ハツ さん プロフィール

  •  
ハツさん: ハツだもの
ハンドル名ハツ さん
ブログタイトルハツだもの
ブログURLhttp://www.hatsu8.com
サイト紹介文南の島のサイベリアンフォレストキャットでーじと膀胱炎こじらせちゃったトラ+ハツの毎日
自由文あっちこっちに飛ぶでーじ。あっちこっちに飛ぶ話題。軽ーく何か読みたいな。って方にばっちりblog
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/11/10 12:51

ハツ さんのブログ記事

  • カウントダウン
  • あれ?カウントダウンって10とか100とかその辺からするんだよね。ま、いっか。あと3日でこの島を去ります。昨日は検疫書類仕上げのための出発直前健康診断でした。いつもより早く起きてご飯あげて、トイレも済ませた頃に朝イチ、8時から始まる獣医さんへ。って予定だったんですが、でじおちゃん、出なかったの。とても心配だったんですが、案の定・・・・・検便で刺激されたのがトリガーになったのか、ケージに戻った途端に・・・ [続きを読む]
  • 身を切られるとか思ってはいけない。
  • ご無沙汰しちゃいました。お察しの通り、一時帰国して新たな住処の内見やらなにやらしておりました。現時点で、新住居、未定です。一軒、最寄り駅から徒歩4分。友人宅から徒歩2分。広さそこそこ、採光、風通しGOOD。エレなし3階はエクセサイズだと思えば・・・いっか。という物件があったのですが、なんと猫2匹で敷金2ヶ月増し。都合、敷3・礼1しかーも、この敷金は償却。つまり、退去時に1銭も戻ってこない。それはないでしょ。家 [続きを読む]
  • おふたりさま
  • 相変わらず気ぜわしく、腰痛が起きないようにそろりそろりと片付けの毎日です。日本に引き揚げる。ということは当然、日本での住処を探さねばならないということで。家人の仕事の兼ね合いもあって、ま、当面2、3年住める賃貸物件を探しております+探してもらっております。なかなかないのよーーー猫2匹こんなにハードルが高いって思ってませんでした。甘かったぜ、ハツ。昨今、ペット可物件増えてるわよね〜。たぶん〜。なーんて [続きを読む]
  • 金の砂 銀の砂
  • 引っ越しに当たって、あれこれ滞って引き続きアタマぱつんぱつんなの。うぇーん。この時の書類、「してねえ」だけの書類、まだもらえてません。てか、何度もやり直し。人が変わると言うこと変わるし、はー。先週5日間で何度通ったことか。まあ、それはそれとして、帰国後のこともいろいろ考えちゃうのでぱつんぱつんよ。サトシピカチュウ(ポケgoのキャンペーンで帽子かぶってるカワイイぴかちゅ〜)捕獲やレイドバトル参加にまで [続きを読む]
  • 2017年西日本の旅(お宿編その2)
  • お宿編1の続きです。5/27〜28月夜のうさぎ(出雲大社近く)京都から合流した友だちと備中高梁でばいばいして、一路出雲へ。出雲市駅で別の友人と合流。彼女は羽田からばびゅーんと空路。わずか1時間40分のフライトだそうで。ちなみに私たちは備中高梁から特急やくもで2時間29分、鉄ちゃんの旅でした。地図だけ見て、なんとなく出雲市駅周辺ホテルを取って、翌朝出雲大社にお参りすればいいよね。と言っていた私に、「どうせなら、 [続きを読む]
  • 2017年西日本の旅(お宿編その1)
  • 予告通り、宿泊先一覧と宿の感想からスタートしまーす。しまりやの娘との2人旅。あーでもないこーでもないの結果、バラエティに富んだ宿泊先となりました。私一人だったら、絶対に予約しないだわよ!っていうところも。まず、5月23日(火)関空着。ここでアメリカパスポートの娘は、JAPAN RAIL PASSを引き替えます。購入したのは島の旅行代理店ですが、引き替えは日本で。いろいろ種類がありますが、14日間JR乗り放題。46,390円の [続きを読む]
  • Ms. Lee
  • 今日はJuly 4th アメリカの独立記念日です。Independence Dayです。祝日です。夜には花火がぼんぼん上がります。時差があるから、現地アメリカではまだですけどね。こっちの窓から花火見える?ハツはアメリカ人じゃないから特にお祝いはしませんが、近隣の人たちは集まってBBQしたりわいわいがやがや過ごすようです。Ms. Lee、娘の小学校低学年時代の恩師です。ご主人がチャイニーズ。ご本人は「家系図の割と近いどこかに日本人が [続きを読む]
  • でじトラ号となぞの鳥
  • 正確にはでじお号とトラちゃん号。家人のおっきな車はでじお号。私のちっさな車がトラちゃん号。今朝はトラちゃん号でこっちの農林水産省へ行ってきました。このところ朝は晴れてても、その後どっしゃーーんと大降りになる事が多いから、早めに出たのに道半ばにしてでどしゃどしゃ。ワイパー最速でも前が見えない。のろくさのろくさ徐行運転を続けること10分。普通、トラちゃん号だったら20分弱で到着する場所に、30分以上かかっち [続きを読む]
  • 引っ越しクラブの無法者
  • 座っていてもしょうがないから、始めました。引っ越しの片付け。まずは、あかずの物置と化していた屋根裏部屋から。まー、出るわ出るわ。なんでこんなの取っておいた?!どっかに寄付できるクオリティか、即、処分か。ヒヨコの雌雄鑑定士のごとく、早さ勝負でより分けます。屋根裏部屋での中腰に疲れたから、今度は本だ。ああ、本詰めるなら段ボール組み立てなきゃ。一人で組み立てる段ボール箱、けっこうムズカシイです。微妙にずれ [続きを読む]
  • 長い夏休み
  • こっちの夏休みは長いです。公立私立でまちまちとはいえ、だいたい5月半ばから9月ちょいまで。学年の終わりなので、宿題もないからまるんとお休み。当然、夏休み明け、子供はボケまくってます。教師もなんとなくぼーっとしてます。そういうシステムのせいか、こっちのカリキュラムは繰り返しが多いんです。小2で習ったことを3年にも4年にも手変え品変えくりかえす。日本だと、一つ終わったら「はい、もうわかったでしょ、次」って [続きを読む]
  • 島に住むつもりじゃなかった
  • 最初は2年。って言われてたんですよ。転勤。それがビザの更新、また更新。子供も生まれたし永住権取っちゃう?そうしようか。じゃないと私、仕事もできないし。申請してみようか。そだね。そしたら、思いの外すんなり取れちゃって、そうなったらもう会社側は異動させる理由もないわけで。ないよね、そりゃあないよね。自ら墓穴掘ったか。ワタシ。しまった。てな成り行きで、途中、仕事で何年か日本に住んでた時期もありましたが、な [続きを読む]
  • 術後のトラ・5月〜現在(トラ膀胱炎:その20)
  • 延々おつきあい頂いたトラのこじれまくった膀胱炎と尿道形成手術、そしてその後の日々。今日を以てようやく「現在」にたどり着きます。ほっ。5月第1週。日に3〜5回トイレでしっこ。あれ?ぽた男じゃない?ないかも?という日々が続き、完全にぽた男卒業もこの頃。ただし、引き続きおねしょ小僧。トラが寝場所と決めている数カ所に厚めのバスタオルを敷いて消灯。トイレシートの方が楽ちんなんだけど、あの【がさごそ感】がお気に召 [続きを読む]
  • 元気です
  • でじおもトラも元気です。ただ、私がひじょーーーに落ち着かないせわしい日々を送っておりまして、更新が飛び飛びにぃ〜空には虹がかかってました。昨日の夕方、スコールの後です。よぉおく見るとダブルレインボーですねえ。でじおはどっしり。トラはちょこまか。いつも通りです。現実にはまだそれほど忙しくないのに、これから先忙しくなることをあれこれ考え過ぎちゃって、あげく気ぜわしく落ち着かなくなる。私の悪い癖です。気 [続きを読む]
  • 術後のトラ・4月(トラ膀胱炎:その19)
  • 4月。尿道形成手術(3月6日)からほぼ1ヶ月〜2ヶ月弱。食欲そこそこ。元気アリ。引き続き、尿もれぽた男です。だいたいもれっぱなし。ただ、おねしょの量が増え、起きているときのぽた男が少なくなりつつあるかな。という時期でした。手術後のカラーもそのまま。(傷の治りは順調だったけれど、もらす度に股間メンテしてたら、まーた悪くなっちゃうので)4月8日(土)術後の抗生剤投与が終了したのを受け、お腹いっぱいになっちゃう漢 [続きを読む]
  • 猫ツボの話とかともだちのたすけとか(トラ膀胱炎:その18)
  • 太助。私の唯一無二の親友。コイツがタコ壺ならぬ猫ツボが滅法うめぇと来てやがる!というタイトルぢゃないっす。一昨年の12月から約半年にわたったでじおの謎の皮膚トラブル。今年1月から現在に至るトラの膀胱炎と手術、療養。家族はもちろんだけど、百万人力で助けてくれたのが友だち達でした。LINEや電話での相談や泣き言、愚痴、遠くに住んでいるのに、いるからこそ、距離を埋める濃いレスポンス。そして行動。まずは猫ツボの [続きを読む]
  • 院長の病院(トラ膀胱炎:その17)
  • 「その17」にいたるまでに、ちょこちょこふれていましたが、今日はO動物病院とはいったいどんなところなのか!?をご紹介。おおまかな院内レイアウトなどは「その6」の真ん中辺り。これが、病院の顔!いや、真の顔は院長ですが。まー、目につくこと!これ以外にも、大きなものは差し渡し1メートルを超えるワシから、手のひらサイズのフクロウまで。待合室は木彫り民芸っぽいものであふれかえってます。ハツ達が住む島の周辺には [続きを読む]
  • US OPEN ニューヨーク ボルチモア
  • 出不精でヒッキーです。暑いんだもん。車の運転キライなんだもん。島にいるときは、買い物、獣医、外食、帰国。ぐらいしか家を出ない私。ああ、友だちの家に遊びに行きます。年に数回。こんなていたらくひっきーですが、島を出た時には思いっきり出歩きます。旅行は好き。運転しなくてすむから。ああ、そうだ。金沢旅行もまだ書き終えてなかった・・・・残り1日の金沢旅行はこちら今日は、いきなりですが昨年2016年夏の旅行のこと [続きを読む]
  • 3月・帰宅後の続き(トラ膀胱炎:その16)
  • 3月20日(月)抜糸後の様子を見せに獣医へ。院長はオペ中で代診のW先生。順調ね。とお墨付きをもらって、2度目のレーザー治療。$15少し、レーザー治療を続けてみましょう。とドクター。これは、3/24(金)の画像です。はい。術部の。ずいぶん毛も生えてきてますが、センシティブな方は しないでくださいね。ときどき、すれるのか、細筆で刷いたようにかるーく出血してました。3月25日(土)通院。代診のW先生。レーザー治療 [続きを読む]
  • 3月・帰宅後(トラ膀胱炎:その15)
  • *トラの膀胱炎サーガはこちらから過去記事をご覧くださいちょっとここまでおさらいしましょうね。大丈夫。まだ間に合いますよ(増田明美さん風)2017年1月12日(木)夜、シッコが出なくなり痛みにもだえる1月13日(金)かかりつけ医、ドクターKの元へ。入院(1度目)。↓1月19日(木)退院↓    自宅で様子見:尿もれまくり 尿もれぽた男の呼び名がつく。     尿意あり。トイレで自力排泄もするがおねしょも。1月21日(土) [続きを読む]
  • でじおの詫び状
  • でじおはツンデレです。ツンツンツンツン∞デレ。ぐらいです。トラには優しいけど、自ら私の側には寄ってこない。寝るとき、たまーにどことなくえっちくさい(娘の言)ふくらはぎマッサージはしてくれるし、食餌の時間になると側に寄ってきてソファをがりがりひっかいて「はよ、メシにしろ」って威嚇(違 はしてきますが。。もひとつ言えば、お客様が大好き。誰でも。足にすりすり。足の甲にどでーんと巨体を投げ出して「動くなよ」 [続きを読む]
  • 術後の話(トラ膀胱炎:その14)
  • 延々続けてきたトラの膀胱炎サーガ。本当に残しておきたかった事を書くのはここからです。猫が尿道形成手術だか会陰尿道瘻造瘻術を受けた。手術は成功した。じゃあ、その後、どうなるの?って話。*トラの膀胱炎サーガ、今までの話はカテゴリーからご覧ください。手術翌日。3月7日(火)面会に行く。随行スタッフ(大げさか)の準備が整う間、待合室でポケgoこの時、顔見知りのスタッフ君が、つつっと寄ってきた。とてもおとなしくって [続きを読む]
  • 新顔シロタビ
  • ひよっこ見て、シャワーして、洗濯機回して、お茶飲んで、午前中にblog書いて、なーんて予定が、水道管がもれたのでなごなごに。や、水もれし出したのは昨日だったから、すでに修理手配済みで、午前中にワーカーさん達が来て直してくれたんですけどね。その間は断水。なんとなく予定がずれ込んだまんま午後に突入。と、家人が帰宅して「トラちゃん号を取りに行こう」と。あ、そうか。おっさん号は家人の出張中、会社に置いていたか [続きを読む]
  • かわいいかわいい
  • ほーっ。日曜日ですねえ。すれ違い出張に出ていた家人も午後にはもどる予定。てことは、洗濯は夕方からだな。などとぼんやり。インスタグラムにも投稿したもんですが、かわいいーんで。ほほほ。お代わりを催促するでじおくん。数粒しかもらえなくても常に期待の目。うちでは最近「ごはん」という言葉を使うヒマがないので、でじおのfavoriteふれーずは「もうちょっと食べる?」だと思います。ごはーんと呼ぶ前に、2匹揃って催促に [続きを読む]
  • 猫は読めない:尿道形成手術(トラ膀胱炎:その13)
  • 3月4日(土)院長と話す。トラの手術、確定。入院ケージに入れられたトラの導尿パックは濃いオレンジ。カルテにはrusty orangeとあった。前回の退院からほぼ2週間、数日おきにトラレポを元に、非常にゆっくりではあるけれど、回復の兆しが見えていると院長先生と一緒に喜んでいたのに。なんでなんだろう。どうしたんだろう。ここ2日間、坂道を転げるようになっていったことに合点がいかない。先生、何が悪かったんでしょうか。もっ [続きを読む]
  • 騎士団長殺しと村上春樹
  • 今日の話はネタバレではありませんが、登場人物に特定イメージを付与しているし、それにまつわる個人的な感想が入ってます。タイトル本をこれから読みたい。楽しみにしているという方は、skipしてくださいね。2週間、リアル桃鉄のごとく、関空を振り出しに西へ西へと娘と旅行。この旅行中、博多でnoyukiさんに会った。十数年前、ハツが違うハンドルネームの頃出会ったネットともだち。本をいっぱい読む人。そして書く人。だから、 [続きを読む]