藤さん さん プロフィール

  •  
藤さんさん: 藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾
ハンドル名藤さん さん
ブログタイトル藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/fujiwarayoshimasa/
サイト紹介文経営者・管理職のあなた コンプライアンスや労務管理の悩み、労務問題 ズバッと解決!
自由文経営者・管理職のあなた
一人で悩んでいませんか?
コンプライアンスや労務管理の悩み、労務問題
ズバッと解決!
辛い! 苦しい! 死にたい! 退職したい! どうしたらいいか判らない!
ビジネスパーソンのお悩みをお聴きし、必ず解決の道をおつけします。
藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾 へご相談ください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/11/13 15:36

藤さん さんのブログ記事

  • 人財が第一 組織づくりが第一
  • 人財が第一組織づくりが第一 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 労務問題(就業規則違反など)が発生したとき、それを適正適法に手続きし、再発防止や組織の立て直しに努めることが大事。 とりわけ、事が重大であればあるほど、慎重かつ迅速に手続きし、組織の立て直しをすることが必要です。組織にとって人財育成と組織づくりが最も大事です。しかし、それをやろうとされない経営者もおられるのです。藤原義正は、その [続きを読む]
  • 重大事が発生しても改善しようとしないのは何故?
  • 重大事が発生しても改善しようとしないのは何故? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 ある福祉施設のお話。 職員による入所者に対する虐待が発生し、そのご家族から刑事事件として届け出がなされ、当該職員は傷害罪で逮捕された。以前にも同様のことが発生している。これに対し、全く改善しようとしない経営者。大事なのは、入所者を大切に誠意をもってお世話をすること。怒りを入所者に暴力でぶつけないようにするに [続きを読む]
  • 職員による虐待が発生 今がその時
  • 職員による虐待が発生今がその時 藤原義正です。 おはようございます。 職員による入所者に対する虐待が発生した。ご家族が知るところとなれば、刑事事件として届け出られるかも知れない。紛争となるかも知れない。民事訴訟を提起されるかも知れない。支援団体が入って来るかも知れない。 報道され、大きな社会問題になるかも知れない。最悪の事態を想定して対応する。今がその時です。誠実かつ適正適法に対応することは、当事者 [続きを読む]
  • 職員による虐待が発生した時 どうされてますか?
  • 職員による虐待が発生した時どうされてますか? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 高齢者施設や障害者施設において、言葉や暴力による虐待があったとき、施設ではどのように対処されてますか?死傷事件や暴行事件により逮捕された案件がよく報道されていますが、その逮捕案件も含め、発生した虐待にはどのように対応されているでしょうか?いきなり死傷事件や、警察に逮捕されるような暴行事件が発生しないと思います。 [続きを読む]
  • 障害者施設における暴行傷害事件 その時が労務管理を徹底するとき
  • 障害者施設における暴行傷害事件 その時が労務管理を徹底するとき 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 障害者施設における暴行傷害事件が時折報道されています。それは職員による入所者に対するもの。それを行う動機も色々あると思います。そのような行為が発生したとき、事実を綿密に調べ、就業規則違反として手続きする必要があります。それをやらずにいると、さらに蔓延し、いずれは重大事が発生することになります [続きを読む]
  • 停職3カ月が相当でしょうか?
  • 停職3カ月が相当でしょうか? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「兵庫県の自治体で、兵庫県迷惑防止条例違反の罪で罰金刑を受けた健康福祉局の女性係長(40)と、勤務中にこの女性係長とみだらな行為を繰り返し職務専念義務に反したとして総務局の男性副主査(35)を、それぞれ停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。女性係長は依願退職した」とのニュースが流れています。 読者の皆様は、非違行為をした二人の [続きを読む]
  • 人財への投資は必要
  • 人財への投資は必要 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 開闢以来30年近く経過するが、これまで労務問題を扱った記録がない。大事が起こらないよう、労務管理研修をしたいが、職員が本気で聴いてくれるかどうか。そんなお話をされる福祉施設の幹部職員の方。本気でお聴きいただけるような研修をやらせていただきます。実例をお話ししますので、驚かれるかも知れませんし、実務に即して考えていただきますので、本気で [続きを読む]
  • 就業規則違反を犯した従業員と面接する基本
  • 就業規則違反を犯した従業員と面接する基本 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 昨日は、就業規則違反を犯した従業員と面接するには、聴取能力が必要だと書かせていただきました。今日は、就業規則違反を犯した従業員と面接する基本について、書かせていただきます。それは、就業規則違反を犯した従業員に対し、会社への忠誠心や人としての誠実さ、さらに使命感や責任感を果たすように求めることです。刑事事件でもそう [続きを読む]
  • 就業規則違反の調査には聴取能力が必要です
  • 就業規則違反調査には調査能力が必要です 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 経営者、管理者、労務担当の方は、就業規則違反が発生したとき、本人や関係者からヒアリングされたご経験をお持ちだと思います。そのとき、すぐに、正直かつ誠実に事実を話してもらうことができたでしょうか?恐らく、否ですよね。 虚偽を語ったり、時には黙秘する人もあるでしょう。聴取は、強要や誘導になってはいけません。強要や誘導を行 [続きを読む]
  • 就業規則違反に該当する虐待の意義
  • 就業規則違反に該当する虐待の意義 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「介護支援の技能が足りないために虐待にあたる場合もある。そういう場合も就業規則違反にあたるのか」そう質問される福祉施設の幹部の方がありました。就業規則に定められた懲戒事由は、故意に行われた行為であることが原則であり、過失を罰するとの規定がない限り、過失を罰することはできません。虐待は、おそらく「他人に暴行を行ったもの」、 [続きを読む]
  • 就業規則違反調査の適正手続きについて
  • 就業規則違反調査の適正手続きについて 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 今日は、就業規則違反の調査における適正手続きについて、書かせていただきます。 「適正手続き」って、まるで刑事事件の捜査のようですが、就業規則を適用して懲戒処分を科し、それを不当として民事訴訟を提起された場合、まるで刑事事件のように適正手続きであったかどうかを原告は追及してきますし、裁判官もそのように審理をされます。で [続きを読む]
  • 就業規則違反の情状について
  • 就業規則違反の情状について 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 昨日は、就業規則違反を証明する証拠について書かせていただきました。今日は、就業規則違反の情状について、書かせていただきます。情状とは、就業規則違反に科される懲戒処分等を斟酌する事情のことです。その行為を行うに至った動機、勤務年数、責任能力のレベル、職場の状況、その行為に対する教育がどのように行われていたか、生活上の背景等々であ [続きを読む]
  • 就業規則違反事実を証明する証拠
  • 就業規則違反事実を証明する証拠 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 昨日は、懲戒処分のレベルが相当かどうかについて触れましたが、今日は就業規則違反を証明する証拠について、少し触れさせていただきたいと思います。証拠には、人証(人が知っていること)、物証(その物が証拠となるもの)、書証(書いてある内容が証拠となるもの)の三種類があります。懲戒処分や指導処分は、民間のものは当然民事手続きであり、公務員 [続きを読む]
  • 懲戒処分したことあるけど、そのレベルが相当だったかどうか?
  • 懲戒処分したことあるけど、そのレベルが相当だったかどうか? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「一度だけ懲戒処分したことあるけど、そのレベルが相当だったかどうか?」そう言われる幹部の方。それまでにも、就業規則違反はあったけど、処分したのはその一回だけ。今後のことを考えると、その時の処分が相当だったかどうかが気に懸る。処分は、たとえ初めてだったとしても、その非違行為の事実と情状をもって、レ [続きを読む]
  • これまで就業規則を適用して来なかったならば
  • これまで就業規則を適用して来なかったならば 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 これまで、虐待など就業規則違反が発生しても、一度も就業規則を適用して来なかった。そういう福祉施設もあると思います。それをそのまま放置していると、全国ニュースになり、大きな社会的非難を浴びるような死傷事件等が発生する可能性もあります。これまでやっていないのにどうするか?簡単なことではありません。また、そうしてきた [続きを読む]
  • 言うべきことと、控えても良いこと
  • 言うべきことと、控えても良いこと 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 労務管理を行う上で、言うべきこと。組織は大きくなればなるほど、経営者の意思やルールが末端まで徹底しにくい。なるべく大きな石を、池の真ん中に思いっきり投げ込み、端々まで波がいきわたるようなやり方が大事です。それは、組織の大小にかかわらず、大事なことかも知れません。ルールの徹底は、やや厳しいくらいやる方が端々まで行き渡ると思 [続きを読む]
  • 虐待した職員を懲戒解雇 コンサルタントがいるとこんなに違う
  • 虐待した職員を懲戒解雇コンサルタントがいるとこんなに違う 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 ある福祉施設のお話。「これまでに、職員による虐待事案で、その当事者を懲戒解雇し、警察に傷害事件として届け出た」「これができたのは、指南役がいたから」このようにできないところが多い。虐待が発生しているのに、就業規則を一度も適用していないところが多い。そのようなところが、全国ニュースになるような大きな [続きを読む]
  • 虐待は発生する それに対する適法適正な対応が重要
  • 虐待は発生するそれに対する適法適正な対応が重要 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 高齢者や身体障碍者に対する虐待防止法が制定されていますが、虐待がずっと以前から発生していて、常時発生しているので、制定されたものです。 虐待を行う心情というものもありますが、実際に行為に出でた時はどう対処するか?また、完璧にその行為がなくなることも期待できない。そうなると、発生したときにどう対応するか?福祉施 [続きを読む]
  • 職員による入所者に対する虐待 どのように対応しておられますか?
  • 職員による入所者に対する虐待どのように対応しておられますか? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 福祉施設における職員による入所者に対する虐待あなたの法人・施設ではどのように対応しておられますか?「うちはそういうこと一切ないから」と、実際はあるのに自らに嘘をついて認めないのは、何の進歩もありませんし、そのような認識が入所者に対する死傷事件につながります。「あるけど、就業規則を適用したことは [続きを読む]
  • 訓練中に行方不明となった陸上自衛官の自殺から
  • 訓練中に行方不明となった陸上自衛官の自殺から 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 先日、陸上自衛隊日出生台(ひじゅうだい)演習場において、訓練中に武器を持ったまま行方不明となり、2800人の態勢で捜索した結果、演習場内で自殺されているのを発見された陸上自衛官のニュースが報道されています。階級・経験から、何をすればどうなるかは承知されてのことだと思います。本当に残念です。組織や上司・同僚に、何を訴 [続きを読む]
  • 「何か起こったら、お願いします」「起こってからでは遅いです」
  • 「何か起こったら、お願いします」「起こってからでは遅いです」 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 福祉施設の職員・元職員による入所者に対する死傷事件が労務問題であることの会話をしていて、福祉施設の幹部の方とのやりとり。「何か起こったら、お願いします」「起こってからでは遅いです」社会から大きな非難を受ける死傷事件が起こったら、施設の存続が困難となります。労務管理は、経営者から新入職員(様々な [続きを読む]
  • 商工中金の不正融資に関する処分について
  • 商工中金の不正融資に関する処分について 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 政府系の商工組合中央金庫(商工中金)が国の制度融資で不正を繰り返した問題は、「ほぼ全店が関与し、813人もの職員が処分される事態となった。安達健祐(けんゆう)社長(元経済産業事務次官)が引責辞任して組織を見直すが、隠蔽(いんぺい)体質は根深い。不正の温床となった制度融資を景気対策の名目で続け、問題を見逃した経産省の責 [続きを読む]
  • 不正は隠すのではなく、適正に対応しよう
  • 不正は隠すのではなく 適正に対応しよう 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「不正はあるが、就業規則に基づいた対応をしない」「不正は隠す。補助金がもらえなくなるから」そう言われる福祉施設の幹部が少なからずいらっしゃいます。勿論、正しいと思ってやっておられるのではなく、苦肉の策だったり、開所以来ずっとそうしておられるので、それが風土となっているところもあります。では、「隠すこと」や「就業規則 [続きを読む]
  • 虐待はある しかし、就業規則を適用したことはない
  • 虐待はあるしかし、就業規則を適用したことはない 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 福祉施設を経営する法人の理事や福祉施設の幹部の方から、「虐待は実際にある。しかし、就業規則を適用したことがない」というお話をお聴きします。そして、それをおっしゃった方々は、「就業規則が適法適正に運用できる施設になりたい」と言われます。間違いなく、そうなれます。藤原義正がお手伝いさせていただきます。藤原義正は [続きを読む]
  • 不安でも良い それを受け入れて前に進む
  • 不安でも良いそれを受け入れて前に進む 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 不安にさいなまれることって、ありますよね。人によれば、毎日かも。でも、「これしか道はない」との明確な目的と情熱があれば、前に進める。それは、自分らしい道だし、好きな道だから。自分に正直に。不安だって良いじゃない。「俺は強いんだ」と表面を飾っても仕方ない。無理にやっている場合は、一時の成功はあるかも知れないが、長くは続 [続きを読む]