ぱぴ さん プロフィール

  •  
ぱぴさん: ナルト好きブログ!(NARUTOナルト考察ブログ)
ハンドル名ぱぴ さん
ブログタイトルナルト好きブログ!(NARUTOナルト考察ブログ)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/konohanogenin
サイト紹介文NARUTO-ナルト-の考察、登場人物考察、背景考察など。外伝やBORUTOの感想も。
自由文ジャンプ最新号のNARUTOの考察(雑考)や登場人物考察、背景風景、セリフの考察等々8年ほど続けています。そのほかNARUTO外伝やBORUTOのことも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/10/28 09:39

ぱぴ さんのブログ記事

  • BORUTO-- NARUTO NEXT GENERATIONS 第24話「カワキ」感想をちょっとだけ。
  • BORUTO-- NARUTO NEXT GENERATIONS 第24話「カワキ」感想をちょっとだけ。  扉絵の、そして目を覚まして立ち上がった時のカワキの表情。 けだるそうで、瞼が重たそうな表情で・・  さまよい歩いて行きどころのない子犬のような、人間不信の子犬のような目をしてる。。 「カワキ」ってカタカナの名前だけど、あえて漢字をあてはめたら「乾」とか「渇」になるのかな。 「乾」はドライな意味の他に「血縁じゃない義理の関係 [続きを読む]
  • チヨばあの《死んだフリ》 (年寄りの生き方)
  • 今月のBORUTOでは、青はやっと最後に自分を取り戻したみたいだったけど・・・今の青は、過去も現在も未来も全部 諦めちゃってるみたいだった。 かつての青は、そうじゃなかったと思ってたんだけどなぁ〜・・・《我々の時代は…》が、青の口癖だった。 年寄りの「昔話、自慢話と説教」は煙たがられるけれど、そういうのを語れるお年寄りって、ある意味幸せなのかなぁと思ったりもする。 だって、そういう人は自分の歩いて生きた [続きを読む]
  • NARUTO16巻の雑考 その4 ナルトの「うん」と「でも」
  •  今月のBORUTO、青が熱いバトルを繰り広げてましたね。青って頭脳派のイメージだったけど、池本先生が描く青は年齢を感じさせない肉体派的な逞しさ、そしていかにも忍の“プロフェッショナル”。  クールな仕事人・青もそれはそれでカッコいいけれど、何を感じて「道具」に徹するようになってしまったのか、早く知りたいなぁ・・ では、16巻の雑考をもう1つだけ・・・この前の続きを。・ナルトの《ヤダ》と、《うん》と《でも [続きを読む]
  • NARUTO16巻の雑考 その3 「その眼の本当の力」と「月読」
  • NARUTO16巻の雑考 その3「その眼の本当の力」と「月読」「その2」の続きです・・・・イタチが語った《その眼》と《その眼の本当の力》138話でカブトが語っていた「その眼」と、「その眼の完璧な使いこなし方」。 それについては、イタチがさらに踏み込んだ説明をしていくんです。 “暁”姿で久々に帰郷したイタチと それを追いかけたカカシが戦う142話で、イタチがこんなことを言うんですよね。「だが・・・アナタの体は そ [続きを読む]
  • NARUTO16巻の雑考 その2「今はね」と「その眼」の伏線
  • NARUTO16巻雑考 その2 「今はね」と「その眼」の伏線(その1の続きです)・「今はね」と「その眼」 さて、ここからは16巻にある伏線の話です。 木ノ葉崩し最終話(138話)では、カカシとカブトがこんな会話をしています。「で・・・お前は結局 見てるだけか・・ カブト・・」「またオレから逃げるのか?」「今はね・・」 「今はね」って言ってるんですよね、カブト。 それは「次はボクが」という意味だった。 だけど、カ [続きを読む]
  • NARUTO16巻の雑考 その1「究極の選択」
  • NARUTO16巻雑考 (今だからこそ思うこと) その1「究極の選択」 さて今回は私のお気に入りでありおススメの1巻、「16巻」の雑考を少々。 16巻ネタは度々話題に出しているので、一部は過去記事と重複するかと思いますが・・・今回は全部まとめて「16巻の雑考」ということで。 まず「なぜ16巻が面白いのか」という話なんですが、とにかく「大きな区切り、境目」があるってことなんです。 木ノ葉崩しが終わって“暁”編が始ま [続きを読む]
  • ブログ開設10年を迎えました!ありがとう・・・!!
  • 今日、2018年2月21日で、このブログもちょうど10年を迎えました。ブログを始めたのは、「サスケとイタチ」が闘いを始めたころだったと思います。最初はブツブツひとりごとを、そのうち毎週の感想を・・・NARUTO連載中、毎週の感想に熱いコメントを下さって議論してくださった皆様、読んでくださった方々、今もここに立ち寄ってくださる皆様に心からお礼申し上げます!今は、岸本先生の新作を待ちながら、相変わらずNARUTO [続きを読む]
  • 霧隠れの忍・干柿鬼鮫の心遣いと気遣い
  • 「霧隠れの忍・干柿鬼鮫」の心遣いと気遣い 今月のBORUTOも、引き続き「敵」は元・霧隠れの青。 今の「道具の使い方」を忘れちゃってる青も、いずれは元の青に戻ってくれるんだろうと思ってますけど・・  「道具」も使い方次第、忍も「心」を忘れちゃあいけない・・という話は、NARUTOでも度々出てきましたよね(特に“忍刀七人衆”の話を中心に)。 「霧隠れの忍」は、NARUTOに於ける典型的な「古い忍」のイメージだった。 [続きを読む]
  • BORUTO -ボルト- 第19話「人形」感想をちょっとだけ・・
  • BORUTO -ボルト- 第19話「人形」感想をちょっとだけ・・ 2017年もあっという間に過ぎてしまったけど、年末になって飛び込んできた「2018年遂に岸本先生の新作が登場」という、超絶嬉しい知らせ。 最近は、BORUTO掲載の時しかジャンプを読まないから、見逃さないように注意しなくちゃ;   さて、今月もBORUTOを読みましたが、この「青」・・・って、やっぱりあの青なのかな; NARUTOの「青」は、渋くて味のあるいい忍だった [続きを読む]
  • サスケと「手裏剣と積み木とかわいい怪獣さん」
  • サスケと「手裏剣と積み木とかわいい怪獣さん」 この前「うちはサスケの写輪眼伝(3巻)」を読んで、容赦ないキャラ崩壊や随所に散りばめられた原作ネタに大笑いさせてもらったのですが・・・しかしまぁ写輪眼伝のサスケは微笑ましいほどに「ガキっぽい」ですなぁ。 たとえば「幼稚園児サスケ」の話では、サスケが水月たちのことを「まだまだガキだな」なんて言ってカッコつけてるのですが、逆に「怪獣さんコップで水飲んでるほ [続きを読む]
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-  第18話「手」感想
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-  第18話「手」感想少し遅くなってしまったけど、今月のBORUTOの感想を少々。 今回は《ガチガチだったボルトの心が少〜しずつ解れていく話》でしたが、中でもいいなぁ〜と思ったのが「ミツキとサラダ」のこのセリフでした。「それに何だか面白そうじゃない?」(ミツキ)「あれあれえ・・?ちょっぴり楽しくなってきちゃったって顔じゃない?」 (サラダ) ボルトの心を直接解した [続きを読む]
  • NARUTO、歌舞伎に・・!という話と、今週のBORUTO(雑談)
  • なんでもNARUTOが歌舞伎化されるとか・・! ワンピースが歌舞伎になるんだったらNARUTOでも、とは思ってたんですが、ついに実現ですかぁ! 2018年8月、新橋演舞場にて坂東巳之助、中村隼人出演予定とのこと。 どんな風になるのか、今からすごく楽しみ・・! ・・ところで、ハリウッドでの実写化の話は、今どうなってるんだろう・・? さて、今週のBORUTO、読みました。 いろんな科学忍具が出てきましたねぇ〜・・ライト [続きを読む]
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 第16話「器」感想
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 第16話「器」感想『「器」が失われた』『「外陣」を一人動かすとしよう』『新しい「科学忍具」のデータを必要としていた所だ』 ……やっぱり「」が多いよね、BORUTO。 「殻」メンバーの会話は、「内陣(インナー)」とか「外陣(アウター)」とか訳わからん組織用語が出てきたけど・・・こういった情報のチラ見せって、謎な雰囲気を演出したり 読者の「知りたい願望」を刺激する [続きを読む]
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 第15話「支う影・・・!!」感想
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 第15話「支う影・・・!!」感想《本当に欲しいモノはどんなに大変だろーと 自力で手に入れる》・・・そして、扉絵に添えられた《忍び支える》という言葉。 これがボルトの忍道になっていくのかな…? 自来也は《忍び堪える》、ナルト世代は《忍び耐える》、そしてボルトは《忍び支える》・・《支える》とは、助ける、分かれる、枝分かれ、そして胴(幹)に対する手足(枝)と [続きを読む]
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 第14話「チームワーク・・・!!」感想
  • -ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 第14話「チームワーク・・・!!」感想 今回は場面転換なしでずっとバトルでしたが、ところどころ「ボルトらしさ」も出ていましたね。 ・バトルでの「ボルトらしさ」 ナルトの影分身は千人、ボルトの影分身は4人・・・この「数の差」だけは、どーしても超えられない壁ですよね(今のところ)。 パワーでは父ちゃんに劣る点を、ボルトは「器用さ」で補っている・・  手裏剣に雷遁を流 [続きを読む]
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-第13話「切り札の価値!!」感想を少しだけ
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-第13話「切り札の価値!!」感想今週もBORUTO,読みました!  話の流れは「誘拐されたテントウのもとにボルトが助けに駆けつける」という、やや案の定的なモノではありましたが、そこに絡んだ《ミツキ・ボルト・サラダ》の話が面白かった・・・ミツキの「ことば」から、なんとなく見えるモノ「そう珍しい事でもないよ 今の風影様も 下忍時代にBランクをクリアしてる」(木ノ葉丸先生 [続きを読む]
  • ナルトの「影分身の術」・・・そのもう1つの“意味”
  • ナルトの「影分身の術」・・・そのもう1つの“意味”影分身の術とは、もうひとつの実体をつくり出す忍術。 通常の“分身の術”とは異なり、分身が実体となって現れて、物理的な攻撃を行わせることができる。 様々な術に応用することも可能な高等忍術。 (「臨の書」の説明より)   影分身の術は言うまでもなくナルトの代表的な得意忍術であり、ナルトの「協力」を象徴する術。 そして「術の開発者」は二代目火影・扉間であ [続きを読む]
  • サラダの「バカだね男って」発言と、NARUTOの女性観
  • サラダの「バカだね男って」発言と、NARUTOの女性観 前回のBORUTOでサラダが言ってた「本っ当バカだね男って…」。  NARUTO最終話(700話)でも、サラダは「男って……ほんっ…とバカだね」と言っていたけれど、あの時はホントに呆れて突き放すような言い方だった。 だけど、今はちょっと違って《仕方ないなぁ〜》という感じ。 「理解不能な男共の行動」を見る目も、サスケパパに会ったことで少し変わってきたような・・・・サ [続きを読む]
  • BORUTO-ボルト-第11話「新たな任務!!」 感想
  • BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-第11話「新たな任務!!」ようやくこちらも桜も見頃を迎え、少しずつ春らしくなってきました。 新年度を迎えるこの季節に、BORUTOも事実上のスタートですな!!正直言うと、今回のBORUTOを最初に読んだ時は・・新キャラ・テントウのク○ガキっぷりにボルト以上にムカつき、さらに「違和感」のようなモノを感じてしまいました。 でも「違和感」を感じるのも当然っちゃ当然なんですよね [続きを読む]