まるちゃん さん プロフィール

  •  
まるちゃんさん: 喜び一杯
ハンドル名まるちゃん さん
ブログタイトル喜び一杯
ブログURLhttp://sake.eshizuoka.jp/
サイト紹介文お酒には香りがある。お酒には味がある。お酒には温もりがある。 お料理との相性研究は飲食最高の粋。
自由文酒屋の酒知らずからはじまった酒人生。蔵人となり造り手の心を崇敬し、酔うほどに虎となり神に近づく飲み手の心が魂に宿り、売るは幸せな生活への道しるべ。酒は人と人とを近づける。男女ならなお良し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/11/04 13:51

まるちゃん さんのブログ記事

  • 七田はやっぱり旨すぎる!
  •  七田にはいくつもの種類があります。 話題の雄町純吟は明日の3日に来ます。 それを待てずに、今回は純米をいただきました。 ほどよくそそられる香り、それから純米酒らしいコクと旨味がたまりません。 七田の原点がこの七田純米です。 [続きを読む]
  • 鶴齢秋あがりは事情があって、
  • 日本酒蔵元は原料到達から生産が冬。受注は生産から数か月後が普通。需要が供給よりも多いことが一般的。日本酒はだいたい1.8Lと720mlがあります。720mlだけの販売にすれば、瓶の数は多くなります。その数2.5倍。ですから、この頃は人気酒は本数を作ろうと、1.8Lはやめて、720mlだけにするケースも増えています。鶴齢秋あがりもその一つ。720mlだけしかつくりません。今日入荷。今日現在の在庫は9本です。 [続きを読む]
  • マグロのヅケを初めて作ってみた!
  • マグロの色合いが、いまいちでしたので、刺身ではなく、ヅケにしようと思い、自分でやってみました。初のヅケ丼。自分で言うのも変だけど、すごく美味しい。美味しいのは、私の腕ではなく、おそらくこのおかげだな。純米本みりん。本みりんでは、こうはいかない。やっぱ純米本みりんでないと。 [続きを読む]
  • 清流藁科川の鮎で去り行く夏に乾杯!
  • 静岡人自慢の清流藁科川。ここで釣れる鮎は絶品。いつも持って来てくれえる方がいらっしゃいます。ありがたいことです。川を連想してみて、何が一番あうのか?そうだ、これしかない。風香であります。どうです?清流のイメージが沸きますか?風香はあと1本のみとなりました。2108年9月24日 [続きを読む]
  • 七田からひやおろし二酒来たる!
  • さあ。今日は午後から涼しくなりました。秋って感じ。いいですねえ。秋につきものは、秋の味覚。そうですよ。秋酒です。名酒天山酒造から、七田のひやおろしが来ました。素晴らしい酒米の雄町と愛山の二酒。早くしないとなくなってしまうかも。七田 雄町 ひやおろし七田 愛山 ひやおろし [続きを読む]
  • ついに完成2018年梅酒!
  • やったぁー。ついに完成しました。今年の梅酒。梅の実のほとんどが沈みましたので、全部出して梅酒の完成です。今年は冷蔵貯蔵したせいで、完成までにいつもよりも時間がかかりました。二ヶ月弱です。6キロの梅の実を出して完成です。 [続きを読む]
  • いきなり2つゲットの限定レモンチーズQBB
  • これと知り合ったのが昨年。美味しいなともうひとつ買いに行ったら、もうなかった。限定だとは知らなかった。このレモン度がたまらず、ずっと待っていた。ようやくこの夏にゲット、まずは2つゲット。このチーズデザートとあうのは、果実味が豊富でなおかつ酸味が多すぎないこと。となると、このワインの出番。デアノイエですよ。 [続きを読む]
  • 焼酎ナビゲーター取得講座開講だよ!
  • 今週の金曜日、20日の19時から20時20分まで、焼酎ナビゲーター呼称資格の講座があります。この講座を受講されるだけで、焼酎ナビゲーターの資格が得られます。もうそろそろ、締め切りとなりますので、受けたい方は至急SBS学苑パルシェ校まで御連絡ください。電話 054-253-1221待ってますね。 [続きを読む]
  • 審査員募集:第12回静岡県本醸造鑑評会
  • 今年もやりますよ。暑い夏に。今年は23種類の静岡酒の本醸造系が集まりました。静岡県内の本醸造あるいは特別本醸造を各蔵1本づつエントリーし、銘柄がわからないように、ブラインドできき酒。各自上位5つを選び、合計する。あなたに審査をお願いします。審査は飲み食いしながら行います。楽しいですよ。日時;2018年7月17日(火)19時〜20時20分会場:静岡駅ビル7階SBS学苑パルシェ校費用;受講料 1,944円 / 教材費 2,160円  [続きを読む]
  • 給水はGREEN DA・KA・RA、給酔はヴィーニョベルデ!
  • 暑くて給水が義務になっています。飲みすぎて、胃腸が「いらないよう」と訴えている感じもしますが、汗の量ったら、それはもう計り知れない。昼間の給水はサントリーのGREEN DA・KA・RA の出番が多いです。夜はポルトガルのスパークリング白ワインであります、ヴィーニョベルデの出番が多くなります。この二つ。見た目も緑、青、黒を基調とした色合いで似ていますが、味わいも似た物同士です。GREEN DA・KA・RAがお好きな人には、 [続きを読む]
  • ヴィーニョベルデを凍らせないでね!
  • 毎日が美味しい。毎日がヴィーニョベルデ気分で入れたら。私の梅雨明けはそんな気分であります。このヴィーニョベルデは微炭酸ポルトガルワインです。2017年から惚れこんでいるワインであります。スパークリングワインですから、冷やして飲みますが、冷やしすぎはあんまりよくありません。冷凍庫に入れっぱなしにしておきますと、ワインが凍ってしまい、瓶がはぜてしまいます。危険ですから、ヴィーニョベルデは冷凍庫で凍らせない [続きを読む]
  • ポルトガル伝統ワインヴィーニョベルデのラゴロゼ登場!
  • ポルトガルワインって印象は薄い方だと思います。フランスやイタリアなどと比べて。しかしパンも天ぷらもポルトガル経由でやってきました。大きな海に面していることが共通であり、食べ物も似ているらしいです。タコのマリネにカルパッチョに焼き魚。決して濃いソースではなく、軽めの味わい。食べ物が似ているということは、飲み物も似ているのでは!そうでしょうか?いやそうなんです。と言わせて下さい。そのワインとはこちら。 [続きを読む]