ゆきたんく さん プロフィール

  •  
ゆきたんくさん: 伝えたんく
ハンドル名ゆきたんく さん
ブログタイトル伝えたんく
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yukitank
サイト紹介文何気ない日常に幸せを感じ、のんびりと歩いていたら、人生の折り返し地点を過ぎてしまったおじさんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2008/10/29 20:07

ゆきたんく さんのブログ記事

  • 変えたよ。
  • フェースブックのカバー写真とプロフィール写真を変えた。どうしてももう一度行って見たい場所のハージェストリッジにした。1974年全英一位を獲得したハージェストリッジのジャケット。何回も書いたが、マイフィバリットアーティストの一人、マイクオール... [続きを読む]
  • まったりと
  • 女房ののりたんのおかげでコーヒーの味を覚えてしまった。それから30年になる。女房とではないが、気のおける友人とお茶。なかなか出会えないゆきたんくと価値観が似ている方である。年下ではあるのだが、年上っぽいなぁ。見かけもね(笑)私とY氏は松... [続きを読む]
  • 今年は
  • 今年は年賀状を書かない。3月に義父が亡くなっているからだ。12月も1/3が過ぎた。さすがにスロースターターのゆきたんくも焦る。どうにか書き上げた(刷り上げた)喪中欠礼無事投函しましたとさ。 [続きを読む]
  • 知らせが・・・
  • 従兄弟から知らせがきた。今日、従兄弟と墓の管理者立ち合いの元にお墓の整理が終わったとのこと。整理が終わったとは、墓のあった場所を更地に戻したということだ。8/17の施餓鬼の後で・・・今から37年前に父が建てた墓は、その魂をゆきたんくの家の近... [続きを読む]
  • 癒し。
  • 職場での癒しはね、いくつかある。そのうちの1つは、何回か載せている。お菓子だよね。こういうのが嬉しくてねぇ。最近寒くなってきているから、熱いお茶でいただくのがまた一段とね。それともう一つ。可愛いというか。あっ、若手のお姉ちゃんじ... [続きを読む]
  • 足りないかな。
  • ゆきたんくの体調は、MECをすることで著しく良くなった。ただ、今年は職場も変わり、少し中断している。5月末に体調を崩し、最近持ち直してきた。腕にできた傷も治りにくい。やはりタンパク質が足りないのだろうか。千菓進に走った。レギュラーサイ... [続きを読む]
  • おもちゃ
  • ゆきたんくのおもちゃね。自分の部屋はアラジンの洞窟がちらかった感じかな。PCと本は所定の位置に。そして楽器たちは少し人事異動があったな。現在のゆきたんくの部屋にあるギターたち。ベースとクラシックとモーリス12弦とモーリス6弦は他所へ... [続きを読む]
  • 見えない。
  • さて、朝の出勤は気持ちよく。ところが、見えないのである。車の窓が凍っているなんて、寒くなればよくあること。ぬるいお湯をかければ解決だぁね。ところが1〜2ℓのお湯で済む話じゃない。霧がすごくて前が見えないんだよね。職場に行くのに、倍... [続きを読む]
  • ウレピ
  • まあ、いろんな仕事があるけれどね。一段落して、自分のデスクに戻って来た時にさ嬉しいよね。これで疲れがとれるんだよね。うん、言葉はいらないね。感謝あるのみ。 [続きを読む]
  • これはご馳走だ。
  • ゆきたんくの気にいっている喫茶店№1は千菓進である。それは不動なのだ。それ以外のお気に入りの1つが「珈琲庵」。この間、友人とお茶をしたのだけれど昼飯を食べていなかったのでうどんを食べた。このカレーうどんがたまらなく旨かった。香辛料のディテ... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ343…クーヘン
  • こんなゆきたんくでも役に立つ。ここに向かう時に見えたカトリック・セント・マーチン教会の尖塔の下が通路になっていて、その下を潜り抜けた後のことだ。尖塔の下はトンネルだ。潜り抜けると・・・大道芸をやっていた。そんな時である。近くで... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ342…クーヘン
  • さて、酒屋に一緒に入る。物色をするフリをして・・・・来る途中で北側にあった城門らしきものが気になってしかたがない。買物時間は短い、急げゆきたんく。そして、そう、この突き当りに写っているやつだ。1332年に建てられたエンデルテ(Endert... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ341…クーヘン
  • クーヘン中心部に車でに随分と川沿いを歩いたが、中心部少し手前で左折し(西側)肉屋で食事をした。今度は、肉屋を出て川沿いを左折し北に向かう。いやぁ、一通りが多かった。この辺りに土産物屋があるからだろう。ゆきたんく一行は、N氏とゆきたんく以外は... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ327…ケルン
  • そう、初めてのドイツの夜。食事は何にしようか。ドイツ料理って・・・ドイツ鉄道をケルン駅で降りて、友人と待ち合わせをする。ホームから駅の出口(改札は無い)までの途中のことだ。ドイツ鉄道DB(デーベー)、KölnHauptbahnhofはケルン中央駅。... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ326…ケルン
  • 粋なはからいなのだろうか。ゆきたんくはそう思いたい。日本ではあまりなかったかな・・・ケルン大聖堂の周囲を歩いた。その通りに、大聖堂の一部が飾ってあるかのような感じで大聖堂の一部があった。大聖堂の一部?どう見ても、大聖堂の一部を構成... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ325…ケルン
  • 2014年8月、憧れのケルン大聖堂との初対面。「あっ・・・」写真で見ていたものを、実際に見るとなると必ず感動が起こるものである。それは、両者の差が元である。有名な話では、ブリュッセルの小便小僧がその1つだ。ゆきたんくは、小便小僧について... [続きを読む]
  • 旅の楽しみケルン…324
  • こんなところに・・・国内旅行だと、その土地土地のマンホールを見るのも楽しみの一つだ。ゆきたんくの地元、千葉県松戸市では、「矢切の渡し」がデザインされている。海外では、そんなに気にはかけないというよりは、気にならない。結構無機質だと思い込ん... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ323…ケルン
  • 一度でいい。でもね、できない。ケルン大聖堂の中である。このような規模になると、ミサも大変だろう。上から見ると十字架の形(身廊と翼廊)になっている所の中央に設けられているものがある。そう、中央に説教台があるのだ。階段を登った武1段高い所に... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ322…ケルン
  • そう、結構そのままのことってある。この間(かん)ケルンのことばかり書いている。旅行で撮った写真を見返すと調べないでおいたままのものもある。ケルンでは、ドイツ鉄道を挟んで反対側のホテルに泊まった。アパーテル・アム・ドムだ。余計な装飾がない... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ321…ケルン
  • そう、ケルン大聖堂の南側の建物にあった。エデンホテルの屋根だ。白い建物の屋根の角に立っている。朝の散歩をしていてふと気づいたのだ。あんな高い所に誰かたっている。何しているんだろう。大きな体だなあと思いながら近づく。写真はレタッチ... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ320…ケルン
  • またまた、ケルン大聖堂がらみである。大聖堂の中を見て回り、今度は外側を見ることにした。何か通路があるぞ。建物の外に何かの入り口がある。こういうのを見ると引き寄せられてしまうゆきたんくである。あっ、大聖堂の下には聖人の墓があるのかな・... [続きを読む]
  • 旅の楽しみ319…ケルン
  • 祭壇前の出来事だ。祭壇って何だ?でしょうね。教会にあるのです。これです。祭壇ケルン大聖堂の中を歩いていた。ゆきたんく得意の朝散歩である。大聖堂の扉がいくつか開いていて、何人もの一般人(教会の人に対して)が歩いていた。写真を撮り... [続きを読む]
  • 大田区のフェスタ
  • ゆきたんくの故郷は東京都品川区だ。お隣の港区へは自転車暴走族で東京タワーに行ったり、大田区へも自転車暴走族で平和島界隈には出かけていた。友人からのお誘いである。太田区のOTAふれあいフェスタ2017で、甘納豆店販売コーナーが設けられるという話だ。... [続きを読む]