Design_walker さん プロフィール

  •  
Design_walkerさん: 公共施設/デザイン
ハンドル名Design_walker さん
ブログタイトル公共施設/デザイン
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/public_design/
サイト紹介文何気なく利用している「公共施設」を探索し、デザインを改めて見つめてみようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/11/12 16:20

Design_walker さんのブログ記事

  • 西宮砲台 [西宮 御前浜に遺る幕末遺跡]
  •  兵庫県西宮市御前浜の高い防波堤の海側に大きな円柱状の構造物があります。西宮砲台の存在は知っていたのですが、それがいつの時代の物なのかも知らず、実際にその構造物を目の前にすると想像していたよりもかなり大きい構造物であり驚きをかくせません。西宮砲台は御前浜の砂浜の中にあり、その砂浜では釣りやバーベキューをする方々をよく見かけ、地元でも憩いの場になっている様です。ただこの高い防波堤の先には住宅が建って [続きを読む]
  • 大阪伊丹空港 千里川土手で迫力の飛行機離発着を撮影
  •  大阪伊丹空港が50年ぶりの大型リニューアルを終え、先日ショップやカフェなどがオープンし話題となっておりますが、今回は施設ではなく飛行機を見にいってきました。 伊丹空港は内陸にある空港ですので、空港内にある展望デッキ以外にも飛行機の離発着が見れるスポットがあるはずと思い調べてみると、伊丹スカイパーク、スカイランドHARADA、エアフロントオアシス下河原、千里川土手などが検索でヒットしましたが、飛行機が頭上 [続きを読む]
  • 甲子園浜に広がる遺構を探索2 [歴史は海底に眠る]
  •  先日「甲子園浜に広がる遺構を探索」して大きなミスを侵していた事を後に気づきました。それはここが海だという事です。海には干満がありその時によって水位が違うという事です。前回の探索時はどちらかと言うと満潮時に近い時で水位が高く、もしかしたら海の下に何かが隠されていたかもしれないと言う事もあり、居ても立っても居られない心境で早速探索に出かけました。 今回は気象庁のHPを確認し干潮の時間を確認、少し早めに [続きを読む]
  • 甲子園浜に広がる遺構を探索
  •  先日浜甲子園運動公園付近をサイクリングしていて、たまたま出会った海岸線の砂浜から頭を出す遺構、その規模の大きさが気になり調べてみると、様々な歴史がある事が判明しました。もしかするとその遺構から当時に関わる物が出てくるかもしれないという期待を込めて探索に出かけました。 最初に見て頂きたいのが下の地図です。比較的現在に近い物ですが、写真中心部付近は現在開発中で集合住宅は壊され更地の状態になっています [続きを読む]
  • 阪神高速3号神戸線 武庫川出口 [ループ線を見に行こう]
  •  阪神高速3号神戸線武庫川出口は、大阪方面入口と神戸方面出口のみのハーフインターチェンジですが、今回は神戸方面出口に焦点をあててみます。阪神高速3号神戸線武庫川出口から高速道路を下りると並行して走っている国道43号線に合流すします、それを跨いで一番反対側車線で合流となる訳ですが、その高低差とその先にある「鳴尾」武庫川女子大学のある交差点までの距離を顧慮した場合、単純に下りれる訳には行かなかったのでしょ [続きを読む]
  • 夙川 [桜 開花状況]
  •  今年の桜は例年より開花が早く、関東では満開を迎えています。さて阪神間で有名で「日本さくら名所100選」に選ばれている夙川の桜の現在の状況ですが、今週は天気で暖かな日も続くとの予報になっておりますので、今週中には満開を迎えそうです。 早速3/26の状態を見ていきたいと思います。下の写真が国道2号線から見た様子ですが、全体的には咲いてはいますが、まだ寂しい状況です。近くで見てみると、完全に開花している花と蕾 [続きを読む]
  • 大阪夏の陣 真田幸村最後の舞台 [茶臼山~安居天神]
  •  大阪冬の陣の講和条約で大阪城は惣堀が埋められ、本丸だけの言わば裸城の状態になりましたが、豊臣家では復旧工事と再軍備を始め、この情報が家康方に伝わり、諸大名への再出陣命令が発せられます。慶長20年4月6日には大阪夏の陣前哨戦が始まりました。 その後慶長20年5月7日、大阪城南方で徳川方15万5千と豊臣方5万5千が激突する最後の決戦が行われました。茶臼山に布陣した真田幸村(信繁)隊3千5百が家康本陣に攻込むなど奮戦 [続きを読む]
  • 大阪市立美術館 [Osaka City Museum of Fine Arts]〜慶沢園 [Keitakuen Garden]
  •  大阪市天王寺区の天王寺公園内に、天王寺動物園から見れば一段高く上がった場所に大阪市立美術館があります。現在美術館が建っているこの場所は住友家本邸が建てられていましたが、住友家から大阪市に美術館建設を条件に日本庭園「慶沢園」とともに寄贈されました。世界恐慌の為工事が中断する事もありましたが、1936年(昭和11年)5月1日に大阪市立美術館が開館しました。本館は伊藤正文氏と海上静一氏によって設計されました。 [続きを読む]
  • 日本三名園 岡山後楽園〜岡山城
  •  日本三名園である岡山後楽園、名称は岡山城の後ろに作られた園という意味で後園と呼ばれていましたが、「先憂後楽」の精神に基づいて造られたと考えられることから、明治4年後楽園と改められたそうです。後園の名の通り旭川を挟んで岡山城と隣接している為、訪れた際は一緒に見学していただきたい施設です。 岡山後楽園は、岡山藩主池田剛正公が家臣の津田永忠に命じて、貞享4年に着工し、元禄13年には一応の完成をみました。そ [続きを読む]
  • 倉敷美観地区 [レトロモダンな街並み]-03
  •  またまた前回に引き続き倉敷美観地区の写真を、見ていただきたいと思います。倉敷アイビースクエアはホテルや美術館、レストラン、ショップが集まる観光施設です。赤レンガとアイビーが印象的な建物なのですが、今の時期はアイビー(ツタ)は枯れてしまっています。ちなみにこの建物は明治21年にイギリスの工場をモデルに建設された倉敷紡績所(元クラボウ)の工場です。倉敷の地ビールと言えば「倉敷麦酒」こちらは内科の看板で [続きを読む]
  • 倉敷美観地区 [レトロモダンな街並み]-02
  •  前回に引き続き倉敷美観地区の写真を、見ていただきたいと思います。倉敷美観地区で約100年にわたり酒造りをしてきた森田酒造、12月下旬には新酒しぼりたて生酒の『萬年雪 荒走り』が発売されます。店頭に杉玉が吊るされており、お酒の熟成具合は良さそうです。景観地区では派手な色の看板はありません。景観を壊すことなく伝えていくのか、看板を見ていく事を観光の一つに加えるのも良いのではないでしょうか。町の中でよく見か [続きを読む]
  • 倉敷美観地区 [レトロモダンな街並み]-01
  •  倉敷美観地区は江戸時代幕末の天領(直轄地)として栄えた町で、当時の建築物を保存し現在も江戸時代の面影を残す町並みとなっています。 今回は画家岡本直樹さんの鳥瞰図(バーズアイ)を最初に見させていただき、倉敷美観地区の地図を頭に入れ探索をしました。写真をいっぱい撮りましたので何回かに分けてあげていきたいと思っています。倉敷川沿いは、美観地区のハイライトと言える風情ある町並みが見られます。川舟流しで水上 [続きを読む]
  • 倉敷市立美術館 [旧 倉敷市庁舎]
  •  JR倉敷駅南口から元町通を10分程進むと、倉敷立美術館があります。近隣は倉敷美観地区となっており、江戸幕府の直轄領「天領」の町として栄え、白壁の屋敷や倉敷川沿いの柳並木など、当時の景観を今に伝える地域として人気の観光スポットとなっています。 倉敷美観地区と元町通を挟んで倉敷立美術館が建っていますが、竣工当時はコンクリート打ち放しであっただろうと、一目で近代建築とわかる外観となっています。 倉敷市立美 [続きを読む]
  • 倚松庵 [小説『細雪』の家・谷崎潤一郎旧邸]
  •  阪神「魚崎駅」から住吉川沿いを5分程北上していくと、西岸に木造二階建ての木造瓦葺屋根の家が現れます。その門先には「倚松庵」と書かれた石碑が置かれています。この家は文豪・谷崎潤一郎が1936年から1943年まで居住し、松子夫人やその妹たちをモデルとした小説「細雪」の舞台となった場所です。 元々倚松庵は現在地より南へ150mの位置にありましたが、住吉川右岸線の道路築造工事の為、現在の場所へ移築されました。「倚松 [続きを読む]
  • ロンドンバス展示 [THE PENNYLANE KOBE]
  •  現在KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)でリバプールが生んだ世界的なロックバンドであるビートルズを気軽に満喫できるカフェギャラリーTHE PENNYLANE KOBEが開設されています。ビートルズに関する写真、メンバーゆかりの貴重な品々の展示、ワークショップやミニライブイベントの開催されます。KIITO正面横の駐車場にはビートルズが活躍した1960年代に生地・英国リバプール市を走っていたバスが停車しています。日本 [続きを読む]
  • 神戸ポートオアシス [神戸開港150年記念事業]
  •  神戸市中央区新港町に神戸開港150年を記念して、神戸港福利厚生施設神戸ポートオアシスがまもなくオープンします。 場所は三宮フェリーターミナルがある神戸港の第三突堤の付根で三井倉庫や三菱倉庫の並びにあり、まさにトレーラーが行き交う神戸港らしい場所です。向かいには新港貿易会館 [旧新港相互館]があります。 この施設は7月1日より供用開始される予定です。 1階 食堂(120席)、コンビニエンスストア デイリーヤ [続きを読む]
  • 実習船やいづ [神戸港中突堤]
  •  先日神戸港の中突堤に「やいづ」と言う実習船が着岸していました。調べてみると静岡県立焼津水産高等学校の実習船という事ですが、同校では水産業を支える後継者の育成をめざした教育を実践しているとの事。生徒は最新機器を装備した実習船やいずで実践力を磨いていきます。 実際にはカツオ一本釣漁業実習や、航海運用学・機関学・無線通信運用学などの実習、海洋観測・海洋生物調査研究、体験航海を行っています にほんブログ [続きを読む]
  • メリケンパーク リニューアルオープン [神戸開港150年]
  •  神戸開港150年記念事業の一つとして、メリケンパークのリニューアル工事が進められていましたが、4月5日に一部の芝生を除きリニューアルオープンしました。 (スターバックス コーヒーは4月21日オープン)■リニューアルの概要として・芝生広場の拡充や多目的広場の拡充・多目的広場の拡張やステージ改修・東側エントランス部の改修・照明設備の改修による夜間景観の演出(手摺照明や樹木ライトアップ等)・新たなフォトスポット [続きを読む]