WISHWOOD さん プロフィール

  •  
WISHWOODさん: 『女子Ryu』編集長の女の留学と生き方をおしゃべり
ハンドル名WISHWOOD さん
ブログタイトル『女子Ryu』編集長の女の留学と生き方をおしゃべり
ブログURLhttps://ameblo.jp/wishwood/
サイト紹介文女性の留学サイト『女子Ryu』編集長の若松が海外留学と女性の選択肢についておしゃべりします。
自由文旧「アラフォー(Around 40)女子の独立起業チャレンジ」からブログ名変更しました。
2009年2月にオープン予定の『女子Ryu』は高校生からOL、ママ、グランママまで、いろんな女性が自分らしく留学を選択するための情報マガジンサイトです。
合言葉は「わたしの"流儀"、わたしの"留学"」
「こんな記事が見たい」「あんな人の話が聞きたい」そんな、自由な、多くのご意見をお寄せくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/11/09 22:53

WISHWOOD さんのブログ記事

  • NHK「旅するスペイン語」がスペイン語初心者に楽し過ぎる件
  • ■スペインでは赤色のバルは100年以上前から歴史を持つお店である■昔は識字率が低かった昔、赤色=飲食店という意味を持っていたなどなど。「旅するスペイン語」第2弾でさっそく仕入れた知識であります。スペイン語初心者にとって、とても楽しい番組となっております!俳優の平岳大さんと巡った「旅するスペイン語」第1弾もとても楽しかったけれど、平岳大さんが既にスペイン語をよく勉強されている方だったのもあって、ビギナ [続きを読む]
  • 「英語ができる」より「できない」人材が有利?
  • 9月24日放送の「林先生の初耳学」(TBS系)で、林先生が語った英語人材の就職に関する持論が話題になっていますね。“英語はできるが仕事はできない。そういう学生を採ると『英語ができる=仕事ができる』と勘違いして一番使い物にならないから。だったら「自分は何にもできないんです」っていう学生を採ったほうが鍛えやすい、と。”(2017年9月24日放送『林先生の初耳学』より)なんだか、旧態依然とした会社なんだな〜と個人的 [続きを読む]
  • ニュージーランド取材の旅(5)晴天率バツグンの街・南島ネルソン
  • ニュージーランドで最も高い日照時間を誇る街、ネルソンへも上陸してきました! ▼別名「サニー・ネルソン」。ぽかぽか暖かくて明るくて、昼寝したくなる街です。 ▼ネルソンはガラス工芸、絵画、彫刻、写真、など、さまざまな分野のアーティストがたくさん住む街としても有名なんだとか。 ▼食もお楽しみのひとつ!マルボロから程近いネルソンは、美味しいワインが手軽で豊富に入手できます。 ▼ワインにピッタリ。ベニソン(鹿肉 [続きを読む]
  • ニュージーランド取材の旅(4)ワイン畑(マルボロ・カントリー)
  • ニュージーランドと言えばワインですよね。 なかでも、マルボロ地方のソーヴィニヨン・ブランは世界的に有名なのだとか。私は知識は皆無なれど、ワイン大好き人間。 だからこんな幸せな出張、役得です! ▼広大なワイン畑。曇天でなければ絶景だっただろうに(悔) ▼このワイナリーで絶品ランチ頂きました。 このランチを通じて、日本人の方お2人にインタビューしてきました。お2人とも地元のワイン醸造学部を出て、現在、この「 [続きを読む]
  • ニュージーランド取材の旅(1)オークランド空港
  • 東日本大震災があったときすぐに支援の決断をしてくれた国のひとつ、ニュージーランド。わずか1か月前に、クライストチャーチ大地震があったばかりなのにもかかわらず、キー首相(当時)は「今度はわれわれの番だ」と名乗りを上げてくれました。→過去記事あの日は涙が止まりませんでした。ニュージーランドとはそういう国です。そのニュージーランドに、取材の旅に行ってきました。ニュージーランド大使館さんオーガナイズのメデ [続きを読む]
  • スペイン旅(8)セビージャの交通手段「路面電車」
  • セビージャで滞在したホテルの最寄駅は「サン・ベルナルド」駅。旧市街のある中心部へは徒歩約20分です。 もちろん歩いても大した距離ではありませんが、何度も言いますが、40度超えをなめたらいけませんよ。暑さはもちろん、日傘を手放さない日本での私の日常を『無』にする強烈な紫外線。ああ、腕がピリピリする。 そんなわけで、路面電車が便利です。駅はたった4つしかない短い路線ですが、上手く使えば格好の交通手段です。 ▼ [続きを読む]
  • スペイン旅(7)世界遺産アルカサル
  • とにかく暑い6月のセビージャ。午前中と夜はなんとか動けますが、日中は外いたらほんとヤバイ。 涼もうと思ってバルに飛び込んでも、冷房ほぼ効いてないし。しかも、なぜだか外のテラス席へ通されがちで意味ありません(汗) ▼テラス席ではこの散水が命。 ▼観光用の馬車をひく馬たちも水浴び命。 ほんとはレッスンとタブラオの合間をぬってガンガン観光するつもりでしたが、早々にあきらめることに。 そんななか唯一行ったのが [続きを読む]
  • スペイン旅(6)セビージャでタブラオ「カサ・デ・ラ・メモリア」
  • タブラオ「カサ・デ・ラ・メモリア」でのショーは、タジェールフラメンコでコースを申し込んだときに、付録として付いてきました。 ▼カサ・デ・ラ・メモリア 「ロスガジョス」と同じく、こちらもお客さんは観光客オンリー。 隣りに座ったのがアメリカ人ファミリーで、小さい男の子が飽きてママに絡みだすし、パパはNFL見てるときのノリで「フォーウ♪」の掛け声。 軽いなー(笑)やっぱりフラメンコには「オレ」が合うと実感し [続きを読む]
  • スペイン旅(5)セビージャでフラメンコのレッスンを受ける
  • 今回の旅の主目的は、フラメンコのレッスンを受けること。とはいえ、スペイン人講師にレッスンを受けようと思うと、私のレベルがもっとも中途半端で、クラス選択は容易ではありません。 では、どのくらいのレベルかというと、フラメンコを習い始めて4年が過ぎ、5年目に入るところ。練習はしてるほうの部類だと思いますが、それでも高校時代の部活(ダンス部)以外に踊りの基礎がなく、アラフォーから始めた私が、人並み以上にうま [続きを読む]
  • スペイン旅(4)セビージャでタブラオ「ロスガジョス」
  • いつかスペインへ行こう。スペインへ行って、セビージャへ行ったら、ロスガジョスでフラメンコを観よう。 この旅を計画するよりもずっと以前から、そう決めていました。なので、ホテル取るより先にロスガジョスをインターネットでチケット予約。というより、ロスガジョス(および他のタブラオ)へのアクセスを重視して、ホテルを予約。 目的がはっきりしてると、旅手配に迷いがなくていいわ。 ▼旧市街を通っていきます。 ▼お店行 [続きを読む]
  • スペイン旅(3)新幹線(AVE)に乗る その2
  • ちょっと話が前後します。先日の『スペイン旅(2)新幹線(AVE)に乗る』で二等車の狭い席に文句をたれた私でしたが 帰り(セビージャ→マドリッド)の線ではひとつ上のクラスに乗りました。 結論。やっぱりこっちのほうが断然よい。 ▼ひろーい? これは一等車ではなくTourista Plusという2等車。床もカーペットで気持ちいいし、料金もたしか2000円くらいしか違わない。次回乗るとしても、絶対これか、もうひとつ上の一等車を試 [続きを読む]
  • スペイン旅(2)新幹線(AVE)に乗る
  • セビージャへ向かいます。乗るのはスペイン版新幹線の「アベ(AVE)」。 国鉄(RENFE)アトーチャ駅からセビージャまで2時間半の鉄道旅です。 乗車券は日本で予約してきました。RENFEのホームページでは乗車の2か月前から予約できるようです。 予約方法を書いてくれていたサイト等を参照すると、日本発行のクレジットカードではなかなか決済できず、Paypal決済するのが一番確実、とありましたが、私の愛用JAL VISAカードは難なく [続きを読む]
  • スペイン旅(1)マドリッド・バラハス空港から市内へ
  • スペインにやってまいりました! 4年前に習い始めたフラメンコをどうしても本場で体験してみたくなったのがこの旅のきっかけ。 主にセビージャに滞在し、毎晩タブラオ(フラメンコ鑑賞専門のレストラン)でフラメンコを見るほか、お稽古も少し受講してきます。 昨年秋から東京(成田)−マドリッド間に就航したイベリア航空直行便で、マドリッド・バラハス空港に到着。 市内への足は、空港バス(エアロプルト・エクスプレス)を利 [続きを読む]
  • シンガポール取材。
  • 4月のオーストラリア出張のトランジットを利用して、シンガポールにも一日の強行取材をしてきました。(記事は追々、留学プレスほか各種媒体でお届けします!)▼前回訪れたのはバブル前。そのときはなかったマリーナ・ベイ・サンズ。▼暑いですから。シンガポールは。とにかく美味しいわけですの。▼クラーク・キーの1人ランチ。今晩、海外就職のエキスパート・田村さつきさんはじめ、シンガポール就職のプロフェッショナルとのデ [続きを読む]