藤さん さん プロフィール

  •  
藤さんさん: 藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾
ハンドル名藤さん さん
ブログタイトル藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/fujiwarayoshimasa/
サイト紹介文経営者・管理職のあなた コンプライアンスや労務管理の悩み、労務問題 ズバッと解決!
自由文経営者・管理職のあなた
一人で悩んでいませんか?
コンプライアンスや労務管理の悩み、労務問題
ズバッと解決!
辛い! 苦しい! 死にたい! 退職したい! どうしたらいいか判らない!
ビジネスパーソンのお悩みをお聴きし、必ず解決の道をおつけします。
藤さんこと藤原義正のお悩み相談室 発芽塾 へご相談ください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/11/13 15:36

藤さん さんのブログ記事

  • 連帯ユニオン関西生コン支部による事件は徹底解明すべき
  • 連帯ユニオン関西生コン支部による事件は徹底解明すべき 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 先日から、連隊ユニオン関西生コン支部について書かせていただいていますが、この事件は徹底的に捜査し、全容解明して、刑罰法令を適用していただきたいと思います。それにより、日本国民、経営者・管理者、そして企業等で働く皆様は実態を知られるべきだと思います。どのような政治勢力の影響を受けているのか、何を目指しど [続きを読む]
  • もし社外の労働組合から従業員に加入の勧誘があれば
  • もし社外の労働組合から従業員に対し加入の勧誘があれば 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 昨日、連帯ユニオン関西生コン支部幹部ら16人逮捕について、書かせていただきました。もし、あなたの会社の従業員に社外の労働組合から加入の勧誘があれば、どうされますか?ユニオンショップ制度となっている労働組合がある場合、労働組合も組織防衛のために動きますね。また、会社としてもその従業員に対し、指導することが [続きを読む]
  • 連帯ユニオン関西生コン支部幹部ら16人逮捕 重大な労務問題
  • 連帯ユニオン関西生コン支部幹部ら16人逮捕重大な労務問題 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「セメント、生コン業界の労働者らでつくる『全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部』(関生支部)の幹部や組合員が、運送業者のセメント出荷業務を妨害したとされる事件で、大阪府警警備部は18日、威力業務妨害や強要未遂の疑いで、関生支部副執行委員長ら16人を逮捕した。16人の逮捕容疑は昨年12月12〜 [続きを読む]
  • 宮城県警察の警察官殉職 治安の闘士に最敬礼
  • 宮城県警察の警察官殉職 治安の闘士に最敬礼 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 宮城県仙台市の交番において、警察官が刺されて殉職。そして、警察官を刺した被疑者が刃物で抵抗してきたため、上司の警察官が発砲し、被疑者が死亡。このようなニュースが流れています。命を懸けて使命を果たされた治安の闘士に最敬礼。そして、警察官を刺し、さらに刃物で抵抗する被疑者に発砲した警察官の勇敢な職務執行に心から感謝 [続きを読む]
  • 職場内における政治活動
  • 職場内における政治活動 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 ある職場で、Aという従業員が上司や会社への不平を漏らすようになった。そして、上司に食って掛かるようになり、上司へ言って欲しいことがある場合は、Aへ依頼する者が現れ始めた。ある日、休憩時間に、突然Aが、「みんな、ちょっと聴いて欲しい」と言い、職場や上司への不満について演説を始めた。Aは、政治団体に加入しているようで、端々にその思想に [続きを読む]
  • 危機管理は最悪のことを想定して
  • 危機管理は最悪のことを想定して 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 藤原義正は、労務管理・労務問題解決のプロフェッショナル。人に関する危機管理のプロフェッショナルです。危機管理は最悪のことを想定して、考えられる全てのリスクを想定して、優先順位をつけて出来得る限りの入念な準備をします。 そうしていると、いざというとき、落ち着いて、抜かりなく対応できる。「まあ、起こらないだろう」との気持ちがあ [続きを読む]
  • 家庭の問題 仕事の支障になる場合は相談を
  • 家庭の問題仕事の支障となる場合は相談を 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 家庭の問題。本来は仕事の場では関係のないこと。そう思われる経営者・管理者の方もおられるでしょうか。「いいや、そんなことはない」そう思われる経営者・管理者の方もおられると思います。 労務管理上、家庭の問題も、仕事に支障を来すようになるとき、あるいは支障を来しそうになる時は、大いに関係あります。仕事に身が入らず、本来の [続きを読む]
  • 公益通報だったのか? スルガ銀行の不正融資等
  • 公益通報だったのか?スルガ銀行の不正融資等 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 スルガ銀行の第三者委員会が、「不正融資を主導したのは元専務執行役員と断定。上司に首を掴まれて壁に押し当てられたり、営業目標が達成できないと2時間以上立たされ、同僚の前で給与額をバラされるといったパワハラが横行していたことを公表。元専務執行役員を筆頭とする営業部門の暴走について、背後に創業家がいる理解が社内にあっ [続きを読む]
  • スルガ銀行の経営者はここまで見えていたでしょうか?
  • スルガ銀行の経営者はここまで見えていたでしょうか? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 報道によると、スルガ銀行の役員5人が辞任し、同行の代理人弁護士が辞任し、第三者委員会とは別に内部調査にあたっていた危機管理委員会の弁護士も辞任したとのことです。報道を鵜呑みにはできませんが、このような事態が招来することを、当時の経営者は想定していたでしょうか?想定は可能でしょうから、していたとして、あま [続きを読む]
  • 上司や同僚に対する恨みや妬みや鬱憤が一大事を招く
  • 上司や同僚に対する恨みや妬みや鬱憤が一大事を招く 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 上司や同僚に対するいきなりの激しい暴力。このようなご経験をされた経営者や管理者はいらっしゃいますか?藤原義正は、沢山取り扱ってきました。このようなことをされる人は、決して普段から他人に対して暴行に及ぶ人ではありません。素手ではなく、器具を使った殴打もあります。調べてみると、暴力を振るった相手に対し、ずっと [続きを読む]
  • 経営者・管理者の本心 美辞麗句では誤魔化せません
  • 経営者・管理者の本心美辞麗句では誤魔化せません 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 本心は違うのに、美辞麗句を並べ立てる。難しい言葉を使い、解説してみせ、自らの博識を誇示する。こんな経営者・管理者の方、いらっしゃいますよね。感心するようなふりをして、みんな見抜いている。危険な業務、重大な業務を遂行している部下に対し、その実務や置かれた状況を全く理解せずに、現場を見もせずに自らの都合や考えを [続きを読む]
  • 被災地の炊き出し 記者が「報道陣にご飯ないんですか?」
  • 被災地の炊き出し記者が「報道陣にご飯ないんですか?」 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 暴動を鵜呑みにはできませんが、ネットで流れているニュースによると、「被災地において炊き出しをしている人に対し、報道関係者が『報道陣にご飯ないんですか?』と発言し、被災者から怒りを買っている」とのことです。行方不明者捜索のために災害発生当初から現場に入っている自衛官・警察官・消防官・海上保安官はこのよう [続きを読む]
  • テレ朝系女性記者 被災地でぬかるみにはまり救援隊により救助
  • テレ朝系女性記者被災地でぬかるみに埋まり救援隊により救助 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 テレビ朝日系地方局の女性記者が、被災地でぬかるみにはまり、被災地で行方不明者の捜索を行っていた救援隊により約6時間かけて救出されたと報じられています。他社に先駆けてスクープを撮ろうとするあまり、このようになったようです。しかし、行方不明者の捜索にあたっていた救援隊に取り組んでいる重要任務から離れさ [続きを読む]
  • 酒気を帯びて交通事故を起こした場合の懲戒処分
  • 酒気を帯びて交通事故を起こした場合の懲戒処分 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 元アイドルの芸能人が大量の酒気を帯びてひき逃げ事件を起こし、逮捕されたと報道されています。経営者・管理者の皆さん、あなたの職場では、従業員・社員・職員がこのような事件を起こした場合、どのような懲戒処分とされますか?「懲戒処分なんかしない。やったことないし、煩わしいので辞めてもらう」「懲役や禁錮になれば、懲戒処 [続きを読む]
  • 従業員の自死 夫婦間の問題の場合もあります
  • 従業員の自死夫婦間の問題の場合もあります 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 Aさんは、努力して、望んでいた仕事に就いた。仕事が楽しくて楽しくて。そして、結婚。妻も、努力して自分がやりたい仕事に就いた人。自分の仕事に誇りを持っているが、Aさんの足を引っ張ることをしたり、士気を下げる言葉を発する。Aさんも理想の妻像を崩さない。いつしか互いを信頼しなくなり、けなし合うようになった。そして、ご主 [続きを読む]
  • 使命感と誠実さ
  • 使命感と誠実さ 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 北海道胆振東部地震発生後、自衛隊・警察・消防の対応の早さは目を見張るものがあります。本当に素晴らしいです。使命感と誠実さは、日本人の優れたところであると思います。そして、自衛隊・警察・消防は、職務の宣誓を精神と身体全体にしみこませ、日々過酷な訓練により、それを可能にしています。日本企業や研究者の技術開発や完成品の精度の高さもそうです。使命 [続きを読む]
  • 北海道大地震のニュース映像から
  • 北海道大地震のニュース映像から 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。北海道の地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。また、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。火力発電所が全て止まり、電力の供給ができなくなっているとのこと。道路も損壊し、本当にご不自由だと思いますが、落ち着いてご辛抱ください。 今朝、ウォーキングに出かける前に見たニュース映像。北海道厚真町の地震によ [続きを読む]
  • 退職強要された どうすれば良いですか
  • 退職強要されたどうすれば良いですか 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「退職強要されて、自分の意思に反して退職願を書きました。どうすれば良いですか」こんなご相談があります。自己の意思ではなく、退職強要されて書いたことを職場に申し出て、撤回するのもひとつ。既に退職が承認されていれば、承認取り消しを願い出ることも必要。応じてもらえなければ、地位保全の仮処分申請を行い、それが認められたら地位確 [続きを読む]
  • スルガ銀行 実態のないものも含め創業家系企業に数百億円融資
  • スルガ銀行 実態のないものも含め創業家系企業に数百億円融資 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「金融庁は、スルガ銀行の不正融資に関し、実態のないものも含め創業家系企業に数百億円の融資をしている疑いがあるとして調査中。企業統治にも問題あり」とのニュースが流れています。このような案件を監督官庁である金融庁が調査し、法に基づいてしかるべき対応をされるのは当然のことですが、行内で担当部門が調査す [続きを読む]
  • 入院患者5人死亡 職員は真実を語るべき
  • 入院患者5人死亡職員は真実を語るべき 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 先日書かせていただきました「岐阜市のY&M藤掛第一病院で高齢の入院患者5人が死亡した事件で、同病院がいずれの患者の死亡も岐阜県警岐阜中署に変死として届け出していなかった」とのニュースにつき、病死との死亡診断書を書いた医師は中々真実を話そうとしないかも知れませんが、事情をよく知られる医療技術者たる職員さんは、真実を誠実に [続きを読む]
  • 電線大手フジクラの品質不正から
  • 電線大手フジクラの品質不正から 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「電源大手のフジクラは、8月31日、送電線用の電線や通信用ケーブルなど73品目で、検査数値を改ざんするなどの品質不正があったと発表した。顧客と取り決めた検査を実施していなかった例もあり、昭和62年から行われていたという。同社は昨年12月に不正を把握していたにもかかわらず、これまで公表していなかった」とのニュースが流れています。社長 [続きを読む]
  • どうして第三者委員会なの? 自らの組織に担当部門があるでしょう
  • どうして第三者委員会なの?自らの組織に担当部門があるでしょう 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 最近、非違行為が発生すると、すぐに「第三者委員会に委ねる」と言う組織が多いですね。 いつも書かせていただいているように第三者委員会は部外者の方々。自らの組織に、就業規則違反・法令違反を調査し、懲戒手続きなどを行う部署があるでしょう。藤原義正は、大企業でその部署に在籍し、発生する労務問題を一手に [続きを読む]
  • 入院患者5人死亡 熱中症の疑い 院内でも判明していたでしょう?
  • 入院患者5人死亡熱中症の疑い院内でも判明していたでしょう? 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「岐阜市の『Y&M藤掛第一病院』で26〜28日に高齢の入院患者が死亡した事件で、同病院がいずれの患者の死亡も病死として死亡診断書を記載し、岐阜県警岐阜中署に報告していなかったことが、同署への取材で分かった。遺体に異状がある場合の報告義務を定めた医師法に抵触する可能性があるとみられ、県警は28日夜 [続きを読む]
  • 中央省庁による障害者雇用の水増し
  • 中央省庁による障害者雇用の水増し藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 「障害者雇用の水増し問題で、厚生労働省は、中央省庁の8割に上る行政機関で合わせて3460人が水増しされていたとする調査結果をまとめました。一方、意図的な水増しがあったかについては、『第三者の検証に委ねる』とするにとどまりました」とのニュースが流れています。報道を鵜呑みにはできませんが、この政策の監督官庁である厚生労働省が、「 [続きを読む]