ながと まさよ さん プロフィール

  •  
ながと まさよさん: 『ながとまさよ』フルート教室の日記
ハンドル名ながと まさよ さん
ブログタイトル『ながとまさよ』フルート教室の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/nagatomasayo-fluteschool/
サイト紹介文山口県下関市「ながと まさよ」フルート教室の日々のレッスン、演奏活動などを、ご紹介しています。
自由文日記では、日々のレッスンの事、演奏活動の表から裏側まで、またコラムでは、フルートグッズ、楽譜などをご紹介しています。
また、レッスンでは、私の練習法、レッスンポリシーなどもお話しています。
フルートに興味のある方は、一度、遊びに来て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/11/07 14:45

ながと まさよ さんのブログ記事

  • ラヴィンユー【介護職員Fさん編】
  • 8月上旬より、秋の発表会に向けて本格的な練習が始まりました。 今回は、参加人数が少なめですが、少数精鋭!で頑張っています。 介護職員Fさんと、カフェのMさんの組み合わせで、ラヴィンユーのデュエットを演奏してもらいます。 カフェのMさんは、大張り切りです☆彡可愛いお嬢さん(介護職員Fさん)と一緒に演奏ですしね!! Fさんも、素敵な曲なので、練習を頑張って下さっています。そう、こんな曲なんですよ! 私も、よく演奏 [続きを読む]
  • レッスンを続けることで、人生に必要な事が学べる・・・③
  • さて、レッスンの効用については、3日目になりました。 1日目は努力し、忍耐力が身に付くと言うお話。2日目は協調性のお話でした。 3日目の今日は、性格についてです。 例えば、落ち着きのない人はレッスンで「落ち着いて演奏する」と言う事を身に付ける事が出来ます。 演奏を聴くと、その生徒さんの性格がある程度分かります。大人しい人はか細い音色になったり、表現が小さめだったり。大胆な人は、後先考えない・・・少々雑な演 [続きを読む]
  • レッスンを続けることで、人生に必要な事が学べる・・・②
  • さて、昨日の続きです。 音楽のレッスンを続けることで、人生に必要な事が学べるとは? 2番目は、協調性が育つと言う事です。 音楽の最初の段階は、一人で練習して、曲を正しく演奏する事です。その段階が終わると、今度は、誰かと一緒に演奏したくなると思います。 先生と2重奏をしたり、カラオケ音源に合わせて演奏するかもしれません。教室の同じようなレベルの方と一緒に、アンサンブルも出来るでしょう。時には、上手な人と一 [続きを読む]
  • レッスンを続けることで、人生に必要な事が学べる・・・①
  • 今日は、先日、素晴らしい話を聞いたので、ちょっとご紹介しようと思います。 フルートの先生方が集まって色々と勉強会をしているのですが、その中で出た話題で、音楽活動の利点(良い所)ってなんだと思う?という議題で話をしました。 ある先生は「音楽で心が豊かになる」とか「もっと音楽が好きになる」等、色々な意見が出ました。すると、ある先生が、私の目を覚ましてくれるような言葉を言ってくれました。 「レッスンを続ける [続きを読む]
  • ソルフェージュを強化して・・・【小学生のコハルちゃん編】
  • 私は、ここ10年位、中学校校でフルートを教えるチャンスを頂いています。 色々な中学生に接してきて、また自分の息子も中学生になり、一番感じるのは「ソルフェージュ能力が、楽器の上達の早さを決定する!」と言う事です。つまり、楽譜が読めるか、読めないかが、上達に大きく関わっていると言う事です。 楽譜がスラスラと読める子を教える時は、あとはフルートの技術的な事や音楽的な事を教える事に集中できます。しかし、楽譜が [続きを読む]
  • リハビリ快調!【長府のYさん編】
  • 当教室に入会され、1か月ちょっとのYさん(50代女性)。 とてもチャーミングなお姉さまで、私も親しくお話をさせて頂いています。 以前、岡山県に住まれていましたが、そこでフルートを7年位習っておられました。しかし、下関に引っ越してこられ、しばらくフルートから遠ざかっておられましたので、今はリハビリですね☆彡 最初、レッスンを再開されたころは、思うように音が出ず「あれ?」と戸惑っておられましたが、前回のレッスン [続きを読む]
  • 正しい構えで美しい音を!【中学生のMちゃん編】
  • 2か月前よりフルートのレッスンを始めた、中学1年生のMちゃん。吹奏楽部の練習でも頑張っていますが、更に上手になりたいとの事で、個人レッスンを受けに来ています。 今は、頭部管での音出しのほかに、楽器の構えをしっかりマスターしてもらうべく、頑張っています。 頭部管では、綺麗な音が出るポジションを、一緒に探しています。ちょっとした角度の変化で、音色が変わる事を実感してもらい、自分にとってベストなポジションは [続きを読む]
  • 糸の仕上げに入りました【中学生のノイちゃん編】
  • 中学3年生のノイちゃん。 先日、テニス部の最後の試合が終わり、一応部活は引退となりました。でも、今年、学校で様々な記念行事があり、その準備などで毎日学校へ行っている・・・という忙しい夏休みを過ごしています。 初夏から始めた「糸」も、かなり仕上がってきて、いよいよカラオケ音源に合わせての練習をしています。フルートで吹きたい定番J-POPあつめました。[保存版](カラオケCD2枚付)7,440円Amazon 最初は、なかなか最 [続きを読む]
  • 演奏動画と上手に付き合う方法
  • 先日、とある学校の吹奏楽部の顧問の先生と、色々と意見交換をさせて頂くときがありました。 その先生は、50代でベテランの先生です。 そこで話題になったのが、演奏動画とどう付き合うか?と言う事です。 私たちが子供の頃は、CDを買って聞く事しか出来ませんでした。それも、結構高いCDだったりするので、なかなか手に入れる事が難しかったです。 しかし、今は動画サイトで簡単に演奏動画を見る事が出来ます。すごく羨ましいと思 [続きを読む]
  • 音符が読める様になりました!【保育園児のマナちゃん編】
  • 今年の春、年中さんになったのをきっかけに、ピアノを始めたマナちゃん。 まだまだ照れ屋さんな所があり、歌を歌う時はお母さんの手をつないで、はにかみながら歌います。可愛いな〜と思いながら、見守っています。 そんなマナちゃんも、読譜の練習を初めて4ヵ月。 今は、ドレミファソラシドの1オクターブを練習しています。【送料無料】 おんぷカード S  3-01-02 音符カード(おんぷかーど)音符カード  864円Amazon 音名も [続きを読む]
  • レッスンの参観日【小学生のナギちゃん編】
  • 7月の下旬、私は新しい取り組みにチャレンジしました。 それは、ちびっこクラスのお母さん方にご連絡をして、レッスンの「参観」をされませんか?と、ご案内しました。 小学生になると、毎回のレッスンにお母さんが付いてくることも無くなります。玄関先まで車で送ってきてもらい、あとは一人で教室に入って来ます。 もちろん子供さんの自立の為には必要ですが、そうなると、私と保護者さんのコミュニケーションが難しくなる事、子 [続きを読む]
  • 2018年山口県学生音楽コンクール 本選会
  • 7月31日、山口県学生音楽コンクール本選が行われました。 前日にも、伴奏合わせをしていただき、準備万端な二人。 頑張って本選で、一つでも上の賞が取れる様に頑張っていました。 本選当日、まずはみーちゃんが演奏しました。予選より落ち着いて演奏できたと思います。少しですが、この1週間の成果が出たと思います。 そして、史紋。演奏が始まって「え?」って。調子が悪い。予選の7割くらいの出来でした・・・撃沈。(演奏も [続きを読む]
  • 木製譜面台が来ました!
  • とうとう、私の念願がかないました!! 以前から、このブログでも「木製譜面台が欲しい!」と書いていましたが、とうとう手に入れました!! 今まで使っていたのは、スチールの譜面台でした。 安くてつ軽くて使い勝手は良いのですが、安定性に欠けるし、背板が無いので、紙の楽譜が一枚ぺろーんってある場合、書き込みがし難かったです。そこで、背板の付いた木犀の譜面台が欲しいと思いました。 そして、大阪のドルチェ楽器さんに [続きを読む]
  • 毎月2日は、史紋の日【14歳6か月】
  • 7月の上旬、息子と初めて「親子共演」のお仕事を頂きました。 下関市菊川町の教育委員会と社会福祉協議会さんが企画した「菊川通学合宿」という小学生向けのイベントで演奏するチャンスを頂きました。ちょうど、社協の担当の方が、私が小さい頃から知っている方で「今回は、昌ちゃんにお願いしたい」と連絡をしてきてくださいました。以前、息子もフルートをしている事を話したので「小学生の前で、中学のお兄ちゃんが演奏してくれ [続きを読む]
  • T中学校吹奏楽部フルートパート指導日記【2018年7月編】
  • 夏休み直前、下関市内のT中学校へレッスンに行って来ました。 いつもは学校でレッスンをしているんですが、7月、8月の学校は死にそうに暑い。私は無理なので、近くの公民館を取って頂き、涼しい環境の中でレッスンをさせて頂きました。 ・・・で、公民館の方に案内されたのが、まさかの和室!! ずっと立ってレッスンをするわけにはいかず・・・公民館の方は、和室に椅子を置いていいですよ!と言って下さったので、お言葉に甘えて [続きを読む]
  • 練習のモチベーションアップ?【門司のAさん編】
  • 門司からレッスンに来てくださっているAさん。 夏休みに入り、お仕事も少し余裕が出てきたころでしょうか? 実は以前から、ある希望を聞いていました。それは「カルメンファンタジーが演奏してみたい」と言われていました。 これは、私が卒業試験で演奏した曲です。懐かしいな〜。 今度、3月のソロ発表会を大きなホールで企画したいと思っているので、ぜひ、Aさんにカルメンファンタジーを演奏して花を添えて頂きたいと思いました [続きを読む]
  • もうすぐアルテ1巻終了!【保健師のOさん編】
  • 保健師のOさん・・・先日の西日本豪雨の時は、経営されている喫茶店の店先まで雨水が来て、浸水寸前だったようですが、なんとか無事に乗り切られたそうです。 その後にレッスンに来られた時、色々と当日のお店の様子や下関市内の様子を聞かせて頂きました。(我が家は下関の中心地からは、離れているので、様子が分かりませんでした) そんなOさんも、もうすぐアルテ1巻が終わります。アルテフルート教則本 第1巻3,564円Amazon 今、 [続きを読む]
  • 年齢ではなく、努力を重ねる大切さ【山口市のSさん編】
  • 山口市在住、60代後半のSさん。 フルートを40年ぶりに再開し、半年ちょっと経ちました。 最初は、ほんと、音を出すのが大変で、頭部管から練習をし直しました。でも、努力家のSさんは、毎日、ご自分のペースでコツコツと練習を重ねてこられ、音も最初より出るようになってきましたし、アルテ1巻も、徐々に進んできました。アルテフルート教則本 第1巻3,564円Amazon 最近、足の指を骨折されたり、体調が不安定だったりと色々と大変 [続きを読む]
  • 薬指の秘密【宇部のSさん編】
  • 皆さんは、薬指の動きは良いですか? 苦手ですぅ・・・って言われる方が多いと思います。 宇部のSさんも、今、薬指の運指で困っておられました。 一番下の段の2小節目。高い音ですし、ファの♯の運指。このパターンが苦手な方も、多いと思います。 よく一般的に、薬指は動きにくいと言われています。諸説ありますが、薬指と中指を動かす神経がどーのこーのとか、脳の機能問題だとかありますが、実際は、よくわかっていません。 そ [続きを読む]
  • 跳躍の秘訣!?【小野田のIさん編】
  • 皆さんは、跳躍がお好きですか? 実は、私も跳躍が苦手でした。大学に入り、中山早苗先生に鍛えて頂き、跳躍のコツを沢山教えて頂きました。 決して、私は器用なタイプではありませんでした。だからこそ、色々な人に練習法を聞いたり、自分で試行錯誤したからこそ、今の仕事に役立っていると思います。 山陽小野田市のIさんも、今、ケーラー1巻の6番を練習しています。E・ケーラー作品33練習曲集 (フルートのための35のエクササイ [続きを読む]
  • 2018年山口県学生音楽コンクール 管楽部門予選会
  • 夏休みが始まってすぐに、山口県学生音楽コンクールの予選会がありました。 実は息子ちゃんは、昨年も挑戦したコンクールなのですが、見事予選落ち。今年こそ予選突破!とリベンジを誓いました・・・私が。 本人は「えーーー出たくないし。面倒くさいし」と嫌がっていたのを無理矢理説得したような形になりました。 同じく下関市内の中学3年生のみーちゃんも、参加する事になり、当教室から2名のエントリーになりました。 2人とも [続きを読む]
  • 木管フルート試奏会【看護師のS君編】
  • このブログの超古い読者さんや、昔の生徒さんならご存知の「看護師のS君」を覚えておられますか? 教室に来られた当時は、25歳だった彼も、現在は38歳になって、下関市内の総合病院でご活躍されています。数年間教室で勉強され、吹奏楽団に入られました。現在は、お仕事が忙しく、なかなか楽団に行けてないそうです。 そんな彼が、先日のドルチェ楽器のイベントの様子をネットで見られ「木管フルート、吹いてみたいな〜!興味があ [続きを読む]
  • 時の流れに身を任せ…ては、いられません☆彡
  • 私が、この教室を始めたのは2001年4月。17年の時が経ちました。 当時は、まだ携帯電話を持ってない方も多かったですし、スマホもありません。ネットもあまり普及していませんでした。 月日が流れ、今ではスマホが生活の中で大きな存在となり、ネットで色々調べたり、買い物をしたり・・・とライフスタイルも変化してきました。 そうした中で、人々の心のあり様、判断基準、考え方も大きく変わってきました。 私はネットが好きだっ [続きを読む]
  • アイデアウーマン!【臨床検査技師のKさん編】
  • 新婚の臨床検査技師Kさん。 今は、お仕事、家庭生活、フルートの両立を目指して、日々頑張っておられます。 時折聞かせて頂く生活の様子の中で感じられるKさんの成長が、とても嬉しいです。 先日、発表会の選曲や組み分けを決めていた時期に、Kさんがレッスンに来られたので意見を聞いてみました。Kさんは、教室に来られて10年・・・保健師のOさんに並ぶベテランさんで、教室のご意見番的な存在です。 私も、困ったことや、どう判 [続きを読む]