あけちゃん さん プロフィール

  •  
あけちゃんさん: YOROZUYA(よろず屋)
ハンドル名あけちゃん さん
ブログタイトルYOROZUYA(よろず屋)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sorianoarte/
サイト紹介文洋裁、編み物、陶芸など…暇にまかせて興味がわいたものを作っています。御朱印めぐりもはじめました。
自由文手芸(洋裁・編み物・刺繍など)、陶芸、ワンちゃんのお洋服作りなど。暇にまかせて興味がわいたものを作っています。最近は奈良に引越し、御朱印めぐりもはじめました。気の多いおばあちゃんのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/11/01 03:09

あけちゃん さんのブログ記事

  • 羽織るだけのシャツブラウス…下に着るブラウス
  • 『いままでに経験したことのない暑さ』と気象庁が呼びかけて熱中症注意報が毎日出ていますが、命にかかわる暑さと言われると、私も(おばあちゃん)電気代を節約してられなくなりエアコンを入れています。やっぱり電気代がきになります。先日、奈良まち商店街をブラ〜と歩いていて、シャツブラウスが眼に止まって買った時の話ですが。お店のおばちゃん(私と同じくらいの年齢かな?…)は「大きいですよ。L寸ですよ。」と私を上か [続きを読む]
  • カーディガンの下に着るブラウス
  • 西日本では広い範囲に豪雨被害がでています。気象庁は“大雨特別警報”と今まで聞いたことのない発表を出しました。近畿では、地震で大変な被害が出て、多くの屋根にはブルーシートがかかっているところに台風12号が東から西にと、今までに見たことのない進路で近畿を横断していきました。台風のあと、再び猛暑!いままでに経験したことのない暑さ『熱中症注意報』が毎日のように出ています。縫物、編み物などをしていると水分補 [続きを読む]
  • 最近は誰もが洋裁に興味を持ちハンドメイドで楽しんでいます。
  • ブラウスとスカートに、はまっています。夏ものは簡単です。縫い代はロックミシンをかけて終わり、ボタンホールは穴かがりです。昔(私が洋裁学校で習ったころ)は、縫い代の始末はパイピングをしていました。穴かがりではなく、ボタンホールを習い、ポケットの種類もたくさん習いました。襟とか、前立てのあたりに芯を置いて、ハダシというのをして形を作り大変な作業がありました。接着芯などはなかった時代でした。今の人には私 [続きを読む]
  • お地蔵さんを仕上げました。
  • ミ・ナーラ5階、奈良カルチャーセンターで昨年《仏像彫刻体験》させて頂いた時のお地蔵さんを仕上げました。おもわず「かわいい〜」自分で作った作品。嬉しいですね。今年5月から、本格的に習い始めることにしました。周りの皆さんの素晴らしい作品をみせてもらいながら、元気をもらって頑張りたいと思います。これから本格的に基本の勉強をします。《仏頭》顔の彫り方を練習していきます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • デザイン画を描きながら若かりし頃に思いを馳せる。
  • 大阪のアパレル企業のデザイナーとして就職したのは1964年の東京オリンピックの年でした。半世紀以上も前のことですが、日本は高度成長期で希望にあふれていました。2013年に、《2020年東京五輪》が決定したときには「7年後は私は80歳??」頑張って、元気でいなくてはと思ったものですが、月日の経つのは早いものですね。オリンピックまで後2年ほどになりました。まだまだ元気で頑張れそうです。日本でのオリンピック開催 [続きを読む]
  • ブラウスの穴かがりは無事に終わりました。
  • 穴かがりの店《ルミ》さん。出かける前に電話をしてみました。娘さんらしい方が電話に出て「母が穴かがりをしています。母は高齢なので…」とまだ話の途中なのに、思わず「私も高齢なんです。」と言ってしまいました。「奈良に引っ越してきたばかりで…」と言うと、場所を丁寧に教えて頂きました。同年代の人に会うと昔の懐かしい話が弾み嬉しいものです。なんだか行くまえから昔の友達に会えるような気持ちでわくわくして出かけま [続きを読む]
  • 描きためていたデザイン画でスタートしました。
  • 去年の5月に、神戸から娘の住む奈良に引っ越して来て1年になります。近鉄奈良駅周辺の商店街や奈良まちでは、洋服の生地を売っている店がみつからず、大阪まで出かけないとダメなのかな〜と思いながら1年が過ぎてしまいました。今年4月24日、元イトーヨーカドー奈良店跡地にミ・ナーラがオープンしました。手芸センター《ドリーム》がオープン。さっそくブラウス生地を3枚買ってきました。暇を持てあまして描いていたデザイン画か [続きを読む]
  • いろいろと気の多い私ですが絵手紙を挫折しました。
  • 気の多い私。ウキウキ本職の洋裁から始まりいろいろと多彩な趣味。…といっても下手の横好き程度ですが…絵手紙教室で、ちょっとだけ体験させて頂いたのですが皆さんおしゃべりしながら楽しんでいます葉書からはみだす勢いで、伸び伸びと描いていますが、私は、どうしてもハガキの中に収めようとしてしまって勢いよく描けません。もう一つの問題は縁をとるのが下手です。好奇心多盛な私なのですがショックをうけました。「縁をとら [続きを読む]
  • 奈良・佐保川の桜
  • 記録的な満開の速さで今が見ごろとなり、近畿でも2府4県桜満開の便りと、入社式にむかうスーツ姿(リクルートスーツとかいう…)の花が咲き「若いっていいなあ〜いい時代になったなあ〜」とテレビを見ながら、ため息をついている。「昭和40年に入社した私達時代はは花なんて、ほど遠く戦後をひきずったっままで、日本はスタート地点に立ったばかりの時代だったな〜あ」と一人ぼやいていると…桜の話をするのを忘れてしまっていまし [続きを読む]
  • 宮跡庭園も春の訪れ
  • 1月に雪がうっすら積もった日の 宮跡庭園です。昨日3月6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。 宮跡庭園も春の訪れで今日は朝から枝を剪定していました。ベランダから2時間ズゥ〜と見とれていました。(暇な人です。)造園業は、職人さんなのか、芸術家なのかと目を離せないほど引き込まれてしまいました。自分で絵を描いているような真剣な気分になりました。何度も、なん [続きを読む]
  • ひなまつり
  • お雛さん三月に入り寒さもすこし和らいできたようです。我が家では木彫りのお雛さん(自作)を出します。自分で作ったので、愛着もありホッコリします。三月から本格的に仏像彫刻教室で、、なんとしても仏像を一体彫ってみたいと意気込んでいます。そのまえに、おじぞうさんを仕上げなくてわ…ネパソコンのお絵描きツールで、お雛さんを描きました。楽しくて癖になりそう。寒くて冬眠状態だった私も、暖かくなってくると洋裁とか編 [続きを読む]
  • 節分「笑う門には福きたる。」
  • 趣味の陶芸をしていた時に、節分用にと作った鬼達です。笑う門には福きたる。今年の冬は最強の寒さとのことで、冬眠していた私ですが 今日は「節分」前年の邪気を追い払い、歳の数だけ豆を食べると「無病息災」健康で過ごせるとのことですが、77歳?78?この歳になると、年齢などはどうでもよくなるが顎がだるくなる…フゥ〜 明日4日は「立春」春は名のみの風の寒さや 谷の鶯 歌は思えど時にあらずと声も立てず〜…(早春賦) [続きを読む]
  • 縮緬で二つ折りの名刺入れ
  • 発想の転換、やはり布を使いたくなる。京都に行くと娘は和紙。私は友禅や縮緬のハギレを買って帰っていた。二つ折り型は、開いたり、閉めたりを何度もしていると、和紙では折り山が痛んでしまうだろう。そこで、布のちりめんを使って二つ折り型の名刺入れを作ってみた。高級感があり、世界に一つしかない手作りが最高です。人の視線を集めそう。広げると、内側の両方にポケットがあります。かなりの満足感があります。にほんブログ [続きを読む]
  • 千代紙と和紙を使って名刺入れ
  • 去年の冬は神戸だったのですが、奈良の冬は寒いです。コタツに入ってホケ〜と折り紙を折っては、「かわいいな〜」と独り言。昔は(60代の頃)京都に、春は桜、秋は紅葉とよく出かけていた。そんな折々に買っていた千代紙や和紙がある。娘は仕事がら紙が好きだ。と言うか紙にはかなりうるさい。この千代紙と和紙を使って、なにかできないかなァ〜名刺入れなら、財布の様に乱暴に扱わないから、いけるかも2つ作ってみましたが、な [続きを読む]
  • 千代紙おりましょたたみましょう〜
  • 9月22日のブログで「生地(布)や毛糸が手に入りません。大阪まで出ないとだめなのかなあ…」とブツブツぼやいていましたが、おばあちゃんは大阪まで出かけるのがおっくうなもので未だ生地や毛糸が手に入っておりません。日々退屈で、図書館に通っていますが、ファション雑誌は見ないようにしています。洋裁や編み物のブログも見なくなりました。頑張ってブログに上げていた頃の自分がいないので寂しくて気持ちが滅入ってしまう [続きを読む]
  • 気になっていた奈良国立博物館
  • 奈良国立博物館は、広大な奈良公園の一角にあり、毎年行われる“正倉院展”は新館が会場となっているのですが、西側にある洋風建築が気になっていました。重要文化財「奈良博物館本館」 何度かこの正面に来てみたのですが、閉館のように見えた。「なら仏像館」は飛鳥〜鎌倉時代の多数の仏像、彫刻、絵画,文書、工芸品などの名品を展示していると“歴史散歩を楽しむ”雑誌で見たのだけどナァ〜…どうしても、「仏像館」を見たい。 [続きを読む]
  • “ヨークカルチャーセンター奈良”仏像彫刻体験1日目
  • 奈良に引っ越してきて、半年が過ぎました。イトーヨーカドー奈良店が全館閉鎖となり泣きたくなりましたが、気をとりなおして、奈良時代の寺社を廻っていると、大それたことですが仏像を彫ってみたくなりました。以前と、言っても15年ほど前ですが、木彫りもちょっと習ったことがあるので、彫刻刀があります。沈み彫りで彫った文箱この御盆は、ほんとうに大変でした。なので、使ったことはありません。お雛さん日光東照宮の有名な [続きを読む]
  • 奈良公園の紅葉
  • 奈良公園は東大寺や興福寺、春日大社の付近にある広大な公園です。奈良時代の寺社を廻っていると、公園のいたるところで鹿に出会えホッコリします。鹿は神様の、お使いとして大切にされています。奈良公園内にある鷺池の水上に立つ浮見堂(休憩所)まで行ってきました。撮影スポットとして人気があるそうです。お天気も良く、御日柄もいい日だったのか(24日)花嫁さんを三組見かけました。豊かな自然の風景のなかで、ゆったりと [続きを読む]
  • 鮮やかな朱の社殿、春日大社
  • 二之鳥居の前では境内を案内してくれるかのように小鹿が待っていてくれました。「先日は、お父様がたいへん失礼なことをいたしました。」と言ってくれているのかな。?中門・御廊国宝の御本殿を参拝。20年に一度の“式年造替”で鮮やかな朱の社殿に。(2016年11月)朱色の建物の多くが塗りなおされたそうです。平日なので人も少なく、ゆっくりと見て回りました。万燈籠節分とお盆のとき、境内の石燈籠と釣燈籠を合わせて約 [続きを読む]
  • 春日大社国宝殿特別展
  •  奈良国立博物館前を横眼で通り過ぎました。“正倉院展”に来てみたのですが大勢の行列です。見送りました。今回は、春日大社国宝殿特別展 “神が遺した秘宝” をみてきました。撮影は一階ホールのみ許可されていましたが、2階に入って驚きました。国宝。蒔絵箏など数かず。重要文化財の秋草蒔絵手箱などたくさん出品されていました。宝物殿だった建物が一新され2016年10月に「春日大社国宝殿」がオープンしたそうです。 [続きを読む]
  • 生地(布)や毛糸が手に入りません。大阪まで出ないとだめなのかな〜
  • 今年の5月に、神戸から娘の住む奈良に引っ越して来たばかりなのにイトーヨーカドー奈良店が9月10日に全館閉鎖となりました。泣きたくなります…75歳のお婆さんでも、イトーヨーカドーがあれば一人でも生活ができると、すぐそばに引っ越ししてきたのに、毎日の食材を買うところがなくなりました。近鉄奈良駅まで、電車とか、バスを使って出掛けなければならなくなり、これから先は老いていくばかりなのにと、途方に暮れています [続きを読む]