とかり さん プロフィール

  •  
とかりさん: ジャンク日記
ハンドル名とかり さん
ブログタイトルジャンク日記
ブログURLhttp://junkpcjunk.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文PCジャンキーのジャンク日記! ジャンク品の探索から再生までいろいろやってます。自作PCも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/11/11 20:06

とかり さんのブログ記事

  • とりあえずUbuntuにインストールしたもの
  • インストールしたのはUbuntu 18.04で、最近のOSらしく必要最低限のものはインストールされています。しかしやっぱりせっかくUbuntuをインストールしたのなら色々といじりたい!ということで追加で設定変更系のアプリをインストールしてみました。まずは「Ubuntu Tweak」ですね。これはUbuntuソフトウェアのアプリの検索窓に「Ubuntu Tweak」と入れると出てくるのでここからインストールします。さて、次にインストールしたのは [続きを読む]
  • Ubuntuと便利と不便と
  • メインPCをUbuntuにした私ですが、さっそくちょっと困ったことが・・・。マウスにLogicoolのMX Masterを使っており、こいつは各ボタンに機能を割り付けることができます。これのおかげでVivaldiがめちゃくちゃ快適だったのですが・・・問題はLogicool OptionsというアプリがWindowsとMacにしか提供されてないことなんですよね。自分にとってはこれがかなり問題で、今まではボタンひとつでできてたことがわざわざジェスチャーしたり、アプ [続きを読む]
  • ワタシ リナックス チョットワカル
  • PCのメインOSをWindows10からUbuntuにしました。・・・別にこのままずっとWindows10でもよかったですし、むしろそうしたかったんですけどある日帰ってきて起動しようとしたらWindows Updateが勝手にかかってしまっていて、しかもログイン画面から先に進もうとすると9割の確率でBSoDになるという状態になってしまいました。そんなこともあり、最近はRaspberryPiを使ってちょっとだけLinuxのことがわかるようになったこともあって、いっ [続きを読む]
  • スマートウォッチの今後に期待すること
  • Pebbleを1年半ほど使ってきた私ですが、さすがにそろそろボロくなってきたので他のスマートウォッチへの買い替えを考えはじめました。もしPebbleが買収されてなければまたPebbleだったんですが・・・Fitbitめ・・・(しつこい)そんなわけで移行先のスマートウォッチを考えることに。まずはこちらSONY wena wrist active ポイントは心拍計搭載なので今までのPebbleと同じように運動中も使えるし、睡眠モニタもあるのでPebbleと変わらない使 [続きを読む]
  • 中小企業向けIIoTの新しいカタチ
  • プレス機IoT化、1台当たり月額約1万円で中小製造業にドイツのインダストリー4.0を起点として工場のIoT技術、いわゆるIIoTがちょっとしたブームとなっていますが、中小企業では予算がなかったり詳しい人員がいなかったりとブームの中心は大企業となっています。そんな中、久野金属工業は中小企業向けに「IoT GO」という製品を発表しました。5台で月額11000と、中小企業でも利用しやすい価格になっていることや、PCやタブレットなど [続きを読む]
  • IIoTはムズカシイ
  • 故障予知は前提、“真の予兆保全”を実現するために必要になるものインダストリー4.0というワードが出始めてから「製造現場のIoT」というものが注目され始めました。しかし現場ではなかなか上手く進まないという現実があるようで・・・。その理由というのが「データが集まらない」からというのも1つあるそうです。というのも、故障予知の場合はそもそも「故障する」というデータが必要なわけで、これは実際に機械が故障して [続きを読む]
  • マスコミがわかってないこと
  • 地に足をつけるのと上に向かって手を伸ばすのは別物よく新技術が発表されるとメディアはこぞって「すごい! すごい!」というような記事を書きます。しかし内容をよく読んでみれば古い技術の焼き直しだったり、実現性が乏しかったりすることもあります。その手の専門家であればそういったこともすぐ見抜けるわけですが、メディアは特に精査することもなく情報をそのまま垂れ流してしまっていると思うことも少なくないです。最近感 [続きを読む]
  • 今年のCEATECは
  • 脱皮途中のCEATEC JAPAN、「産業のつなぎ手」を本当に体現できるか私も今年のCEATECに見学者として参加してきました。全体としては去年以上の盛り上がりで、要素技術から応用製品まで幅広く展示されていましたが、それ以上にどの企業も「楽しそう」だったのが印象的でした。「CPS/IoT総合展」、出展者数・登録来場者数ともに増加し、盛況のうちに閉幕家電展示会から「CPS/IoT展示会」に変わったときは、急なテーマ変更にちょっと戸 [続きを読む]
  • IoTはまだまだこれから?
  • “過度の期待”を維持するIoT、滑り落ちた他技術毎年発表されてるガートナーのハイプサイクルですが、私はこの図について1つ勘違いしていたことがあります。それは「必ず毎年、技術が先のステージに進むわけじゃない」ということです。私はてっきり徐々に先のステージに必ず進むものと思ってましたが、そういうわけじゃないんですね。だからIoTは期待を維持してますし、ブロックチェーンやドローンは幻滅期にすでに入っ [続きを読む]
  • LINE WAVE、スマートスピーカーは立ち上がるか?
  • 「LINE WAVE」先行体験版ファーストインプレ、専用端末のすごみはまだ感じられずAmazonのAlexaに代表されるようなスマートスピーカーが世界的に話題な中、LINEからもスマートスピーカー「WAVE」が先行リリースされました。自分はいまいちスマートスピーカーの何が便利なのかわかってないのですが、Amazonのサービスを利用する場合はいちいちスマートフォンの画面を操作しなくていいところがポイントなのかなと思ってます。LINEはチ [続きを読む]
  • IoTとスマートファクトリーの現在地
  • ぶつかる本音!どうなる日本のスマートファクトリー日本と欧米のIoTを利用したスマートファクトリーの概念の違いを表したものですが、これを見ると欧米は見事にウォーターフォール型って感じですね。一方の日本は機械と人間の間でフィードバックをし合うという循環型です。日本企業の強みは「現場」であると何度も言われてますが、これを見ると「ああなるほど」って感じます。インダストリー4.0の地味化はいい傾向?悪い傾向? 「 [続きを読む]
  • やっぱり既存ビジネス+IoTが強い
  • 日販「書店体験を変えるIoT」ハッカソン優秀作、都内2書店で早くも展開書店でIoTを活用する取り組みが始まったそうです。上の写真では人感センサーや重量センサーを利用して本を手に取ったり棚に人が近づいてきたのを検知しているそうですが、これによって「売り場に客が来た・去った、本を手に取った・戻した」などがわかるそうです。改めて感じたのは、IoTを始めるときにIoTに合わせてビジネスを作るよりも既存のビジネスにIoTを [続きを読む]
  • なんとなくIoT
  • 日本企業が"何となく"目指している「インダストリー4.0」を捉え直す本ブログでもインダストリー4.0について記事をいくつか書いてますが「じゃあ具体的にはどういうことなの?」というレベルには自分も落とし込めていません。しかしIoTやCPS(サイバーフィジカル)が工場に導入されることになっても「モノ作りの本質は変わっていない」ということがポイントです。そんな中、「本質を変えずに自社を強化していくには?」というのが重 [続きを読む]
  • AM2321でmbed その4
  • mbedではライブラリをインポートして、そのライブラリの関数を利用することで自分でライブラリを作らずともデバイスを使うことができるという大きなメリットがあります。今回使わせて頂いたライブラリはAM2321 https://developer.mbed.org/users/tomozh/code/AM2321/AQM0802A https://developer.mbed.org/users/tetsuya256/code/AQM0802A/の2つです。ソースコードは以下の通り。#include "mbed.h"#include "AQM0802A.h"#include "A [続きを読む]
  • 日本企業は今後二極化していくと思います
  • 最近、よく日本企業の人手不足の話題が出てくるようになりました。それに伴って業務効率の改善のためにITなどの投資が増えてくるかと思いましたが、あんまりそうはなってないようです。人手不足でもIT投資が増えない謎アジア地域の調査で日本のデジタルトランスフォーメーションの遅れが明確にどちらの記事も日本企業のIT投資への鈍さ、IT投資に対する意識の低さが書かれています。数年前のIT投資が事業に結びつかなかったことがト [続きを読む]
  • 情報銀行って?
  • 情報銀行とは最近聞くようになった「情報銀行」というワードですが、一体何のことなのか? ちょうど記事が出ていたので読んでみました。今まで、個人のデータを収集して蓄積した場合に一括で提供するという形になっていましたが、これを出したいデータ、出したい組織にだけ出すように交通整理する仕組みのことのようです。IoTが普及して個人のデータが膨大に蓄積されていくであろう今後を考えると、かなり気になる存在ですね。IoT [続きを読む]
  • Uberとは何だったのか
  • ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか「デジタルディスラプター」「イノベーション」などとマスコミはずいぶん持ち上げていたUberですが、最近は従業員から内部の腐敗を暴露されたり、CEOが運転手を罵倒する映像が公開されたりして評判を落としているようです。それだけではなく、トランプ大統領に講義してストライキをしていたタクシーを無視して商売のチャンスとばかりにJFK空港で営業したことがユーザーから [続きを読む]
  • EVは簡単か?
  • GLM設立秘話(前編):「和製テスラ」になれるか、京都発EVベンチャーの苦闘EVが注目されはじめた数年前、マスコミの論調で次のようなものがありました。「EVはガソリン車に比べて構造が簡単で部品点数も少ない。だから新規参入の会社が増えて、既存のメーカーは不利になるだろう」しかし現実はどうでしょう? 実際に既存のメーカーを脅かす存在になれそうなのはテスラ社くらいで、他にめぼしいEVメーカーはいません。このギャップ [続きを読む]
  • AM2321でmbed その3
  • お次は配線です。今回は使いデバイスが全てI2Cで接続されているので、I2Cの配線とVcc、GNDを接続すればOKです。しかもプルアップが必要なラインはプルアップ抵抗が配線済みなので、こちらも気にしなくて大丈夫です。I2Cの配線ですが、27番ピンをSCL(クロック)に、5番ピンをSDA(データ)につないで下さい。I2Cはデイジーチェーンで配線できるので、下の写真のように液晶とセンサをそのまま繋げば配線完了です。 他のシリアル通信ボー [続きを読む]
  • 日本でインダストリー4.0を成功させるには?
  • インダストリー4.0というワードが出てきてしばらく立ちますが、じゃあ日本はどうすればいいのか?ということについてちょっとヒントになりそうな記事がいくつかありました。日本の製造業はIoT活用で強い現場を生かせるか、危うい「一人インダストリー4.0」"確かに日本の生産現場はすごい。IoT活用も積極的に取り組んでいる。でも私はこれを『一人インダストリー4.0』と呼んでいる。生産現場で実践しているけど、その一人がつながっ [続きを読む]
  • 強いIoTとは
  • 「動く」と「停める」で最大手に成長したパーク24、システム内製で追随許さずにわかにIoTが流行ってきましたが、タイムズはレンタカー事業で10年以上前から車両監視をやってたんですね。ここで感じたのは、やはり現状何か事業を展開していて、それを強化するためのIoTは成功しやすいし、強いってことです。AmazonのDashボタンもそうでしたし。でも「レンタカーのIoTなんて、すぐにマネされちゃうんじゃ?」と思ったんですが&rdqu [続きを読む]
  • Miix2 8のタッチパネルが反応しないとき
  • 今でもけっこう「Miix2 8 タッチパネル 反応しない」で検索してこのブログに辿り着く方がいらっしゃるようなので、この話題をちょっとだけ。miix2 8のタッチパネルが効かなくなる問題は初期から発生しておりけっこう有名な問題で、解決方法も実は出てます。例えばこちらのブログニンニンニン miix2 8のタッチパネルが効かないリンク先を見ていただくとわかりますが、実はタッチパネルのフラットケーブルの接触不良なんですよね・・・ [続きを読む]
  • AM2321でmbed その2
  • 温湿度センサAM2321で取得したデータは、モノクロ液晶画面に表示することにします。モノクロ液晶ディスプレイもいくつか種類がありますが、大雑把に分けるとグラフィック型とキャラクタ型があります。グラフィック型は自由に絵や文字を表示することができますが、その一方で表示する内容を全て自分で作らなくてはなりません。キャラクタ液晶は表示できる内容がある程度決まってしまっている一方、自分で表示内容までプログラムしな [続きを読む]
  • SONYが面白くなってきました
  • 世界がソニーで“ワオ!” ロボットか未来家電かそれとも事業売却?最近、SONYが面白くなってきたと感じてます。まずそう思ったのは新型のウォークマンAシリーズを見たときでした。今までのウォークマンというと、AppleのiPod対抗をかなり意識していました。それは当然、ポータブルオーディオというジャンルを拓いたSONYとしての矜持があったのでしょうけど、とにかく薄く小さく作って、その一方で拡張性や操作性が犠牲 [続きを読む]