とかり さん プロフィール

  •  
とかりさん: ジャンク日記
ハンドル名とかり さん
ブログタイトルジャンク日記
ブログURLhttp://junkpcjunk.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文PCジャンキーのジャンク日記! ジャンク品の探索から再生までいろいろやってます。自作PCも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/11/11 20:06

とかり さんのブログ記事

  • mbed、始めませんか
  • 以前、簡単マイコンのmbedについてエントリを書きましたが、実は忙しかったこともあってなかなかいじれていませんでした。最近になって色々とできるようになってきましたが、そのときにふと思ったことがあります。というのは、マイコンの記事ってたいてい「Lチカ」のはじめの一歩までで、その次のことを書いてるのってあんまりないんですよね。というわけでこのブログではmbedの「次の二歩目」をちょっと書いていきたいと思います [続きを読む]
  • LogicoolのMX Master買いました
  • 今使ってるマウスが古くなってきたのと、ちょうど年末で買い物ついでもあるしということでマウスを以前から気になってたLogicoolのMX Masterにしてみました。マウスはずっと同社のMX1100にしていたのですが、これと同じ使い心地なマウスがなかなかなく、乗り換えができずに5年ほど経過していました。ですが新作のMX MasterはMX1100に近い大ぶりなサイズで、しかも店頭で試したらけっこうしっくり馴染んだので「次はこれかな」と考 [続きを読む]
  • IoTしよう!
  • IoTしろと言われても?"IoTとは何か、すごく大ざっぱに言えば、「何でもインターネットにつなげちゃお」ということですね。"そう、IoTって何をつなげてもいいんですよね。だからこそ難しいとか、アイデア次第ってところもあるんですけど。でもとりあえずやってみることも大事ですし、今はIoTのためのデバイスも安く買えますしまずはチャレンジしてみるのがいいかなと思いますね。RaspberryPiあたりは価格も安いですし、情報も多い [続きを読む]
  • Pebble2 バックライト編
  • Pebble2は振動を検知してバックライトが点灯するんですが、これの感度がけっこうよくて自転車に乗ってるときの振動でONしてしまうことに気付きました(笑)バッテリ消耗を考えるとOFFしておいたほうがいいかもですね。ちょっと難しいところです [続きを読む]
  • Pebble2を買いました その3 ソフト編
  • Pebble2のソフト的なところを少し。まずPebble2の設定についてですが、これは本体から行います。ですがアプリやウォッチフェイスの設定はスマートフォン側から行うのでこの辺がちょっとややこしいかもです。ウォッチフェイスは最初は1種類しかなかったんですが、アプリのアップデートをしたらKickstarterの特典らしいウォッチフェイスが追加されてました。無料のウォッチフェイスはあまりなくて、基本的には有料のウォッチフェイス [続きを読む]
  • GoProに見る「スタートアップの限界」
  • GoPro、200人超の従業員削減を含むリストラ策を発表GoProからリストラが発表されました。しかしGoPro、今年のはじめにもこういう話出てたんですよね・・・。GoProがリストラ断行 売上不振で100名以上をレイオフつまり2回目のリストラってことになります。GoProに関して言うと「遅かれ早かれ、行き詰るかも」って予感はどこかにありました。というのも、アクションカメラの市場ってニッチだと思うんですよね。デジカメでさえ斜陽と [続きを読む]
  • Pebble2を買いました その2 使い心地編
  • さて、今回もPebbleです。Pebble2の充電は裏面にマグネット式のコネクタをつないで行います。 中心にあるのが心拍センサ、その上が充電用のコンタクトなんですが初めて見たときは「?」となりました。というのも、充電端子にプラスマイナスの区別がないんですよね。「どっちにつないでも大丈夫な構造なのか・・・?」と思ったんですが この充電用ケーブルの金色の部分が5V、両脇の磁石部分がマイナスになっているようでした。別に [続きを読む]
  • Pebble2を買いました
  • ずっとスマートウォッチを買いたいな〜と思ってはいたものの、納得のいくデザインのものがないのとバッテリ持ちがイマイチなモデルが多かったんでなかなか踏ん切りがつかずにいました。そんなときにPebble2が出るという情報をつかんだので「どんなスマートウォッチ?」と思って調べてみたところ・デザインはスクエアタイプでスタイリッシュ・ディスプレイが電子ペーパーということもあってか、バッテリは1週間近く持つ・お値段も$1 [続きを読む]
  • キングジム PORTABOOK XMC10 レビュー その2
  • 前回に引き続き、PORTABOOK XMC10のレビューなど。 肝心のキーボードはアイソレーションタイプでタッチはちょっと硬めながら、ぐらつきなどなくしっかりしてます。キーで気になるのは「全角/半角」の位置で、一番左上にESCキーが来てるんですけど個人的にはESCと全角/半角の位置は逆のほうが使いやすかったかなと思います。ところで、使っていて気になった箇所がいくつか。まずは液晶ですが、モノは非光沢液晶で解像度は1280x768と [続きを読む]
  • キングジム PORTABOOK XMC10 レビュー その1
  • 2月にキングジムから「キーボードが折りたためるノートPC」というコンセプトでPORTABOOK XMC10という機種が発売になりました。キングジム 「ポータブック XMC10」8インチというコンパクトさでありながら、キーボードの使用感も妥協していないというなかなか面白いモデルなのですが、ネックは9万円という実売価格でした。興味あるんですけど、9万は・・・と思っていたら11月になってとんでもない情報が入ってきました。なんと! [続きを読む]
  • さらに先に行くトヨタ
  • トヨタがコネクティッド戦略を発表、「サービスのプラットフォーマーになる」自動運転がバズり始めたころ、「これからは自動運転がメインになるので自動車メーカーは窮地になる」という話が出てきて「まあ、すごく長い目で見ればそうかも」と思ってましたけど、トヨタは自らサービス領域に踏み込むことでそういったリスクを自ら取り込んでいくことにしたようです。少子高齢化、カーシェアリングの台頭と言った話題が出るたびに [続きを読む]
  • 結局、インダストリー4.0って?
  • モジュラーデザインよ永遠に、マツダよ永久に巷でインダストリー4.0が始まると言われてしばらくたちますが、ではそれはどういうことだと言われると説明できるほど理解できてませんでした。「工場がインターネットで繋がるんだな」とかざっくりしたことはわかっていたんですが・・・そんなとき、モジュラーデザインの日野 三十四先生のコラムを読んでいたら納得できる解説が載っていました。簡単に言うと「メーカーレベルを超え [続きを読む]
  • 世界のIoT標準化のいまと日本
  • インダストリー4.0を巡る国際標準化の動きはどうなっているのか (3/4)世界的なIoT標準化の話題となると、ニュースの多くはドイツの取り組みとアメリカの話題ばかり取り上げるので日本はどうも遅れがちのように感じますが、この記事によればIECの白書によると採用された1/4は日本からの提案だそうです。だから「日本メーカーは大丈夫」というわけでもないのですが、こんな記事も第4次産業革命での「日本は遅れている論」は相手 [続きを読む]
  • 色々と動き始めているIoT
  • 勝ち組はどこだ? IT×FAのビッグな協業相次ぐこのところ、メーカーとIT企業のタッグが相次いでいます。しかもタッグを組む企業がどちらも大企業で、何か大きく動くような予感がします。IoTの課題は「接続相手の信頼性が不明」なこと――IPA/SECが調査「IoTはセキュリティが課題」とはよく聞く話ですが、具体的にどういうことかわかってませんでした。データ自体は暗号化して送るべき相手に送れば・・・と思っていたんで [続きを読む]
  • ソフトバンクがLoRaWANに参入
  • ソフトバンクが「LoRaWAN」提供、“IoTの足回り”に本腰を入れるIoT界隈で最近話題になってきた「LPWA」の1種であるLoRaWANにソフトバンクが参入するということです。現状ではソラコムしか参入の話がなかったので、キャリアの選択肢が増えるのは悪く無いと思います。しかし問題は対応ハードウェアがないことで、これが出てこないことには評価もなにもできないので、この辺は早く対応してほしいかなと思うところです [続きを読む]
  • ドローンビジネスの将来
  • ドローンビジネスの拡大が注目されて来ていますが、ニュースイッチの記事を見て気づいたことがありました。「農業」「点検・検査」「空撮」「搬送」 ドローン市場はどこから弾けるかそれはドローンビジネスの内訳の部分なんですが、2016年の時点ではどのジャンルも同じ割合なものの、2020年には「サービス」の分野が最も大きくなっています。日本メーカーでドローンを製造しているところはかなり少ないですが、機体ビジネスの [続きを読む]
  • 日本企業も爆買い?
  • 中国では「半導体を国家戦略に」ということで様々な半導体メーカーを買収するという、まさに「爆買い」的なことが立て続けに起こってます。世界を見渡してもNXPにFreescale、ADIにLinearTechnology、AvagoにBroadcom、IntelにAlteraと大規模な買収が続いています。振り返って日本メーカーはそういった流れとは無関係?かと思いきや、ここに来て日本メーカーにも動きがありました。TDK、仏センサーメーカーを買収 IoT強化へ日本電産 [続きを読む]
  • LPWAとは?
  • 最近、LPWAという単語を聞くことが増えました。これは“Low Power, Wide Area”の頭文字を取ったもので、低消費電力で広エリアをカバーするサービスのことです。今まで広域をカバーする無線といえば3GやLTEがありましたが、IoTの実現のためには消費電力が大きすぎました。しかしWiFiやBluetoothのような比較的省電力な規格では今度は通信エリアが狭すぎるという問題があります。その両方をカバーした「低消費電力で広エ [続きを読む]
  • IoT向け通信規格はどうなるのか?
  • NB-IoT通信モジュールが市場へu-bloxからNB-IoT(Narrow Band IoT)用の通信モジュールが発売されます。速度は上り21k/下り227kbpsと低速ながら、バッテリー消費が格段に少なく抑えられているのが特徴です。最近になってLoRaにNB-IoTとIoTに特化した通信方式の話をよく聞きますが、最終的には何に落ち着くのでしょうか? 920MHzを利用するLoRaは魅力的ですが、NB-IoTも十分に低消費電力にできるならこっちも魅力的かなと思います。 [続きを読む]
  • 新しいBluetoothヘッドセット Andoer LC-B41
  • iBUFFALOのBluetoothヘッドセットがイマイチだったんで新しいのを買うことにしました。選ぶポイントとしては1.A2DP、AVRCPをサポートしてること2.バッテリ持続時間が長いことこの2つですね。で、今回この条件に合ったのはAndoerのLC-B41です。連続待受時間が24時間と、ホントかどうかは微妙な数値が書かれてますがこれだけ自信たっぷりに書くなら長いのだろうということで注文しました。梱包箱は手の平サイズの小さい紙箱に本体、 [続きを読む]
  • 新しい除湿機 F-YZM60-W
  • 今まで使ってたナショナルの除湿機(Panasonicではない)CD-AB63が壊れたので、ちょうどいいので新しいのを買うことにしました。そもそも除湿機はデシカント方式とコンプレッサー方式の2種類があり、それぞれちょっと違いがあります。デシカント方式は機器の内部に乾燥剤があり、それに吸湿させた後にヒーターで温めて乾燥剤を再利用します。メリットは冬のような寒い時期でも乾燥できることとコンパクトなことですが、デメリットは [続きを読む]
  • なんかもうぐだぐだなProject Ara
  • Google、“組み立てスマートフォン”「Project Ara」の開発者版を年内提供へ(今度こそ)Googleの組み立てスマートフォンである「Project Ara」ですが、久々に話を聞いたと思ったらずいぶんと志が下がってました。今まではすべてのモジュールが交換可ということだったのに、ディスプレイ、CPU、メモリ、ストレージの構成は決まってるとのこと。このプロジェクトの当初から「無理でしょ・・・」と思ってたんですけど、結 [続きを読む]
  • iiyamaが巻取り可能な有機EL 8Kディスプレイ発売!?
  • PROLITE SUPERB X2799WQ8U-B1, IMAGE QUALITY THAT RIVALS REALITY!ネットでガジェット系ニュースとか見てても有機ELのディスプレイは高嶺の花ですし、巻取り可能なディスプレイなんて夢のまた夢・・・とか思ってたら「マジかよ!?」と思わず声が出てしまったニュースを発見しました。 iiyama Internationalから8Kで巻取り可能なディスプレイが発売されるそうです! マジかよ・・・。サイズは27インチだそうですが、それでも十分 [続きを読む]
  • 日本版インダストリー4.0のIVI
  • 米独連携ムード中で気を吐いたIVI、日本らしい“緩やかな標準”をアピール世界で動き始めている「スマートファクトリー」の動きに対して遅いと思われていた日本ですが、IVIという団体が立ち上がりようやく役者がそろってきた感じがします。記事を読んでて面白かったのが、各国がどこで価値が発生するかと考えているところで、ドイツは工場そのものに、米国はビッグデータに、そして日本は「人の知識」にあると考えている [続きを読む]
  • じゃあインダストリー4.0以外に何があるのか
  • 「他に何ができる?」の答えがない人に限って、インダストリー4.0を否定するドイツが推進しているインダストリー4.0なので、当然ドイツ国内は一枚岩なんだろうと思いきやそうでもないようです。日本でもスマートファクトリーの話題は徐々に出てきましたし、どういう形になるのか気になるところです。コレ1枚で分かる「IoTとモノのサービス化」ソフトウェアを入れ替えることで新しいサービスを機械に与えることができる、これも確か [続きを読む]