u-mama さん プロフィール

  •  
u-mamaさん: Liber mihi opus est
ハンドル名u-mama さん
ブログタイトルLiber mihi opus est
ブログURLhttp://u-mama.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文0歳2ヶ月から絵本の読み聞かせを始めました。その感想をメモにまとめました。
自由文新米お母さんです。
子どもに読んでいる絵本が多くなってきたので、自分のメモ書きのつもりも兼ねて、絵本のブログを始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/10/25 20:49

u-mama さんのブログ記事

  • 魔天使マテリアル シリーズ
  • 魔天使マテリアル〈1〉目覚めの刻(とき) (ポプラカラフル文庫)作者: 藤咲 あゆな出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2010/01/01メディア: 単行本久々に娘が面白かったと教えてくれた本。たくさん出てるのでこれからどんどん読むよと言っていました。まだまだ先があるので、読んでも読んでも先があると嬉しそうでした。 [続きを読む]
  • おさわがせフンガくん
  • おさわがせ フンガくん (おひさまのほん)作者: 国松 エリカ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/09/10メディア: 大型本園で読んでもらっておもしろかったそう。面白い絵本をたくさん読んでもらって良かったねと言いつつ、私は読んだことが無かったので図書館で借りてみました。短いお話がいくつか入っている絵本でした。たうえのまきこっせつのまきうそついちゃったのまきおさがりのまきたけのこのまき5つのお話が入っていました [続きを読む]
  • だれだかわかるかい?
  • だれだかわかるかい?―むしのかお (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)作者: 今森 光彦出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1995/03/10メディア: 単行本虫のドアップの写真と、全体の写真の絵本。虫自身が自分で名前を名乗り、得意なことを紹介しています。図書館でかっこいい本があったと持ってきて借りた絵本。かっこいいの定義が広くて何がかっこいいのかわからなくなってきますが、虫に興味があるなら面白かったのかなと思い [続きを読む]
  • タイムスリップ探偵団
  • 陰陽師は名探偵! 安倍晴明とタイムスリップ探偵団 (講談社青い鳥文庫)作者: 楠木 誠一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/06/15メディア: 新書源義経は名探偵!!-タイムスリップ探偵団と源平合戦恋の一方通行の巻- (講談社青い鳥文庫)作者: 楠木 誠一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/06/14メディア: 新書最近読んで面白かった本だそうで。あんまり内容まで教えてくれなかったけれど、シリーズを順番で読めないほど図書室 [続きを読む]
  • いちご電鉄ケーキ線
  • いちご電鉄ケーキ線 (PHPにこにこえほん)作者: 二見 正直出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2011/05/10メディア: 単行本日曜日の朝、電車に乗りたい ておくん、おいしいものを食べたい おにいちゃん、どっもなおねえちゃんのもとへ、いちご電鉄ケーキ線がやってきました。3人はすばやく飛び乗り、しばらく走ると、1つめの「スポンジえき」につきました。おにいちゃんが型にスポンジのタネを流しいれ、電車の中にあるオーブンで [続きを読む]
  • せんろはつづくまだつづく 
  • せんろはつづくまだつづく (いっしょにあそぼうよ!シリーズ)作者: 竹下 文子出版社/メーカー: 金の星社発売日: 2009/09/01メディア: ハードカバー線路はつづく、まだまだつづく。工事中の線路、すいか畑、アヒルの大群。いろんな困難があって、どうする?と問いかけてから、表紙の子ども達が解決していくという形でお話が進みます。園で読んでもらってから、好きなようで何回も読みました。自分では読めないけれど、谷をジェットコ [続きを読む]
  • こどもおしごとキャラクター図鑑
  • こどもおしごとキャラクター図鑑作者: 給料BANK出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2017/12/06メディア: 単行本小学生低学年くらい向きのお仕事紹介図鑑。RPGのキャラ風に描かれているので、冒険ファンタジーに馴染みがある子ならなお面白く感じるかも。普段仕事で使う物を装備、仕事で出来る事を魔法っぽい表現で書かれて居ます。大人になったら何になりたいかという入り口には良い感じです。広く浅くな感じはしますが、お仕事に興味 [続きを読む]
  • 世界の働くくるま図鑑 上
  • 世界の働くくるま図鑑 上巻作者: 出版社/メーカー: スタジオタッククリエイティブ発売日: 2018/01/06メディア: 単行本(ソフトカバー)世界の働くくるまがたくさん載った図鑑。消防、ダンプ、掘削等ジャンルに分かれて写真と数行の説明が載っています。初めの方の見開きに世界地図とどんなメーカーがどの国かという図も載っています。日本のものもかっこいいですが、見たことのない車に興味津々なようで、文字がわからずともページ [続きを読む]
  • こねこがいっぱい にゃんにゃんにゃん
  • こねこがいっぱい にゃんにゃんにゃん!作者: スーザン メイヤーズ出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2015/04/08メディア: 大型本表紙にいるかわいいこねこの日常が描かれた絵本。毛糸玉ひっぱったり、ご飯を食べたり、という姿が柔らかい色と線で描かれていてとても可愛らしかったです。ネコが好きなので、ネコの絵本が読みたいと図書館で借りました。 [続きを読む]
  • きをつけて 3
  • きをつけて3 (五味太郎 きをつけてシリーズ)作者: 五味 太郎出版社/メーカー: 童心社発売日: 2015/06/15メディア: 単行本ちいさなふねが海の上を進んでいます。「じゃましないように」きをつけて「ぶつからないように」きをつけてというように、括弧内の文字が小文字、きをつけての文字が普通の大きさでお話が進んで行きます。これまでの気をつけてのお話は、メインの子に気をつけてと直接言っている感じでしたが、今回のきをつけ [続きを読む]
  • きをつけて 2
  • きをつけて2 (五味太郎 きをつけてシリーズ)作者: 五味 太郎出版社/メーカー: 童心社発売日: 2015/06/15メディア: 単行本ちいさな飛行機が きをつけて と言われながら飛んでいくお話。最後にはぴかぴかになりますが、木にぶつかったり山にぶつかったり、どんどん汚れていきます。汚れていくようすが面白いらしく、汚れるたびに笑っていました。ぶつかったりしても落ちないところがすごいから、何度でも行きたくなるんだよという [続きを読む]
  • きをつけて 1
  • きをつけて1 (五味太郎 きをつけてシリーズ)作者: 五味 太郎出版社/メーカー: 童心社発売日: 2015/06/15メディア: 単行本表紙にいる小さいトラックが、前を進んでいる大きなトラックと一緒に道を進みます。ちいさいのがついてきます きをつけておっ ぬきました きをつけてというように見開きで きをつけて な シーンがいろいろと出てきます。ひらがなが少し読めるようになり始めたので、繰り返しの絵本は一緒に読んでいても [続きを読む]
  • 霧のむこうのふしぎな町
  • 霧のむこうのふしぎな町 (新装版) (講談社青い鳥文庫)作者: 柏葉 幸子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/12/16メディア: 新書心躍る夏休み。6年生のリナは1人で旅に出た。霧の谷の森を抜け、霧が晴れた後、赤やクリーム色の洋館が立ち並ぶ、きれいでどこか風変わりな町が現れた。リナが出会った、めちゃくちゃ通りに住んでいる、へんてこりんな人々との交流が、みずみずしく描かれる。(青い鳥文庫説明文より)私が昔読んだとき [続きを読む]
  • なつみはなんにでもなれる
  • なつみはなんにでもなれる作者: ヨシタケ シンスケ出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2016/12/02メディア: 単行本表紙の女の子がおかあさんに形態模写をして、なんだと思うと当てっこするゲームをしているお話。女の子、なつみちゃんの真似する物はどれも独特で、おかあさんはなかなか当てることが出来ません。その様子がとても面白く、子どもには大受けでした。ボクもわからんと言ったり、これはわかるよねぇと本にいろいろと語 [続きを読む]
  • 折り紙の本
  • 端正な折り紙作者: 山口 真出版社/メーカー: ナツメ社発売日: 2015/06/19メディア: 単行本クリエイティブ折り紙 妖怪と干支と可愛い動物たち作者: 山口 真出版社/メーカー: ソシム発売日: 2017/06/26メディア: 単行本良くいく図書館でいろいろな折り紙が展示してあり、それを欲しいと言われたので借りてみました。子どもの頃にやった折り紙よりも数段難しく、折る手順も多いものでしたが、きちんと出来上がったら作品を仕上げたと [続きを読む]
  • 水の国の迷路
  • 水の国の迷路作者: 香川 元太郎出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2015/09/12メディア: 単行本「水族館」→「川と池の国」→「熱帯魚の国」→「海岸の国」→「回遊魚の国」→「クラゲの国」→「サンゴ礁の国」→「深海の国」→「光る生き物の国」→「寒い海の国」→「巨大魚の国」→「水の妖精の城」→「妖精の島」と順番に巡っていく迷路。一番最後のページはパノラマになっていておおきな迷路でした。迷路以外にも隠し絵も楽し [続きを読む]
  • からだがかゆい
  • からだがかゆい (福音館の科学シリーズ)作者: 岩合 日出子出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 2008/03/20メディア: ハードカバーいろんな動物が身体をひねったりねじったりしたようなポーズで身体をかいています。自分の足でかいたり、かゆいところを木にこすりつけたり。単純で短い文章が面白いです。一番後ろのページに動物の説明もありました。普段見慣れている動物も、そうでない動物も見たことの無いようなポーズをしている [続きを読む]
  • みず ちゃぽん
  • みず ちゃぽん (かんじてあそぼう)作者: 新井 洋行出版社/メーカー: 童心社発売日: 2011/06/14メディア: 単行本水滴が落ちてきておおきな水たまりになります。水がざーっと流れてきたり、かたまりがやってきてどっぼーんとなったり、水がいろいろな形で表されていて、いろんな擬音とともに表されています。雰囲気としてはごぶごぶごぼごぼに似ていますが、あちらの方が抽象的で、こちらの方が具体的です。あと、こちらのお水にはい [続きを読む]
  • りんごがドスーン
  • りんごがドスーン (ジョイフルえほん傑作集 16)作者: 多田 ヒロシ出版社/メーカー: 文研出版発売日: 2005/02/01メディア: 大型本野原に大きなりんごが落ちてきました。そこにもぐらがやってきて「むしゃむしゃおーうまい」。アリ、チョウ、ハチ、アオムシなどの虫も食べたり吸ったり。リス、ウサギ、ブタ、タヌキ、キツネ動物たちがたくさん出てきておおきなリンゴをむしゃむしゃ。最後に大きい動物さん達が食べ終わったくらいに雨が [続きを読む]
  • 恐竜トリケラトプスの大ぼうけんめいろ
  • 恐竜トリケラトプスの大ぼうけんめいろ―新天地をたんけんしよう! (たたかう恐竜たち)作者: 黒川 みつひろ出版社/メーカー: 小峰書店発売日: 2008/06/01メディア: 大型本神田のブックフェスティバルにて。恐竜の迷路がいいというので、迷いに迷ってこれにしました。もう一つ候補があったのですが、そちらの方が難しそうだったので。トリケラトプスのビックホーン親子が、ともだちのダスプレトサウルスに会いに行くというお話がつい [続きを読む]
  • ブタヤマさんたらブタヤマさん
  • ブタヤマさんたらブタヤマさん (えほんのもり 9)作者: 長 新太出版社/メーカー: 文研出版発売日: 2005/02/01メディア: 大型本チョウ取りに夢中になっているブタヤマさんに、うしろからおばけやおおきなイカ、ヘビ、鳥などが迫ります。でも、なあに?と振り返ったときには何も居ないので、ブタヤマさんは気が付きません。不気味だったりするものがすぐそばに迫っていても、気がつかないので平気で蝶取りを続けています。最後までブ [続きを読む]
  • ルルとララのハロウィン
  • ルルとララのハロウィン (おはなしトントン)作者: あんびる やすこ出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2017/09/13メディア: 単行本娘が大好きなシリーズを図書館にて。今回はハロウィンなので、おばけのお客さんが注文していたとのこと。『森に秋がやってきました。ルルとララのおみせにやってきたのは、なんとオバケ!2年にいちどおこなわれる「ランタンフェスティバル」に、森のなかまたちをしょうたいしたいと ハロウィンパーテ [続きを読む]
  • ピンクのドラゴンをさがしています
  • なんでも魔女商会 (25) ピンクのドラゴンをさがしています (おはなしガーデン)作者: あんびる やすこ出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2017/06/10メディア: 単行本やっと新しいのきたと図書館にて娘が借りました。なんでも魔女商会のシリーズとルルとララのシリーズは新作が出るのが楽しみで仕方がないと言っています。『有名なベテラン魔女たちのロゼット(勲章)が次々と消えていく事件が発生します。そしてスピカおばさんが飼 [続きを読む]
  • ぶるんぶるんぶー!
  • ぶるんぶるん ぶー! (講談社の幼児えほん)作者: 新井 洋行出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/03/13メディア: 単行本動物の子ども達が園バスに乗っていて、その後部の窓から見えるところに、車がぶるんぶるんとやってきて、ぶーっと全体の姿が見えるというくりかえしのある絵本。車の種類がいろいろと変わっていくのと、何となく文字が読めるようになったので、自分が読めると言うのが楽しいようです。縦長になるのも、普段の絵 [続きを読む]
  • ごろごろにゃーん
  • ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)作者: 長 新太出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1984/02/15メディア: 単行本カニツンツンがおもしろかったなら、これも面白く読めるのではないかと図書館で借りました。ひこうきはごろごろ、ねこたちはにゃーんにゃーん ないていますという文章で始まりごろごろにゃーん ごろごろにゃーんとひこうきはとんでいきますと続きます。いろいろなイラストのなかからひこうきがおしっぽをかじ [続きを読む]