安寿 さん プロフィール

  •  
安寿さん: マンガのソムリエ〜おすすめ漫画百選〜
ハンドル名安寿 さん
ブログタイトルマンガのソムリエ〜おすすめ漫画百選〜
ブログURLhttp://manga0001.seesaa.net/
サイト紹介文100作超のおすすめマンガと日記やコラムを主体としたブログです。ほぼ毎日 更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2008/11/08 10:00

安寿 さんのブログ記事

  • 【漫画名言集・迷言集 約ネバ他】
  • ないならつくろうよ 外に 人間の生きる場所変えようよ 世界『約束のネバーランド』エマ夢物語の理想論かもしれない 不可能だって誰もが諦めてしまうだけど だからこそ 僕も覆したい 諦めたくない『約束のネバーランド』ノーマン科学ではわからないことがあるじゃねえわからねえことにルールを探すその地道な努力を科学って呼んでるだけだ『Dr.STONE』千空私がいなくなっちゃうのと、一生 私にからかわれ続けるのどっちがい [続きを読む]
  • 【期待してんぜ、あばよ】
  • 『いそべー』が連載終了して尻にぽっかり穴が開いた気持ちでそうろう。あのユルい感じが大好きだったのですが…。次回作はどんなの描くのかなぁ?全く読めませんね。浮世絵漫画?一応預かったけど、浮世絵で連載したら笑えるわ〜という当時の編集担当の笑い話があるわけですが、まさか来年に発売される16巻まで続くとは。おもしろければOKというジャンプらしいとも言える作品。そして代わりにジャンプ連載がはじまったのは、『い [続きを読む]
  • 【ブラックジャック&ミッドナイト 名言集・迷言集】
  • 【間黒男(B.J)】治せるが別の肉体が必要だどうしようもない部分を切除してとりかえるのだこの瞬間が永遠なんだもしかしたらこの男の良心の顔だったのかもしれない切るこたアないだろう 虫垂だの親子の縁なんてのはやたら切っちまっていいもんじゃないだろうもし人の命を救って その人の人生を変えたならもしかしたら歴史だって変わるかもしれない私なら母親の命は百億円つけたって安いもんだがね患者に治ろうという努力の気持 [続きを読む]
  • 【あの漫画出ないのかよ?続きが読みたいぜ!!】
  • 今回は、『リアル』と『よつばと!!』『ガラスの仮面』の話でもしますかね。期待値が上がる一方なんですが。『ハンター』はなんだかんだで前巻から1年後に新巻発売し100万部突破。ファンや有志一同、管理人、そして兄の硬すぎる予想通り10週で休載しやがりました。でも「年内にも再開したい」という冨樫先生の言葉を信じ、(豊田元議員や豊田商事位信じている…つまり信じていない、おっと、この国で豊田の名の付者の悪口は禁句で [続きを読む]
  • 漫画『ブルージャイアント シュプリーム』石塚真一
  • 世界一のジャズシンガーをめざす宮本大は単身ドイツに乗り込んだ。彼の青い情熱は、音楽は国境を越え、人々の心を捉えるのか?『ブルージャイアント』↓続編。http://manga0001.seesaa.net/article/452806141.htmlドイツミュンヘンにやってきた大だったが、静かなジャズを好む傾向が強いことに気付く。街中で練習を試みても警察官に注意され、店での演奏を交渉しても断られてしまう。凍える場所で人知れずサックスを吹く大は、自分 [続きを読む]
  • 漫画『猫背を伸ばして 新装版』押切蓮介
  • 連載が決まった作者(神崎良太)だったがネームに苦しみアンケートがふるわない。人気は最下位だと告げられ、あと5周で打ち切りかもしれない!家でうじうじしていたら母から運気を動かすためにも運動しろ!と叱られる。友人との悪ふざけから楽しかった高尾山への遠足も同級生から白い目で見られる苦い過去に。16歳で働き始める勤労少年だったが、俺クオリティ(不幸にあって心の中で俺、俺と嘆いてしまう作者の病)が発動するよう [続きを読む]
  • 漫画『恐怖』楳図かずお
  • みやこ高校新聞部のエミ子の周囲では恐怖体験が目白押し!百物語を行えば、幽霊が現れ心臓を奪う。鬼の仮面をかぶせれば、美少女が鬼に化ける。毒蛾の化物に、拷問実験の進化を遂げた超人。移植された右手によって支配される少女。幽霊に魅了される男に絵の中から命を狙う女。雪女に見初められた男は身も凍えそうな日々。人の本性を見抜く力を授けられた少女は…。メーキャップによって人格が変貌する少年。義経を慕う静の亡霊に憑 [続きを読む]
  • 【ブルージャイアント、逃げ恥 漫画名言集】
  • みんな… ヘタクソから始まるんだ。音が出ないとこから始まって…一つずつ音が出せるようになって…ヘタクソだから練習して…そしていつの日か誰かの気持ちに届く音を出す。この人達の音楽に救われる日は来ないと、どうして言えるんすか?ヘタクソで、何が悪いんすか。(世界一のジャズプレーヤーは)音で言えるんです。気持ち… 感情の全部を… 音で言えるんです。思い切り思い切って、毎日毎日出し切らないとオレの持ってる全 [続きを読む]
  • 漫画『Dr.STONE ドクターストーン』稲垣理一郎 Boichi
  • 世界中の人間が石化し3700年の歳月が流れた。石化がとけた千空、大樹は石の世界から科学文明の復活をめざして歩き出す。幼少期から科学に魅了され、神童として科学の道を歩む合理的な科学バカの千空。純粋でクソまじめ、体力バカの大樹は幼なじみの親友。大樹は5年に及ぶ想い人杠(ゆずりは)に告白する!と千空に宣言。誰もがフラれると予想する中、千空だけは成功を疑わない。しかし告白しようとした瞬間、不思議な光が輝いて人 [続きを読む]
  • 漫画『不滅のあなたへ』大今良時
  • 神のような存在により放たれた球と呼ばれる存在。刺激や感情によって成長、進化を遂げる不思議な生命体。決して滅びることがない不滅の存在。石、コケ、犬…と姿を変えてその中で生きるあなたは一人の少年と出会う。少年は犬ジョアンと酷寒の厳しい環境で5年もの間一人で生きていた。豊饒の大地、楽園求めて出かけた人々はしかし誰一人帰ってこなかった。少年はジョアンと共に旅に出かけたが、一人の人間にも会えぬままケガを負い [続きを読む]
  • 漫画『からかい上手の高木さん』山本崇一郎
  • 隣の席の高木さんに毎回翻弄される中学生の西片。からかわれ、バカにされていると思いきや、高木さんはいじられキャラ西片のことが大好き。そう、好きな子をいじめたくなるちょこっとサド体質。暴力をふるわれるわけではないが、言葉責めなどのちょっかいを出し、その反応を楽しんでいる。西片はからかわれないようにしようと奮闘。しかし精神年齢、頭脳で圧倒的なアドバンテージを持つ女子高木さんにからかわれっ放しの防戦一方。 [続きを読む]
  • 漫画『竜の学校は山の上』久井諒子
  • 【帰郷】魔王を倒し帰郷した勇者。しかし、今度は人間同士の争いが勃発。行き場をなくした雑魚モンスターたちは度々現れ魔物被害が頻発。平和になったはずの世界のその後の問題を描く。【魔王城問題】魔王を倒したことで魔王城が手に入った。領主はこの巨大な城を利用しようとす。だが、荒野の先にあり元々難攻不落の城。罠が張り巡らされており、近くには独の沼地が。よって人間に対して健康被害も及ぼす。勇者としてモンスターと [続きを読む]
  • 【アンケート至上主義】
  • ジャンプのアンケートはがきを送ってみた。きっかけはハンターハンターが再開したことで兄がジャンプを購入するようになったからだ。休載したら、購入しなくなるから一体いつまでジャンプが楽しめるのか、アンケートを書くのかわからないけど…。ドラクエ予定通り発売しちゃったし、冨樫先生すぐにでも休載しちゃいそうだけど…。さて、応募ハガキを見てみると気がつくことがある。ジャンプに掲載されている漫画以外に、表紙や特集 [続きを読む]
  • 漫画『七つ屋志のぶの宝石匣』二ノ宮知子
  • 元公家の名家北上家の嫡男が倉田質店の質に入れられた。孫娘と結婚させれば、名家の家系図に名を連ねられる。そう考えた店主は大金を貸し、彼を引き取られた。結局北上家は一家離散し行方知れずとなった。引き取られた5歳の顕定は無事倉田家に育てられ、23年もの歳月が流れた。倉田家では志のぶが生まれ現在17歳の女子高生に成長した。「婚約者」(許嫁)という約束に対しては二人ともある種の冗談のように捉えているが、ときに本 [続きを読む]
  • 【花咲徳栄が黙ってない】
  • 「甲子園は世界遺産を凌駕する」これは全国制覇を成し遂げた花咲徳栄の岩井監督の言葉をアレンジしたものですが、歓喜の涙がとまらない。いや、少し言い過ぎた。盛り過ぎた。うれしすぎて嬉ションしてしまった。ちょっと言い過ぎた。広陵高校応援していた方からしたらウザいかもしれないが。それ位埼玉県勢夏の甲子園優勝というものは嬉しかった。なにしろ管理人は、徳栄の試合の日は全日寺社参りしたからね。日によっては10キロ [続きを読む]
  • 【火ノ丸相撲 名言集・迷言集】
  • 【潮火ノ丸】この体を理由には何一つ諦めてやるものか…?どの道が正しいかんなんてどうでもいい…ただ… ワシはこの道で勝つと決めたんじゃ!!今日まで何度もつまずいて来たそれは確かに 辛かったし苦しかったし悲しかったよでもな… 相撲をつまらないと思った事は一度もねぇ!!!弱さを認めたら… 終わってしまう気がしてたでも違ったんです ワシは独りじゃなかった一人では終わっていたはずの道もみんながいたからここま [続きを読む]
  • 漫画『ブルージャイアント』石塚真一
  • ジャズに魅せられテナーサックスを吹き続けた宮本大は世界一のジャズプレーヤーめざし故郷仙台を飛び出し上京。幼少期からピアノを弾いてきたプロ志向の沢辺雪祈、初心者ドラマー玉田俊二と共にJASSを結成。情熱のすべてをジャズに注ぎ込んだ彼らの演奏は人々の心を揺さぶり話題となる。あこがれのジャズの聖地「ソーブルー」への高みへと到達することはできるのか。宮城県仙台市青葉第二高校に通う宮本大はバスケ部引退を機に [続きを読む]
  • 【漫画名言集・迷言集 ω】
  • 知ってるコトや見聞きした経験は、他人をだまらすコトに使わないで、これからの自分がマシに生きてくために自分で使やイイ『双亡亭壊すべし』タコハキミらはこちら(プロ)側にこないのか?『背筋をピン!と』咲本揶揄でもなんでもなくなお前らの本当の戦いはこれからなんだよ『背筋をピン!と』タツ小竹1人でチームを仕切るのと、1人で野球やるのとは違うぞ。全員野球で追いついてきた相手に、こっちがそんな野球で勝てると思うか [続きを読む]
  • 漫画『HaHa はは』押切蓮介
  • 旅館の娘で元ヤンだった母の生涯を綴る。説教臭く、大の犬好きで下ネタ好きの母をつくった両親やふるさと、旅館の従業員、職場での生活。親族とのいざこざ…。そして親との死別…。天涯孤独となってからの自立を描く。【気に入らなければ父にすら牙をむく狂犬】山口県下関の旅館の娘、のぶちゃんこと母は地元でヤンキーとしてならす。対立する不良少女のみならずヤクザにも怯まずケンカを売るはねっかえり娘。愛人を持ちわがままな [続きを読む]
  • 【漫画のあの問題に切りこもう2】
  • 漫画における時間軸についての考察の番外編です。『火の鳥』火の鳥は、宇宙生命体(宇宙そのもの)であり、何度も生まれ変わり、永遠の存在である。その血を飲むと生き物に永遠の命を与えると言われ、惑星の生命体が全滅しそうになった際は、ある人間に永遠の命を与えるエピソードもある。この作品においては、時系列自体がはっきりしない。原始生活を送っていたキャラクターと、科学の向上により宇宙に飛び出したキャラクター、仏 [続きを読む]
  • 漫画『カッコカワイイ宣言!』地獄のミサワ
  • 目鼻口が中央に寄っている顔が特徴の地獄のミサワによるギャグ短編集。かっこいい男子や可愛い女子しか登場させないと銘打っているが、それはフリである。ツッこんだ時点で作者の術中にはまっている。登場人物の言動にイラつかされ、なんかもやっとするかさじぞうなどの昔話が提示され、時に読者を置いてけぼりにするカオス展開目白押し。自己顕示欲の塊と化した地獄のミサワもたびたび登場し、インフルエンサー(社会的影響力を与 [続きを読む]