なべさん さん プロフィール

  •  
なべさんさん: 北海道へ行こう!
ハンドル名なべさん さん
ブログタイトル北海道へ行こう!
ブログURLhttps://usiuri.blog.fc2.com/
サイト紹介文これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2008/10/31 21:55

なべさん さんのブログ記事

  • 北海道暮らしフェアへ行きました
  • 今年も「北海道暮らしフェア」に行きました。北海道への移住を考えている人が道内の各自治体の説明を聞けるイベントです。10月14日名古屋、10月15日大阪で開催され、さらに11月11日には東京で開催されます。私が参加した大阪会場は昨年と同様京セラドームが会場でした。北海道のいろいろな情報が収集できるので、移住を考えている人はもちろんのこと、旅行などで頻繁に訪れる人にも有益です。事前に届いた招待状を持参すると先着10 [続きを読む]
  • 釧路発祥の地
  • 釧路発祥の地である米町の高台に米町公園があります。公園のシンボルは灯台をモチーフにした展望台です。展望台からは釧路港を眼下に見下ろすことができます。このときは霧でしたが・・晴れた日には摩周岳や斜里岳、日高山脈の山々を見渡すこともできるそうです。場所は釧路駅から車で10分くらいの住宅街の中です。この辺りが釧路発祥地だそうです。ここまで偉そうに書いていながら「発祥の地」の意味はよくわかっていません。自 [続きを読む]
  • SSL化はストレス・・
  • しばらく前から「ブログのSSL化」という言葉を耳にするようになり、調べるとセキュリティが強化されるシステムだとか・・自分は趣味程度でやってるブログなので関係ないと思っていましたが、数日前にFC2ブログの管理画面に「SSL化対応につきまして【重要】」というお知らせがあり読みました。すると「環境設定→ブログの設定→SSL設定」とすごく簡単な気配・・それでやってみました。数秒でアドレスもhttp:からhttps: [続きを読む]
  • 標津サーモン科学館
  • 標津サーモン科学館です。知床半島の付け根の標津川河口付近にあります。基本的にはその名の通りサケの水族館ですが、サケ以外にも幻の魚イトウなどいろいろな種類の魚がいます。そして少し変わった体験もできます。下の写真はチョウザメに指を噛んでもらう体験です。噛むと言ってもチョウザメは歯がないので大丈夫だそうです。としてもサメの名前が付いていると少しおっかない・・1枚目の写真にも写っていますがここには高い展望 [続きを読む]
  • 夢コスモス園
  • 京都府亀岡市で開催中の「夢コスモス園」へ行ってきました。約4haの畑に20品種約800万本のコスモスが咲いています。関西では最大級のコスモス畑です。ここでは訪れる人を楽しませるイベントが多く用意されています。創作かかしコンテストは、投票者から抽選で亀岡の特産品が当たるというので投票してきました。コンテスト以外でもマツコデラックス、ブルゾンちえみ、タモリなどのタレントかかしが何とも和やかな空気を出し [続きを読む]
  • 別海の新酪農村展望台
  • 前回紹介した浜中町の茶内酪農展望台に対して、別海町にあるのは新酪農展望台です。下の写真のように鉄製の簡素な展望台です。道東の大地にありますので展望は抜群です。残念ながらこの時は曇天でした。この簡易な作りゆえ一番上まで上ると少し揺れます。なかなかスリリングな展望台です。茶内酪農展望台が国道沿いのわかりやすい場所にあるのに対し、新酪農展望台はわかりにくい場所です。私の場合ここへ行くまでに車のナビにも出 [続きを読む]
  • 浜中の酪農展望台
  • 浜中町にある茶内酪農展望台です。この酪農展望台からは美しく広がる緑の牧場風景が広がります。晴れていれば遠く知床連山も見ることができるようですが、この日はご覧のように無理でした。場所は釧路と根室を結ぶ国道44号線沿いでわかりやすい場所です。よろしければドライブの途中に休憩がてらお立ち寄りください。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 時計台より可哀想な名所
  • 高知にある「はりまや橋」です。20年ほど前に朱色の欄干から石造りの橋にリニューアルされました。さらに「はりまや橋公園」を整備する際に歴代のはりまや橋が復元され、橋の下には人工の水路が設置されました。訪れたときは「歴代の橋」があることに気づかず、朱色の目立った橋のみ写真に撮りました。「はりまや橋」は「よさこい節」の中で「土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うを見た」という歌詞で出てきたのが名所のき [続きを読む]
  • 市役所展望階のメリットは
  • 前回紹介した札幌市役所展望回廊は4月頃〜10月頃の期間に開放されています。景色が見えるのは基本的に南北方向のみですし、高さもJRタワー展望室(札幌市役所:地上19階建・高さ78m JRタワー:地上38階建・高さ160m)とは比べ物になりません。また屋根がないので天候の影響をもろに受けますが、無料開放ですので贅沢はいえません。南方向にはすぐ目の前にさっぽろテレビ塔があり、さらには札幌ドームや恵庭岳の [続きを読む]
  • 時計台を真上から
  • 下の写真で札幌時計台の右横に建っているビルは札幌市役所です。ここの最上階が展望デッキになっていると聞いて3月に行きましたが冬期閉鎖中でした。そこで今度は改めて8月に行きました。ここからだと札幌時計台を真上からに近い状態で見下ろせます。この角度から時計台を眺めるのもなかなか貴重な経験です。ただあまり風情はあるとはいえないような・・・そして周りの高いビルに囲まれて窮屈そうになっている様子もよくわかりま [続きを読む]
  • 大阪城は地下深くに
  • 現在の大阪城天守は昭和になって再建されましたが、これは徳川が建てた大阪城で豊臣秀吉の大阪城ではありません。豊臣秀吉の大阪城は少し違う場所にあり、大坂の陣後に徳川によって破壊され、石垣とともに地中深く埋められました。大きな規模の石垣ごと地中に埋めたあたり、豊臣のシンボルを完全に消そうとした徳川の強いこだわりを伺い知ることができます。埋められた秀吉時代の石垣は、1959年の調査で本丸地下から一部が発見 [続きを読む]
  • 最北ヴォーリズ建築
  • 北見市にあるピアソン記念館です。大正3年に建てられたアメリカ人宣教師ピアソン夫妻の私邸を記念館として復元したものです。一階の床板などは新しくしたものの、ほとんどは当時のままで、場所もそのままだそうです。ただ当時はこのあたり一帯が敷地だったそうですが、現在は周りは公園として残されているものの規模は大幅に小さくなっているとのことです。以前から北見で最も古い洋館ということはわかってはいましたが設計者は不 [続きを読む]
  • 北見を支えた産業
  • 北海道の北見ハッカは、明治後半から生産が始まり、全盛期の昭和初期には世界ハッカ市場の約70%を占めるまでに成長しました。しかしその後は輸入ハッカと合成ハッカに押され北見のハッカ産業は衰退しました。そんな北見のハッカの歴史を伝えるために、ホクレンから寄贈された旧薄荷工場が1986年北見ハッカ記念館としてオープンしました。ちなみにこの建物の前で栽培されているのはハッカです。さらに2002年に隣に薄荷蒸溜館が併設 [続きを読む]
  • さか枝うどん
  • 高松にある「さか枝うどん 南新町店」です。場所は瓦町という高松でもにぎやかな商店街の中にあります。高松のさぬきうどんの店は昼過ぎで閉まってしまうところが多いですがここは午後6時まで開いています。(それでも6時です)カウンターで注文してうどんを受け取り、天ぷらを好みで乗せて会計というセルフ方式です。(自分で湯切りをするわけではありません)閉店直前ですいていたこともあったのか、わざわざちくわの磯部揚げ [続きを読む]
  • 十勝牧場で初青空
  • 帯広の北の音更町にある十勝牧場です。ここはきれいな白樺並木で有名です。ドラマのロケでもよく使われる場所です。これまで何度か訪れましたが青空に恵まれることがありませんでした。この日は快晴でしたので寄ってみました。やはり白樺並木と青空は絵になります。牧場の中をさらに数キロ走ると十勝牧場展望台に出ます。この日は以前行ったことと快晴の白樺並木で十分満足でしたので行きませんでしたが、一度は見ておく値打ちはあ [続きを読む]
  • おすすめの平凡喫茶
  • 京都の老舗パン屋の進々堂寺町店です。ここの雑穀パンのモーニングおいしかったです。しかしこの店はガイドブックやネットにも出ているようで、外国人観光客が多く、その子どもが大声を出して床に寝ころぶなど落ち着いた雰囲気とはほど遠いものでした。少しがっかり・・それに対して、京都御苑南の烏丸通り沿い京都商工会議所ビル1階の「ワールドコーヒー」という店はおすすめです。京都市内に何店舗かあるチェーン店ですが、この [続きを読む]
  • 駅と駅逓は別物
  • 駅逓所(えきていしょ)とは鉄道がない北海道開拓の時代に旅人に宿や馬を提供する施設で、多いときには道内に200か所以上あったそうです。昭和初期に制度が廃止された後、取り壊されるなどして、現存しているものは数か所のみです。そのひとつが別海町の奥行臼駅逓所です。ほとんど当時のまま残されています。ここは内部の見学もできます。一見の価値ありです。駅逓と鉄道の駅とは別施設です。駅逓は私の理解としては「道の駅」 [続きを読む]
  • 旧奥行臼駅ひっそり
  • 昭和8年標津線開通と同時に奥行臼駅ができました。 しかし自動車の普及によって平成元年4月標津線は廃止となり、奥行臼駅も56年間の歴史に幕を閉じました。別海町は標津線の足跡を残す歴史的建造物として、奥行臼駅のホーム、詰所、石炭小屋などの施設を文化財に指定しました。また撤去されていたレールを新たに敷設するなど、路線廃止以前に近い形で復元され公開されています。復元されている部分もあるとはいえ、まったく当時の [続きを読む]
  • 本気の子ども競馬
  • 夏のうらかわ馬フェスタのイベントの中で子どもが騎乗する競馬が行われていました。といっても観光牧場などでやっている引馬などではなく本気のレースです。その名も「全国ポニー競馬選手権ジョッキーベイビーズ北海道地区予選」それでも小さなポニーに小学生が騎乗している様子は何ともかわいらしく、漫画のマキバオーに菅助くんが乗っているようです。優勝したのは小学6年の高橋君でJRAのホームページにも載っています。全国 [続きを読む]
  • 中之島モダン建築
  • 複雑に入り組んだ大阪の土佐堀川と堂島川にはさまれた中洲部分が中之島です。このあたりには大阪市役所もあり大阪行政の中心です。なので、この周辺には戦前に建築されたモダン建築も多く残っています。大阪証券取引所昭和10年建築。12年前に全面改装されましたが、円筒形の旧市場館と外壁は残されました。大阪市中央公会堂大正7年建築。16年前に復元改修が行われました。国の重要文化財です。大阪府立中之島図書館住友家の寄付 [続きを読む]
  • ケーキセットがすごい!
  • 北菓楼砂川本店の喫茶室です。ここのケーキセットはハンパなくすごいです!好きなケーキ1個(真ん中のスノーマウンテン)とシフォンケーキ(手前左)とソフトクリームが1プレートに乗ってきます。それにドリンクが付いてたったの税込617円!北菓楼自慢のケーキセットだけあってすごいです。ここへ来てこれを注文しないと損したみたいな気分になります。 にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 北菓楼の砂川本店
  • 北菓楼砂川本店はあの日本一の直線道路の国道12号線沿いにあります。2016年に札幌本館がオープンしましたが、この砂川の店が北菓楼の本店です。店の横のオープンカフェには、噴水や鐘などがあり、癒しのスペースになっています。建物そのものは札幌本館が見応えがありますが、本店はまわりの庭に力を入れています。訪れたときは「北菓楼の森」も制作中でした。場所は道央道砂川SAのスマートICで降りるとすぐの場所です。にほ [続きを読む]
  • 池田城跡公園
  • 大阪府池田市にある池田城跡公園です。池田城は室町から戦国時代にかけ池田周辺を支配していた豪族池田氏の居城です。ただ写真の天守は忠実に再建されたものでなく、いわゆる「模擬天守」です。天守からの眺めです。五月山を借景とした池泉回遊式庭園は見事です。総工費63億円をかけ2000年にオープンしたそうです。公園に入ってこの「模擬天守」を見た瞬間は何となく京都の銀閣を連想しました。入場は無料ですので近くの方はぜひど [続きを読む]
  • 清里のさくらの滝
  • 清里町にある「さくらの滝」です。この滝では7月から8月にかけてサクラマスが滝越えのジャンプを見せてくれます。私は3度目ですが、今回はジャンプするサクラマスの数が少なかったです。下の写真は前回来た時のものです。いっぱい飛んでいてシャッターを押しさえすればサクラマスの姿をとらえることができました。ちなみにこの滝は昔海底であったころの砂岩が崩れてできた滝だそうです。このサクラマスを狙ってヒグマもよく来る [続きを読む]
  • 芦別の三段滝
  • 芦別市にある三段滝です。わざわざここへ行くつもりはなくとも道央道三笠インターから富良野方面に行くときにここを通ります。このときは大雨の後ということで水量が多くかなりの迫力でした。ちなみに下の写真は3年前の同時期です。明らかに水量が違います。崖の上に展望スペースが設けられていますがこれがけっこう傾いていてコワイ。写真ではそれが伝わっていませんが・・正直ここを目当てに行くような滝ではないですが、国道沿 [続きを読む]