のぶ さん プロフィール

  •  
のぶさん: 西天満の会計事務所のブログ
ハンドル名のぶ さん
ブログタイトル西天満の会計事務所のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/t-kaikei/
サイト紹介文西天満にある会計事務所のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 312日(平均0.2回/週) - 参加 2008/11/14 06:00

のぶ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • うちは現状維持でいきます
  • 「うちは現状維持できます。会社を大きくさせるつもりはありません。」と言う経営者の方がいらっしゃいます。 この言葉をおっしゃる経営者の会社は、過去には利益を計上し蓄えがあり、一方で売上や利益が右肩下がりになっている傾向があります。 しかし、経営に現状維持はありません。 従業員は、毎年1年ずつ年を取り、給与も上がっていきます。昨日いた優秀な従業員がやめてしまうこともあり得ます。現状維持は、新しい事を何もし [続きを読む]
  • 販管費の中身
  • 売上高が低迷し、さほど伸びが期待できない場合、「経費削減」ということで販売費及び一般管理費が削減の対象となりがちです。略称である販管費という言い方になると更に一つにまとまったコストという感じがし、販管費をまとめて削減することが目標にされます。 しかし、経理の方が販管費を勘定科目に分けているのは、それぞれに意味があるからです。勘定科目の内容を確認し、それぞれ売上にどのような貢献をしているかを考える必 [続きを読む]
  • 今年も神風が吹きました
  • 「今年も最後に神風が吹きました。これで予算達成です。」と、ある社長がおっしゃったことがあります。それは良かったですねと返す一方、この会社には、どこにでも神風が吹いているのではないかとも考えていました。すなわち、従業員がやる気になるのは期末近くになってからで従業員の頑張りで受注が増えるという仮説です。 以上の仮説に立つと、需要が上がるときに決算期をぶつけることが面白いかもしれません。百貨店などは、売 [続きを読む]
  • 社長の器
  • 従業員が退職する時には、社長は意外にショックを受けています。これは、従業員が考えている以上の重さです。特に従業員が50名以下の会社ではその傾向にあります。時々「私の器が小さいからかな・・」という嘆きに似た相談を受けることもあります。 私が思うに社長の大きさは器ではないと考えています。近いのは、線です。社長は、自分の線の太さを太くするために研鑽を積まなければなりません。しかし、自分とは方向性の違う従業 [続きを読む]
  • 決算賞与による節税対策
  • 決算で利益が出ていると節税対策として従業員に対する決算賞与を利用することも一つの方法です。 これを採用しようとする時、経営者の方から支給した方がいいかどうか質問されることがあります。これは、来期も支給できるどうか分からないのに、当期のみ支給したら将来的には従業員のモチベーションを下げてしまうのではないかという心配からきています。 この質問に対しては、支給することは会社にとっていいことではないというの [続きを読む]
  • 労働分配率
  • 先日の日本経済新聞に、「労働分配率 43.5%に低下」との記事がありました。これは、今年の4月〜6月の法人企業統計調査によると資本金10億円以上の分配率は43.5%であり、約46年ぶりの低水準だそうです。また、資本金10億円以未満の中堅・中小企業は69.8%とのことです。 労働分配率は、人件費÷付加価値で計算します。 賞与の総額をどうしようかと聞かれた時には、よく利用する便利な指標でもありますが、付加価値をどう算出するか [続きを読む]
  • 新聞図書費
  • 経済白書からの引用ですが、「幼少期の家庭の蔵書数などの家庭環境が賃金や学歴に影響をもたらすという結果が報告されている」そうです。 中小企業では会社においても新聞図書費や研修費にどれだけかけるかどうかは、親の立場ともいえる社長によります。これらの費用をかける会社の経理の方は、自分なりの意見をもって、税理士に質問してくる傾向があります。 一方、これらの費用が少ない会社は、税理士に頼ってしまってしまう従業 [続きを読む]
  • 経済白書(年次経済財政報告)
  • 久しぶりに更新してみました。 経済白書が発表されましたね。毎年、この膨大な報告書を見る度に内閣府の方々には、尊敬の念を覚えます。こういう方々の給与になるなら税金を払っていいかという気になります。 今回の経済白書ですが、副題は「技術革新と働き方改革がもたらす新たな成長」となっています。技術革新は、IoT、ビッグデータ、人工知能、ロボットなどの新規技術であり、第4次産業革命とも呼ばれているものです。ちなみに [続きを読む]
  • 過去の記事 …