ひのくにノ薬剤師 さん プロフィール

  •  
ひのくにノ薬剤師さん: 薬歴公開
ハンドル名ひのくにノ薬剤師 さん
ブログタイトル薬歴公開
ブログURLhttp://kumamoto-pharmacist.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文薬歴を見れば、その薬局の「仕事の質」がわかる。隣の薬局の薬歴って気になりませんか?
自由文33歳(♂)
MRを4年経験後、熊本県の調剤薬局に勤務。
薬歴と質問力のレベルアップを目指しています。
主な資格:
認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、サプリメントアドバイザー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/11/01 00:24

ひのくにノ薬剤師 さんのブログ記事

  • 日薬ブランチセミナー X 推薦の言葉 X 書評
  • 日薬ブランチセミナーへのご参加ありがとうございました(≧◇≦)重いのに『実践薬学』をご購入いただいた方も感謝です。書評、推薦の言葉を書かさせていただきました!【日薬ブランチセミナー】 当日受付にも長蛇の列だったようです。登壇して、会場を見渡したら、思わず声が出るほどの盛況ぶりでした。感謝感謝です。 笹島先生よりプロフェッショナルについてのお話と日経DIクイズも変わっていくべきという提案がありました。深 [続きを読む]
  • ブログ再開! <お知らせ>
  • 気付けば10月! ブログ再開!!お知らせをいくつか。アップル薬局のロゴは青リンゴなんです(≧◇≦)【アップル薬局のホームページが新しくなりました!】 こちらからどうぞ。 中途採用は終了しました。ご応募ありがとうございました。 新卒採用は継続しています。来年度は2名予定(内1名は内定)です。再来年も2名を予定していますので、お早めにご相談ください。【『薬局で使える実践薬学』のダウンロード販売】 M2P [続きを読む]
  • 日経DIOコラム(1/1〜8/8)閲覧ランキング
  • 【DI Online 2017年1月1日〜8月8日の閲覧ランキング TOP100】第3位 ビラノアとアレグラに共通する相互作用とは?第6位 ホクナリンテープ、後発品が適さないのは誰?  トップ10に2本ランクインしていました。ありがとうございます。今日の編集部のおすすめは「薬局にソクラテスがやってきた」尽くしです。よろしければ、ご覧ください。 [続きを読む]
  • 2017年8月のコラム 〜OIC治療新薬について〜
  • 2017年8月の「薬局にソクラテスがやってきた」スインプロイク錠(ナルデメジン)OIC治療の新薬登場!【第79回】2017/8/7 「スインプロイクが真のOIC治療薬になり得た訳」 1日1回経口投与する、となっていますが、初回服用時はどのくらいで効果が出るかをモニタリングできるようにしたほうが良さそうです。効果発現は数時間と割と早い印象です。ちゃんと毎日服用しても、効果が持続するかどうかは症例によって差があるようで [続きを読む]
  • テグレトールによる聴覚異常
  • 医師・薬剤師向けのサイト「安心処方infobox」“聴覚異常”を検索する2017/07/24 第108回 テグレトールによる聴覚異常  サーチ実践例を更新しました。今回は副作用サーチの“人体から検索”を使ってみました。 テグレトールによる聴覚異常の特徴 ① 4〜42歳の女性に多く、男性の約2倍 ② 音楽に接する機会の有無(職業や趣味)に左右される ③ 疾患特異性はない ④ 投与後数時間から2週間以内に出現する ⑤ 音感(音高) [続きを読む]
  • Dear Pharmacist 2017年夏号に掲載されました
  • Meiji Seika ファルマ(株)の薬剤師向け情報誌Dear Pharmacist 2017年 夏号に掲載されました。「十年後のワタシ」【Dear Pharmacist 2017年夏号】 特集は相撲協会の八角理事長ですね。「基本の重要さを体得するまでは、とにかく続けることが重要です」【十年後のワタシ】  「十年後のワタシ」というコーナーの第一弾に取り上げていただきました。明治製菓ファルマのMRさんからゲットしてください。 じつはDear Pharmacistに [続きを読む]
  • 今後の講演会のご案内と講演活動終了のお知らせ
  • 7・8月の講演会のご案内。その後の講演と講演活動終了のお知らせ。【第3回日本医薬品安全性学会学術大会】教育講演3 「薬理学視点から考える副作用と相互作用」日時:2017年 7月22日 (日) 17:30〜18:30 場所:メルパルク熊本 第1会場(大会HPはこちら )*ひさしぶりの学術ネタ60分です。内容はここだけの予定のものです。お楽しみに。【平成29年度 第1回 門真市薬剤師会生涯教育講習会】 門真市薬剤師 [続きを読む]
  • 2017年7月のコラム 〜口腔内崩壊錠について〜
  • 2017年7月の「薬局にソクラテスがやってきた」エチゾラムとシクレスト湿性錠とザイディス【第78回】2017/7/4 「デパスとシクレストでクイズを出題したら」 日経DIクイズ疾患シリーズ第2弾! 精神・神経疾患篇。僕も2題だけ出題しています。といっても記事で紹介した通り、製剤学的ネタなんですけど…。湿性錠は知っておくと役に立ちますよ。 [続きを読む]
  • セファドールを漫然服用する患者
  • 患者は不安だから薬を続けたい。薬剤師は副作用や病態の悪化が気になる。患者にそれらを提示することで自己決定を促す。CASE 189女性 80歳 他科受診:なし  併用薬:なし  定期処方Rp1) カンデサルタン錠8mg 1錠    ドネペジルOD錠5mg 1錠  朝食後  21日分Rp2) 酸化マグネシウム錠330mg  3錠        セファドール錠25mg 3錠 分3 毎食後 21日分Rp3) ステーブラOD錠0 [続きを読む]
  • 2017年6月のコラム 〜トラムセットによる吐き気・嘔吐について〜
  • 2017年6月の「薬局にソクラテスがやってきた」トラムセット処方時に併用される制吐薬トラマドールの薬効分類【第77回】2017/6/15 「トラムセットとプリンペラン併用はいつまで?」 こういったプリンペランの漫然投与、お薬手帳でよく見かけます。症状があるならまだしも最初から吐き気なんて一切ない、という方の方が多いくらいで・・・。みなさん、ガンガン疑義照会をしていきましょう!   「疑義照会しても変わらないんです [続きを読む]
  • 薬歴は「つける」もの? 「書く」もの?
  • 「ものごとだけでは、じきに沈んでしまう。<ことば>になることで、文章は羽根をつける。四方に飛び散っていくのだ。思考もひろいところへ出ていくのだ」(P. 150)日記をつける [ 荒川洋治 ]価格:928円(税込、送料無料) (2017/5/31時点) 週末は札幌と空知で講演予定。用意も含めてアウトプットが続くと、無性にインプットがしたくなる。僕にとってインプットとは活字を読むこと。それも仕事に関係がないほうがバランスが取れ [続きを読む]
  • 安心処方infobox サーチ実践例2016年度監修記事
  • 医師・薬剤師向けのサイト「安心処方infobox」2016年度の監修記事一覧【サーチ実践例(副作用)】2016/01/25 CASE90. 血管浮腫の記載のあるDPP-4阻害薬は?2016/05/23 CASE94. 腸の狭窄・閉塞を引き起こすNSAIDsは?2016/09/26 CASE98. 急性膵炎の記載のないDPP-4阻害薬は?【サーチ実践例(添付文書)】2016/11/28 CASE100. 添付文書比較を使って勃起不全治療薬の比較資料を作成【サーチ実践例(相互作用)】2017/01/30 CASE [続きを読む]
  • 日経DI5月号のDIクイズ5を担当しました
  • 5月号のDIクイズ5を担当しました。リンゼスの箱ってでかいね(笑)  続きは本誌で。   補足を2点。まずリンゼスの適応。現時点では「便秘型過敏性腸症候群」のみだが、現在「慢性便秘症」の適応取得にメーカーは動いており、近い将来、適応が追加になると思われる。  次に薬価面。リンゼス(92.4円)の1日薬価は184.8円。これはアミティーザ(161.1円)の1日薬価の322.2円に比べると安い。あくまでも同じ粘膜上皮機能変容 [続きを読む]
  • 5月、6月の講演会のご案内
  • 5月は広島にて勉強法の、6月は空知にて薬歴の講演会。そして、福岡にて出版記念講演会!【広島青年薬剤師会 定例勉強会】2017年 5月21日 (日) 10:00〜11:30 場所:広島県薬剤師會舘 4階ホール 主催:広島県青年薬剤師会 テーマ:「広島青年薬剤師会」にソクラテスがやってきた 〜ひのくにノ薬局薬剤師の勉強法と『実践薬学』への軌跡〜 ブログやコラムを通じてお受けする質問の多くが「どうやって勉強してい [続きを読む]
  • 「深い」テーマ設定をするためにはどうすればよいのか?
  • 「無限の可能性のなかでは、何もできない。行為には有限性が必要である。(中略)有限性とつきあいながら、自由になる。」(P. 24-25)勉強の哲学 来たるべきバカのために [ 千葉 雅也 ]価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/5時点) 最近、講演やインタビューでじぶんの活動をふりかえる機会が多くなった。意識的に活動をはじめて10年目になる。節目の年だし、ちょうどいいと言えばちょうどいい。先月、東北に初上陸した。うん、 [続きを読む]
  • 『薬局で使える実践薬学』レビュー その3と第3刷決定のご報告
  • 通称、鈍器。『薬局で使える実践薬学』レビュー第3弾です!そして、第3刷決定しました。4月末発行です。【青島周一先生レビュー】 2017/4/2 「「薬局薬学」という名のテクスト:『薬局で使える実践薬学』」 青島先生はこのレビューをアップする前に、Twitterでこう呟いている。  エディタの意味がわかったな。僕もたぶん同じ。エディタなんだよね。ブロガーって多分そう。ブログ書いてるとわかるわ〜。  そう、僕らはエディ [続きを読む]
  • “臨床教授”の称号を頂きました!
  • 2017年4月、母校より熊本大学薬学部臨床教授及び熊本大学大学院薬学教育部臨床教授の称号を与えらえました!!  後輩の教育に直接関与できる機会はそうそうないので楽しみです。また、身の引き締まる思いでもあります。 <学部長室にて、甲斐学部長と> ついでに大学生協にも寄ってきました。『実践薬学』がPOP付きで置いてあって、感謝感謝です。学生さんにもぜひ手に取って頂けたらと思っています。 ↓↓第2刷が店頭に並ん [続きを読む]
  • 2017年4月のコラム 〜OD錠の利点〜
  • 2017年4月の「薬局にソクラテスがやってきた」嚥下とハンドリング。OD錠の利点とは?【第75回】2017/4/5 「「薬は小さいほど飲みやすい」ってホント? 」 製剤学的なコラム。関連の薬歴公開は、CASE 122:ハンドリング問題を解決するジェネリック(2012年7月27日)です。 OD錠の利点はハンドリングと嚥下の問題だけにとどまりません。最大のそれは味やニオイのマスクででしょう。患者さんがどのように服用しているかを把握し、 [続きを読む]
  • 4月の講演会のご案内
  • 八戸薬剤師会にて薬歴の講演会そして、今後の予定!【八戸薬剤師会】 八戸薬剤師会にて薬歴を中心とした講演を行います(こちら)。お近くの方はどうぞお越しください。<申し込み方法>八戸薬剤師会会員は、八戸薬剤師会ホームページより参加申込書をダウンロードし、八戸薬剤師会事務局メール(gimk02@vc.hi-net.ne.jp)またはFAX(0178-45-0941)にてお申込みください。八戸薬剤師会会員以外は、薬局名とお名前を、八戸薬剤 [続きを読む]
  • 『薬局で使える実践薬学』レビュー その2
  • 通称、鈍器。『薬局で使える実践薬学』おかげさまで第2刷、Kindle版出ます。【主婦薬剤師目線レビュー】 2017/3/20 「お得・簡単・基本に忠実。主婦パート薬剤師におすすめの『薬局で使える 実践薬学』」 主婦薬剤師みやQさんによる『実践薬学』レビュー。なかでも最も説得力のある言葉は「子供は親の言うことを聞きません、親そっくりの子になります」これ、まさにその通りですね(≧◇≦)【若手薬剤師さんからのレビュー? チ [続きを読む]