まーくハウス さん プロフィール

  •  
まーくハウスさん: イエス様と歩む慢性疲労症候群&脳脊髄液減少症
ハンドル名まーくハウス さん
ブログタイトルイエス様と歩む慢性疲労症候群&脳脊髄液減少症
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yasuragiangel
サイト紹介文イエスキリストと祈りを通して会話しながら、感謝と喜びの毎日を生きるクリスチャンCFS患者の日記。
自由文慢性疲労症候群と共に15年以上過ごしてきた中で、イエスキリストと出会い、新しい命をいただく。天地、宇宙、自然、人間を創造された神様と日々、祈りを通して会話をしながら、神の子として造り替えられている。慢性疲労症候群海外情報も配信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/10/28 17:09

まーくハウス さんのブログ記事

  • 愛犬ヒューゴの余命宣告
  • 突然、愛犬ヒューゴに余命宣告。今月もつかどうかわからないと言われた。14歳なので、覚悟はできている。それでも、神様から友として与えられたヒューゴを失うのは寂しい。「しかし、獣に尋ねてみよ。それがあなたに教えるだろう。空の鳥に尋ねてみよ。それがあなたに告げるだろう。あるいは、地に話しかけよ。それがあなたに教えるだろう。海の魚もあなたに語るだろう。これらすべてのもののうち、主の御手がこれをなさったこと [続きを読む]
  • あなたの宝は何ですか。
  • 「私たちはこの宝を土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかにされるためです。私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方に暮れていますが、行き詰ることはありません。迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。」(第二コリント4:7−10)「わたしたちはこの宝を土の器の中 [続きを読む]
  • 草は枯れ、花はしぼむ。 だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。
  • 「すべての人は草、その栄光は、みな野の花のようだ。主のいぶきがその上に吹くと草は枯れ、花はしぼむ。まことに、民は草だ。草は枯れ、花はしぼむ。だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。」(イザヤ40;6−8)具合が悪くて玄関に出られないと、植木鉢に植えた玄関前の1年草は水不足で枯れてしまう。枯れた花を見ると、症状に翻弄されて聖書を読めない数日が続いた時の自分自身を思う。神様の言葉は、私の霊的食物だ。はっ [続きを読む]
  • 5月12日ME/CFS世界啓発デー #millionsmissing 2018 in Tokyo2018 
  • いよいよ、5月12日ME/CFS世界啓発デーです。2018年バージョン ME/CFS啓発動画を制作しました。啓発にご利用ください!また、5月5日#millionsmissingグローバルキャンペーンの一環として行われた5月啓発イベント「ひとりじゃないよ!」の模様は、www.markhouse-projects.comにアップされています。また、「関連リンク・最新治療法・今日からできるセルフケア」も更新されています。外出や布団から出ることが難しい患者 [続きを読む]
  • 東京都品川区「5月ME/CFS世界啓発イベント」ご報告
  • 5月12日ME/CFS世界啓発デーに先駆けて、昨日東京都品川区行われた世界啓発デーイベント。50名の定員を上回り、大勢の方々にご参加いただきました。テレビ東京「主治医が見つかる診療所」でおなじみの「ひめのともみクリニック」の姫野友美先生も参加してくださいました。フローレンスナイチンゲールの誕生日である5月12日は、1992年からアメリカME/CFS啓発家トーマスヘネシー氏(故)によって慢性免疫神経系疾患(CIND) [続きを読む]
  • あなたの泣く声をとどめ 目の涙を止めよ。 あなたの労苦には報いがあるからだ。
  • 戦争は国単位で起こっているだけではない。闘いはわたしたちのうちにもある。人間関係の中、心の中、私たち難病患者にとっては、体の中にもある。誰かは、経済状態、虐待、偏見や差別、無理解と闘っているかもしれない。ほかの誰かは、過去の傷、どうすることもできない今、将来への不安と闘っている。アルコールを飲まずにはいられない。誰かを言葉や暴力でなじらずにはいられない。買い物が止められない。パチンコ、ギャンブル、 [続きを読む]
  • ちょっとしたナメクジ化
  • 今は、9時半。うつ伏せになって画面を見ずに書いている。高度ホルモンの関係でイチローbn rukunruhi ああ、犬のヒューゴが犬のPCにのっかってきて変な文になってしまったホルモンの関係で血も気もなく、起き上が絵r内。とりあえず、今日はなんとああ个mけなかった [続きを読む]
  • 5月12日ME/CFS世界啓発デーTshirt作りました!
  • 5月5日のイベント用にTshirtを作りました。啓発リボンの左側は、「病気の根からの癒し」を表現し、右側の羽は、「病気でも、自由にありのままの自分で羽ばたきたい」という願いを込めてデザインしました。当日、ボランティアスタッフが着ますが、会場でもチャリティグッズとして販売し、活動費の足しにするつもりです。「全国ヘルプマーク普及ネットワーク」さんが会場に来られるME/CFS患者用にヘルプマークを送ってくださるそうで [続きを読む]
  • どこでもドアは、どこでも教会に続いてる
  • 「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1:23)昨日の時点で、明日は無理だねとくーちゃんと話していたが、今朝になって家で礼拝した後、寝転んだままなら行けるかもとストレッチャー車椅子でいざ出陣。どなたかが、私が来た時のために、簡易ベッドを献品してくださっているので、とりあえずたどりつければ、すぐに寝られる。牧師の奥さんの顔 [続きを読む]
  • 神様にゆだねて寝腐る
  • 点滴を2回打ちそびれたせいで急激に体調が悪化し、昨日はストレッチャーでクリニックまで運ばれた。ストレッチャーからベッドまで3人がかりで移動。前回もストレッチャーで運ばれた。徐々に、体調を崩しているのが自分でもわかる。点滴の打ちすぎで、血管が細くなり、ナカナカ点滴の針が入らないことが多い。別の病院で点滴をした時は5回ほどトライした後、血管が針よりも細くなってしまっていて、点滴を打つのは無理だと断られて [続きを読む]
  • 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群世界啓発デーイベント In 大井町Tokyo
  • お久しぶりです!ほんでもって、お知らせです(笑)。5月5日の子どもの日に、5月12日ME/CFS世界啓発デーイベントを行うというなんとも、ややっこしいことになりました。イベントは5月5日(土曜日)です。ぜひ、いらしてください!(もう、長い文章書けないので、FacebookやTwitterが中心になってしまっています。詳しくは、www.markhouse-projects.comをご覧ください。また、ご参加いただけない方でも、ウェブサイトのほう [続きを読む]
  • 知らぬ間に働いていた
  • 4月に亡くなった父にそっくりのペンキ屋の社長さん。歩き方、話し方から、交渉の仕方まで、そっくりで、話しているだけで父に再会したようで嬉し涙が出そうなのをぐっと我慢。父のビジネストークを聞きながら育った私も、おじさんに負けじと交渉! 瞼の硬直で目がほとんど開いていない状態で足を引きずり杖を振り回しながら?! 塗ってほしいところを見せて回りました。いい商談ができました。ついでに勢いあまって、すでに値段交 [続きを読む]
  • 呪いの言葉と慰めの言葉
  • はじめて月経前後の2週間を一人で経験してみたが、やはり、生活がみるみるうちに崩れた。先週は点滴を3回打っても、やはり、部屋の移動も車椅子や壁つたい、陸軍兵のように床を這っている時もあった。硬直発作も増えて対処も難しくなっていた。しかも、夜飲んでいる抗てんかん薬を切らしてしまい、夜中、体がカチコチでよく眠れず、数日寝不足が続き、気分も鬱々していた。先月と全く同じパターンだ。土曜の夜は、隣のカップルが [続きを読む]
  • 、??
  • ライム病やその他の感染症の 治療については 処方箋をもらったのでこちらで薬とハーブを購入して日本に帰ってから 介護人がいるところで 治療を始めることにする。長期抗生物質治療をするか ハーブ の自然療法を選択するかはまだ決めていないが おそらく自然療法を選ぶと思う。facebook 上の海外の患者会のメンバーになったが色々と相談してみると やはり急性の場合や早期発見の場合は 強い抗生物質2週間から4週間が即効性があるよ [続きを読む]
  • 、、、
  • はじめて月経前後の2週間を一人で経験してみたが、やはり、生活がみるみるうちに崩れて、先週は点滴を3回打っても、やはり、床を陸軍兵のように這っている時もあった。発作も多くて近所の友達を呼び出したり、対処も難しくなっていた。しかも、先月末も同じあやまちをおかしたが、夜飲んでいる抗てんかん薬が切らしてしまい、数日寝不足が続いていた。昨夜は、隣のカップルが 朝3時まで 大声で どなり合っていたのも、すでに疲弊し [続きを読む]
  • 新しい局面に入る人のために
  • 「はじめのことは 成就した。 新しいことを 私は告げよう。 それが芽生えて来る前に 私はあなた達にそれを聞かせよう。」イザヤ42-9 アパルーム 9月10月号より引用「科学者たちはかつて全ての哺乳類は子を産み、卵は産まないと考えていました。 後に彼らはオーストラリアの河川を調査しカモノハシを発見したのです。カモノハシはビーバーのような尾とアヒルのくちばしを持っているということで動物学者たちを驚かせただけでなく恒 [続きを読む]
  • 自分用メモ 処方された抗生物質
  • ドキシサイクリン 100mg 最初は2日に一度 2週目から毎日1カプセル処方箋 毎日2カプセルhttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6152004.htmlニルスタチン 500000IU上に同じ処方箋 毎日3カプセルhttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6171001.html2週目から以下を足すアジシロマイシン 500mg 週1カプセル 毎週1カプセル増やす?http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149004.html3週目から バイシリン 週に1 [続きを読む]
  • 祭りの後の葬式で叫ぶ!
  • 何かをした後には必ず落とし前が!Pay back time!! これがわかるのは、頭や体を使った労作の後に、疲弊、痛み、症状の悪化がある人と、悪いことしてる人くらいかな?!笑祭りの後の葬式、、、寝込む度に、自分の中で新しい格言がうまれる。笑楽しいことをした後は、死んだような状態に陥るという意味だ。先週月曜日も疲れすぎて点滴に行けなかったので、当日キャンセルを避けるため、今週は金曜日の点滴しか予約を入れていなかった。 [続きを読む]
  • 聖霊を着るまで今いるところにとどまる
  • 「そこでイエスは聖書を悟らせるために彼らの心を開いてこう言われた。『 次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け三日目に死人の中からよみがえり、その名によって罪の赦しを得させる悔い改めがエルサレムから始まってあらゆる国の人々にのべ伝えられる。あなた方はこれらのことの証人です。さあ、私は私の父の約束してくださったものをあなた方に送ります。あなた方はいと高きところから力を着せられるまでは都にとど [続きを読む]
  • 苦くて、甘い1週間
  • 月曜日は 具合が悪くて点滴に行くことができなかった。 首と目の痛みと疲弊で水曜日の午後まで ほとんどずっと ベッドの 上にいた。週末に人に会う分、平日はクラッシュするが、自分のパターンは承知の上でのクラッシュなので、あまり気にしない。水曜日の午後には復活し、ちょろっとガーデニング。木曜日、ニュータウンの牧師と教会で知り合った女性が 電話をくれて訪問してくれたので、ベッドに寝転んだままお祈りをしてもらった [続きを読む]
  • 与える時と受け取る時
  • 昨日ある人に「クリーナーとか、コミュニティセンターのボランティアの人とか、友達もちょくちょく遊びに来てくれてるみたいだけど、、、それでも、病気なのに、海外で一人で暮してるなんてすごいねえ。よく頑張ってるねー。本当にすごい!」とものすごく褒められた。その瞬間、自分の中に大きな力が流れ込むのを感じた。Empower というのはこういうことを指すのだと思った。そして、支えてくれている人たちにも本当に感謝だなあと [続きを読む]