makoto hirose さん プロフィール

  •  
makoto hiroseさん: 広瀬誠(Makoto Hirose)のblog
ハンドル名makoto hirose さん
ブログタイトル広瀬誠(Makoto Hirose)のblog
ブログURLhttp://www.hirosemakoto.com/
サイト紹介文世界の政治経済・国際情勢を分析。 広瀬政経塾を開校。 国の将来のため「新しい国家ビジョン」提唱
自由文世界の政治経済・国際情勢を分析。 広瀬政経塾を開校。 国の将来のため「新しい国家ビジョン」提唱
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/11/15 22:42

makoto hirose さんのブログ記事

  • 保全経済会について
  • まず、先稿の「黄金株」について。フランスが2014年に導入した会社法は2年以上保有した株主に2倍の議決権を認めるもので「黄金株」制度とは言えないだろう。お詫びします。記憶がもどってきたのだが、オランド仏大統領が新任早々、正月に意気込んで日本に来たのだが、安倍さんの対応がいまいち。怒って帰ってそのチーズに似た名前の法律を作ったという印象を持ったものだ。日産との提携のはるか後のことだ。さて、タイトルの保全経 [続きを読む]
  • ルノーの黄金株、そして日産の電池子会社の中国売却
  • ルノー株の15%を保有するフランス政府、しかし議決権は2倍とのことだ。黄金株制度はプライベート色が強い国内企業ならともかくも、国際ルール として公正なのだろうか? もちろん、日産はその制度をしっていたのだろうが。さて、問題の核心はニッサンの子会社である電池会社を中国に売却するという一件だ。落札した投資ファンドが資金 不足でドロップし、中国企業に売却というのだが不審といえば不審だ。かんぐればファンドは [続きを読む]
  • 豊田章夫社長がパリで逮捕されたら日本人はどう感じるか
  • まずトヨタ社長の名前を出させていただいたが物のたとえとはいえお詫びする。このような兆候はまったくないと思う。実はルノーはフランス政府の 15%の出資だからトヨタと政府の自動車工廠を兼ねたフランスの代名詞みたいな存在だ。左派系の仏国民では理解できる人もいるようだが、ともかく 大多数は憤然としてもおかしくない。日本検察は形式犯容疑よりベルギー子会社の捜査を本丸とするとともに、人権侵害のそしりを受けないよ [続きを読む]
  • 映画で見る太平洋戦争 開戦あの日 を読む
  • 「日刊ゲンダイ」で短期連載した望月苑巳氏の映画評だ。最終の12月8日付け(7日発行)で成島出監督の「連合艦隊司令長官 山本五十六」を論じ ていた。ディテールに関する指摘が多すぎてややこの映画の価値を見誤っている気配がある。世界史上空前の暴挙とみられても仕様がない行為の内幕を これほど通常人が理解できるようにした映画はない。その驚きから翌年のモントリオール世界映画祭に特別招待されたのである。このメンバーに [続きを読む]
  • 日産は八幡和郎氏をアドバイザーにすべきだ
  • 事はニッサンだけではない。全日本の信用がかかっている。この出来事の提起自体は日本全体にとってプラスの面がマイナスより多いと私は感じる。し かし劇薬の投与であり、経過次第では大事になる可能性も多い。150年前の堺港での警備藩士の行動と西川社長グループとの類似さえ私には想起され る。ここは八幡氏にアドバイスを求める局面だ。ルイ・シュバイツァー氏なら会長職ををお願いしても良い、とかも一案だ。西川社長が会長を [続きを読む]
  • 日産へのルノーの投資を考える
  • 日産へのルノーの投資だが、ゴーンのボスだったルイ・シュバイツァーは熟慮を重ねた。有り金を全部投じる決断だった。そこを重視する必要がある。 と同時に、日産ジーゼル株の売却や土地の売却など表面の6500億円程度の投資より大幅に危険負担を減じる確信もあったはずだ。なお日産ジーゼル は現在UDトラックスという社名でボルボの親会社の中国企業の孫会社である。シュバイツァーの自伝は小学館から発売されている。日産は彼 [続きを読む]
  • 組合費が問題だ
  • 消費増税で本末転倒の議論が続出だ。消費を拡大するなら天引きの組合費をターゲットにすべきだ。自治労、自動車労連関係など組合費天引きで過去のサウジなみの金満体質が多い。増税による消費停滞は組合費の天引きを暫時停止するよう法制化したらどうか。本当に必要だと思う組合員が多いなら組合大会で継続すればよい。2,3年徴収が停止すれば消費は激増するだろう。 [続きを読む]
  • ゴーン氏事件と横浜の香り
  • 戦前に日本フォードは軍部の反感をよそに横浜・子安で自動車の生産を1940年まで続けた。これは当時の話だ。陸軍が追浜の日産工場か子安のフォード工場のどちらかに最重要の工作機械を破壊活動から守るため銃剣付きの兵士を24時間張り付けていた。デフ・ギアのカッティング・マシーン でどうしても国産化できなかった。米国のグリーソン社製であった。ちなみに戦後は安宅産業が商権を握っていた。さて、ゴーン事件の報道は週刊文春 [続きを読む]
  • 天皇訪中 日経新聞は何を隠蔽しているのか
  • 日経新聞で現在の天皇の訪中の回顧記事が出されている。かなりの重みを感じさせる扱いである。しかし肝心なことは一切書かれていない。現在在位されている天皇が訪中したさい、中国側は犯罪より悪質なペテンを使ったのだ。天皇陛下は立たれて苦心を重ねたであろう文面を申し上げた。当時の楊尚 コンは椅子に座りながら書面を指さしここはこう言った方が良い、という態度をあらわにしていた。これは中国全土ならぬ世界中に放映され [続きを読む]
  • 国家の根幹を摩耗させる官房長官の「手腕」
  • ゴーン事件に関して、10か月間も接見禁止で拘留された籠池夫妻のようなことがあればフランス政府は黙っていない。これは全国紙司法担当記者の見 解だ(日刊ゲンダイによる)。ゴーン事件はともかく安倍政権による国家の根幹に関わる信頼失墜の案件が目立つ。経産省の安倍夫人付きの女性職員を駐イタリア一等書記官に昇格させ赴任させたのも一例だ。これは国際相場では悪質極まる司法妨害と評価されよう。私を含め国民一般は内閣の [続きを読む]
  • 堺港事件150年とカルロス・ゴーン
  • 堺港で150年前に大事件が起こった。寄港していたフランス艦の水兵と警備の土佐藩の武士達の衝突で結局双方に30人近い死者がでたのだ。今回の ゴーン事件とは直接の関係はないもののことによっては同じくらいの影響が出かねない。通商関係で司法が介入するのはオバマ時代にエリック・ホルダー司法長官が日本人の自動車関係者を多数逮捕したことがある。ただ、日本ではほとんど行われたことはなく、もしフランス側が司法の介入と考え [続きを読む]
  • 北方領土に関して孫崎享氏にお尋ねする
  • 日刊ゲンダイ紙の金曜日に日本外交に関して鋭い論調のコラムを連載するのが孫崎氏である。先立っても千島列島に関して国後島や択捉島は放棄されたものとの見解を論じられておられた。私が疑問に思うのが放棄された島々がソ連(ロシア)の領土である根拠である。占有権を通り越して領有権になる 理由である。実体は当時の米国大統領の口約束であろう。ロシアとしても大戦の結果としか言えない。ルーズベルト大統領が言ってたからで [続きを読む]
  • 安倍氏の拙劣な対ロシア外交交渉
  • ソ連との国交回復を主導した鳩山一郎は脳疾患後に首相になった。病後の彼が趣味の囲碁をプロの棋士をした後にプロは暗然として涙を浮かべた。当時 の政界は強豪の囲碁打ちが多かったが鳩山はその中でも傑出した打ち手の一人だったのだ。それが初心者に近い打ち筋とプロには感じられたようだ。ラ イバルの吉田茂が政権を鳩山に渡さないという根拠もそこにあった。しかし三木武吉等の活躍・暗躍もあり鳩山が政権を奪取し念願の対ソ交 [続きを読む]
  • 人手は不足だが人間はいらない
  • 日本政府は「人手不足」を声高に言っているが、この祝日の増加ぶりはなんなのだ。三連休の大盤振る舞いだ。一説によると、祝日一日が20万人の労 働力不足にあたるという。5000万人の250分の一と概算すればそんなものだろう。生活保護の方も半分くらいは体が使えそうだ。介護も65歳か ら75歳くらいの入所予備軍が見守り要員になれそうだ。将来の入所優先を約束したら300万人くらいは、最初はおずおずと、応募してきそうだ。要 する [続きを読む]
  • 安倍の「日中協定」は、「日独伊三国同盟」と似ている
  • 安倍氏が訪中して結んだ日中の協定は松岡洋右が主導した「三国同盟」といくつかの点で似ている。その唐突なこと、その破滅的なこと、大外交家 を気取る「 俺が俺が」が動機の一つとなったことなどである。米国と中国の対立は短期では修復が困難であるのは明白だ。そのなかでの日本の立ち位置は熟考が必要なのは 当然だ。ペンス副大統領が同盟国をおもんぱかった大演説の直後に中国の容易に侵略主義に変化しかねない諸政策をほぼ全 [続きを読む]
  • 室蘭の腎移植センターについて
  • 15年ほど前に癌研(大塚の時代)で右腎のガンを部分切除していただいた。そんな関係で腎移植に関する関心があり8,9年前の拙ブログにも記事を 書いたことがある。ちょうど万波医師の施術が議論されていた頃だ。事態は腎臓移植を望む数万人以上の腎臓病患者の切望を無視する点でまったくと 言っていいほどの進展のなさだと思う。米国では年間1万件以上の腎臓移植手術が行われているようだ。私を含めて、特に死後移植を認めない意 [続きを読む]
  • 警察力を政治に多用してはならない
  • 安倍政権の官房長官だが、警察力を政治に多く使っている、との印象が強い。前川喜平氏が文科事務次官の時に、彼の行動を会見で暴露した。前川が告発しなかったので事なきを得た。監視だけでなく立件に結び付く案件も多いと推測できる。田母神候補の場合や今回の文科省の数度にわたる捜査・立件もそう見る人が多い。いうまでもなく政治に警察が介入するのはアフリカ諸国や旧共産圏諸国などの低劣な政治風土では日常のことだが自由主 [続きを読む]
  • 毒ガス兵器遺棄問題と国際司法裁判所への提訴
  • 雑誌『WEDGE』の旧号を読んで毒ガス弾遺棄問題の深刻さを知った。以下私見である。この問題の国際条約が出来ても日本政府はさほど深刻視していなかった。しかしこれは中国江沢民政権の深い作戦を軽視していた。締結後に江政権は26万発程度の毒ガス弾が発見されたと発表した。あまりにも 大量の「発見」だったが、まさか一国の政府が瞞着の発表するなどの可能性を想像しなかったのが甘かった。以来毎年2000億円以上の金が支払われて [続きを読む]
  • 琵琶湖の水位管理 国交省は万全といえるのか?
  • 今回の豪雨で琵琶湖湖岸の被害はなかったに等しい。管理する国土交通省の労をねぎらいたい。しかし方策は万全だったのか?分析するにあたり、降雨 から3日ほどで琵琶湖の水位を最大77センチメートル上昇させた水量は概算5億トンで海抜約80メートルの位置を考えてどれだけのエネルギーにあ たるのか考えたい。1トンの水を80メートル上昇させるのにディーゼル式のポンプで燃料20グラムを必要と想定するとその5億倍で10万トン [続きを読む]
  • 「ダム操作」より「ダムの個数と能力」だ
  • 今回の災害でダム操作が問題になっている。安倍首相が「徹底究明」といっているようだ。一挙に増水する時にダムのオペレイターくらい苦悩する人員 もいまい。最善を尽くすが無い袖(つまり貯水能力)は振れない。苦衷の内に放水するが,死者に直結する判断だ。そんなことは百も承知なのは操作員自身だ。だから根本的な問題はダムの個数であり個々のダムの能力だ。 [続きを読む]
  • あっという間に5億トンの水を集めた琵琶湖の実力
  • 今回の豪雨だが琵琶湖の水位の推移を見つづけた。669平方キロの広さだが、75センチを超えた水位を記録した。私の概算だと5億トンを集めた計算だ。それが10センチまで下がったのが7月16日だから日本としてはスケールの大きい話である。瀬田や天ヶ瀬でまともに発電していたら数十億円レベルの効果はあっただろう。福井県へのトンネルも発想してよいはづだ。なお記録的な水位低下の年は1994年。冷夏で米騒動の1993年の翌年 はピ [続きを読む]
  • ダム反対知事は殺生知事か?
  • ダムはムダだったのか?いや、ダムさえ作っておけば死者は出なかったケースが頻出しているのだろう。近時でいえば滋賀県の前知事だ。ムードで当選してダム凍結をしたが姉川で人命を危険に陥れた「殺生知事」と非難されても仕方ないのではないか。運動家はいざしらず現実に県の行政権を行使した人物の事績には徹底的な検証が必要でそのうえで批判が必要なら峻烈にすべきだ。オウムの被害より大きい可能性さえあるからだ。 [続きを読む]
  • 私が安倍内閣を嫌いな理由
  • 安倍さんが私の友人なら好きになるかもしれない。繊細な心配りが期待できるからだ。しかし政治家として嫌いなわけは彼の内閣が典型的な「モラル・ ハザート内閣」だからだ。ともかく公私の別が甘すぎる。これは国を乱す最悪の行動パターンだ。「私は指示していない」がお得意で「免れて恥じ無 し」のパターン。責任を結果として下の者に押し付ける性格はバカ殿によくあることだ。無表情に殿の後始末を続ける菅さんだが、例えば谷さ [続きを読む]