なべさん さん プロフィール

  •  
なべさんさん: 北海道へ行こう!
ハンドル名なべさん さん
ブログタイトル北海道へ行こう!
ブログURLhttps://usiuri.blog.fc2.com/
サイト紹介文これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/10/31 21:55

なべさん さんのブログ記事

  • 迷惑な設定・・・
  • 昨年このブログで「セキュリティが強化されるシステム」だということで飛びついた「ブログのSSL化」で地味に苦労したという話を載せました。他の方のブログを拝見すると今でも「SSL化」されているのはごくわずか・・(SSL化されたブログはアドレスがhttpsとなるのでわかります)やはり勇み足だったかなと思います。しかも私のように知識のない素人が行うといろいろと苦労します。かなり解決してきましたが、例えば、IEでブロ [続きを読む]
  • さすが厳重警備
  • 前回紹介しましたが、今では京都御所は常時見学できます。でもそれだけに警備はかなり厳しいです。入場するときに手荷物検査があり、見学中は番号札を首にぶら下げておかないといけません。御所内のいたるところに職員がいて見学者の様子を見ています。外も黒塗りのパトカーが巡回し不審物をチェックしています。実際に天皇や皇族がお住まいではないのに厳重な警備です。天皇退位後にぜひ京都にお住まいをという話もありますが、そ [続きを読む]
  • 今では常時公開
  • 京都御所はかつては見学するのに事前の申し込みが必要でしたが、今では常時見学することができます。承明門から見た紫宸殿です。紫宸殿は御所の中で最も格式の高い正殿です。清涼殿 平安時代以降、天皇の日常のお住まいとして定着した場所で天正以降は儀式の場として使われました。手前の小御所と奥の御学問所 御学問所で王政復古の大号令が発せられました。御池庭 回遊式庭園です御常御殿 清涼殿から独立した天皇のお住まいで [続きを読む]
  • 回転寿し「和楽」
  • 回転寿し和楽小樽店へ行きました。場所は小樽の一番観光客の多い堺町です。もちろんかなり混んでました。前回紹介した網走の回転寿しとは違います。500円割引券を持っていたという理由で、いくつかある回転寿しのお店の中でもこの和楽へ行きました。店内の増毛産の表示につられてタコを注文左がたこの握りで右がたこわさび軍艦です。コリコリした食感がおいしかったです。混んでいたためか品切れになっているネタもあって、贅沢し [続きを読む]
  • 回転寿司「ビッグサン」
  • 網走の回転寿司ビッグサンに行きました。網走駅からはかなり離れており、潮見台という高台にあります。網走は網走監獄博物館などのある天都山以外は観光客は少ないです。実際にこの店も空いていました。網走産のハマチとサメガレイズワイガニと炙りホタテ北海道でも観光地の回転寿司は人が多くネタも品切れのこともありますが、その点網走の回転寿司はよかったです。ちなみにこのビッグサンはほかに鮨ダイニング「月」や鮨Dining「 [続きを読む]
  • 網走駅の行く末は
  • JR網走駅は網走川でできた河岸段丘の端にあるため高い場所にあります。駅前の階段はそのためにあります。この縦書きの看板にはかつて網走刑務所から出所してくる受刑者が「もう二度と横道に反れないように」という旧国鉄時代の駅長の願いが込められていると以前テレビ番組で紹介されていました。人気の駅弁はモリヤ商店のかにめし弁当です。以前はこの電話ボックスはアイヌ玩具の二ポポを模したものでしたが、今はクリオネに代わっ [続きを読む]
  • 阪急考案の初詣かな?
  • 初詣で三福まいりに出かけました。三福まいりとは門戸厄神・清荒神・中山寺の三カ所を言うそうです。門戸厄神(阪急門戸厄神駅 西宮市) 弘法大師が開祖で厄除け・無病息災にご利益があるとされています清荒神(阪急清荒神駅 宝塚市) 本堂に大日如来、天堂に台所・火の神の三宝荒神王を祀っています中山寺(阪急中山観音駅 宝塚市) 聖徳太子の創建といわれ最古の観音霊場として知られていますここの五重塔は最近再建されま [続きを読む]
  • ヒマも楽し
  • 新日本海フェリーの船旅は外国にいくような船旅よりは短いとはいえ20時間はかかります。ですから乗客を飽きさせないよう船内でのイベントも企画されています。例えばビンゴ大会。1等は船内での2000円券であとはクッキーや500円券から絵はがきまでいろいろと賞品が用意されています。今回は乗船客が少なかったこともあってか、オリジナルクリアホルダーが当たりました。コンベンションルームでは映画が1日2本上映されま [続きを読む]
  • 新しいフェリー
  • 新年に合わせて「新」の話から・・新日本海フェリーの敦賀−苫小牧航路の「すずらん」「すいせん」は2012年就航の新しい船です。しかもこの船のステートAという船室が、私の利用するパッケージ商品だと舞鶴−小樽航路のステートB船室と同じ料金ということもあり、今回は敦賀−苫小牧航路を往復で利用しました。部屋の鍵は下のようにカードキーで、ツインだと2枚もらえます。夫婦が別々に動くときに助かります。舞鶴−小樽航路だと [続きを読む]
  • おめでとうワン!
  • 明けましておめでとうございます今年は戌年なのでワンちゃんの写真でスタートです。安曇野で出会った看板犬のピレネー 風格がありました。知人宅のラブラトールレトリバーのライムちゃん 目がくりっとしたビジュアル系知人宅の柴犬のロンくん カメラを構えると寄ってくるのでいつもピンボケ今年の9月でこのブログも丸10年を迎えます。今年もよろしくお願いします!にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 当選話で締め
  • 前回、岡豊城のブログの最後に「JR四国のお城スタンプラリーのためにこの城には行った」と書きましたが、その後しばらくしてJR四国から当選の賞品が届きました。封筒を開けてみると・・表紙も見出し以外は英文ですし、よくわからないまま取り出して部品らしきものを並べてみました。どうやらペーパークラフトのようです。英語で書かれた組立図の絵を見て5分で完成!正面から見ると玉藻城(高松城)です。なかなかいい感じです [続きを読む]
  • マイナー岡豊城
  • 高知県立歴史民俗資料館は、高知県南国市にあります。高知県の歴史などの調査研究や展示の機関として1991年に開館されました。展示内容はおもにこのあたりを治めた戦国大名の長宗我部氏に関するものです。展示物は撮影禁止ですがこの本陣だけはOKでした。この資料館の建物は長宗我部氏の居城であった岡豊(おこう)城の跡地にあり、周辺は県指定の歴史公園となっています。写真はその城跡です。2015年には玄関前に『長宗我部元親 [続きを読む]
  • ホワイトアウト体験
  • 北海道が爆弾低気圧で大変なことになっています。このようなニュースを聞くたびに、自分も網走で暴風雪に遭遇し、怖い思いをしたことを思い出します。今から10年ほど前のちょうど同じ時期でした。女満別空港→網走(泊)→美幌峠→屈斜路湖→養老牛温泉(泊)→女満別空港という2泊3日の行程で北海道に行きました。女満別空港に着き、レンタカーを借りて移動しました。1日目は穏やかでした。網走市内で買い物をし、カニを食べ [続きを読む]
  • 2年連続網走で泊まったホテル
  • 網走にあるドーミーイン網走に2年連続泊まりました。今回はありがたいことに前回の宿泊時にはなかったコンパクトツインという部屋の設定があったので迷わずこの部屋に泊まりました。2016年にオープンした新しいホテルなので設備も最新です。うちにとってありがたいのはコインランドリーの使用状況が部屋のテレビで確認できることです。ちなみに下の写真の赤い使用中はうちの洗濯中です。同じくレストランや浴場の混み具合も確認で [続きを読む]
  • 北の屋台と十勝乃長屋
  • 帯広に「北の屋台」が出来たのは2001年です。今では全国に屋台村がありますがここが先駆けではないでしょうか。それに対して「十勝乃長屋」が出来たのは2010年です。「北の屋台」のすぐ前です。今回は入った店は「十勝乃長屋」の「てんかつ」という店です。店の前に大きく「新得そば」とのぼりが出ていたのでざるそばを注文しましたが、どうも天ぷらメインのお店だったみたいです。両方合わせてたくさんの店があるのでどこに入るの [続きを読む]
  • 1位じゃないとダメですか・・
  • 有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな世界一の高さとなる生木のクリスマスツリーが神戸メリケンパークに現れました。「世界一」というのは「生木のクリスマスツリーとして根鉢を含めた鉢底から葉頂点までの植物体の全長が世界一」という定義だそうです。それなら植木鉢部分の高さで何とでもなるという気もしますが・・ちなみに植木鉢部分に上がることができますが「入場料500円」必要 [続きを読む]
  • 年々大きくなる
  • 大阪の梅田界隈もクリスマス一色です。ちゃやまちアブローズタワーのツリーです。高さは約10mあります。阪急電車で梅田駅に着く直前に見えます(ビルの中なので意識して見ていないとわからないでしょうが・・)「梅田スノーマンフェスティバル2017」梅田のあちこち(62カ所)にスノーマンスポットがあります。下の写真はディアモール大阪のツリーとスノーマンです。「グランフロント大阪のツリー『Red Rose Blossom』」赤をテ [続きを読む]
  • やはりスパカツでしょう
  • 釧路にあるレストラン泉屋です。ここの名物は今や釧路のご当地グルメとなった「スパカツ」です。熱々の鉄板皿にスパゲティとトンカツをのせ、濃厚なミートソースをたっぷりかけたものです。とにかく熱いので麺がおこげのような状態になります。食べても食べても減らないくらいの量です。泉屋=スパカツという印象はありますが、スパゲティを玉子焼きで包んだピカタも人気みたいです。でもいつでも行けるわけではない旅行者の私はや [続きを読む]
  • 乗船前に「なごみの湯」
  • 苫小牧にある天然温泉「なごみの湯」です。北海道旅行が終わって苫小牧東港からフェリーで帰る日、出港時間が夜遅いのでそれまでに入浴してさっぱりするのに利用しました。風呂からあがった後もくつろげますし、自分にとっては立地も含めてありがたい施設です。入浴料はタオル代込みで850円です。ちなみに小樽港から帰る時は「湯の花」手宮殿・朝里殿を利用しています。フェリー利用者にとって港近くの安い日帰り温泉はありがた [続きを読む]
  • 建造物の正体
  • 神戸市にある大倉山公園です。明治43年に当時の大実業家大倉喜八郎の別荘であった土地の寄贈を受けて整備されたそうです。その公園内にピラミッドのような謎の建造物があります。フェンスで囲まれているのがさらに謎を深めます。独特の雰囲気に思わずシャッターを切りました。この建造物の正体が新聞に載っていました。初代兵庫県知事の伊藤博文の銅像の台座です。銅像そのものは第2次世界大戦時の金属供出でなくなったそうです。 [続きを読む]
  • 回転寿し「クリッパー」も苫小牧
  • 旅行の最終日に寄った店は苫小牧の回転寿し「クリッパー」です。前回紹介した回転寿し「旬楽」もここと同じ系列店で、いずれも苫小牧を中心に展開しているチェーン店です。行ったときは期間限定で北海道産甘えびが前面に出ていました。ということで甘えび三昧を注文。三貫それぞれ山わさび、柚胡椒、わさびと違った味が楽しめました。また回転寿し「旬楽」もそうでしたが、やはりなぜかだし巻玉子230円を推していました。北海道旅 [続きを読む]
  • 回転寿し「旬楽」
  • 苫小牧で入った回転寿司のお店が「回転寿し旬楽」苫小牧柳町店です。店内は広く、カウンター席・ボックス席ともにかなりあります。ネタの注文は紙に書いてもできますが、すぐ目の前に店員さんがいましたので次々と口頭でお願いしました。下の写真はとくにおいしかった「炙りホタテ」気になったのは「特製だし巻玉子」 キャッチコピーが「世界で一番有名なだし巻玉子」です。270円しますが何か有名なら食べないといけないような [続きを読む]
  • ひるミナリエ!?
  • 『神戸ルミナリエ』は阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂のため、地震のあった1996年12月から始まったイベントで、今年で23回目を迎えました。当時はイルミネーションによるイベントは珍しく、私も20年前に訪れましたが大混雑でした。今でも多くの人がやって来るので、行きたいものの敬遠しています。だからというわけではないのですが、人のいない昼間に行きました。たぶん点灯時は通り抜けるのに1時間くらいかかる距離をあっという [続きを読む]
  • 対岸から見たら「二ツ岩」
  • 能取岬から網走市街に向かう途中に二ツ岩があります。二ツ岩と言っても、下の写真のように岩の近くでは2つあることはまったくわかりません。でもこの岩の向こうにもうひとつ大きな岩があります。下の写真は対岸の網走港あたりから望遠レンズで撮ったものです。確かに2つの岩が突き出ています。この二ツ岩にも前回ご紹介したトーチカ跡があるとのことです。上の写真に写っている二ツ岩近くの白い建物はホテルです。かつてはこのあ [続きを読む]
  • 網走トーチカ跡
  • トーチカというのは旧日本軍が日本の沿岸に築いた鉄筋コンクリート製の防御陣地のことです。アメリカ軍が上陸してくると予想された場所に築かれ、網走市内には全部で8基のトーチカが確認されています。そのひとつは網走港の入口にある帽子岩です。この岩の下のあたりにあるのがトーチカ跡です。さらには網走原生牧場観光センターの敷地内にあります。上の写真のレストラン裏に残存しています。トーチカの脇には「旧日本軍トーチカ [続きを読む]