安寿 さん プロフィール

  •  
安寿さん: マンガのソムリエ〜おすすめ漫画百選〜
ハンドル名安寿 さん
ブログタイトルマンガのソムリエ〜おすすめ漫画百選〜
ブログURLhttp://manga0001.seesaa.net/
サイト紹介文100作超のおすすめマンガと日記やコラムを主体としたブログです。ほぼ毎日 更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/11/08 10:00

安寿 さんのブログ記事

  • 漫画『ビショップの輪』田村由美
  • 百の鬼の封印を解いたことで、昼は馬に、夜は鳥になる呪いをかけられたカップル。人の姿に戻るには百鬼夜行を駆逐しなくてはならない。時にケンカし、時に力を合わせ強大な鬼と戦うオカルトラブコメファンタジー。好奇心から禍に巻き込まれたカナとレイジは呪いをとくために旅をしている。連続殺人事件が相次ぐ街にやってきた二人。人を狂暴化させ操っている春の天帝に対して、ビショップとなった二人は不思議な力を使い対抗する。 [続きを読む]
  • 漫画『HOTEL Boichi作品集』Boichi
  • 2031年。温室効果により近未来に海がなくなるという絶望的な状況が予測された。人類が海洋資源を発掘したことが仇となり、地球上の急激な温度上昇は不可避。海面の温度は100度を超え海は沸騰し、消滅。地球上の温度も270度近くなり地球滅亡は確実。既に歯止めをかける手段はなくなり、もう後戻りできない所まで来ていた。人類ができることと言えば限られたDNAを「ホテル」に託すことだけだった。自我が芽生えたホテル支配人の超 [続きを読む]
  • 漫画『ストロボライト』青山景
  • 7年前の出来事を回想しながら語られる物語。小説家をめざす大学生浜崎は、人生に多大な影響を与えた『Q9』という作品に出演した町田ミカと出会う。桐島すみれという芸名で活動していたかつての彼女はとても感じのよい娘さんだった。擦り切れるほど観たビデオテープのこの作品はほとんどの人がわからないと首をかしげる作品。だがヒロインの熱烈なファンだった浜崎は彼女の影を追い、なぜかつきあえることに。トントン拍子すぎな [続きを読む]
  • 漫画『ハチ HACHI‐東京23宮‐』西義之
  • 東京23区で頻発する吸血殺人事件の犯人は亜人種(ミュータント)。一笑に付されたこの提言は真実であり、神と人とのハーフである半神の仕業だった。しかし人類はその脅威を知らず生活していた。日常に危険が迫っていても案外人は気付いていない。そして、知らない所で進められた計画や悪意、敵意を知ったときには手遅れな場合が多い。イタズラ好きでヒーローにあこがれる中学生のハチ、ハチの幼なじみであり急に美人化したことで学 [続きを読む]
  • 【無罪モラトリアム】
  • ドロップアウトは蜜の味。春のこの時期に解放感から公衆の面前で裸になって捕まったり、社会から蒸発してしまう人が多いのも一理ある気がしてしまう。春夏秋冬という四季があり、同時に形式美的「冠婚葬祭」を重んじる日本では良くも悪くも成長や卒業、ハレ、ケの日を強く意識させられる。進学や就職が決まった者も、それが叶わなかった者も等しく自分のキャラクターをRPGのように演じなければいけないわけだ。管理人の私見とし [続きを読む]
  • 漫画『それではさっそくブォナペディード』ヤマザキマリ
  • イタリア、ポルトガルを行ったり来たりの著者による食のあれこれを描いたグルメ漫画。(グルメ系趣旨ではないと断っているが、食べたことがない物やその国ならではの食文化、食の事情も描かれていて懐の深い作品。基本的に七面倒くさいうんちくや変なこだわりを描かず食事を楽しもうという姿勢に好感が持てる)。海外にいるからこそ味わえる食べ物や意外にも食べられるアジの干物に驚き。日本に住んでいないから手に入らない食材や [続きを読む]
  • 【未来コオロギ】
  • 「行ったり来たりできるよ これから」埼玉でも桜が開花しました。みなさんいかがおすごしでしょうか。乃木坂46時間テレビを堪能しましたか?生駒ちゃん卒業発表で傷心な管理人ですが卒業したメンバーも本人が乗り気ならば乃木坂46時間テレビでサプライズ登場!という伝統を続けてほしいものです。マツミンがバカバカしくておもしろかったです。「きっと想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってる」新生活に向けて準備を始めている [続きを読む]
  • 漫画『ひまわりっ健一レジェンド』東村アキコ
  • 漫画家を夢見るアキコが父健一や職場の先輩、後輩、腐女子高生らに散々振り回されるというギャグマンガ。ラブコメでもあるが、ギャグ中心のストーリー展開。父と同じ健一(健一2号)という名を持つ男性との中学生レベル(小学生レベルかも)な恋愛。悪魔のようなライバルおかっぱ節子の妨害。鈍感なバカ健一2号も父レベルで話が通じず、バカの壁を痛感させられる。恋愛要素すら笑いのために存在している感が強い。中盤までは、人の [続きを読む]
  • 漫画『CITY』あらゐけいいち
  • 家賃滞納し、競馬で浪費する女カイジ南雲美鳥は後輩にーくらに日常的に金を無心するダメ人間。かつて数々のスポーツで校内を熱狂させた超人は大学生になったらすっかりダメ人間になっていた。突発的に盗みを働いた南雲は、いろいろあって洋食マカベと働くことになる。愉快な家族経営をしているマカベで、すぐにでもバックレそう…と思われながらもなんとか仕事をこなす。自分のことを本官と呼び、なぜかCITYの住人たちからも本 [続きを読む]
  • 漫画『運命の鳥』高橋留美子
  • 「運命の鳥」私は他の人には見えない鳥(運命の鳥)が見える。自業自得で失敗をする人々の頭上に現れるこの鳥は、その失敗の度合いに応じるかのように数が増す。自分が好きだったマドンナ的存在の五木ひろみにあの不幸を告げる鳥が舞い降りた時。私は彼女が不幸な失敗をしないように忠告したのだ。でも聞き入れてもらえず、彼女の転落人生を目撃。年月を重ね、喫茶店のマスターになった私は常連さんに頭に鎮座する鳥たちを見ながら [続きを読む]
  • 【からくりサーカス 名言集】
  • 【才賀勝】人間の「伝統」は、きっと心の姿勢だ!!悲しい昔をもっとマシにするためにがんばる心なんだ!!ぼくはね、団員のみんなから――「気持ちよく生きるための芸」を教わってるんだ。今に ぼくが大きくなったらこのカゴいっぱいにお母さんに何でも買ってあげるね……操られて上手に生きるよりも…下手でも…自由に…思い出の中で大好きな人の笑顔が浮かぶ…笑顔は本当にはかないもので…少しのコトですぐこわれちゃう。この [続きを読む]
  • 『ドクタースランプ他 名言集・迷言集』
  • 一番顔のいい奴が(危険な旅に)行くことにしようぜ。と言うと ええーっ。わしが行くのか。どあつかましく答えたのは 千兵衛という村人でした。 顔についてはみんなすごく文句があったのですが黙っていました。こうして目を閉じて歩いているとまるで暗闇をさまよっているようだ…当たり前やんけ なに考えとんねんああっ い いかんし しまったぁ〜……ウンチがしたいお上品なマンガなのに…ジャッジのブータレブーさん 真剣 [続きを読む]
  • 【石の中に貝】
  • 【海岸で拾った石の中に貝が!】【えんむすびーち(石川県)にて】ぼ、ぼくはえんむすびよりもおむすびの方が好きなんだなぁ。金髪美女と恋人と思しき男性がイチャついていてそれをほほえましい(本当はどす黒い気持ち)で眺める。くだらねぇとつぶやいてさめた目して伏し目がちで歩く。なんか、穴が開いているオカリナみたいな石あったら拾ってみたら、中に貝が入り込んでいてびっくり。いいのかな。持ち帰っちゃって?人工的な石 [続きを読む]
  • 漫画『ビースターズ』板垣巴留
  • 本能に抗うオスオオカミ、本能に従うメスウサギ、過酷な過去を持つオスジカ、お手本大人パンダ…高い知能を有したことで多くの矛盾や諸問題を抱えることになった獣人(鳥人)たち。擬人化されたキャラクターたちによって描かれる現代社会の闇や諸問題に鋭いメスを入れた傑作ファンタジー。生臭くて残酷で愛しい世界。キャラクターの心理描写、造詣、動かし方など特筆すべき点が多い作品。全寮制の中高一貫校チェリートン学園は肉食 [続きを読む]
  • 【少年漫画的主人公の話をしつつ、そうだ秋田犬人気に便乗しよう】
  • 邪な思惑ありの不浄の地で開催された五輪だったが、日本人選手の躍動、特に羽生選手の活躍により観戦、応援に熱が入るオリンピックだった。ギャーギャー騒ぎすぎてノドが痛い。選手でもないのに軽度の燃え尽き症候群だ。オリンピックで金メダルをとり、国民栄誉賞いただき!という傲慢な天才柔道家猪熊滋悟郎氏が、孫娘猪熊柔を柔道にムリヤリ邁進させる漫画『YAWARA!』を久しぶりに読むことでテンアゲを図る管理人。48キロ以下級 [続きを読む]
  • 【不滅のあなたへ 名言集】
  • 環境にあらがうには それなりの障害がある時には命を危険にさらす ある人間は それを実行し死んだしかし 最も尊いものは失わなかったもうみんな気づいてる必要なのは殺し合いではなくて助け合いなんだあんたの言葉より おれが知ってるビオランを信じる死ねないなんて不幸だな無限に生きるとしたら生きていることにどんな意味を見出してるんだ? ごめん人の生き死にに意味を求めるなんて間違ってる今すごく嬉しいんだ お前だ [続きを読む]
  • 【最強伝説黒沢&新黒沢最強伝説 名言集・迷言集】
  • 生きてりゃ勝利なんていうのは… 動物の話だ……!オレは… 人間だ…! 人間は、動物と違う…!決定的に違う…! 生きてりゃいい…生きりゃ十分なんて…誰が思うかよ…!理想があるんだよ……! みな…!みんなそれぞれ理想の男像…… 人間像ってのがあって… そういうものを… 目指すから人間だっ…!人生は自分が主人公の映画!主人公である唯一の資格は真剣ってことさ!勝とうと負けようと悲劇だろうと喜劇だろうとその [続きを読む]
  • 漫画『11月のギムナジウム』萩尾望都
  • 全寮制ギムナジウムに転校してきたエーリックはトーマという学園のアイドルと瓜二つの容姿だった。素行の乱暴なエーリックはトーマに苛立ちビンタする。トーマの信望者で同学年になるためにわざと落第したオスカーはこれを許さず呼び出しをかける。剣呑な雰囲気が漂い事件が起こる。徐々に接近していくエーリックとトーマには隠された秘密があった。表題作「11月のギムナジウム」「塔のある家」少女マチルダは塔のある家で3人の妖 [続きを読む]
  • 【漫画名言集・迷言集 うせもの宿他】
  • 生きることにも死ぬことにも特別な意味などない全てに意味をつけたがるのは人間の愚かな性です強欲で傲慢で脆弱な人間の愛しい性(さが)です『うせもの宿』番頭どうせなら今 あなたが心の中で流している涙もこの音が止めてくれたらいいのに…『うせもの宿』お軽さん気まぐれの優しさで救われる人間も世の中にはいるんだよ『うせもの宿』紗季君らの演ってる音楽は、君らの時代の音楽だ。次の音というのは いつも新しく聴こえるん [続きを読む]
  • 【発見したきっかけ】
  • いつからだろうか?そうだ。乃木坂の「きっかけ」動画をこの目で見てからだ。まだこの時はメンバーの名前もそのキャラや魅力も理解してなくて、人気のあるアイドルだと思っていた。なぜこの動画観たんだっけ。オリコンでミスチルの桜井さんが褒めていたからだ。生活にかわいいが不足している。と嘆いていた埼玉県在住の安寿さん(管理人)が乃木坂を知ったきっかけは「きっかけ」という曲だった。それは2016年の年末頃。長年アイド [続きを読む]
  • 漫画『うせもの宿』穂積
  • なくしたものが見つかる宿に関わる人々が紡ぎ出す極上の人間ドラマを描いた少女漫画。才能あふれる穂積先生単行本化作品3作目。マツウラの紹介によりうせもの宿に訪れる人々はなくしたものを探しにこの不思議な宿に訪れる。こどものような女将、従業員、そして客すべてがなんらかのものをなくしている。そして、この宿を出ていくためには探し物を見つけなくてはいけない。客に対してつっけんどんな態度をとる女将だが従業員いわく [続きを読む]