なべさん さん プロフィール

  •  
なべさんさん: 北海道へ行こう!
ハンドル名なべさん さん
ブログタイトル北海道へ行こう!
ブログURLhttps://usiuri.blog.fc2.com/
サイト紹介文これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2008/10/31 21:55

なべさん さんのブログ記事

  • ドーミーイン帯広
  • ドーミーイン帯広には初めて泊まりました。六花亭本店の目の前にあります。帯広のホテルも年々値段が上がっていってますので、2人で11000円というのは安い方です。しかし、残念ながら、すでに今の段階で来夏の宿泊料金は上がっています。それが今のビジネスホテルの傾向です・・宿泊した部屋からの景色です。帯広の市街地のホテルですから眺望は望みません。帯広にはばんえい競馬、豚丼、六花亭や柳月、自然や庭園など楽しめるポ [続きを読む]
  • 最後のサクサクパイ
  • 帯広の六花亭本店です。宿泊したホテルのすぐ目の前でしたのでチェックイン後に立ち寄りました。時間も遅かったので店内も人はまばらでした。お気に入りの本店名物サクサクパイはもうないだろうとあきらめていたらラッキーにも最後の1個が残っていました。イートインコーナーで無料のコーヒーとともにいただきました。ちなみに本店の駐車場は狭いです。ですから自動車の場合はすぐ近くの西三条店がおすすめです。にほんブログ村人 [続きを読む]
  • 北海道限定の三大がっかり名所
  • 三大○○の話が続いて恐縮です・・少し前に話しましたが、日本三大がっかり名所は「札幌時計台・高知のはりまや橋・沖縄の守礼門または長崎のオランダ坂」です。それに対して一部で語られる「北海道限定の三大がっかり名所」というのもあります。まずは「札幌時計台」日本の三大がっかり名所に入っているくらいだから無理ありません。広大な原野の中に建っていると思い込んでいることからくる「がっかり」だと思います。次に「函館 [続きを読む]
  • 2つだけでも三大○○
  • 日本三大土塀、日本三大燈籠の話をしましたが、日本三大大仏というのもあります。この話は以前にも書いたことがあるのですが、少し事情が複雑です。というのも奈良の大仏と鎌倉の大仏は誰が考えても日本三大大仏に入ります。ところが、あとのひとつが決まりません。江戸時代までは京都の方広寺の大仏でした。大阪冬の陣のきっかけになった鐘のあるあの方広寺です。ただ大仏は現存はしておらず、今は下の写真のように大仏殿跡地を知 [続きを読む]
  • 日本三大燈籠というのもある
  • 名古屋の熱田神宮にある佐久間燈籠です。写真ではわかりにくいですが、高さが8mもある大燈籠です。前々回に紹介しましたように熱田神宮には日本三大土塀がありますが、さらにこの燈籠が「日本三大燈籠」のひとつとのことです。あとの2つの燈籠は京都の南禅寺と上野東照宮にあるようです。このうち京都の南禅寺には何度も行っています。しかし、そのような燈籠の存在に気が付きませんでした。そこで興味が出て、改めて行ってみま [続きを読む]
  • 流氷初日に思うこと
  • 1月29日朝日新聞朝刊に「流氷初日」の記事が出ていました。「流氷初日」は岸から見て流氷が確認できた初日のことで、流氷が岸に着くと「流氷接岸初日」となります。実は2009年2月にも私はこのブログで流氷の話を書いています。そのときの記事の中に『流氷の量の減少は著しいみたいですね。私は一度も見たことがないので、今のうちに見ておいた方がいいかもしれません。』というようなことを書いています。同じ日の夕刊に十 [続きを読む]
  • 日本三大土塀というのがある
  • 名古屋の熱田神宮に行ったときにあったのが信長塀という土塀です。織田信長が桶狭間の戦いの前にここへ参拝し、勝利した御礼として奉納したといわれています。案内板にはこの土塀は「日本三大土塀」のひとつで、あとの2つは京都・三十三間堂の太閤塀と兵庫・西宮神社の大練塀だと書いてありました。残りの2つの土塀は比較的家の近くなので、その後それぞれを見に行きました。京都の三十三間堂の太閤塀です。豊臣秀吉によって南大 [続きを読む]
  • タレ屋さんの豚丼
  • 十勝豚丼「いっぴん」帯広本店へ行ったのは3回目です。あの豚丼やジンギスカンのたれなどで有名な「ソラチ」が出しているお店です。豚肉はロース肉を炭火で焼き、何度もたれを重ね塗りしていますので、とてもおいしいです!上の写真は肉は多め、ご飯ふつうの「特盛豚丼」です。下の写真のメニュー表のように、豚肉やご飯の量によってメニューはいろいろあります。お店はいつも混んでいますので開店(11時)直後をおすすめします。 [続きを読む]
  • 世界一になった「北の天文字焼き」
  • 道北の名寄市で、恒例の「北の天文字焼き」が2月10日(土)に行われます。1989年に始まり今回で28回目となります。上のポスターにも掲載されていますように、昨年は『「大きさ日本一」から「大きさ世界一」へギネス世界記録に挑戦』と銘打ち見事認定!(燃焼装置の数が270個で認定)詳しくは公式サイト(← )を ご参照ください。下の写真は2017 フォトコンテスト最優秀賞の今田明美さんの写真です。2年前に事務局の方 [続きを読む]
  • かすみ目になる絵
  • 大阪の地下鉄西梅田駅に1枚の絵が展示してあります。この絵は西梅田駅の駅員さんが描かれたたものですが、普通の点描画ではありません。実は自動改札で切符に穴を開けたときにでる小さな丸い紙片を貼って描かれているのです。使われた切符片は何と17万4千枚!アップで撮るとそのすごさがわかります。そもそもこの駅員さんは2015年の地下鉄四つ橋線開通50周年のときに、それを記念して当時このような絵を描かれています。下の [続きを読む]
  • 別物でも満足!
  • 前回描きましたように昼食に予定していた「浦河かつめし」を断念し、乗馬予約しているうらかわ優駿ビレッジAERUにやって来ました。食べ損ねた昼食はここのレストランで適当に食べるつもりでした。それでメニューを見ていると浦河かつめしと似たような「北の大地の夢のかつめし丼」というのを見つけ、思わず注文しました。メニューの説明を改めて確認すると、これは「浦河かつめし」とは別物で、日高のトンカツ情報誌「ポークシイ」 [続きを読む]
  • 「浦河かつめし」と縁がなかった
  • 昨夏浦河に行く前に下調べをしていたら「浦河かつめし」なるものを見つけました。何となく味の想像はつきましたが、せっかくだから食べておこうと思い、提供している3店をリストアップしてから行きました。とりあえず行った店が「かど天」 ところが閉まっていました。定休日でも開店前でもなかったはずなのですが・・次に行ったのが「松山」 ここは団体の予約が入ったいるらしく断られ・・最後に行ったのが「きむら屋」 ここは [続きを読む]
  • 迷惑な設定・・・
  • 昨年このブログで「セキュリティが強化されるシステム」だということで飛びついた「ブログのSSL化」で地味に苦労したという話を載せました。他の方のブログを拝見すると今でも「SSL化」されているのはごくわずか・・(SSL化されたブログはアドレスがhttpsとなるのでわかります)やはり勇み足だったかなと思います。しかも私のように知識のない素人が行うといろいろと苦労します。かなり解決してきましたが、例えば、IEでブロ [続きを読む]
  • さすが厳重警備
  • 前回紹介しましたが、今では京都御所は常時見学できます。でもそれだけに警備はかなり厳しいです。入場するときに手荷物検査があり、見学中は番号札を首にぶら下げておかないといけません。御所内のいたるところに職員がいて見学者の様子を見ています。外も黒塗りのパトカーが巡回し不審物をチェックしています。実際に天皇や皇族がお住まいではないのに厳重な警備です。天皇退位後にぜひ京都にお住まいをという話もありますが、そ [続きを読む]
  • 今では常時公開
  • 京都御所はかつては見学するのに事前の申し込みが必要でしたが、今では常時見学することができます。承明門から見た紫宸殿です。紫宸殿は御所の中で最も格式の高い正殿です。清涼殿 平安時代以降、天皇の日常のお住まいとして定着した場所で天正以降は儀式の場として使われました。手前の小御所と奥の御学問所 御学問所で王政復古の大号令が発せられました。御池庭 回遊式庭園です御常御殿 清涼殿から独立した天皇のお住まいで [続きを読む]
  • 回転寿し「和楽」
  • 回転寿し和楽小樽店へ行きました。場所は小樽の一番観光客の多い堺町です。もちろんかなり混んでました。前回紹介した網走の回転寿しとは違います。500円割引券を持っていたという理由で、いくつかある回転寿しのお店の中でもこの和楽へ行きました。店内の増毛産の表示につられてタコを注文左がたこの握りで右がたこわさび軍艦です。コリコリした食感がおいしかったです。混んでいたためか品切れになっているネタもあって、贅沢し [続きを読む]
  • 回転寿司「ビッグサン」
  • 網走の回転寿司ビッグサンに行きました。網走駅からはかなり離れており、潮見台という高台にあります。網走は網走監獄博物館などのある天都山以外は観光客は少ないです。実際にこの店も空いていました。網走産のハマチとサメガレイズワイガニと炙りホタテ北海道でも観光地の回転寿司は人が多くネタも品切れのこともありますが、その点網走の回転寿司はよかったです。ちなみにこのビッグサンはほかに鮨ダイニング「月」や鮨Dining「 [続きを読む]
  • 網走駅の行く末は
  • JR網走駅は網走川でできた河岸段丘の端にあるため高い場所にあります。駅前の階段はそのためにあります。この縦書きの看板にはかつて網走刑務所から出所してくる受刑者が「もう二度と横道に反れないように」という旧国鉄時代の駅長の願いが込められていると以前テレビ番組で紹介されていました。人気の駅弁はモリヤ商店のかにめし弁当です。以前はこの電話ボックスはアイヌ玩具の二ポポを模したものでしたが、今はクリオネに代わっ [続きを読む]
  • 阪急考案の初詣かな?
  • 初詣で三福まいりに出かけました。三福まいりとは門戸厄神・清荒神・中山寺の三カ所を言うそうです。門戸厄神(阪急門戸厄神駅 西宮市) 弘法大師が開祖で厄除け・無病息災にご利益があるとされています清荒神(阪急清荒神駅 宝塚市) 本堂に大日如来、天堂に台所・火の神の三宝荒神王を祀っています中山寺(阪急中山観音駅 宝塚市) 聖徳太子の創建といわれ最古の観音霊場として知られていますここの五重塔は最近再建されま [続きを読む]
  • ヒマも楽し
  • 新日本海フェリーの船旅は外国にいくような船旅よりは短いとはいえ20時間はかかります。ですから乗客を飽きさせないよう船内でのイベントも企画されています。例えばビンゴ大会。1等は船内での2000円券であとはクッキーや500円券から絵はがきまでいろいろと賞品が用意されています。今回は乗船客が少なかったこともあってか、オリジナルクリアホルダーが当たりました。コンベンションルームでは映画が1日2本上映されま [続きを読む]
  • 新しいフェリー
  • 新年に合わせて「新」の話から・・新日本海フェリーの敦賀−苫小牧航路の「すずらん」「すいせん」は2012年就航の新しい船です。しかもこの船のステートAという船室が、私の利用するパッケージ商品だと舞鶴−小樽航路のステートB船室と同じ料金ということもあり、今回は敦賀−苫小牧航路を往復で利用しました。部屋の鍵は下のようにカードキーで、ツインだと2枚もらえます。夫婦が別々に動くときに助かります。舞鶴−小樽航路だと [続きを読む]
  • おめでとうワン!
  • 明けましておめでとうございます今年は戌年なのでワンちゃんの写真でスタートです。安曇野で出会った看板犬のピレネー 風格がありました。知人宅のラブラトールレトリバーのライムちゃん 目がくりっとしたビジュアル系知人宅の柴犬のロンくん カメラを構えると寄ってくるのでいつもピンボケ今年の9月でこのブログも丸10年を迎えます。今年もよろしくお願いします!にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 当選話で締め
  • 前回、岡豊城のブログの最後に「JR四国のお城スタンプラリーのためにこの城には行った」と書きましたが、その後しばらくしてJR四国から当選の賞品が届きました。封筒を開けてみると・・表紙も見出し以外は英文ですし、よくわからないまま取り出して部品らしきものを並べてみました。どうやらペーパークラフトのようです。英語で書かれた組立図の絵を見て5分で完成!正面から見ると玉藻城(高松城)です。なかなかいい感じです [続きを読む]
  • マイナー岡豊城
  • 高知県立歴史民俗資料館は、高知県南国市にあります。高知県の歴史などの調査研究や展示の機関として1991年に開館されました。展示内容はおもにこのあたりを治めた戦国大名の長宗我部氏に関するものです。展示物は撮影禁止ですがこの本陣だけはOKでした。この資料館の建物は長宗我部氏の居城であった岡豊(おこう)城の跡地にあり、周辺は県指定の歴史公園となっています。写真はその城跡です。2015年には玄関前に『長宗我部元親 [続きを読む]
  • ホワイトアウト体験
  • 北海道が爆弾低気圧で大変なことになっています。このようなニュースを聞くたびに、自分も網走で暴風雪に遭遇し、怖い思いをしたことを思い出します。今から10年ほど前のちょうど同じ時期でした。女満別空港→網走(泊)→美幌峠→屈斜路湖→養老牛温泉(泊)→女満別空港という2泊3日の行程で北海道に行きました。女満別空港に着き、レンタカーを借りて移動しました。1日目は穏やかでした。網走市内で買い物をし、カニを食べ [続きを読む]