なべさん さん プロフィール

  •  
なべさんさん: 北海道へ行こう!
ハンドル名なべさん さん
ブログタイトル北海道へ行こう!
ブログURLhttps://usiuri.blog.fc2.com/
サイト紹介文これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/10/31 21:55

なべさん さんのブログ記事

  • あさひかわ北彩都ガーデン
  • あさひかわ北彩都ガーデンに少しだけ行ってみました。旭川駅の表玄関は市役所や商店街に面する方です。反対側は忠別川畔の自然が残っています。これを利用して旭川の植物を楽しめるようなガーデンを整備することになり、あさひかわ北彩都ガーデンができました。確かに訪れた時も観光客よりも学校や会社帰りの人たちがたくさんいて、市民の憩いの場として定着しつつあるのを感じました。旭川駅に来るとどうしても買物公園のある方面 [続きを読む]
  • 謎の建造物!?
  • JR大阪駅前は国道や御堂筋が交差する交通量の多い場所です。この交差点の中に巨大な金属製のオブジェのようなものがあります。場所が場所だけにみんな見ているはずですが、意外と記憶に残っていないかもしれません。これは梅田換気塔です。地下街の換気のために1963年に作られました。百貨店や市庁舎など多くの設計を手掛けた村野藤吾による設計です。だからオブジェのような外観をしているのですね。道路の真ん中にあり一般の人 [続きを読む]
  • 網走で乗馬
  • 前回も紹介した網走原生牧場です。年々訪れる人が増えています。外乗でもいくつかのトレッキングコースがありますが、私たちはそのときの他のお客さんの希望コースに合わせることが多いです。このときは「満喫コース」でした。まず牧場から林間を抜けオホーツク海の砂浜へそこから藻琴湖という湖へトータル2時間ほどのトレッキングコースです。この日も大人数の隊列でした。それにしてもネットの普及とともに「穴場」がどんどんな [続きを読む]
  • いつもの牧場
  • もう20年以上毎年寄せてもらっている網走原生牧場です。こちらの牧場レストランは最近ではよくガイドブックなどにも出ています。ただ私はここで食事をしたことはなく、もっぱら乗馬と風景を楽しませてもらっています。高台にありますので、晴れていれば知床連山もきれいに見えます。それでも最近は晴れていても、すきっと見渡せないことが多く、この日もそうでした。あとで船の方に話を聞くと実際に海上も見通しが悪かったそうで [続きを読む]
  • 実はこの神社も・・
  • 大阪市北区にある露天神社(つゆのてんじんしゃ)です。「お初天神」の名称で親しまれています。近松門左衛門「曽根崎心中」ゆかりの神社なので多くの人が訪れます。大阪駅方面から商店街を抜けてくると、下の写真の入口から入ることになると思います。あまりの風情のなさに驚く方もいるかもしれません・・さらに正面入り口前には高層ビルが建ち、門の両脇には民家が並びます。前回紹介した京都の梨木神社と同じく敷地を切り売りし [続きを読む]
  • 神社の事情
  • 梨木神社は京都御苑の東にあります。明治維新のときに活躍した三條実萬・実美の父子を祭神とする神社です。以前訪れたときは鳥居から奥までまっすぐ参道が続いていましたが、今回行くと驚いたことに鳥居から続く参道を塞ぐようにマンションが建っています。マンションを回り込むと2つ目の鳥居が出てきました。まさしく参道の上にマンションが建っている状態です。あとで調べてみると、社殿修復の資金調達のため神社側がマンション [続きを読む]
  • 奇勝・車石
  • 根室十景の車石です。6千万年前〜1億3千万年前、土砂の中に流出した溶岩が急速に冷やされて地中に放射状柱状節理ができました。これが輪切りにされ地表に出たものが車輪状構造になっていることから「車石」と呼ばれます。このあたりの海岸には多くの柱状節理が確認できます。ブラタモリの絶好のポイントになりそうな感じです。この海岸は波が激しいことが多く、この日も天気は悪くはなっかたのですが波が轟音を立てて打ち付けて [続きを読む]
  • 「まなぽっと幣舞」展望室
  • 釧路市生涯学習センターは愛称「まなぼっと幣舞」といいます。まなぼっと展望台はこの建物の最上階10階にある展望室のことです。建物自体が丘の上にあるので、建物の高さに丘の高さが加わり、実質海抜66mの高さになります。展望室はほぼ360度の眺望が開けます。北方向は釧路市街地とその向こうに釧路湿原が見えます。海方向に目をやると、晴れていれば遠く襟裳岬まで見えます。この日も霞んではいましたがうっすらと見えていま [続きを読む]
  • 朱色と桜色
  • 比叡山は京都市内からケーブルなどを使えばすぐ行けますが、平均気温が5〜6度低いです。ですから桜が終わった時期でもまだ楽しめます。延暦寺の法華総寺院東塔と阿弥陀堂が並んでいる前のしだれ桜はなかなか見事です。新緑と桜のコントラストが美しかったです。ここは織田信長の焼き討ちで焼失しました。最近になってようやく再建されたこともあり、きれいな朱色をしています。新しい建物の色と花の色がさらに互いの美しさを引き [続きを読む]
  • 人がいない長節湖
  • こちらも前回紹介した浜松海岸の近くにある長節湖です。太平洋に面した周囲5?の湖です。ここも根室十景のひとつです。湖の周辺は貴重な植物や野鳥が多く生息しています。湖畔はハイキングコースとしての散策路もあり、約1時間30分程で一周することができます。長節湖に向かう途中のやや高い場所から見ると反対側にも小さな沼があります。あとで調べると「長節小沼」という沼ですね。さらにそこから太平洋上に浮かぶ2つの島が [続きを読む]
  • 北海道の浜松海岸
  • 道東の浜松海岸です。浜松といっても静岡県ではありません。根室十景のひとつで、ドラマ北の国から「98時代」のロケ地でもあります。数キロに渡って砂浜が広がっています。いかにも道東らしい海岸風景です。岬の先端に並ぶ奇岩も見応えがあります。場所は半島の南を走る道道142号線沿いにあります。交通量の多い北側の国道とは違い本当に静かです。浜松パーキングエリアがありますので、そこに駐車して眺めるのがいいのではない [続きを読む]
  • 一般道からもOK!
  • 高速道路のサービスエリアの中には一般道からも利用できるところもあります。前回紹介した東名高速道路の浜名湖サービスエリアもそうです。レストラン2店に加えて広いフードコートもあります。このサービスエリア周辺には大きなレストランや道の駅がないので、意外と利用者は多いようです。旅行で浜松を訪れたときに、私も一般道から入場しました。浜松餃子の浜ちゃんという店があります。外にはテイクアウト専門の店があり、フー [続きを読む]
  • 春抜群のSA
  • 東名高速道路の浜名湖サービスエリアです。駐車スペースが上下合わせて550台ある大きな規模のサービスエリアです。レストラン奥の広い芝生スペースにはたくさんの桜の木があり、満開の時期は見応えがあります。ちなみに下の写真は3月末のものです。浜名湖を一望できる半島の高台にありますので眺望は抜群です。それが春には桜と湖の見事なコラボレーションが見られます。このサービスエリアは上下線とも共通の施設になっていま [続きを読む]
  • 六花亭森林公園店
  • 札幌の六花亭森林公園店です。札幌市ですが、もう少しで江別市に入るという場所です。ずいぶん前に一度だけ行ったことがありますが、もう記憶が薄れていました。店は10時から開いていますが、2階の喫茶室は11時開店です。開店と同時に入りモンブランとポイントで飲めるホットコーヒーをいただきました。野幌森林公園の近くですので、北海道博物館へ行ったあとに寄りました。外観は落ち着いた美術館風ですが、実際には交通量の [続きを読む]
  • 北海道博物館へ行こう
  • 札幌の野幌森林公園にある北海道博物館です。通称「森のちゃれんが」というそうです。開拓記念館とアイヌ民族文化研究センターが統合され2015年4月に「北海道博物館」として誕生しました。入場するとまずは巨大なマンモスとナウマン象が出迎えてくれます。なかなかのインパクトです。常設展示は考古学も含む歴史学系の内容とアイヌや開拓使などの民俗学系の内容が中心です。北海道好きの私にはなかなか見ごたえのある展示でした。 [続きを読む]
  • 特典がうれしい年賀状
  • 「ひこにゃん」といえば、前回紹介した彦根城のゆるキャラとして有名です。このひこにゃんに年賀状を出すと必ず返事がもらえます。そして送られてきた年賀状には特典があります。ハガキを見せると彦根城の入場料800円が無料になるのです。城の北東にある庭園「玄宮園」も無料です。彦根城博物館500円も無料です。これらの施設に入場できるセット券は1200円ですので、行こうと思っている人にはありがたい特典です。ちなみ [続きを読む]
  • 美形天守
  • 私が彦根城を訪れた4月上旬はもう桜が満開でした。彦根だと例年ならあと10日は遅かったと思います。彦根城は国宝5天守のひとつです。訪れる人の多くは「表門橋」から入りますが、実は人の少ない「大手門橋」がかつての正面入口だそうです。天守に至るまでで見るべきは天秤櫓です。中央の廊下橋を中心に天秤のような形をしていることからそう呼ばれています。この場所はわざわざ地面を掘って橋を架けており(堀切といいます)、 [続きを読む]
  • ソメスサドルの風景
  • 前回紹介しましたようにソメスサドル砂川ファクトリーに行きました。もともと馬具メーカーなのでトレードマークはこの馬の像です。。レンガ造りの建物に背景の暑寒別連山がとてもきれいです。庭には3頭の馬がいました。ショールームでソメスサドルの商品を見たあとは、ぜひ広い庭で北海道らしい景色も楽しんでください。場所は道央自動車道の砂川SAのスマートインターを出ればすぐのところです。北菓楼砂川本店もすぐですし、一度 [続きを読む]
  • ソメスサドルショールーム
  • ソメスサドル砂川ファクトリーショールームに行きました。ソメスサドルというのは革製品を製造販売する会社で、原点は「馬具づくり」です。炭鉱の全盛が過ぎつつあった歌志内市の誘致で1964年に誕生しました。下の写真は武豊騎手の鞍です。ソメスサドルはすべてハンドメイドです。それだけに値段は高いですが品質には定評があります。とくに鞍の形をモチーフにしたバッグは人気があります。この砂川ファクトリーは建物の周りの庭も [続きを読む]
  • 城と桜とPM2.5
  • 歴代藩主が出世したことから「出世城」との別名がある浜松城です。中でも徳川家康が17年間過ごした城として有名です。門の前にも家康像が建てられています。しかしながら大河ドラマの効果はすごく、直接は縁の薄いはずの井伊直虎が中心に描かれた顔出しパネルが設置されていて、家康は端に追いやられていました・・訪れたのは3月下旬でしたが、桜が満開でした。ただ天守最上階には安全のため金網がめぐらされていますので、大きな [続きを読む]
  • 道の駅「サラブレッドロード新冠」
  • 道の駅「サラブレッドロード新冠」です。敷地内には新冠出身の競争馬の「優駿の碑」がずら〜っと並んでいます。シビアなもので活躍した有名な馬からいいポジションに配置されています。ナリタブライアンなどは最も目立つ位置にあります。この道の駅には「レ・コード館」が併設されています。この建物の「優駿の塔」からの眺めはなかなかのものと聞いていましたが、残念ながらまだ開館前の時間でした・・前回も書きましたが、とにか [続きを読む]
  • サラブレッド銀座
  • 日高地方の新冠(にいかっぷ)の国道235号線から内陸に向かう道の周辺には牧場が連なっていて「サラブレッド銀座」と呼ばれています。そしてその入り口にある駐車公園からはサラブレッド銀座が一望できます。本来ならこの展望台から放牧されている競走馬が多く見られるのですが、このときは朝早かったためか離れた場所にしかいませんでした。気をつけて見るとベンチも馬蹄形です。さらにはトイレの入口のデザインも馬蹄形です。と [続きを読む]
  • 満開の動植物園
  • 名古屋市にある東山動植物園に行きました。3月末に旅行で訪れましたが、ちょうど桜が満開の時期と重なりました。桜が目的で行ったのではありませんが、植物園の「桜の回廊」も見事に満開でした。ただ満開のせいで大勢の人が花見に訪れ、座る場所もありません。しかもこの日は3月なのに26度超の夏日・・疲れ果てて、結局は園内での昼食はあきらめ、外の店で食べることにしました。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 地獄坂
  • 小樽にある地獄坂です。小樽商科大学へ向かう約1.5kmの長い坂道です。小樽商科大学がまだ小樽高等商業学校だったころ、冬になると学校まで続くこの坂道に風雪が吹きつける中を登らなければならなかったことから学生たちが「地獄坂」と命名したといわれています。雪がない時期は写真のようにバイクで往来していますが、冬はこの急坂はきついでしょうね。函館ほどの観光スポットにはなっていませんが、小樽は坂の多い町です。にほん [続きを読む]
  • 帯広で「朝麦」
  • 帯広の中心街にある老舗パン屋の「満寿屋」が経営する「麦音」です。JR帯広駅から南へ車で10分程の場所にあります。行くのは2度目です。十勝産小麦を使ったおいしいパンです。店に入るとパンのいい香りがしてきます。店内にはイートインコーナーがあって買ったパンをコーヒーとともにいただくことができます。クーポンでコーヒーは無料になりました。昨年も訪れましたが、小雨というまったく同じような天気でした。暖かい季節 [続きを読む]