ドルフィン さん プロフィール

  •  
ドルフィンさん: CLUB24−にいよん
ハンドル名ドルフィン さん
ブログタイトルCLUB24−にいよん
ブログURLhttps://ameblo.jp/machinehero/
サイト紹介文ミニカーと2輪/4輪のレース&イベントを中心に日々見つけた事を書いてます。
自由文スーパーカーやレーシングカーのミニカー・コレクションや2輪/4輪のレース&イベントを徒然なるままに書いています。日々感じた事、にゃんこについても書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2008/11/10 19:02

ドルフィン さんのブログ記事

  • 大阪モーターショーぐるり一周 大阪らしさって?
  • ナビメイトのお姉さん 第10回大阪モーターショー3日目に行って来た。 土曜日出勤になった代わりに日曜日に休みがもらえたので、インディ500優勝マシン見たいのが一番の目標だ。  地方モーターショーは東京モーターショーの縮小版なので、展示車両は淘汰されてほとんど同じ。 ?大阪らしさ??大阪だけのもの?ってどこだろう?―と考えた時、今年の一番は佐藤琢磨選手の来場だろう(東京以外で)。 今年はインディ500優勝し [続きを読む]
  • 釜玉台湾ラーメン 大阪モーターショー「味わいロード」
  •  インテックス大阪で開催された大阪モーターショー。「味わいロード」としてインテックスの一館まるまるグルメ屋台が集まったフードコートになっている。 オートメッセとともに毎回、これも楽しみの一つになっている。 全国各地の味自慢が集まっていて、事前にどれを食べようかと一応アタリをつけている。  昼食時は長蛇の列でとても買えないので、時間をズラした。 前日の夕食が肉系だったので、肉モノには食指が動かずに迷 [続きを読む]
  • タイレル001&012 F1の帰り支度 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン
  •  鈴鹿サウンド・オブ・エンジンの「Masters Historic Formula 1」には年代が異なるタイレルのマシンが2台やってきて走行・デモレースを行った。 せっかくならもう1台、6輪タイレルP34が走って欲しいところだった。 タイレル001 1970年 マーチを使ってF1に参戦していたタイレル・レーシングだが、マシンの性能に納得がいかず自前のシャシーを開発した。 ジャッキー・スチュワート選手のドライブで公式戦デビューでいきな [続きを読む]
  • 全日本ロードレースMFJ-GPスズキ勢 チーム・カガヤマ&MotoMapSUPPLY
  •  久しぶりに全日本ロードレース最終戦MFJ-GPの続きを―。  新型スズキGSX-R1000が投入されたものの、スズキ第一チームのヨシムラでさえ手を焼いていた様子。プライベーターにとっては相当苦戦した感じが強かった。 加賀山就臣選手/Team KAGAYAMA レース2では得意のスタートで一気に3番手までジャンプアップ。さすがだ。 後半になるにつれペースを維持できず12位フィニッシュ。シーズン10位で終わった。  まだ今季全日本戦 [続きを読む]
  • ロータリー響く1 I'm a Racing Driver寺田 マツダ787B JSPC
  •  鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに今年もロータリーサウンドが響いた。 Gr.Cカー、マツダ787B JSPCと767Bの2台が参加。 JSPC全盛期を支えた日産、トヨタ、マツダ、ポルシェがそろって走行。あの華やかな頃を思い出す。 開催直前になってランチアがマシントラブルで参加を取り下げてしまったのは残念。ポルシェvsランチアだった初開催の’82年WEC JAPANは観に行けず、観戦に行けた翌年からはランチアは日本に来 [続きを読む]
  • 国内外から集まった60's Racing 2  鈴鹿サウンド・オブ・エンジン
  •  鈴鹿サウンド・オブ・エンジン「60's Racing Machine」では、年代モノマシンが走る―そしてレースをするシーンが観られた。 この年代のマシン走行は「鈴鹿 サーキット開場50周年アニバーサリーデー」で観たのが最初。 そもそも「サウンド・オブ・エンジン」自体「アニバーサリーデー」の成功を受けて始まったのだから?原点?と言えるのかもしれない。 現役時代を知らないマシンの走行を観られるのもいいものだ。 ニッサン・ [続きを読む]
  • 鮒子田氏マキF1に会うの巻き 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン
  •  鈴鹿サウンド・オブ・エンジンのメインイベント「Masters Historic Formula 1」。 欧米で開催されているヒストリックF1レース・シリーズ。今回、海を渡ってエキシビション・レースとして行われた。  海外からやってきたマシンの中に、日本製F1マシン・マキF101Cがあった。 里帰りして走るのはこれが初めて。 日本初のF1チームとして1974年からスポット参戦。’75年用マシンがF101Cだ。 公式戦では全戦予選落ちし [続きを読む]