jonnkara さん プロフィール

  •  
jonnkaraさん: ボウズ・坊主・ぼうず 〜石の上にも三年(´▽`)〜
ハンドル名jonnkara さん
ブログタイトルボウズ・坊主・ぼうず 〜石の上にも三年(´▽`)〜
ブログURLhttp://kinnnoito.naturum.ne.jp/
サイト紹介文餌釣り・ルアー釣りを混ぜて釣行。 本拠地は福井県。居倉漁港より北エリアを釣り歩いてます。
自由文自分の記録として始めたこのブログ。最近は過去の記事を読み返す事で釣果をあげるような事もあります。石の上にも三年・・・そのまんまの現在です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/11/11 09:58

jonnkara さんのブログ記事

  • 沖漬け作りに。
  • 昨日はたのしく船の上。ティップランエギングのやり取りと、釣れたアオリイカの型が忘れられません。わが家ではマトウダイとマゴチのお刺身で食卓が賑わいましたが、イカ好きなわたしの心のどこかにはあのアオリイカの姿が・・・ということで、陸からエギングに今日も出かけてきました(´ー`)最初の行き先は好調の磯だったのですが、あいにくの風と人の波で入るものの釣りになりませんでした。磯は他にもヒラマサなどが好調だと [続きを読む]
  • お手伝いのご褒美。
  • 結構前の事ですが、釣り仲間のボートのお手入れを手伝ったことがあります。その時に「お礼に船に乗せてあげなあかんよ」と、釣り仲間の母上より進言がありました。『いやいや、いいですよ、そんな(´ー`)』なーんて答えていたくせに、しっかりとボートに乗せてもらいに行きました(´▽`)山の神も一緒でもいいということで、朝4時に起きて二人して現場へ向かいました。集合は5時で、出船はだいたい日の明ける頃。狙いはなんで [続きを読む]
  • 癒しタイム〜 祝 1000記事 〜
  • 前回の更新で1000回の投稿をしていたようです。管理画面に入って気が付きました。長い事続いてますが、相変わらず釣れない日々と釣り具いじりに、節約術を日々模索しています。これからも同じような内容が続くことでしょう。もともとは自分の釣行記録であり、過去のデータを基に計画を立てれば釣れる可能性も必然的に上がるであろうと始めました。確かにこの時期はあそこに行けばあのターゲットが・・・と、分かるようになりました [続きを読む]
  • イカ坊主。
  • 今日は予定が変わってしまった日。船でのジギングやヒラマサ狙いにティップランなど、今までやった事が無い釣りにも挑戦できる機会だったのですが、このところ海のご機嫌は斜めで、釣果が芳しくないということで出船中止。初ものがあっただけに残念です(´д`)しかし、釣りに出ようと覚悟は決まっていたので何を狙うか決めて準備を開始するものの、波の高さがなんとも微妙な具合。エギングをメインで考えていたのですが、ショア [続きを読む]
  • 釣りの実力。
  • 9月中はシーバスが好調でした。案内人を引き受けてくれた二人のお陰なのですが、攻め方や狙う場所を教えてもらっても超えられない何かがあるのだなぁ。と痛感する事もありました。最初はレクチャー重視の釣行なので、案内人のお二人は釣果を得るより、私が釣れるようにバックアップをしてくれてました。同じく攻めてはいるのですが、あくまで情報収集のためであり、魚の居所を調べるのが目的。 そんな彼らが本領発揮するとどうな [続きを読む]
  • シーバストレーニング。
  • ジョイクロフィッシュ獲ったどーーーー(`皿´)!までの道。今季好調なシーバスフィッシング。このところエキスパートな案内人に囲まれての複数回の釣りでたくさん気付かされる事がありました。一瞬のルアーの挙動のゆらぎやかするようなアタリ。放出されるべきラインがピタリと一瞬だけ止まるアタリ。体験してわかったのですが、今まで見逃してきていたアタリがたくさんあるような気がしてなりません。鈍感だった、と言ってもい [続きを読む]
  • フレンチ デリ ファヴォリ・・・会
  • 「楽しく呑もうB.B.B団」世の中、生活するためにはいくつかの諍いと向かい合わなくてはならない時があります。世の中、生活するためにはいくつかの苦痛に立ち向かわなくてはならない時があります。世の中、生活するためにはいくつかの不幸の後に幸せが舞い込む時があります。人生楽あれば苦あり、苦あれば楽あり。釣りは人生の縮図のような趣味です。釣れる日、釣れない日のふたつしか無いようですが、仲間に恵まれたり、見知らぬ [続きを読む]
  • 人の方が。
  • 今夜は飲み会の日。つまみの中に、旬の味をもう一つ加えて行こう!と台風直前の海へ向かいました。狙いはアオリイカ。型も大きくなってきているので、3杯もあれば一口くらいはみんなの口に入る、ということで目標は3杯。決して高い目標ではない今年の越前。向かった先は磯でしたが、波が高く即断念。でもこんな時こそ漁港での釣りが熱くなります(`ー´)現場に向かう前、K氏と遭遇しました。K氏はヒラマサ調査に向かうそうでし [続きを読む]
  • 引き続き好調かと思う。
  • アオリイカ好調。アオリイカを狙うひとで海岸線が賑わっている越前。昨年、一昨年と岬を回ると堅調に釣れていて、岬手前は全滅的な情報ばかりでした。(裏情報では岬手前でも1日に80杯と釣っている人もいます。)釣れるにしても、攻略するにはシビアな操作を要求されたり、生半可な腕では敵わなかったのが昨年、一昨年の状況でした。それが一転、現在の状況になると岬手前エリアもアオリイカを狙う人で一杯です。こういう時、人 [続きを読む]
  • ひとりで出来た!
  • 釣行時にパートナーがいると大変助かる場面がいくつもあります。心細くなるような道を歩くとき、険しい道を歩くとき、魚がヒットしたとき、魚を持って帰るとき、パートナーと手を取り合っていけば、重たい荷物も心の隙間もなんのそのです。しかし、釣りというものは仕掛けなどの道具を揃えるところから始まり、ポイントやコツを見つけ、魚を釣り上げるまでをこなして初めて『釣った』『釣りました』と言えるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • EFS。
  • エギング真っ盛り。写真を撮るのをすっかり忘れていながら、しっかり胃袋に収まってしまうというわたくしの体たらく。毎日食べても飽きないアオリイカの美味しさに、今朝は調査釣行をしてきました。安心のサーフエギング遠い過去の話ですが、よく餌木を失くしたものです。底を取ることが第一条件とばかりに書かれている雑誌やホームページを読み漁り、地形などを理解せずに根掛かりさせていました。「釣れる餌木がある。」と、聞け [続きを読む]
  • 9まではあって、10からは無いんだよ。
  • 最近「思えば」から始まるのが流行ってますが、今日もそうなりました。過去に経験した事があったのか、なかったのか、ぎりぎり無かったのか・・・記憶も定かでないくらい過去の話。エギング爆釣伝説複数杯釣り上げた事は何度もありますが、複数の中で目標になる用語があります。「ツ抜け」ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっち、ななつ、やっつ、ここのつ・・・あれ?ムッチって誰や(´д`)?冗談はさておき、数勘定 [続きを読む]
  • 条件と再現性。
  • 今朝は先日のシーバス釣行を復習ということでもう一度ランカーを仕留めた現場へ行ってきました(`ー´)状況確認すると、色々と先日とは違います。時刻的にはほぼ変わりないので、時合が来るのか来ないのかがネックなのかと予想をつけてキャスト開始。時が経つごとに周辺も見えてくるでしょうし、ベイトの有無や流れに潮の色など注意しながら。さらにルアー自体の見た目や潜行深度なども変えながら探っていきます。うーん、無反応 [続きを読む]
  • 初物食べて寿命を伸ばす。
  • 目標健康寿命120歳。夢の話かもしれませんが、船に乗って釣りをするようになると、けっこう年配の釣り師はいるものです。仕事でもそんな人が大勢います。生涯現役であり、無理のない範囲で趣味を楽しむ姿は目標になります(´ー`)仕事関係の人達だけですが、共通することがあります。総じて食事を楽しんでいて、特に旬であったり今年初物をありがたく食べています。肉や野菜、魚も含めてバクバクたくさんは食べないのですが、ま [続きを読む]
  • 夢。
  • 過去記事:記念の一回目の更新。2008年の10月31日にこのブログは生まれました。それより少し前に釣りを始め、餌釣りではなくルアーフィッシングの世界の扉を叩いていました。きっかけになったのはサビキ釣りでのボラを釣った時。釣ったボラは料理方法が分からないので、タモ入れしてくれた人にあげたのを覚えています。今思えば、季節は夏であり、季節外れのボラを押し付けられたあの人は今どうしているのか・・・あのボラ [続きを読む]
  • 2件?3件?
  • 陸釣りしてない今日このごろ。いけませんね。こんなことではいけません。沖での釣りも貧果に終わるもので、気持ちが弱くなりました。男はいつでも強くありたいものです(`ー´)しかしながら・・・どうも陸での釣果もあまり聞こえてきません。隠されているのか、本当に釣れていないのか、このターゲットがおすすめ!という話が全く聞こえてきません。うーん、どうしたものか(´ー`)昔に立ち戻って、なんでも狙いの闇雲釣行を復 [続きを読む]
  • 得意技。
  • イカ・・・ぼうずを貰ってから沈黙のイカメタル。今年の越前北エリアは始まりが早く、ゴールデンウィークから絶好調だったのですが、本来の最盛期は沈黙が続いていました。しかし、この状況を打破する人が必ずいるもので、釣り仲間よりその情報を頂きました。神海丸8月3日の記事。沈黙を破る釣果を叩き出しています(°□°;)こんなものを見せられたら居ても立ってもいられません。仕事中をさっさと終わらせて、家族へ伝えて福 [続きを読む]
  • 初陣と安定。
  • イカを釣りたい・・・昨年は一度だけ、今年に入っても一度しか行ってないのにドはまり中のイカメタル。釣り味もそうなのですが、食味が際立ってストックが減るとソワソワしてくる感覚に目覚めました。イカ中毒・・・釣り人のなかでも恐れられてる症状とは聞きますが、本当に恐ろしい中毒です。仕事のカレンダーを見るときは必ず夕方から空いている日に目が行き、携帯電話ではついつい釣果情報を探ってしまい・・・に悪いです(´д [続きを読む]
  • 小物2。
  • 小物記事の続き。前回の記事『小物。』家での準備に、ということで前回プライヤーの記事を書きましたが、今度は現場で使うためのプライヤーを揃えました(´ー`)昨年も同じですが、今年も鰤との格闘チャンスをくれた玄達瀬。そして、船での釣りに誘ってくれたももたさんとの経験などを踏まえると、結構現場で使うプライヤーを舐めていたかなと・・・釣りにおける釣り針での怪我は仕掛け作りやキャスト時を遥かに凌いで、魚の取り [続きを読む]
  • 福井発祥。
  • ※文中の写真はSB氏の撮影したものを一部使っています。海中を想像以上の速さで泳ぎ、魚群探知機から逃れるステルス性を持つ生物。技術革新の及んでいなかった時代には神出鬼没、一か八かの勘に頼り仕留めていた生物。烏賊昨今、流行りになりつつある釣りであり、発祥は福井県嶺南地区になる若狭湾。福井に住み、釣りを嗜むのであれば挑戦したいものになるほど人気急上昇な釣りです。あるものは筋肉痛に、またあるものは腱鞘炎に、 [続きを読む]
  • 福井発祥。
  • ※文中の写真はSB氏の撮影したものを一部使っています。海中を想像以上の速さで泳ぎ、魚群探知機から逃れるステルス性を持つ生物。技術革新の及んでいなかった時代には神出鬼没、一か八かの勘に頼り仕留めていた生物。烏賊昨今、流行りになりつつある釣りであり、発祥は福井県嶺南地区になる若狭湾。福井に住み、釣りを嗜むのであれば挑戦したいものになるほど人気急上昇な釣りです。あるものは筋肉痛に、またあるものは腱鞘炎に、 [続きを読む]
  • 小物。
  • ルアーフィッシングに必要なもの。ロッドにリール。ラインにリーダー。ライフジャケットを忘れずに、最後にルアー。これだけでも釣りは可能ですが、スナップやハサミなどの小物類も釣りを快適にしてくれます。今まであまり気を付けてなかったのですが、昨年より挑戦を始めた玄達瀬ジギングや、近海ボートフィッシングであるものが陸っぱり用ではちょいと頼りないことが判明。SB氏の道具を借りたことに始まるのですが、やはりり特化 [続きを読む]
  • 怪奇現象。
  • LINEニュースに載ったらしいですが、三国海水浴場に小魚が大量に打ち上げられていたそうです。地元住民は『こんなの初めて?』と話したかどうかは定かではありませんが、一大事ともとれる記事だったそうです。そんなに大量だったのか・・・と、気になることもあるので週末から起きよう、起きようと努力してやっと目覚めたので出陣してきました。三国海水浴場。ここは三国花火の会場になったり、冬は越前がにの市場イベントの会場に [続きを読む]
  • 陸より。
  • 朝マズメ。見事に寝坊。目覚ましをセットした携帯電話を触ることなく目覚めました。確認すると、音無バイブ設定。ウィ〜ン、ウィ〜ンと音は出てたのでしょうけれど、わたしの深い睡眠を止めることは出来なかったようです。と、いうことで。昼マズメ出陣(`∞´)!と、向かう場所を探しますが、圧倒的に釣れそうなのは『キス』。これもまた美味しい魚ではありますが、余った餌の管理がなんだか面倒くさくて・・・ということで却下 [続きを読む]