kurohyge2008 さん プロフィール

  •  
kurohyge2008さん: 夜の静寂にはき出す言の葉集
ハンドル名kurohyge2008 さん
ブログタイトル夜の静寂にはき出す言の葉集
ブログURLhttp://higoniwaka2005.blogspot.com/
サイト紹介文夜更かしのついでに、思うことなど書き綴っています。
自由文この国に誇りを持ちたいが故に、敢えて辛辣な事も述べています。
過去の忌まわしい亡霊が蘇らないために。そして、国家から強制されない自由を維持するために。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/11/16 02:44

kurohyge2008 さんのブログ記事

  • また山岳遭難
  • 北海道の旭岳で高齢夫婦と東南アジアの外国人夫婦が、下山中に迷い遭難。救助隊によると本格的冬山装備ではなかったと言う。山と気象に無知な似非登山者が増えている証左だろう。もういい加減、救助費用を請求すべきだ。登山者側も山岳保険を掛けて、登山すべきだ。 [続きを読む]
  • 備えと覚悟
  • 今、世界中で気象現象の陽性化、活発化、大型化による、かつて見られないような豪雨や洪水、土砂災害が頻発している。気象の陽性化や激化は地球シミュレータで温暖化が進むという条件で、予測されていたことである。急峻な山岳と海に囲まれた日本列島は平野部にあまり恵まれず、殆どの平地は雨水などによって山岳部から運ばれて来た土砂や火山灰が堆積して形成されて来たものだ。そこを通る雨水の通り道、つまり河川の流路は決して [続きを読む]
  • 民主主義の弱点
  • ? 世界的に保守化傾向を強める状況下、日本も同様に保守、極右の論者達が、既成メディア、ネット環境で目立つ活動を活発化している。彼らが属する右翼団体も同様だ。 その保守団体と連携が強い現安倍内閣の憲法改正が、そういう団体と連携して進められていることは、容易に想像できる。 都議選で勝利した「都民ファーストの会」の創設者小池百合子が、安倍達とほぼ変わらない思想傾向の持ち主だという事を忘れてはならない。民主 [続きを読む]
  • 安倍内閣と経産省の嘘
  • 福島第1原発メルトダウン水蒸気爆発事故後の廃炉作業が、先を見通せない中で、困難を極めながら続いている。6年経過しても、肝心の炉の内部チェックすらほとんど進んでいない。廃炉終了の時期も全く未定のままだ。そもそも原子力事故後の廃炉作業の困難さは、スリーマイル島、及びチェルノブイリ原子力事故処理の過程を見れば、既に明らかであるにもかかわらず、安倍内閣と経産省は原子力発電を停止せず、逆に再び強化した対策を [続きを読む]
  • 気象の不安定化
  • ?豪雨や竜巻発生の頻度増、夏季の高温化等、気象が不安定になっているのは確かな事だろう。不安定化の兆しは、海水温の上昇が大きな要因になる。海と陸地の比率が約7:1で、海が大きな割合を持つ地球だからだ。日本の海水温上昇が明白になったのは、約20年前に熊本の天草にある苓北町沖で九州大学の研究者が、定点観測していたと場所に熱帯、若しくは亜熱帯の海に見られるテーブルサンゴの越冬を確認した事だった。沖縄以南の海 [続きを読む]
  • メディアの危機
  • 民主主義という体制の中でメディアが果たす役割は大きい。常に権力機構をチェックし、権力機関や政治家達の民主主義に反する行為や言行を広く民衆に伝え、批判の対象として言論を使って評価していくべきだからだ。ところが最近の日本の状況には危機感を覚えずにはいられない。特に安倍晋三が首相になってから、メディア批判、特に自分への批判が厳しいメディア、例を挙げると「朝日新聞」などへ、経済的被害をも与えうるような言動 [続きを読む]
  • 狼少年
  • 「boots on the ground」というフレーズが盛んに喧伝されたアフガンに続くイラク戦争時から、日本の右転回が急激に進み始めた感がある。先日の北朝鮮のミサイル発射時に、東京メトロが運行を中断したり、滋賀県が県内の教育機関で弾道ミサイル飛来注意喚起の文書を配布して、家庭に持ち帰らせたりと、北朝鮮に接する韓国でさえ呆れる反応をした。あたかも狼少年ではないか?トランプ政権といい、安倍晋三政権といい、まるで北朝鮮 [続きを読む]
  • 歴史は繰り返す
  •  北朝鮮の現状を見ながら思うのは、金正恩に繋がる金家支配を今まで継続させてしまった、その国の国民の哀れさだ。共産制という幻と「チュチェ思想」というまやかし思想に牛耳られて、一党独裁どころか、一家独裁という封建時代の王家かと見紛う体制の中で生活せざるを得ない人々の哀れである。 翻って、我が国の現状はどうか。一応民主主義国家の体を装いながら、ほとんど一保守政党の統治を永らえさせ、対抗すべき統治力を身に [続きを読む]
  • 高校生 登山訓練中に雪崩
  • 那須岳のスキー場で春山登山訓練合宿中の高校生が雪崩に巻き込まれ、遭難したという。新3年生と新2年生の為の雪山訓練だったのだろう。今日が最終日だったらしく、訓練の総仕上げの内容だったのかもしれない。場所は今シーズンの営業を終えたスキー場の上部だった様だ。映像で小灌木が生えている様子を見ると、ゲレンデではないのかもしれない。経験で話をするのは危険なこともあるが、一定の積雪があり、しかも以前の積雪層表面 [続きを読む]
  • 反動勢力の増長
  • 「日本会議」と言う自民党国会議員が多数加入している超保守の運動団体がある。安倍自民党総裁も、その団体が主張している憲法の全面的書き替えや、天皇を象徴から外して実体的元首として位置付けへのへんこうの主張に同調していて、参院選大勝で、日本会議もその主張と同化している自民やその同調勢力は勢いを増して、この国を息苦しい国に変える画策を強めるだろう。 [続きを読む]
  • 何ともお粗末な首相?それとも国民か?
  • 消費税増税延期を決めたと言う首相が、社会保障政策を人質に取ったかのような発言!社会保障政策の充実について「増税を延期する以上、全てはできない。」だそうだ。他の予算を節約して、社会保障政策の充実を図るつもりはないらしい。外務省がサミットのメディア向けに31億円で3日しか使わないメディアセンターを作って撤去するとか。それで「安い」とかほざく感覚が現政権下には充満しているようだ。この国の民は、余程の [続きを読む]
  • 御用報道を指示
  • 熊本地震発生時に、NHKの籾井会長が九州電力川内原子力発電所関連の報道に関して、「公式発表をベースに」した報道を指示していた事を、4月下旬に毎日新聞がスクープしていた。 メディア規制を腹の中では目論んでいるであろう安倍の傀儡である籾井なら、まぁ、あり得ることであり、不思議ではない。今更だが、そのNHKは籾井以前から、報道機関たるべき姿勢をなくしていたと私は思っている。それが顕著に出ていたのが、論説委 [続きを読む]
  • 益城町の惨状
  •  昨日、用事があり益城方面へ出掛けた際に道路沿いに見た光景は、目を覆いたくなるような凄まじい情景だった。益城町役場付近の家屋倒壊の様は、特に凄まじく、道路の両側のほとんどの建物が押し潰れるように倒れていた。遠景にでも記録として写真を撮るつもりだったが、あまりに酷い情景に言葉もなく、写真も住民の方々の気持ちを思うと、とても撮影できる心境にはなれなかった。 私も同じ被災者で、大規模な改修が必要ながらも [続きを読む]
  • 活断層型の大地震
  • その揺れは突然だった。激しく強い短い周期の揺れが襲った。思わず机の下に潜り込む。強い揺れは10秒から15秒位だったろうか。家の大きな柱と根太が軋む音が聞こえた気がした。もちろん障子、襖、硝子戸が激しく振動していたものの、そうした揺れの最中にあっても、倒壊することはないなと直感的に感じていた。本棚等も倒れることなく、棚等から物が落ちたり、飛び出すこともなかった。と、これが第1波の木曜日9時過ぎの地震だっ [続きを読む]
  • プロ野球の「名門 巨人軍」の内実
  •  「名門巨人軍」の野球賭博事件や元選手の清原覚せい剤事件などで、いま最もHOTな話題を集めている「名門巨人軍」なのだが、他の場面では呼ばずともシャシャリ出てくる読売新聞の会長である渡邉恒雄氏は、こういう時に何故に姿を表さないのだろうか?何らかのコメントを表明すべきだろう。「紳士たれ」であったはずの巨人軍の内実が、実はドロドロに汚れまくっていたという事実について、渡邉恒雄氏自身の口からその理由を聞きた [続きを読む]
  • 安倍も応援していた田母神都知事候補
  • まぁ、極右に限りなく親しいと思わせる雰囲気を持った元航空自衛隊の幹部だった田母神元候補者が、その選挙で集めた資金の使途不明金の件で、事務所の強制捜査並びに検察庁特捜部による事情聴取を受けているという。この男、候補として登場する前からメディアへの頻繁な露出や過激な発言で知られるようになり、その主張に共鳴する輩達と政治的関心をも持って行ったのだろう。"birds of a feather flock together"の喩えどおり、安 [続きを読む]
  • 言動に責任を取れない議員たち〜下衆どころか、滓(かす)以下の輩ども〜
  •  税金から歳費を給してもらいながらまともな仕事もせず、ひたすら私事(不倫、国会休んで遊び旅行)に多忙だったり、政務活動費の詐取、弁護士の経歴を持ちながら、人種差別発言、また精査を欠いた無責任な発言をする議員達。また極めて物騒な事を平然と言い放つ大臣(例、政治的不公正を理由にした電波停止を公然と言い放つ高市早苗とか) どうしてこうした輩たちを国や自治体の議会に送り出すのだろうか?選挙を通して、個々の [続きを読む]
  • 育休中に充実不倫の予定だった?
  •  まぁ、欲望の塊が人間と言うことであれば、不倫のひとつやふたつ、どうってことはないのかもしれない。しかし、仕事が国会議員というのであれば、立法府の仕事をしているわけだから、少なくとも倫理性が大きく問われるのは、致し方ない。 ヨーロッパの中でも、フランス等では議員であっても、男女間の様々な事柄には、結構寛容と言われている。 しかし、イタリアのベルルスコーニ首相が未成年者の買春が明らかになった時には、 [続きを読む]
  • 沖縄市議(浜比嘉勇氏)の発言から考えた事
  • 発浜比嘉勇沖縄市議発言の詳細はニュースソースに譲るとして、普天間基地の辺野古移設や翁長沖縄知事の記事が偏っているとして、「琉球新報」「沖縄タイムス」の購読停止や新聞は公平、公正、中立であるべきなどと開会中の議会質問で発言したらしい。ここで「公平(equality)」と「公正(equity)」の大きな違いを論じたところで、彼の人物には理解できないでしょうから、メディアが自ら問い続けなければならない事を考えてみよう [続きを読む]
  • 山岳遭難について 〜2013年12月富士山頂上付近での滑落 救助出来なかった件〜
  •  腰椎手術を経た腰の状態ゆえに、最近はまったく山岳へ出かけることもなくなりましたが、冬山の醍醐味や目標を達成した時の高揚感は、いまだに新鮮に思い起こします。そういう私なので、高山の話題やニュースにはどうしても目がいってしまいます。 ここ最近のニュースで、ちょっと「?」と思った事例について。全国紙などのニュースによると、2013年12月の富士山へ京都勤労者山岳連盟のパーティーが雪上訓練を兼ねて登山し、頂上 [続きを読む]
  • たかがアイドル、されどアイドル?
  •  芸能界の動向など、どうでもいい私にとっては、いま騒動の渦中にあるSMAPがどうなろうと、全く関心ない。しかし、世間の多くはえらく高い関心を寄せているらしい。 どうでもいいのだが、今伝えられている情報等から推測すると、4人の軽挙妄動が明らかになって、誠に思慮に欠け、知力のなさを正に世間に晒したと言うべきだろう。芸能界の尺度はそれ以外の世界とは違うから、そうしたメンバーたちであっても、あれこれ手をつくし [続きを読む]
  • まやかしだらけの現政治
  • 財務官僚の言いなりというべきか、消費税軽減分を他の新設税で埋めようと自民内で企まれているらしい。料金値下げを求めている携帯電話から新たに徴税の仕組みを導入するというものだ。何度か浮上してきた事のある企てだ。慰安婦問題をまたしても札束で消火した現政権の「アホらしさ」である。勉強嫌いだったという現政権リーダーらしい無能さではないか。 [続きを読む]
  • 政界引退したら即私人???
  • 大阪市長退任を数日後に控えた橋下市長が退任後の批判(社会的評価を低下させる表現)については厳しく法的対処をするとツイッターで発信したらしい。元公人だから、誹謗中傷は許さないぞと言う事らしい。詭弁を弄するに長けた輩が法律家だとすると、彼の人物は中でも抜きん出た存在なのかもしれない。 在任中の言動、行動について、例示的批判は当然なされるべきであり、誹謗中傷には当たらない。ドンドンやるべし。 [続きを読む]
  • 性悪な感想
  • 消費税を上げるための飴玉として軽減税率導入の議論が盛んだ。飴玉なら甘いに越した事はない。ところが財務大臣の麻生氏の感想がいかにもなのだ。「高所得者も恩恵に浴するので、如何なものかと思わないでもない」と話したとか。低所得者の割合に比べたら、ほんの少数にしか過ぎない高所得者の恩恵を導入への疑問を呈するところが、実に性悪なのだ。ここで高額所得者を理由にするのなら、それこそ所得税の網を掛ければ良いで [続きを読む]
  • 暴言議員、差別言動議員の「増殖」
  • 無知、無思慮、無配慮で差別言動を発する議員が、国会議員から地方自治体議員まで「増殖」している。こうした議員がなぜこうも増えてきたのだろうか?以前からいたが、インターネットに発信する手段が増え、簡単になったから増えたように見えるのか?増えたかどうかは取り敢えず横に置いて、何故にこんな輩が議員として選ばれてくるのか、私には理解できない。選ぶ人達もまた同類なのか?暗澹たる気持ちになってしまう。 [続きを読む]