あるじ さん プロフィール

  •  
あるじさん: あるじの小言
ハンドル名あるじ さん
ブログタイトルあるじの小言
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/barvirgo/
サイト紹介文赤坂でバーを営むあるじが、お店やお酒、スコットランドに赤坂の事、はたまたレッズの事など綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/11/12 16:00

あるじ さんのブログ記事

  • [アイルランド記] ベルファスト発バスツアー 〜3〜
  • 10/6(木)午後4時過ぎ、泣く泣く見学を諦めたブッシュミルズ蒸溜所を離れこのバスツアー最大の呼び物ジャイアンツコーズウェイに到着です。 北アイルランド唯一の世界(自然)遺産で、あるじも人生で一度は訪れてみたいと思っていた場所です。 あるじが参加していたバスツアーのオプションで5ポンドで英語のガイド付き40分見学というのもありましたが、あるじとヨメは正規の入場料10ポンド50ペンスを払い日本語の音声ガイダンスを [続きを読む]
  • [アイルランド記] ベルファスト発バスツアー 〜2〜
  • 10/5(木)、午前10時を回ってやっとバスはベルファスト出発です。 先ず向かったのはCarrickfergus Castle(キャリックファーガス城)、キャリックファーガスという街に在るノルマン様式のお城だそうで、バスツアー的には綺麗なお城だから写真撮って、あとここでおトイレ行っておけよ!的なものでした。 なにしろ出発が遅れていたので下手に車内でウイスキーも飲めず、ここでトイレに行けてホッとしました。 そしてキャリックファーガ [続きを読む]
  • [アイルランド記] ベルファスト発バスツアー 〜1〜
  • 10/4(水)も夕刻です。思わぬ場所でバスを降りる事になってしまいましたがどうにもしようがありません。 雨も降っていたのでタクシーを拾い、ホテルまで連れて行ってもらいました。 因みにあるじが2日間お世話になったホテルは Malmaison Belfast、入り口はホテルらしくありませんが趣きもあって素敵なホテルでした。 なので皆さんがベルファストを訪れるのであれば、宿泊ホテルの候補に入れてみても良いんじゃないかと思います。 [続きを読む]
  • [アイルランド記] いざベルファストへ!
  • 10月4日(水)さあ出発です。 先日も書いたとおりあるじはBAを利用してヒースロー(ロンドン)経由でベルファストへ向かいます。 それで旅のヒントではありませんが、ここでもう1つロンドンやスコットランド・アイルランドへ行く便利な飛行機が今月29日から登場するので紹介します。 それがJALの羽田午前2時45分発(サマータイムは午前1時55分発)という便です。 この便だとロンドン到着が現地時間午前6時25分なのです。 夜最 [続きを読む]
  • [アイルランド記] 初アイルランド!
  • さて、久々の「小言」になりますが、あるじ10/4(水)から10/9(月)の4泊6日の日程でアイルランドに行って来ました。 ここ数年アイリッシュウイスキーが世界中でブームになっていますし、アイルランドの首都ダブリンにもウイスキー蒸溜所が戻ってきているので、そのあたりを見て感じて新たに誕生した蒸溜所のウイスキーなども買って来れればと思い行ってまいりました。 それと2019年3月29日(金)まではブレグジット前でロンドン経 [続きを読む]
  • [BAR・お酒][スコットランド記] The Bow Bar (ザ・ボウ・バー)
  • スコットランドの首都エジンバラ、あるじの大好きな街でもありますが、この街のパブ「ザ・ボウ・バー」が、英国のミシュランともいえるAA(オートモービル・アソシエーション)のパブ・オブ・ザ・イヤー(スコットランド)に選ばれました。 まあエジンバラでは人気の高いパブであるじも好きな店ではありますが、エジンバラだけでも数多くあるパブの中、ましてやスコットランド中だったらどれだけの数パブあるのよ!って中でのパブ・ [続きを読む]
  • [BAR・お酒] Adelphi(アデルフィ)のニューボトル
  • アデルフィがスコットランドのかなり僻地な西海岸沿いにオープンした蒸溜所Ardnamurchan(アードナムルッハン)、少し前にTBSの「クレージージャーニー」という番組で取り上げられたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、来月この蒸溜所のニュースピリッツをリリースするそうです。 2014年から操業しているので今年からウイスキーをリリースする事も出来ると思うのですが、アデルフィではアードナムルッハンのシングルモル [続きを読む]
  • [BAR・お酒] 訃報
  • 昨日スコットランドから悲しいニュースが飛び込んできました。 スペイサイド・クライゲラヒー村にある老舗パブ、Fiddichside Inn(フィディックサイド・イン)のJoe Brandie(ジョー・ブランディ)氏がお亡くなりになられたそうです。 御歳88歳、あと2年はフィディックサイド・インを続けてくれるはずだったので、とても悲しくとても残念でなりません。 フィディックサイド・インは先に亡くなられた奥様、Dorothy(ドロシー)さんのご両 [続きを読む]
  • [BAR・お酒] ウイスキーヒストリーIn OSAKA
  • NBA(日本バーテンダー協会)大阪北摂支部が主催で今年で17回目となるウイスキーのイベントが、10/1(日)12時から16時半まで大阪市の新梅田研修センターで開催されるそうです。 参加費は一般が2,500円、飲食業などされている方は2,000円だそうです。 この参加費で数多くのスコッチウイスキーを中心に日本のウイスキーも含め沢山のウイスキーが試飲出来るそうなので、関西方面の方でウイスキー好き及びウイスキーに興味のあるという [続きを読む]
  • [BAR・お酒] Are we being priced out of whisky?
  • ウイスキーの価格ってどうなちゃうの?というニュアンス的な記事が英国のウイスキーサイトにあり、あるじも最近お客様と話していてウイスキーの価格について話題になる事もあったので、少しここでも考えてみたいと思います。 ここ数年日本でもちょっとしたウイスキーブームが起き且つ海外でもその少し前からウイスキーブームが起きています。 という事で年々ウイスキーの売上げも伸びていますが、ウイスキーは造っても直ぐに売れま [続きを読む]
  • [BAR・お酒] MALTS.JP
  • というサイトがオープンしてました。 これは、MHD モエ ヘネシー ディアジオが扱っているディアジオ社のシングルモルトウイスキーについてどう違うのか?どれが自分の好みに合うのか?などそれぞれのシングルモルトウイスキーについて文章での説明はもちろん、写真やフレーバーマップで視覚からも香り味わいが想像しやすく、特にウイスキー初心者の方が何を飲んだらいいかって調べる時の参考になりそうなサイトなのです。 まあ惜し [続きを読む]
  • [BAR・お酒] 写真展「Islay memories」
  • 来月あるじの店のお客様でもある湯越 慶太さんが銀座で自身初となる写真展を開催します。 テーマはタイトル「Islay memories」から分かるとおりアイラ島、湯越さんがアイラ島を訪れた時に撮った写真をいつかどこかで発表したいと思っておられ、今回の開催に至ったそうです。 会場はスペース銀座(〒104-0061 東京都 中央区銀座1-19-12 銀座グラスゲート2F)、1階が昼は舘田珈琲焙煎所というコーヒー店で夜はバー「アイラ島」という [続きを読む]
  • [BAR・お酒] 約170万人
  • の方が、昨年スコットランドの蒸溜所を訪れ見学していったそうです。 先週末SWA(スコッチウイスキー協会)が発表したレポートによると、2016年にスコットランドの蒸溜所を訪れた有料見学者の数が約170万人で、2015年に比べ8%増えたそうです。 スコットランドの蒸溜所を見学しようと思うとその殆どの蒸溜所が有料なので、見学に訪れた人の数を把握しやすいんでしょうね。 それにしても1年で8%、2010年からだと25%ぐらいの [続きを読む]
  • [BAR・お酒] 「グレンリヴェット12年」が
  • 今後3年掛けて復活するそうです。 なんて書いても日本に居ると何のこと?って思われると思いますが実は「グレンリヴェット12年」、発売されているのは世界中でも限られたマーケットのみで、本国スコットランドを含めヨーロッパなどウイスキーの主要マーケットでは販売されていなかったのです。 日本でニッカウヰスキーの「余市」や「宮城峡」が年数表記のものが無くなったのと同じで世界的なウイスキー需要の伸びに原酒が不足し、 [続きを読む]
  • [BAR・お酒] かしわウイスキーフォーラム2017
  • さて、今週明日明後日はMHDのグランドモルトテイスティングが東京・恵比寿であり、土・日にはウイスキー&ビアキャンプ2017が長野県・長和町で開催、そしてプロユースではありますが金曜日にはモダンモルトウイスキーマーケットと、ウイスキーのイベントが目白押しです。 まあ当店でも明日インヴァーハウスのテイスティング懇談会なんか開催したりしますしね。 で、そんな今言われても今週のイベントじゃ都合がつかないという皆 [続きを読む]
  • [BAR・お酒] Whisky Galore(ウイスキーガロア)Vol.04
  • が発売になりましたね。 今号の特集はあるじも気になるスコットランドのクラフト蒸溜所で、15以上のクラフト蒸溜所についてレポートしてあるそうです。 そして紹介されている蒸溜所のうちウイスキーを既にリリースしていますという蒸溜所はごく僅かで、その殆どがこれからウイスキーをリリースする蒸溜所なので、各蒸溜所どんな拘りでどんなウイスキー造りをしているのかなど、あるじもまだ読んでいないので、ちょっと楽しみな今号 [続きを読む]
  • [BAR・お酒] アイリッシュ、2週続けての
  • ウイスキー蒸溜所オープン! 先週の土曜日(26日)にアイルランドの首都ダブリンにPearse Lyons Distillery(ピアス・ライオンズ蒸溜所)がオープンしたと思ったら、今週土曜(9/2)にはダブリンの北に約50キロ、County Meath(ミース郡)に在るSlane Castle(スレーン・カッスル)の敷地内にその名もSlane Distillery(スレーン蒸溜所)がオープンします。 まあ今続々と蒸溜所建設が進むアイルランドなのでこれからも新しい蒸溜所オープンの [続きを読む]
  • [BAR・お酒][店] インバーハウステースティング懇談会
  • をあるじの店、BAR Virgoで9/7(木)に開催する事になりました。 これは、9月7日(木)にスコットランドのインヴァーハウス社からブランドデヴェロップメントのヘッドを務めるAndy Hannah(アンディー・ハナー)氏とアジア地区のセールスマネージャー兼ブランドアンバサダーのMatt Wright(マット・ライト)氏が当店にお越し頂ける事になったので開催する事に致しました。 内容としてはウイスキー好きの皆様と親睦を深める為に [続きを読む]
  • [BAR・お酒] 北欧で気になるウイスキー
  • というと正確には正しくないがこれから誕生する筈の、北欧のあるじが気になる2つのウイスキーについて簡単に紹介したいと思います。 先ず1つ目はフィンランドのKyrö Distillery Company(カイロ・ディスティラリー・カンパニー)が造っている100%シングルモルトライウイスキー、ライ麦だけを使ったモルトウイスキーだそうで、現在熟成中で初のウイスキーが今年中にはリリースされるそうです。 フィンランドのウイスキーというの [続きを読む]
  • [BAR・お酒] Ardbeg An Oa(アードベッグ アン・オ)
  • 今年1/17(火)の「小言」で紹介した「アードベッグ アン・オ」が英国等では9/1(金)から発売されると発表されました。 日本では9/1(金)からとはいかないようですが、9/7(木)・8(金)に開催される「グランド モルト テイスティング」に参加すれば1杯試飲が出来るそうです。 それでアードベッグ蒸溜所からリリースされるまでこの動画でも見ててね!というメールが届いたので皆様もこの動画を見て待ち遠しいと思うかどうかは別 [続きを読む]