恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵 さん プロフィール

  •  
恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵さん: 恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室*Hoan's Works*
ハンドル名恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵 さん
ブログタイトル恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室*Hoan's Works*
ブログURLhttps://ameblo.jp/hoansan/
サイト紹介文和も洋も欲張りに学べる数少ないお花の教室〜いけばな(池坊)・フラワーアレンジ・プリザーブド・アート
自由文いけばな(池坊)・アレンジ・プリザーブドから毎回自由にレッスン内容をお選びいただけるお花の教室です。
◎いけばなは、池坊家元よりのお免状取得が可能(希望者のみ)
◎アレンジメントは、ブーケレッスンやNFD準拠の内容が含まれます。
◎プリザーブドは、フェアリーブルーミングで綺麗に開花するテクニックを含みます。
◎AFC(青山フラワーコンシェルジュ)メンバーになると色々なオリジナル資材を使うことも♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/10/27 18:01

恵比寿・広尾の欲張りフラワー教室〜芳庵 さんのブログ記事

  • ギンギツネが遊ぶ秋色をいける【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 ペニセタム、別名ギンギツネを使った自由花のご紹介です。 今回のギンギツネは、佐賀県佐賀のたまて箱 野田さんにより、染めあげたオレンジカラーを使いました。      いけばなでは、自由花に限ってですが、このような加工素材も使うことがあります。 楽しそうに跳ね回る、ギンギツネさん、主役のお花を引き立てる、良いわき役ですね。 どの生徒さんもとても楽しそうです! ←いつも応援ポチッとあ [続きを読む]
  • とにかく、ホンモノを【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 以前に、上海でレストラン経営をされていた生徒さんが、この秋、東京新宿にてスタートされることになりました。 それは、日本の会席料理と中国の薬膳料理を融合した特別な料理教室。 『とにかく、ホンモノを。 だから、絶対に、お花は欠かせません』 とおっしゃる中で、どんなお花が良いかと、たくさん悩まれ、ご相談をうけました。 たくさんのこだわりの中で、最終的に、''お花は、ホンモノのいけばな、 [続きを読む]
  • 最新レッスンのお知らせ★一回完結・体験レッスン
  • いつもご覧いただき、ありがとうございます。 一回完結レッスン・体験レッスンのお知らせです。お好みや用途で、自由にお選びいただけます。※ 各種レギュラーコース(資格取得 / アトリエ開講プロ向けコース含む)は、こちらから→ ★★★ ■■■華道いけばな池坊 体験レッスン (2時間) 『花材を極めるコース』より、正規内容にて体験いただけます。・伝統文化いけばなにおける、"和のしつらえとおもてなしの具体例"を学びます。 [続きを読む]
  • 仲秋の名月、佐藤農園さんの糸菊【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 さまざまな案件で、ちょっと慌ただしい時間が流れておりました。 "心を亡くす"と書いて、"忙しい" にならないようにしなければ。。。 そんな中、仕事帰りに、空を見上げれば、仲秋の名月。 渋谷のビルの間から、しっかり見えました! また気持ちを落ち着かせて、お仕事に励みます。 そして、月に、黄色の菊はお似合いです。 一昨年、昨年に続き、富山県、佐藤農園さんの糸菊を仕入れました。 ゆっくり [続きを読む]
  • 貫け、自分!〜ススキとヒマワリと【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 ヒマワリとススキ。 今年の不順なお天気のように、季節のミックス花材が指定された、支部研究会(プチ実技試験)。 その対策レッスンでした。 ヒマワリをいけるのではなく、、、ススキをいけるのでもなく、、、景色や雰囲気をいけていただくようにお願いしています。 それは、ススキがそよぐ広い平原だったり、  川べりにそよぐ秋風だったり、 季節遅れの秋の花火だったり。。。 それをきちんと [続きを読む]
  • いけばな花贈り〜"増田智泰写真展"に浮遊する秋のお花【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 "増田智泰写真展"に出かけてまいりました。 タイトルも何もないのに、ひとつひとつがお話してくれる。。。 ヒトがいないのに、確かにヒトの気配を感じる。。。 (右:増田智泰氏 左:奥さま) とても楽しみにしていましたが、期待をはるかに超える楽しい展示でした! 私が会場で最初に口にした言葉。 『面白い!絵みたい!』 本当に、写真とは思えない、構図・色・陰影など、まるで絵を拝見しているような [続きを読む]
  • ローゼルをクリムトの花器にいける【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 一ヶ月ほど季節を先取りして良いとされるいけばなで、ひと足早く、ハロウィンの気配をローゼルを使って表していただきました。 ローゼルとは、ハイビスカスの実で、デトックスやダイエットに良いそうです。 20種類以上から、自由にお選びいただいた花器は、こんなのを選ばれた方も。 あの、クリムトの『接吻』が、細かな螺鈿の装飾と共に描かれています。100億円をくだらないとされる、本物の絵画とか [続きを読む]
  • ススキをいける際に、必須アイテムは?【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 順々と、秋らしいお花が入荷しています。 その代表選手は、こちらのススキ。 重陽の節句レッスンでも、ススキを使っていただきました。 しかし、そのままでは、数時間もすると、長い葉っぱが、チリチリになってしまいます。 いける前に、こちらの"ももの花"を使って、葉っぱの保湿を致します。軽く、3日ほどは、もってくれます。 以前は、馬油を使っていましたが、時代と共に、花材に一番適したものが [続きを読む]
  • 今年最終、満月にいけるカキツバタ【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 今年、カキツバタを何度も何度も手にしました。 花型も、立花(りっか)に、生花(しょうか)に、、、。古典立花も、二株いけも、二重いけも、、、。 おかげで、春から秋に移り行く季節の中で、カキツバタの状態がどのように変化するのか、また、どのようなエリアで、どんな方が生産されているのかなど、昨年よりも理解が深まったように思います。 花材の都合で、今年最後のお稽古になるかもしれないと思い [続きを読む]
  • 支部研究会対策〜ヒマワリとススキと【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 今月に入り、所属支部 研究会(=プチ実技試験)に向けた面々のレッスンが続いています。研究会は、いけばな池坊資格取得コースの方のみ参加できます。 9月のお題は、ヒマワリとススキ。季節のはざまのような取り合わせです。 『何を主役に?』 『どこを見せ場に?』 『タイトルは?』 いつも、生徒さんと共に、さまざまに考えをめぐらします。 生徒さんらしい、それぞれの個性を引き出すのは、私の仕事。 [続きを読む]
  • 先人の知恵より〜石化エニシダと小菊【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 石化エニシダは、竜のような、蛇のような、ユニークな花材です。小枝を丁寧に丁寧にさばき、自然な流れを作ります。 同じ花材、同じ花型ですが、さまざまにいけた作品のご紹介です。 こちらは、剣山いけ、逆勝手。 こちらは、配りいけ、お玄奘本勝手。 そしてこちらは、同じく、配りでいけた立ち昇りいけ。 剣山を使わない場合は、"配り"という、こんな小枝の三角の節の部分にはさんで、花止めとし [続きを読む]
  • "へぇ〜、そうなんだ〜" な 人気記事〜食欲の秋を満喫【華道いけ
  • おはようございます。 今年も嬉しい季節のものをいただき、ず〜っと食欲の秋を満喫しております(笑) 桃、梨、葡萄、そして、すだち! その結果、体重が大変なことに。。。最近では、食事の最初に、燃焼系スープをいただくようにしているほどです。 でも、季節のものは、本当に美味しくて、、、。 徳島出身の生徒さんの一番のおススメの食べ方は、やはり、地元の方がよく食べるお素麺だそう。 ここは、お隣県、香川県よりの [続きを読む]
  • 最新レッスンのお知らせ★一回完結・体験レッスン
  • いつもご覧いただき、ありがとうございます。 レッスン日程・一回完結レッスン・体験レッスンのお知らせです。お好みや用途で、自由にお選びいただけます。※ 各種レギュラーコース(資格取得 / アトリエ開講プロ向けコース含む)は、こちらから→ ★★★ ■■■華道いけばな池坊 体験レッスン (2時間) 『花材を極めるコース』より、正規内容にて体験いただけます。・伝統文化いけばなにおける、"和のしつらえとおもてなしの具体例 [続きを読む]
  • 初めての立花勉強会は、マラソン気分【華道いけばな池坊】
  • 昨日、24時間テレビで、ブルゾンちえみさんが、ゴールを目指して頑張っていらっしゃる間、こちらは、初の立花勉強会で、みんなで励みました。 会場は、今回初めて和室を借りて、ひとりひとりがお花とじっくり向き合える、広々空間で実施しました。 そして、花器も、立花テキストも、受筒の作り方も、役枝も、初めてづくし。 ランチ休憩をはさみながら、計6時間、格闘です。 ずっと使いたかった花器を、ようやく登場させら [続きを読む]
  • オレンジとブルーの取り合わせ〜色彩学も取り入れて【華道いけばな池坊】
  • おはようございます。 ここ数日は、東京も猛暑日。 『お暑いですね〜』 が、お決まりのご挨拶です・・・。 そんな中でも、レッスンは休まず続きます。 むしろ、夏休み中にレッスンを頑張っておこう!という方も多くいらっしゃるので、頭が下がります。 ケイトウのオレンジ、パステルブルーのリンドウを合わせていただきました。 この色合わせは、フラワーアレンジメントでも、意図的にナチュラル感を出すために使われます [続きを読む]