フォルテ上司S さん プロフィール

  •  
フォルテ上司Sさん: ふぉるて上司Sブログ
ハンドル名フォルテ上司S さん
ブログタイトルふぉるて上司Sブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/forte_oyaji/
サイト紹介文還暦を目前にしながら、仕事の傍らランニング・ロードバイク高じてトライアスロンに挑戦中♪
自由文東京都世田谷区・小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社。フォルテの社長の勝手気ままな日記。
社長日記と言いつつも、趣味のトライアスロンへ挑戦に向けたトレーニングを中心にしたブログです!
ホントにホントに時々ですが・・・物件紹介や仕事の事も書いています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2008/11/08 12:28

フォルテ上司S さんのブログ記事

  • 武蔵境駅変わったね〜! 〜月間皆勤ラン17〜18日目〜
  • 途切れそうで途切れない・・・。そんな月間間皆勤ランチャレンジです。とりあえず、今日で18日目までクリアーしました。昨日(休日ラン)17日目・・・20.7km 月間185.3km(途中でStravaがストップしてしまいログ取れず)朝のテレ朝の「じゅん散歩」で武蔵境の紹介をやってまして、今の梅丘にて独立開業するまでは、中央線沿線の吉祥寺から小金井エリアで商売をしていたこともあり、その当時からすっかり様変わりしてしまった街の [続きを読む]
  • 全日世田谷地区 下期法定研修会・・・&皆勤ラン16日目
  •  ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆本日は「平成29年度 全日東京都本部世田谷地区 下期法定研修会」でした。(全日本不動産協会は世田谷支部・不動産保証協会は世田谷地区となり、法定研修会は保証協会が主催となります)朝からのお手伝いに始まって、研修会を受講して終了後の後片付けまで。これで今週は火曜日に続いて丸々会社を空ける事になってしまいました。因みに日曜日は相談会です。殆ど本業 [続きを読む]
  • 車は怖いぜよ・・・
  • 一昨日は赤信号で後方の停止線を間違えて前方の停止線まで進んできた車と接しそうになり、注意したらドライバーは後方の停止線を認識しておらず、数台分空けて後方の停止線に後続車が停車しているのを指摘するも、バカヤロー呼ばわりされてしまいました。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]
  • PIKALと言うヤツ・・・
  • 管理物件の鍵。シリンダーと一緒に保管してある未使用の鍵。入居者さんが決まって鍵交換を終えて渡そうと思っても、かなりくすんでいて、新しく入居する人に渡すのにちょっと躊躇してしまう事が有ります。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]
  • びしょ濡れ〜〜!
  • 夕方まで雨なのは分ってはいたんですが、ちょうど出勤時間になって止んでいたので大丈夫だろうと自転車で出発したら・・・5分もしないうちにパラパラと雨が落ちてきて、間もなく本降りになってしまいました。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]
  • 松江で朝ラン♪
  • 地方に行った時、「知らない街を散策しながらプラプラ走る」っていうのも楽しみのひとつです。なので、よほど体調が優れない限りは必ず走るようにしています。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]
  • 多摩川に「氾濫警戒情報」が!!
  • 夜中に風の音で何度も何度も起こされてしまい、今日は一日中眠くて眠くて堪りませんでした。そういえば、夜中には多摩川の氾濫警戒情報が出ていたなと、出勤途中にちょこっと立ち寄って様子を見てきました。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]
  • 松江 お初のはず・・・
  • 小学生の頃に玉造温泉と出雲大社と日御碕灯台に家族旅行した記憶と、学生時代に出雲にてサークルの合宿をしたのと、同じく友人たちと山陰道を鳥取から大山にドライブした事はあるんですが、記憶の中に松江は全く保存されておりません。従って、恐らく今回が初めての松江かと思います。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]
  • 秋雨前線真っ只中!ランツー&ジテツー
  • 日本列島のど真ん中に居座った秋雨前線のせいで、一昨日から降り続いている鬱陶しい雨。まだまだあと一週間は続くようで、その間ジテツーも出来ずランも出来ずじゃ身体も鈍ってしまうだろうと、多少でも小ぶりになった隙を縫って、寒さと冷たい雨に凍えながら実行しております。 ? ブログランキング参加中♪ ワン 応援お願いします☆続きを読む [続きを読む]