VIN さん プロフィール

  •  
VINさん: VINのらんどくダイアリー
ハンドル名VIN さん
ブログタイトルVINのらんどくダイアリー
ブログURLhttp://yaplog.jp/ashy_ashy/
サイト紹介文年間200冊以上乱読、そのうち130冊ほどをご紹介しています。読んでいただけたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2008/11/02 13:51

VIN さんのブログ記事

  • 『監督の問題』本城雅人 講談社  〈風邪引きの夫〉
  • 昨日から夫が少々風邪気味。熱はないようだけど喉が少し痛いという。洗面所で何度もうがいをしていたからそうではないかと思っていたけど。それだけの症状なのにすでに重病人の体。まこと大げさと心のなかで呟く。。。胃腸とは何の関係もないのだけれど、やわらかいもの好きの夫のために里芋の煮物やカラスガレイのムニエル、それに不調時の定番のおかゆ・・・体調がすぐれないとすぐ怒りっぽく不機嫌になる夫に忖度して・・・日々 [続きを読む]
  • 『我らがパラダイス』林真理子 毎日新聞出版  〈旧仮名 新仮名〉
  • 立待ちて居待ちて寝待つ月の夜を人恋ふごとく思うてゐたり月に並々ならぬ興味をもったのは短歌を始めてから・・・どちらかというと人間の内面の方へと関心が流れていた人生前半。それが尾を曳いて・・というかさまざまな経験を経ても人間の本質は変わらないのか・・いまだに花鳥風月に焦点を定めた自然詠は苦手分野です。本はやたら読むけど、日本独特の情緒ある言葉は身につかず今に至っています。Webの短歌教室の師のご指導をお [続きを読む]
  • 『真昼の雷管』佐々木譲 角川書店  〈終活について〉
  • 追憶はままごと遊びのおちやわんに五歳のわたしが盛る〈赤まんま〉〈終活〉という語がやたら目につくこの頃。引越しが多かった我が家は移動の度に大量のものを処分してきたので比較的すっきりしていますが、それでも少しずつ増えて・・・を繰り返しています。購買欲も残っているし。数十年前の薬の袋まで捨てない人だった亡母を反面教師としてか〈捨てる人〉となっている私。捨てすぎて困ることも多々あります。古い手紙も思い出に [続きを読む]
  • 『シューメーカーの足音』本城雅人 幻冬舎  <プーシキン美術館展in大阪>
  • 大阪・中之島の国立国際美術館で開催されているプーシキン展が14日までというので絵画同好会メンバー7名で行ってきました。久しぶりの大阪。ずっと岡山にいてたまに都会に出ると喧騒にクラクラします。以前都会に住んでいたときは若さがあったので喧騒をもろともしませんでしたが通行人のあまりの速足に驚くことしきり。梅田のグランヴィアでひとまずランチしたあと、美術館へ。    モスクワのプーシキン美術館所蔵の17世紀か [続きを読む]
  • 『慈雨』柚月裕子 集英社  〈秋の宵〉
  • 「晴れの国」岡山は今日も秋晴れ。我が家の温湿度計もニコニコマーク・・・ごきげんです(^.^)夫にとっても3人の子どもたちにとっても故郷とはいえない当地。岡山は私だけの故郷ですが、父母が他界し姉や弟もいない現在、幼い頃とすっかり様変わりしてよそよそしささえ感じるときがあります。夫との生活で転勤が多かったので、子どもたちはしばしば転校を余儀なくされ親も知らないイジメにも遭ったようですが、逆にそれを跳ね返すよ [続きを読む]
  • 『旅屋おかえり』原田マハ 集英社  〈青紫蘇〉
  • すっかり秋です。外に出ると金木犀の香が漂ってきて、どこからかな〜と辺りを見回しましたが捉えることができず。でも確実に季節は巡っているのですね。我が家のベランダにある青紫蘇の葉が繁りに繁ってついに花が咲き始めました。夏の間中、そうめんや散らし寿司などの薬味やその他諸々お世話になった大葉。最後にほとんど摘み取って佃煮にしてみました。ご飯のお供やお茶請けにぴったり^^次は大好きな紫蘇の実ができるのを待とう [続きを読む]
  • 『氷の轍』桜木紫乃 小学館  〈花オクラの花〉
  • あんなに待ち望んでいたのに咲き出したら次々咲いて処理に困る花オクラの花。丈もついに2mを超えるほどになりました。サラダに入れたり、細く切ったキュウリやハムを巻いてみたり・・・先日も卓球の仲間たちに持参したところ貰い手がなくてポツンとテーブルに置かれたまま。何でも作って食べてみようとトライする人が少ないのね。今日はモロヘイヤと和えてお浸しに。同じネバネバ族同士で。さて本日は久しぶりの桜木紫乃氏の作品 [続きを読む]
  • 『サイレントステップ』本城雅人 新潮社   〈花オクラの花〉
  • SNS友の花オクラさんが花オクラの花を摘んでもってきてくださいました。 ↑ジョークではなく正しい文章(^.^)〈花オクラ〉は友人のHNなんです。以前彼女から花オクラを一株もらって育てているのですが、中々念願の花が咲かず・・・。やっと天辺に蕾がついたという状態。毎日たくさんの花が咲いているという花オクラさんが気の毒に思ってか持ってきてくださったという経緯。ちなみにオクラの花と花オクラの花は違います。食べら [続きを読む]
  • 『BUTTER』柚木麻子 新潮社  〈十五夜の月〉
  • 昨日は十五夜。夫に手招きされて窓辺に寄るとビルの谷間に大きな満月が輝いていました。満月を眺める位置に椅子二つ夫との余生に深みゆく秋さて本日は柚木麻子氏著『BUTTER』です。 「木嶋佳苗事件から8年。獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。週刊誌で働く30代 [続きを読む]
  • 『トリダシ』本城雅人 文藝春秋   〈スマホの効用〉
  • ガラケーからスマホにかえてもうすぐ2年。ipadとデスクトップ&ノートパソコンがあるので、通信費を極力抑えたいという理由でなかなか決心ができませんでしたが、離れ住む子どもたちからLINEを入れてほしいというのでしぶしぶかえました。今では・・・長岡の花火を見にいったお嫁ちゃんから花火の動画や画像が実況風に送られてきたり・・・  孫のアスカの卓球の試合会場から試合状況がライブで送られてきたり・・・長いブランク [続きを読む]
  • 『さいごの毛布』近藤史恵 角川文庫  〈知人から届いた大量の野菜〉
  • 先日、知人から山のように野菜が届きました〜。ナス、オクラ、ジャガイモ、タマネギ、トマト各種、パセリ、かぼちゃ各種、ブルーベリー・・・他に手作りトマトソース、ナス芥子漬け。大忙しの嬉しさで、ブルーベリーはジャムに。パセリは冷凍・・・洗って葉っぱをむしりキッチンペーパーで水気をしっかり取り、大きめのジプロックに入れて空気を入れて閉め冷凍、翌日しっかり冷凍できたところで空気を抜き袋の上から軽く揉むとミジ [続きを読む]
  • 『リバース』相場英雄 双葉文庫  〈熱中症対策〉
  • 台風12号が被災地へ直撃というニュースにハラハラしましたがどうにか一段落、また従来の暑さが戻ってきました。と思うまもなくこんどは13号!炎暑・酷暑・極暑・熱暑・溽暑・・・最高気温が25℃以上を夏日 最高気温が30℃以上を真夏日 最高気温が35℃以上を猛暑日これ以上の気温が更新される毎日・・・いま気象庁ではネーミングに頭を悩ませているのではと想像しています。〈烈暑〉はどうかな?ところで熱中症対策に一躍有名 [続きを読む]