれても貴方には何の得もありませんが、私が裕福になります。 ↑これ押してくれて [続きを読む]
  • 地上から見上げたクマタカは高所恐怖症ではないらしい【風呂歴史20170827・坂井】
  • 山中温泉をはるかに超えた山の中に富士写ヶ岳ってがある。そして私は、山中温泉にも富士写ヶ岳にも目もくれず、我谷登山口にある吊り橋に向かったのだ。高所恐怖所の私にとってはどんな温泉よりどんな登山より吊り橋が怖い。恐る恐る近づいてみる。そして渡ってみる。恐怖のあまり行動がおかしい。…恐怖で記憶が飛んでいるが、我谷の吊り橋を渡るという命がけのミッションをクリアしたが…実はあと少しで文字通り立ち往生するとこ [続きを読む]
  • 妄想するなら秘書と避暑【風呂歴史20170826・白山】
  • その日は暑かった。暑い日は高原に秘所に…もとい、避暑に行くに限る。そんな暑き8月26日の湯あたりは…一里野高原ホテルろあん!ナトリウム−塩化物泉(弱食塩泉)一里野温泉と岩間温泉混合の湯は源泉かけ流し!ほのかな硫黄臭も感じられるまろやかな湯!山荘風情たっぷりの内湯。森林浴も同時に楽しめる畳敷きの露天風呂!おまけに独泉ときたもんだから、夏子さんも泳ぐ泳ぐ!(良い子は温泉で泳いじゃいけないよ!)それにして [続きを読む]
  • ひよことアヒルは紙一重【風呂歴史20170805・砺波】
  • この日、手元にチキンラーメンがあった。よく見るとラーメンではなかった。こんなことではいけない。なぜか私の中ではチキンは温泉につながってしまうのだ!だから8月5日の湯あたりは…砺波市健康福祉施設 ゆずの郷 やまぶき!含二酸化炭素・鉄・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉ちなみに二酸化炭素と鉄は鈍い私にはよく感じ取れなかった。しかし、庄川清流温泉の泉質の良さは折り紙付きだから心配ないだろう。出来立ての綺麗な [続きを読む]
  • ごみ箱からひとつかみ展覧会【妖怪は自然現象だから実在を論じるなかれ編】
  • 今を去ること8年程前、私はその若さゆえにブイブイ言わせていた(何を?)その頃、一部の発狂…もとい熱狂的ファンのハートをくそ掴み…もとい、鷲掴みした実在妖怪シリーズ。今日は自分の実力の8倍ほどで仕事をこなして疲れたので、手抜きな展覧会をしてみよう。妖怪終電小僧妖怪二度漬け女妖怪柑橘娘妖怪コンビニ改装開店妖怪猫ピンポン妖怪蒲鉾低気圧妖怪二度寝妖怪ウルトラアヒルセブン最終回妖怪…かどうか怪しいんだ…深夜に [続きを読む]
  • 友よたれカツ丼のたれでたれカツ丼をたれたれカツ丼たれカツ丼たれ!
  • 新潟で青春時代を過ごした私は、たれカツ丼が大好きだ。しかし、北陸の地ではなかなかたれカツ丼には出逢えない。福井に行けばソースカツ丼やしょうゆカツ丼があるが、これはたれカツ丼とは違う。いや、どちらが良いとか悪いとかまずいとか高いとか臭いとか、そういうことではない。やっぱりタレカツ丼はタレカツ丼であり、それは新潟でないといけないのだ。心の魂のが聖地巡礼みたいなものだ。(←意味不明)ところがどっこい、新 [続きを読む]
  • Nokie Edwards Live in Heaven
  • ベンチャーズ黄金期のリードギタリスト、ノーキー・エドワーズ逝去。あのビートルズ以上のインパクトを日本にプレゼントしてくれたエレキの王様、Rest in Peace。ある夏の日に偶然ラジオから流れた「ダイヤモンドヘッド」。当時既にベンチャーズは懐メロだったが、古さ故に聴いたことのないその音に私は感電した。あれから何年経ったのだろう。昨夜、Webニュースで訃報を知って、ベンチャーズのCDかけながら5分でノーキーを描いて [続きを読む]
  • チキンカツと小豆洗いに化かされて【風呂歴史20170730・白山】
  • 乗鞍高原と安房峠で大打撃を受けた腰を少しでも癒そうと湯に向かう。そんな7月30日の湯あたりは…美川温泉元湯ほんだ!ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(アルカリ性低張性低温泉) 黒い!黒いぜ〜!飲泉もOKのモール泉が腰の奥まで染みわたるぜ!でも腰は簡単には治らない。これでどうだ!…いちご乳は魔薬でも麻薬でもないのでやはり治らない。元湯ほんだの玄関先にたたずむ美少女に訊いてみる。「お嬢さん、お嬢さん、私の腰痛 [続きを読む]
  • 時間は腰を裏切らない
  • さて、準備万端。とくれば…花火!花火!花火!…ああ、あの花火からもう7か月か。年取るはずだなぁ。でもこの7か月間で腰はすっかり良くなった。夏に痛めた腰で見た花火から時は過ぎ去りもうすぐ春。今の季節、花火はないけど… 鼻毛カッター!(デビルマン風)…おやおやブログは遅れるに限るねぇ。じゃまた。 ←これ押してくれても貴方には何の得もありませんが、私が裕福になります。 ←これ押してくれても貴方には何の得も [続きを読む]
  • トンボが誘った絹肌を襲う古き良き恐竜【風呂歴史20170708・白山】
  • 団地の廊下にいたトンボが教えてくれたのさ、「8のつく日はホテル八鵬の立ち寄り湯が半額だよと…つーこって7月8日の湯あたりは…白峰温泉 ホテル八鵬!ナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線のことじゃないぞ。独泉。源泉は極ぬる湯、これが気持ち良い。一皮むけた。湯上りに白峰の化石と恐竜を見学しようとしていたら…一皮むけた絹肌の私に襲いかかる恐竜!最近の無慈悲な古生物学者の描く恐竜 [続きを読む]
  • ごみ箱からひとつかみ展覧会【豪雪で北陸麻痺の次は首都圏壊滅編】
  • 先日の豪雪では雪に慣れてる北陸が物流麻痺、うちの車も駐車場から脱出不能。そして今夜まさに首都圏が積雪でパニック状態。暖冬暖冬と騒いじゃいるが、もしかしたら地球温暖化を気にしすぎて氷河期に!?…ではそんな氷河期よりなお寒い作品群をご堪能ください。作品No.01 おまえのその絵は似とらん!作品No.02 描き直したおまえのその絵は似てないを通り越して誰だかわからん!作品No.03 ホントは怖い織女の哀歌(エレジー) [続きを読む]
  • 神の怒りと鶏三昧【風呂歴史20170701・白山】
  • その日、石川県加賀地方は天気が悪かった。だから私は天気回復を神に祈りにやってきた。白山比?神社で火の輪くぐりして祈りを捧げた。おかげで雨はやみ、手取川には靄が立ち込め…流れる水は『ミルメーク』そのものであった。祈りが届いた記念の7月1日の湯あたりは…バードハミング鳥越 弘法の湯!カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(手取5号泉・手取6号泉複合温泉)さすがに弘法大師が掘り当てただけのことはあってタイルの目地に [続きを読む]