横手聡 さん プロフィール

  •  
横手聡さん: 天守が建てられた本当の理由
ハンドル名横手聡 さん
ブログタイトル天守が建てられた本当の理由
ブログURLhttp://castles.noblog.net/
サイト紹介文大胆仮説でビジュアルに解き明かす「天守は天下布武の革命記念碑(維新碑)説」!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/10/27 14:27

横手聡 さんのブログ記事

  • 城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか??
  • 『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか??前回の記事の補足として、ちょっとだけお話させていただきますと、前回に引用した「江戸始図」=『極秘諸国城図』の江戸城図において、ご覧のように本丸西面(蓮池濠/はすいけぼり)の高石垣に「慶長19年」の工事と書き入れましたのは、例えば鈴木理生先生(『幻の江戸百年』)や小松和博先生などなど、江戸城を研究して来られた諸先生方の、ほぼ一致した見解に基づいたもので [続きを読む]
  • 城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか
  • どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか前回は、駿府城の「豊臣系」金箔瓦のニュースから始まって、「徳川包囲網」という考え方に対する、私なんぞの勝手な“疑念”を申し上げてしまいました。あの中でお伝えしたかったのは、要は、日本人一般の感覚にありがちな <強大な有力大名だから(余裕の)金箔瓦> ではなくて、実際は180度の真逆で、豊臣政権に加わった群小大名が集団で力を得るために <豊臣頼みの弱小大名 [続きを読む]
  • 城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か
  • 近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か西南戦争時の熊本鎮台 司令長官・谷干城(たに たてき/かんじょう)少将籠城前の撮影か          籠城戦の翌年の撮影前回に続いて「熊本城」についてお話してみたいのですが、やはり熊本は震災のことがありますから、櫓や石垣が崩れ落ちた熊本城に関しても、その「復旧」以外の話題はなかなか話しづらい空気があります。しかし、だからと言ってこのまま城が復旧する予 [続きを読む]
  • 城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると…
  • 大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると…前回、この一回だけ、と申し上げておきながら、記事のラストでお見せした「合体図」が、あのままほおってはおけない代物(しろもの)であったようで、下記のごとく見づらく、判然としない状態では、何が問題なのか、ご説明することもままなりません。そこで今回は、ご覧の『諸国古城之図』(山城 聚楽)は大名の名の当て字が多く、なおかつ屋敷地の場所も違うのでは?と指摘 [続きを読む]
  • 城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい
  • 言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい< 昨年の外堀跡の地中探査によって、聚楽第は 「面積が従来の推定より約6割も大きかった」  との報道がありましたが、そういう言い方は正しかったのか。  むしろ逆に、築城当初よりも“小さくなっていた”!? のでは… >またか、と思わずに、是非ともこの一回だけお読みいただきたいのですが、下記のような報道における「約6割も大きかった」という言い方(→ [続きを読む]