四十路 さん プロフィール

  •  
四十路さん: 日本攻城掃苔録
ハンドル名四十路 さん
ブログタイトル日本攻城掃苔録
ブログURLhttp://mn98.blog50.fc2.com/
サイト紹介文埼玉から、日本全国の城跡を巡っています。
自由文城跡巡りやお墓参りがメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2008/10/26 01:23

四十路 さんのブログ記事

  • 越中遠征記(17) 〜安田城〜
  •  続いては安田城です。 富山駅からは南東に7キロほどの場所にあり、国の史跡にも指定されているので場所はわかりやすいでしょう。 この安田城は、戦国時代末期に豊臣秀吉が佐々成政の富山城を攻める為に築城されたとされます。 その後江戸時代に入る前に廃城になったようですが、それだけ短い期間しか存在しなかっただけでなく、遺構が破壊されやすい平城にもかかわらず、これだけの遺構が残るのはとても珍しいですよね。 国 [続きを読む]
  • 春の甲州攻め (5) 〜法泉寺〜
  •  続いては武田信武が開いた法泉寺です。 信武は鎌倉時代〜室町前期の武将で、武田信玄の9代前の甲斐武田氏当主です。 湯村山城を攻略する時に停めた緑が丘スポーツ公園の駐車場からも近いので、歩いて向かいました。 もちろん武田信武の墓がありますよ。 おっと、もう答が出ていますが、武田勝頼の墓もあります。 こちらが信武の墓。 そしてこちらが勝頼の墓です。 勝頼の墓は他にも何か所かありますが、ここが江戸幕府か [続きを読む]
  • 越中遠征記(16) 〜本覚寺〜
  •  富崎城の後はその近くにある本覚寺に行きました。 写真はなぜか、隣の神社… この本覚寺は、戦国時代にこの地を納めた神保氏の菩提寺とされます。  神保氏の墓所は残っていないのですが、神保氏が寄進した鐘が残っています。 この鐘は砂付釣鐘と呼ばれています。 佐々成政が建てた富山城内にも鐘があったのですが、この本覚寺の鐘の音が余りにも素晴らしいので成政は嫉妬し、この鐘の内側に砂を塗り付け音色を悪くしたのだ [続きを読む]
  • 越中遠征記(15) 〜富崎城〜
  •  続いては富崎城です。 場所は、富山市の夢の丘牧場を目指せばすぐにわかるでしょう。 ここにも素晴らしい遺構が残っているとの事でしたが、雨が強いので中に入る事は断念しました。 この富崎城は神保氏の城でしたが、本能寺の変後は佐々成政が治めました。 成政が秀吉に降った後は、廃城になったようです。 [越中国] ブログ村キーワード [続きを読む]
  • 春の甲州攻め (4) 〜湯村山城〜
  •  攀桂寺のあとは、3キロほど東にある湯村山城を攻略しました。 登城道は上の写真(35.683975, 138.556193)の緑が丘スポーツ公園側と、城の反対側にある塩沢寺側があるようでしたが、スポーツ公園の駐車場が利用できるのと、傾斜が緩やかだということでスポーツ公園側から登りました。 スポーツ公園側からですと、ご覧のように舗装されている為に登りやすいです。 かわりに、城の遺構なんて全く見当たりませんでした。 寺側か [続きを読む]
  • 春の甲州攻め (3) 〜攀桂寺〜
  •  飯田河原合戦供養碑の後は、攀桂寺(はんけいじ)に行きました。 カーナビに頼って向かったのですが、すれ違いできないどころかドアミラーを擦ってしまいそうな道を案内されてヒヤヒヤしました。 でも、駐車場は広かったです。 この寺は跡部信秋によって開かれました。 跡部信秋なんてあまり聞いたことないでしょうが、跡部大炊助勝資の父親といえばわかりやすいでしょう。 というわけで、跡部信秋の墓が歴代住職の墓地内にあ [続きを読む]
  • 越中遠征記(14) 〜放生津城〜
  •  続いては放生津(ほうじょうづ)城です。 雨が降っていなければ、越中三大山城の一つ守山城の予定でしたが、残念ながら断念しました。 放生城近くには駐車場が無いのことだったので、放生津八幡宮の駐車場に停めて歩きました。 途中の放生津橋には足利義材(よしみ)の小さな銅像がありました。 反対側には騎馬像も… この義材という人は室町10代将軍だったのですが、細川氏と対立して幽閉されます。 後に脱出してここ放生津 [続きを読む]
  • 越中遠征記(13) 〜前田利長公墓所〜
  •  続いては利家公の墓所です。 瑞龍寺の中にあるのかと思ったら、そうじゃなかあったです。 10分ほど歩きます。 そうこうしているううちに到着。 今は前田公園という公園になっています。 やたらデカイ灯篭が印象的! 墓碑は堀に囲まれています。 江戸時代には二重の堀に囲まれていて、あたかも城のようだったそうな。 『城のような』というより、いざとなったら高岡城の出城の役割があったのでしょうね。 雨が降ってい [続きを読む]
  • 春の甲州攻め (2) 〜飯田河原合戦供養板碑〜
  •  続いては甲斐市の八幡神社に行きました。 特にこの神社に用事があったわけではありません。 私が見たかったのは、この木の根元にありました。 飯田河原合戦供養板碑です。 甲斐を統一しようとする武田信虎に対し、反対勢力の甲斐国人達は今川氏に援軍を求めます。 この機に乗じて甲斐を侵略しようとした今川氏は、福島正成を大将にした軍を甲斐府中に向けて進めました。 それを信虎が迎え撃った戦いが飯田河原の合戦です。 [続きを読む]
  • 春の甲州攻め (1) 〜慈照寺〜
  •  というわけで(どうゆうわけや?)今日から先日行ってきた甲府の史跡めぐりのレポートです。 まずは双葉SAのスマートインターチェンジから出て向かった先は慈照寺です。 朝から分厚い雲が空を覆っているのが気がかりです。  この寺の開基は、武田家家臣・諸角豊後守とされていますが、それ以前からあったとする説もあります。 まあ、それ以前からあったとすると、諸角が中興開基ということもありえるかな? まずは山門。  [続きを読む]
  • 越中遠征記(12) 〜瑞龍寺〜
  •  高岡城の後は瑞龍寺に向かいました。 この瑞龍寺は三代加賀藩主・前田利常により、前田利長の菩提寺として建立されました。 まあ、よくある修理中。 こちらは仏殿。 屋根が鉛葺きなのが珍しいそうな。 こちらは法堂。 総檜造りで、 そして法堂の裏にはこんなものが… 右から前田利長・前田利家・織田信長・信長の側室・織田信忠の分骨廟です。 分骨といっても、信長や信忠のものは無いでしょうがね。 あと、側室ってい [続きを読む]
  • 越中遠征記(11) 〜高岡城・後編〜
  •  間が開いちゃいましたが、雨の高岡城の続きです。 外濠沿いを歩き、高岡大仏を見てから大手門から入りました。 上の写真はこの城の縄張りを担当したとされる、?山右近です。 そういえば、2020年の大河ドラマは『明智光秀』に決まったようですね。 本能寺の変後は、明智は?山右近に味方になってもらおうとしたようですが、右近は秀吉に味方しました。 まあ、それはここでは関係のない話。 右近の先には100名城のスタンプ [続きを読む]
  • 滑り納めと続日本100名城
  •  4月6日は城の日ということで、群馬県は川場スキー場に滑り納めに行ってきましたよ!(←なんでやねん) スキーはほどほどにして、今日から続日本100名城のスタンプラリーが始まったので、早速沼田城にスタンプを押しに行きました。 正面から入った最初の駐車場の近くに観光案内所があり、そこにスタンプが置いてあります。 ちょうど桜が満開で、桜目的の人が大勢訪れていましたが、一応石垣くらいは押えておかないとね! [続きを読む]
  • 川越の桜 2018 (後編)
  •  川越城本丸御殿の後は、新河岸川の誉桜です。 ここはやっぱり人が多いですね。 お、ここで遊覧船を見るのは意外にも初めて。 朝ドラの“つばさ”で一躍有名なった堰で折り返し。 氷川神社へ向かいます。 ここも近年かなり人気になりましたね。 ちなみにこの大きな鳥居の扁額の文字は、勝海舟によるものです。 というわけで、ここは大河ドドラマ“西郷どん”縁の地に認定です。 氷川神社の後は、裁判所の前を通って広斉寺 [続きを読む]
  • 川越の桜 2018 (前編)
  •  先日は毎年恒例、川越の桜を見てきましたよ。 本川越駅からスタートです。 まずは中院。 ここは枝垂れ桜が有名ですが、ソメイヨシノも綺麗ですよ。 ソメイヨシノが見ごろなら、この枝垂れ桜の花びらはもう散っています。 今年はソメイヨシノが咲くのが早かったので、枝垂れ桜とのコラボが見られたとか… 続いては東照宮です。 こちらは石鳥居の近くのエドヒガンが有名ですよね。 知らなかった… 東照宮の隣にあるのが喜 [続きを読む]
  • 越中遠征記(10) 〜高岡城・前編〜
  •  昨年秋の北陸旅行、二日目は朝から雨です。 いや、結果から申しますと、この日から最終日までずぅ〜っと雨!雨!雨! がっかりな旅行になってしまいました。 それでもこの日は朝から高岡城攻め。 まずは濠沿いを一周しようと歩き出しました。 が、雨は強くなったり風も出てきたりで、一周するのは諦めまめてしまいましたよ。 でも城内に入れる場所が少なく(城なので当たり前だ!)て、結局半周はしました。 奥に見えるの [続きを読む]
  • 越中遠征記(9) 〜守山城と夕食〜
  •  この日最後に攻略したのは越中三大山城の一つ、守山城です。 場所は高岡市街地の北西にある、『城山』の頂上です。 二上山万葉ラインを走れば、その頂上が城址です。 写真はちょっと明るくしていますが、11月の夕方5時頃だったのでかなり暗かったです。 堀とか石垣とかの遺構も残っていたようでしたが、暗かったので探すことはしませんでした。 その代わり眺めはとてもすばらしかったです。 写真が下手なのが残念でした [続きを読む]
  • 越中遠征記(8) 〜古国府城〜
  •  続いては高岡市にあります古国府城です。 氷見の阿尾城からは、南東に15キロほどの場所にあります。 現在は勝興寺になっているので、迷う事は無いでしょう。 この古国府城は、神保氏が上杉謙信に攻められた際に、守山城の出城として築かれたとされます。 本能寺の変後 前田利家と敵対した佐々成政が、一向一揆を味方につけようとして勝興寺に土地を寄進した事から、古国府城は廃城になったとされます。  山門は残念ながら [続きを読む]
  • 越中遠征記(7) 〜阿尾城〜
  •  越中遠征記と言いながら今までは能登でしたが、やっと越中にやってきました。 阿尾城です。 富山県道373号を、氷見市街から北上すれば案内が出ているので迷う事は無いでしょう。 この阿尾城の築城時期は不明ですが、戦国時代の終わりころは菊池氏が城主だったとされます。 菊池氏は上杉謙信→織田信長と仕えますが、本能寺の変後は前田利家に仕えたそうです。 その時この城に前田方の武将が入ったのですが、その武将こそ前 [続きを読む]
  • アオウメかよ。
  •  先日は東京都青梅市にあります今井城に行ってきましたよ。 青梅市といっても埼玉県入間市との境にあります。 上の写真のY字路を左後ろに曲がると今井城はあります。 武蔵野台病院に向かて進むと小高い丘が見えてきますので、そこが今井城です。 車で行ったら、駐車場はここ(35.810483,139.314044)しかありません。 案内看板もあるのでここが正面入り口なのでしょう。 中に入ると早速深くはないけど豪快な堀が出迎えてく [続きを読む]
  • 越中遠征記・能登編(6) 〜石動山城〜
  •  荒山城の後は、石動山城を攻略しました。 荒山城からは、東へ4キロほどの場所にあります。 『石動山資料館』を目指すといいでしょう。 この石動山城は、上杉謙信が七尾城を攻略するために築きました。 もともとここには石動山天平寺という寺(高野山とか比叡山のようなイメージ)があり、その伽藍群を利用したようです。 謙信が死ぬと織田方になりましたが、本能寺の変後は天平寺は上杉方に付いたために、寺は焼き討ちにあ [続きを読む]
  • 越中遠征記・能登編(5) 〜荒山城〜
  •  七尾城の後は、荒山城です。 七尾城からは南東に15キロほどの場所にあり、駐車場の座標はココ(36.955894, 136.941909)です。 この荒山城の築城時期は不明です。 上杉謙信が七尾城を攻める時にはこの城を抜いたそうですが、謙信が死ぬと織田方のものになったようです。 そして本能寺の変後は謙信の跡を継いだ景勝が能登奪還をめざし、畠山氏の旧臣を送り込んだようですが失敗し、織田方の佐々成政が城主になりました。 そ [続きを読む]
  • 東久留米でブラタモリ
  •  先日は東京都東久留米に行ってきました。 西武線の東久留米駅から20分ほど歩けば米津寺(べいしんじ)に到着です。 この米津寺は、17世紀後半に江戸幕府の旗本である米津田盛(よねきつたもり)によって開かれました。 というわけで、ここには米津氏の墓がありますよ。 この墓石は笠付六角塔身型といって、とても珍しいそうですよ。 ちなみにこの寺を開いた米津田盛は“ただもり”とか“みちもり”とも読むそうですが、“公 [続きを読む]
  • 越中遠征記・能登編(4) 〜七尾城〜
  •  続きましては七尾城です。 スタンプは麓の歴史博物館にあります。 この日は休館日でしたが、スタンプは入り口近くの郵便受けの中にありました。 んで、城には本丸付近まで車で行くことが出来ます。 ちゃんとすれ違いもできる舗装された道なのでご安心を。 少し歩くと調度丸という曲輪に出ます。 遠くに石垣が見えますね… この上には桜馬場とよばれる曲輪があります。 登るとこんな感じ。 まだ高石垣を作る技術が無かっ [続きを読む]