toripagon さん プロフィール

  •  
toripagonさん: わがままHARU(はる)ちゃんのきまぐれ日記
ハンドル名toripagon さん
ブログタイトルわがままHARU(はる)ちゃんのきまぐれ日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/toriper0629
サイト紹介文雌のビ−グルさんです。3ケ月に突入、暴れん坊、きん坊、甘えん坊の超美人さんです、見に来てください。
自由文ビ−グルはやっぱ可愛い、おいらは先月一代目が短命で逝去して、もう飼うのは絶対止めたと思ったけど夜は電器とTVを付けてなきゃ寝られないほどまいっちゃって2代目を飼うことにしました。違う犬種にしようとしましたが他の犬種には目がいきません…結局は雌のビ−グルさんにしました。やっと3ケ月に突入、暴れん坊、きん坊、甘えん坊の超美人さんです、見に来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/11/03 19:46

toripagon さんのブログ記事

  • ハルと娘…
  • 追記 娘をベットに寝かしつけると思い出したように「どこに行ったらハルに会える?」と訊きます。「もう、おうちは帰ってこないけど、もしかしたら夢で会えるかもしれないよ…」と言うと「うん、寝る…」と少し前に寝ました。 今日は悲しい一日でしたが出会いと別れは避けられぬもので一つの別れが新しい出会いに繋がるのだろうと思います。 訪問者履歴の中に懐かしい名前を見つけて元気でいらしゃるのかと思いました。その後の [続きを読む]
  • 刹那と涙…
  •  このブログのタイトルである「ハルわんこ」が急性膵臓不全で逝ってしまった…明後日、荼毘に伏すが心に穴が開いたようである…今は何も整理がつかない…これからの事は明後日が過ぎてから考える…娘はハルが死んだ事を理解していない。明日になれば起きると思っている…なんと説明すべきかと思案に苦しむ…娘は「ようちゃんは、パパとママとハルとばあちゃんの大事大事なんだよね(^^)」と常々言ってきた。彼女は当たり前の様にハ [続きを読む]
  • 未来志向…
  •  韓国の今年の一連の動きは日韓関係を単に崩壊させたいと画策しているとしか思えません。これで「未来志向」と言うのは一個人であれば冗談を通り越して精神に異常を来しているといえます。  朝鮮半島情勢は良くも悪くも東アジアのバルカン半島であり、火薬庫となりえる地域で感情を刺激され国交断交や韓国との有事と言うほど簡単な問題ではありません。しかしながら、国家間で締結された事を簡単に反故にされては最低限の信義す [続きを読む]
  • メンテナンス…
  •  2年掛りでオ−ディオ回りをPCに集約しつつHi-Res化をしていました。その間、PCはメンテナンスもせず対処療法で使用してきたのですが、なんとも言えぬ不具合に見舞われメンテナンスを根本からしないといけなくなりました。〇新しいマザ−ボ−ドとCPUとメモリ 最近のPCはCPUが一般的なソフトウエアに対してオ−バ−スペックで3年前程度なら余裕で現役で5年前程度でも何ともありません。しかしながら、ここ2年でCPUが劇的に変化を [続きを読む]
  • ババヘラ…
  •  三十代前半の頃、出身地が秋田と青森の県境の町の女の子が新入社員として僕のチ−ムに加わりました。大学を卒業したばかりの天真爛漫な可愛い子で色気とは皆無で仕事プライベートで我が家に来たり、アウトドアに付いてきたりと妹みたな存在でした。 ある時「夏と言えば私の故郷ではババヘラなんですよね(^^)」といいます。「えっ!?なに、それ」と言うと勝ち誇ったように「知らないんですか@@/」と妙なリアクションをされました [続きを読む]
  • 安田純平氏…
  •  ヤフ−ニュ−スのコメント欄が「自己責任論」の論調が多く、敢えて反意があることを想定しつつも昨晩、次のコメントを載せました。 すると賛71、反77とほぼ、均衡した評価があり、世間の評価も揺れていることがわかりました。皆さんはどのように考えていますか!?出展「その通りだと思う」安田純平さん生出演で“自己責任”語る…拘束生活3年4カ月の実態は? 👆- すると記事に行きます-〇掲載したコメント「 [続きを読む]
  • 勉強…
  •  8月10日からブログの更新が出来ずに散発的に少しだけ書いていました。今年、高校に進学した甥が1学期の成績が悪く我が家に転がり込んで書斎を占拠されていました。 彼の成績は全ての教科に渡り及第点に達せず、このままでは進級も儘ならぬと言われ弟夫婦はパニックになり、我が家で心配の余り叱りつけ挙げ句に本人は家にに帰りたくないと半ば家出も当然で逃げてきました。 母も弟(三男)の半狂乱振りに呆れ、八つ当たりをされ [続きを読む]
  • 経済戦争…
  •  中国外交政策は清朝から何も変化していない事大主義で世界の変化に対応していません。米国に取ってロシアは欧州と共闘しなくてはならないが中国は簡単に潰せると踏んでいると思います。中国は内憂外患であり、内憂は人口の多さから社会秩序が不安定になれば外憂への対処が不可能となります。経済戦争は国民の生活に直結し、物価上昇は社会不安を煽る結果となります。大躍進政策や文革で飢餓に襲われた記憶が薄れる事の無い、この [続きを読む]
  • 歴史の闇…
  •  最近、中国旅行のブログを読んでいて思ったことです。 中国の反日政策は政治連動していて国民感情とは言えません。経済開放政策で訪日する人が増え、外国に留学した学生が歴史の真実に触れてそれまでの史観が操作されたものと気付き愕然とします。特に天安門事件は相当な衝撃となります。僕は思想的には保守ですが今、保守と革新を取り違え、イデオロギ−的にも誤った解釈が蔓延していてうんざりしています。 僕は史実に基づい [続きを読む]
  • 北海道胆振東部地震…
  •  昨日は自宅待機となりましたが本日は一部解除があり、職場も半分位が出いました。全道的には停電は解消に至っては無く節電が呼びかけられています。函館では通信障害も解消されたらしくモバイル通信は普通の状態になっています。  二十数年前の北海道南西沖地震に被災地にいて当時の状況と比較して色々な思いが頭を過ぎりました。当時、その震度の大きさと津波被害による地域の破壊に恐怖したのですが、奥尻を除くと停電も断水 [続きを読む]
  • 停電からの復旧…
  •  我が家の付近は18時前後に停電から普及して早朝の実態を遅ればせながら知りました。地震の発生前に緊急通報が鳴り、その数秒後スゴイ揺れが来ました。経験から衝撃より長い揺れはまずいと身体が覚えていて階下で勉強している甥を見に行くと母と二人で懐中電灯を灯していました。 その後、5時過ぎに自宅待機の連絡が入り終日自宅待機となりました。18時点で全道の10%しか停電が復旧していないそうで、我が家の道路向かいは未だ [続きを読む]
  • 4歳♪
  •  お盆前に妹の子が家にやってきました。娘と同い年の甥と一つ年上の姪とで、その一週間半は賑やかな日々でした。8月10日以降は弟の息子である甥(15歳高校生)が居候中で兄弟のいない娘は毎日楽しんでいるようです。 昨日、9月1日は4歳の誕生日でした。無事、何事もなく順調に育ってくれて感謝の限りです。プレゼントは甥のも加わり例年になく一つ増えてご満悦の様子でした。☆夏の終わりに☆☆得意顔♪☆☆ブラックベリ−摘み♪☆ [続きを読む]
  • 三大都市の伝説…
  •  秋田市、京都市、博多市は日本三大美人都市とされています。但し、日本海は総じて美人が多いとされ新潟美人等と県名に美人が付くところは珍しくありません。美人の産地となった理由は諸説あるのですが日照時間が短く、紫外線の照射時間が短いことから肌の色が白いのが理由とされています。また、中国東北部や朝鮮半島東部からの渡来人の影響があったとした説もありますが、現在の日中、日韓の政治状況を鑑みれば炎上しかねない説 [続きを読む]
  • 子供は誰のもの!?…
  •  結愛ちゃんの事件では、あの書き取りに絶句し、涙と怒りで打ち震えました。そして今日、実の両親の虐待で内臓破裂で小三の男の子が殺されたと報道がありました。 僕は子供は親の所有物ではないと彼らに言いたい。神様から最上の幸せとして命を預けられた。だから最大限の愛情と全力で子供を守るのが親の務めだと理解しなくてはならない。僕の言う神様は宗教を指しているのではなく人の良心の事です。僕は娘を授かってから常に老 [続きを読む]
  • LGPT…
  •  杉田水脈議員の発言やそれに続く谷川とむ議員の発言は絶対に看過できません。長く僕のブログを読んでいる人は友人の娘がLGPTでカミングアウトし、その後の顛末を理解できずいた当時の僕の心情を書き綴ったことを覚えているかもしれません。 あれから数年の月日を経て今は成人し彼は大学生となりました。我が家にも訪ねてきて、僕も少しそれがなんであるか解るようになった気がします。16歳前後の多感な時分に自らの性別の有り様 [続きを読む]
  • charms:チャ−ム♪…
  •  我が家は子供が生まれてから寝所を別々にしています。彼女は不満があるみたいなんですけどセミダブルのベットはキツくて…結局、クイ−ンサイズにしたのですが、起床時間が異なり、老婆と娘と僕とで寝ると床の広さは確保されても疲れが取れず書斎に置いたセミダブルのベットで寝ることを選択しました。 中国人の夫婦は常に床を一緒にする習慣らしくて不満は未だ消えずの状況です…そんな中、娘がマイ・タオルケット持参で「パパ [続きを読む]
  • 偏西風と台風…
  •  こんな台風の進路見たことないと思って等圧線から進路を見ると為る程と唸ってしまいました。その昔、弟がラジオの気象放送をせっせと書き取め気象図を書いているの横目で見ながら何が楽しいのかと思っていた中学生時分を思い出しました。けど50歳を過ぎて似たような事をしている自分が血は争えないと妙におかしく思います(^^) 進路を赤点線の高気圧の前線に阻まれ、フックした進んだ先にも新たな飛び地の様な高気圧に挟まれ、強 [続きを読む]
  • あいうえおのうた…♪
  •  堅い話が続いたので息抜きに癒し系の楽しい動画を紹介します♪ 娘に何気与えたiPadはフィルタ−はかけてあるのですが関連動画が出てくるので自分で好きな動画を選んでは色々と見ています。 先日、あいうえおの不思議な歌を唱っているので「それ、何と?」と訊ねると動画にあるとのことで、一緒に観てみました。みゆちゃんパパとみゆちゃんの合作で簡単な動画付きでワンコとみゆちゃんが歌って最後にワンコが吠えて終わる歌が3 [続きを読む]
  • チャイナショック…
  • 「夕刊フジ」の公式サイトのZAKZAK、7月6日付けの記事「「トランプ弾」が中国市場を直撃 世界を巻き込む「チャイナショック」にうろたえるな」に掲載されている中国、米国、日本の株価と人民元の対ドル相場(データ:CEIC)を興味深くみました。〇国、米国、日本の株価と人民元の対ドル相場 人民元の下落と上海株価総合指数の関係が余りにダイレクトで驚きを隠せません。ダウ、日経平均は単なる参考値でこれが日中の経済戦争 [続きを読む]
  • 05.再教育キャンプ…
  •  AFPのサイトに「中国が存在否定の「再教育キャンプ」、カザフの裁判で元職員が証言」との記事が掲載されています。○「中国が存在否定の「再教育キャンプ」、カザフの裁判で元職員が証言」 URL : http://www.afpbb.com/articles/-/3182923  新疆ウイグル自治区は、下の地図を見ると解るように北はカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、アフガニスタンに国境を接しています。 正確には「スタン」ではなく、「イスタン」 [続きを読む]
  • 書庫の一部制限の解除…
  •  1年前に書きかけで中止した新疆の旅行記を完結すべく続きを書いていたのですが、その沿革を記すため新たな「新疆ウイグル自治区とウイグル族」の書庫を作りました。 また、「台湾史と言語(資料)」も最終稿と以前の校正が中途半端となっていたので改めて掲載しました。「最台湾を知るために」の最終稿は2014年に既に校正を残して書き終えていたはずで現在、PC内部を捜索中です。「最台湾を知るために」は資料編を除くと第4回で [続きを読む]
  • 04.共産政策失政と弾圧…
  • ♪お知らせ♪ 閑話休題で新疆ウイグル自治区とウイグル族について書いてきましたが、余りに旅行記と乖離してきたので新たに「新疆ウイグル自治区とウイグル族」として新たなテ−マで編集することにしました。 今回は、東トルキスタンの勃興期の中国の政治体制と政策から話しを始めます。 テ−マがテ−マだけに読んでくれる人は少ない!?(いないかも…)しれませんが、時折、書きますのでよろしければ読んで下さい。 ○中華人民共 [続きを読む]
  • ドロ−ン…
  •  ここ数年、ドロ−ンに興味があったのですが大きさに問題があって二の足を踏んでいました。と言うのも旅行に携帯するため小型のものを所望しているからです。ドロ−ンの用途は遺跡の空撮でミャンマ−のバガン遺跡やインドネシアのボルブド−ル遺跡は絶対に上空から撮ると絶景だと確信しています(左 ボロブド−ル遺跡[インドネシア]) 今は様々な問題で中国での撮影は躊躇する事が多いのですが雲南省の大里古城や麗江古城等は上空 [続きを読む]
  • サングラス…
  •  北海道は冬季の雪原をドライブすると日焼けと同様に目が焼けます。個人差はあると思いますが冬季に雪原を走る車窓を見続けると同様となります。ただ、車の運転とは違い雪道や雪原を凝視する必要がないので、目が焼ける事は希なのかもしれません。 僕は目が焼けると酷い充血と目を閉じても目がチカチカします。翌日は目やにで目が塞がり、眼科に直行するはめとなります。それ故に夏場より冬場の方がサングラスを外せません。 僕 [続きを読む]
  • 先生との面談…
  •  娘が幼稚園に年少さんとして通園するようになって早3ケ月が過ぎ1学期が来週18日に終了します。それに合わせて本日、先生と面談があり娘と夫婦で出かけました。 日々の幼稚園で出来事や娘の性格、そして些細な、たぶん些細なトラブルを聞きました。今日、昼食時に原因はわからないのですが泣き始めて、先生が宥めても泣き止まず、結果、食事を戻してしまったそうです… そして、吐いたことによって食事を完食できず「鬼に食 [続きを読む]