まーくハウス さん プロフィール

  •  
まーくハウスさん: イエス様と歩む慢性疲労症候群&脳脊髄液減少症
ハンドル名まーくハウス さん
ブログタイトルイエス様と歩む慢性疲労症候群&脳脊髄液減少症
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yasuragiangel
サイト紹介文イエスキリストと祈りを通して会話しながら、感謝と喜びの毎日を生きるクリスチャンCFS患者の日記。
自由文慢性疲労症候群と共に15年以上過ごしてきた中で、イエスキリストと出会い、新しい命をいただく。天地、宇宙、自然、人間を創造された神様と日々、祈りを通して会話をしながら、神の子として造り替えられている。慢性疲労症候群海外情報も配信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/10/28 17:09

まーくハウス さんのブログ記事

  • 呪いの言葉と慰めの言葉
  • はじめて月経前後の2週間を一人で経験してみたが、やはり、生活がみるみるうちに崩れた。先週は点滴を3回打っても、やはり、部屋の移動も車椅子や壁つたい、陸軍兵のように床を這っている時もあった。硬直発作も増えて対処も難しくなっていた。しかも、夜飲んでいる抗てんかん薬を切らしてしまい、夜中、体がカチコチでよく眠れず、数日寝不足が続き、気分も鬱々していた。先月と全く同じパターンだ。土曜の夜は、隣のカップルが [続きを読む]
  • 、??
  • ライム病やその他の感染症の 治療については 処方箋をもらったのでこちらで薬とハーブを購入して日本に帰ってから 介護人がいるところで 治療を始めることにする。長期抗生物質治療をするか ハーブ の自然療法を選択するかはまだ決めていないが おそらく自然療法を選ぶと思う。facebook 上の海外の患者会のメンバーになったが色々と相談してみると やはり急性の場合や早期発見の場合は 強い抗生物質2週間から4週間が即効性があるよ [続きを読む]
  • 、、、
  • はじめて月経前後の2週間を一人で経験してみたが、やはり、生活がみるみるうちに崩れて、先週は点滴を3回打っても、やはり、床を陸軍兵のように這っている時もあった。発作も多くて近所の友達を呼び出したり、対処も難しくなっていた。しかも、先月末も同じあやまちをおかしたが、夜飲んでいる抗てんかん薬が切らしてしまい、数日寝不足が続いていた。昨夜は、隣のカップルが 朝3時まで 大声で どなり合っていたのも、すでに疲弊し [続きを読む]
  • わたくし、もうすぐ日本に返品されます!
  • 「はじめのことは 成就した。 新しいことを 私は告げよう。 それが芽生えて来る前に 私はあなた達にそれを聞かせよう。」イザヤ42-9 アパルーム 9月10月号より引用「科学者たちはかつて全ての哺乳類は子を産み、卵は産まないと考えていました。 後に彼らはオーストラリアの河川を調査しカモノハシを発見したのです。カモノハシはビーバーのような尾とアヒルのくちばしを持っているということで動物学者たちを驚かせただけでなく恒 [続きを読む]
  • 自分用メモ 処方された抗生物質
  • ドキシサイクリン 100mg 最初は2日に一度 2週目から毎日1カプセル処方箋 毎日2カプセルhttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6152004.htmlニルスタチン 500000IU上に同じ処方箋 毎日3カプセルhttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6171001.html2週目から以下を足すアジシロマイシン 500mg 週1カプセル 毎週1カプセル増やす?http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149004.html3週目から バイシリン 週に1 [続きを読む]
  • 祭りの後の葬式で叫ぶ!
  • 何かをした後には必ず落とし前が!Pay back time!! これがわかるのは、頭や体を使った労作の後に、疲弊、痛み、症状の悪化がある人と、悪いことしてる人くらいかな?!笑祭りの後の葬式、、、寝込む度に、自分の中で新しい格言がうまれる。笑楽しいことをした後は、死んだような状態に陥るという意味だ。先週月曜日も疲れすぎて点滴に行けなかったので、当日キャンセルを避けるため、今週は金曜日の点滴しか予約を入れていなかった。 [続きを読む]
  • 聖霊を着るまで今いるところにとどまる
  • 「そこでイエスは聖書を悟らせるために彼らの心を開いてこう言われた。『 次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け三日目に死人の中からよみがえり、その名によって罪の赦しを得させる悔い改めがエルサレムから始まってあらゆる国の人々にのべ伝えられる。あなた方はこれらのことの証人です。さあ、私は私の父の約束してくださったものをあなた方に送ります。あなた方はいと高きところから力を着せられるまでは都にとど [続きを読む]
  • 苦くて、甘い1週間
  • 月曜日は 具合が悪くて点滴に行くことができなかった。 首と目の痛みと疲弊で水曜日の午後まで ほとんどずっと ベッドの 上にいた。週末に人に会う分、平日はクラッシュするが、自分のパターンは承知の上でのクラッシュなので、あまり気にしない。水曜日の午後には復活し、ちょろっとガーデニング。木曜日、ニュータウンの牧師と教会で知り合った女性が 電話をくれて訪問してくれたので、ベッドに寝転んだままお祈りをしてもらった [続きを読む]
  • 与える時と受け取る時
  • 昨日ある人に「クリーナーとか、コミュニティセンターのボランティアの人とか、友達もちょくちょく遊びに来てくれてるみたいだけど、、、それでも、病気なのに、海外で一人で暮してるなんてすごいねえ。よく頑張ってるねー。本当にすごい!」とものすごく褒められた。その瞬間、自分の中に大きな力が流れ込むのを感じた。Empower というのはこういうことを指すのだと思った。そして、支えてくれている人たちにも本当に感謝だなあと [続きを読む]
  • アップダウンのローラーコースターを把握しておく
  • 自分の心身のアップダウンには、きちんとしたパターンがある。年間パターン: アップ 春と秋ダウン 梅雨、真夏月間パターン:月の半分はホルモン異常による悪影響が出る。アップ 月経前精神は乱れるが、体液がこもるので、髄液漏れが減るためか、急にいつもより動ける日が数日続く。ダウン 血液や体液、髄液が一気に減るためか、月経2日目後から10日から14日間、硬直や脱力、疲弊、鬱状態、不安、混迷、胃腸症状を起こしやすく、 [続きを読む]
  • 自分用メモ ライム病、ライム病様感染菌
  • IGenexアメリカCDCの診断基準で使われる検査結果が信憑性がうたがわれているため、ライム病やマダニ媒介で感染した菌、ウイルス、寄生虫を調べるのに、利用されている最先端の検査機関。日本では、Mayo Clinicに検査が出されるが、陰性と出ても、本当に陰性かはわからないという不確かな検査。ライム病は一種類のボレリア菌感染をさすが、現在、マダニに噛まれた場合、ボレリア菌だけでなく、複数の菌、ウイルス、寄生虫が血液に入 [続きを読む]
  • 敵をものともしない者になる
  • 「彼は決して揺るがされない。 正しいものはとこしえに覚えられる。その人は悪い知らせを恐れ
    ず主に信頼してその心は揺るがない 。その心は堅固で恐れることなく自分の敵をものともしない
    までになる。」(詩篇112:6-7)http://www.smh.com.au/nsw/tahlia-smith-had-world-at-her-feet-before-being-struck-down-with-l
    yme-disease-20150417-1mns31.htmlジェームスリードという医師に紹介された。別の慢性ライム脳脊髄炎の
    医師にアポ [続きを読む]
  • 頑張れる気が全然しないが、頑張ろう
  • 人には頑張りますなんて言っておきながら、点滴から4日目の今日は、もう頑張れる気が全然しない。ライム病陽性だとわかって、周りの人は喜んでくれたが、クーちゃんは違う意味でおいおい泣いていた。私も、今日になって気が遠くなっている。日本の感染症センターにはすでに連絡していたが、日本では早期発見のライム病は2週間から4週間の抗生物質で治る病気という理解で、海外の活動家のいうような慢性ライム病や治療後ライム病症 [続きを読む]
  • ライム病血液検査の結果が出た!
  • 「あなたの 指のわざである 天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに 人とは何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人とは何者なのでしょう。 あなたがこれを顧みられるとは。 あなたは人を神よりいくらか劣るものとしこれに栄光と誉れの冠をかぶらせました。 あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、万物を彼の足の下に置かれました。 すべて、羊も牛も、また、野の獣も、空の鳥、海の魚、海路を通うもの [続きを読む]
  • サバイバルゲーム それも生きてる証だね
  • ホルモン周期で体調がいつも以上に悪化し、発作を起こしやすい時期がやっと終わり、回復に向かっている。疲弊している時は、聖書を読んでも、お祈りをしても、信仰が羽をつけて、どこやら遠くへ行ってしまったような状態になる。「主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに主は近くあられる。」(詩篇146:18)まあ、私がそう感じることができない時も、主は近くにおられるのだろうが、、、。1度目の発作は寝 [続きを読む]
  • 走ってもたゆまず、歩いても疲れない?!
  • こちらに長く住んでいた日本の友人が仕事でシドニーに来た。処方箋の薬がまさに昨日で切れてしまい、超やっベーと思いつつ、すぐそこなのに取りに行けず、玄関を出たり、中に入って地べたに寝転んだり、挙動不審な人になっていた。地元の友人たちは皆お仕事中だったので、勇気をふるって、その友達に電話をしたら、仕事の合間に車ですっ飛んできてくれた。重い車椅子を車に積んでくれて、クリニックまで行って、薬局行って、お金ま [続きを読む]
  • シドニーでの一人暮らし 喜びの涙と途方に暮れてるトホホの涙
  • なぜか、まだシドニー。自立生活をエンジョイしてたのは最初の3日ほど。クーちゃん帰って1週間経って、週末頃からギブアップ気味だ。普段の生活でどれほどクーちゃんと母、ヘルパーさん、看護師さんのお世話になってるかが身にしみる。昨日やっとライム病の血液検査と点滴にありつけた。ライム病の血液検査が居残った理由だ。歩いたら、5分か10分だが、点滴を10日も打ってない私にはクリニックまでは大いなる旅路だった!かなり早く [続きを読む]
  • 5年半ぶりにシドニーに導かれた本当のわけ
  • 出発の日は台風が関東にゆっくり近づいてきた風の強い夜だった。飛行機に乗る当日 プラチナ点滴という自費の点滴を打つまで シドニー行きは中止 になる可能性は大きかった。台風の接近でぐったりしていたこと、思いがけない訪問客があったこと、いつもの保険内の点滴を打てるクリニックが少し早いお盆休みで、駅から少し離れた別のクリニックで打ったことのない美容用の自費の点滴を打たねばならなかったことなど、行けそうにない [続きを読む]