miyashu さん プロフィール

  •  
miyashuさん: Forza Trinita
ハンドル名miyashu さん
ブログタイトルForza Trinita
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/miyashu99/
サイト紹介文大分トリニータをときには熱く、ときにはまったりと応援するブログです。映画、音楽、本の雑記もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/11/18 07:02

miyashu さんのブログ記事

  • blank13【映画】
  • 映画好きの俳優斎藤工が監督した作品と聞けば、いったいどんなもんかなと観たくなるのが人情。で、えらく高い評価を受けていて、実話と言われるストーリーもなんか心ひかれる。作品全体は、何もかもきっちり計算されて構築されたって映画っぽい映画。葬儀会場での一連のやりとりは、舞台演劇を見るかのような印象も。家族を捨て13年間のブランクの間に亡き父が関わった人たちの独白が続くこのシーンが、独特の空気感をもって迫る [続きを読む]
  • 脅威の両サイド、輝きを放つ2つのスター-J2第9節大分VS横浜-
  • 水まいてボールが走るなら水まきゃいいじゃん。いやいや、どうも大銀ドームではそうは簡単にいかんらしい、芝の育成がなんたらかんたら。ふーん、まけたらいいのにね。って、まいてるじゃん!タイムラインに乱舞する散水写真。ピッチに水まいてることが、こんな大きなトピックになるって大分ぐらいだろ。やはり好調のチームには、いろんなものが味方するんだなあ。今節も丸谷はベンチすら入らず。体調不良って、いったいどんな状態 [続きを読む]
  • ちはやふる-結び- 【映画】
  • おじさんも泣く。いまさらながら熱くほとばしる青春に臆面もなくずぶずぶに飛び込んでいけるなんて。こりゃもう、やられたわ。上の句、下の句だけでは、たぶんこの映画は完成を見なかった。2年の歳月を経て、-結び- が撮られたのは、必然のことなのだ。人気マンガ原作だからって、人気若手女優が主役だからって、質はどうでもいいから宣伝盛り上げて動員数かせげればいいっていうよくあるその手の映画とは違う。上の句、下の句で確 [続きを読む]
  • 第31回べっぷ鶴見岳一気登山
  • さむっ!!朝起きて、遠く別府の山々を見やると、なんと、真っ白ではないか。気温もここ数日低い。ぶるぶる。でも、前日の強風に打ちつける雨、お山の方では積雪って最悪からは逃れられたようだ。快晴の青空。べっぷ鶴見岳一気登山も、もう3年連続3回目の参加。自分の中ではすっかり春の到来を告げる風物詩となっている。今年は5人のメンバーでチャレンジ。海抜0メートルの証拠写真。今年は、2018トリニータユニで、4連勝暫定首 [続きを読む]
  • 暫定首位のうちにブログを更新するのだ-J2第8節京都VS大分-
  • ひゃっほー。首位ですよ、首位。暫定なんて一応つけるけど、明日はもう2位たんか、3位たんになってるかもしれないけど、今日のうちは、えへん、大分、首位なんです。さて、アウェイ京都戦といえば、毎年楽しみにしてる遠征。いつも8月の中旬ごろで、個人的にはとっても行きやすい時期でもあり、奈良に住む娘を訪ねてなんて大威張りで行ける理由も重ねられるし、しかも、京都大好きなのに。この時期、行けんやん。残念。行きたか [続きを読む]
  • ナチュラルウーマン【映画】
  • 彼女のまなざしに強い意志を感じる。愛する人との最後のお別れをしたい、ただその一心で、彼女は立ち向かう。異形のものとして、奇異の目で見られ、差別・偏見にさらされる。いくら理解が広まりつつあるとはいえ、まだそんな世の中。特に、身内に関わることとなれば、その風当たりは強い。このトランスジェンダーの主人公マリーナを演じるのは、自身もトランスジェンダーのダニエル・ベガ。彼女のもつ凜とした雰囲気がいい。ここま [続きを読む]
  • 首位水戸撃破!収めるくん林と、闘魂馬場ちゃん-J2第4節大分VS水戸-
  • しまった、もっと着込んでくるべきだった、いや、うすうすそう思ってはいたんだけど。またやってしまった。とにかく寒い寒い寒い寒い。なんでこんなに冷え込むの?3月下旬になろうというのに。と思ったら、全国ではなんか大変なことになってる模様。ツイッターからは、どこの雪国のスタジアム?っていうような真っ白な三ツ沢の画像が流れてたり。まあとにかく心底冷える。開幕から4試合、1勝2分1敗の勝ち点5というなんともま [続きを読む]
  • 星、刀根躍動もゴールの匂いせず-J2第4節大分VS東京V-
  • ああ、今季2戦目にして初のホームゲーム欠席です。ギラさんのお膝元で、ラーメン食ったり、まあ、職場のみなさんと懇親ということで。結局、試合を見たのは深夜1時。北九州は旦過市場近くの某ホテルで、ひっそりと。蛍光ピンクの目にも鮮やかなアウェイユニに身を包んだ東京ヴェルディさん。電光掲示板には、昨年大分のゴールマウスを守り通した上福元の華麗なる転身、FW上福元直人なーんて、美味しいネタが。ああ、行きたかった [続きを読む]
  • シェイプ・オブ・ウォーター【映画】
  • 誰ですか、ウォーターっていうとすぐ「ガラスの仮面」のヘレンケラーネタをかぶせようとしてくるおっさんは。いかんいかん、自重せんと。ググったらきっと40〜50代と思しき映画好きのおっさん、おばさんのブログは、きっとこのネタかぶせてるぞ。さて、最近やたらと「世界観」という言葉を便利に安直に使いすぎてるなと反省するのですが、この映画はまさにその「世界観」がすべての映画。オープニングの水中の部屋に始まり、水 [続きを読む]
  • 収まらん、剥がせん、ここはやっぱ川西じゃん-J2第3節岡山VS大分-
  • 第2節で迷いを生じた片野坂采配。第3節アウェイ岡山戦は、迷いなく開幕戦のスタメンに戻した。さんぺーは、怪我らしく、そこにはコテが入ってるとこだけ違うけど。2勝の岡山と1勝1分の大分。勝ち点の上では、実力肉薄の上位対決となるはずだったんだけど。どした、大分?まさか強風のせいにはせんわな。どちらにも平等に風は吹いているのであるよ。むしろロングボール蹴ってくる岡山の方が不利なはずじゃん。岡山はどんどん前に [続きを読む]
  • 勇気と決断の失敗-J2第2節大分VS山形-
  • おっちゃん、ワクワクドキドキしてんじゃねえよ。ホーム開幕戦というのは、日本中のサポーターを浮足立たせる。そこのおっちゃんも、あちらのお姉さまも、わちゃわちゃわちゃわちゃ。前日のタイムラインで新ユニの写真がこれみよがしに並んでたのに浮き足立ち、当日朝の開店時間にクラトリ押しかけ、ついつい買っちゃたのもホーム開幕の熱のなせるわざ。まあ、開幕に新ユニが手に入るってのが、大分では奇跡的出来事なんだからしょ [続きを読む]
  • グレイテスト・ショーマン【映画】
  • 違和感。P・T・バーナムって、そんないい人じゃないよね。どうも好きになれない。バーナム自身も偏見や差別に苦しんできたのはわかるんだけれども、それでこれかよってどっかで思っちゃうんだよな。でもこの胡散臭さ、山師のような生き様に人間を感じるのかも。少なくとも偽善者ではない。善なんか全然匂ってこないから。(ダジャレじゃないよ、念のため)そんなバーナムの奇想天外な発想は、図らずも、彼らの人生に光をもたらし、 [続きを読む]
  • ごっちゃんがあふれて隠しきれない-J2第1節大分VS栃木-
  • やばいよやばいよ、もう完全にごっちゃんばれちゃってるよ。今日の2ゴールは、来季完全にJ1に旅立っちゃうフラグとなったよ。隠しきれん、ごっちゃんがあふれて止まらない。J1でも絶対やれるって、いや、J1にいるべき選手だって。そんなごっちゃんを大分に残留させる方法は、ただ一つ。来季、大分がJ1チームになること。そだね。完璧だね。要は、あがりゃいいんだよ。あがりゃ。片さん、今シーズンの目標決まったよ。ってことで、 [続きを読む]
  • おおいた輸入車SHOW2018
  • 日常と非日常。あー、こんなクルマ買えんわ。まあ、夢でも見てちょっと運転席に座ってみようか。って夢のお高級車と、うん、これならなんとか頑張ってみたら買えそう。数字上のスペックとかじゃなく、数字に表れない乗りたさってのがあるんだよな。輸入車って。確かに、部分部分を細かく見ると、日本車の高精度には及ばないかもしれないけど、なんだろう、そのクルマ、クルマの味わいってのは、やっぱ違うんだよな。会場に入るとい [続きを読む]
  • 極寒のTM金沢戦、あなたはトリ戦士とともに戦えたか
  • 愛トリ会の翌日、みなさんからトリニータ熱をいっぱいもらってもう熱い熱い、熱気満タン!んな熱気も、一気に吹き飛ぶわ!朝、窓の外を見ると、びゅんびゅん雪が吹きっさらしてる。ぶるぶるぶる、うーん、どうしよう。それくらいのもんか。まあ家を出る頃には雪も一応止んでたので、スポパへ向かう。スポパの駐車場に着いたのはキックオフ45分前。うう、出られない。だって、寒そう。結局、ワイドナショーを見終わっちゃったじゃな [続きを読む]
  • 愛してるぜ!トリニータの会2018でシーズンの足音を聞く
  • 俳句の世界には、季語というものがあります。その言葉を聞けば、その季節折々の風情が否が応にも脳裏に浮かんでしまう。そんなイメージ豊かな言葉が。”愛してるぜ!トリニータの会”、略して”愛トリ会”という言葉は、一部トリサポにとって、今やJリーグの開幕前のなんだか浮き足立ったような高揚感を想起させる、まさに”季語”となっているのです。しんと冷え切った2月の寒い夜。つい、寒い夜だから〜と、trfを口ずさんじゃう [続きを読む]
  • 勝手にふるえてろ【映画】
  • どうしても覚えられない顔ってある。松岡茉優。「あまちゃん」でも見てるし、「ちはやふる」シリーズでもしっかりこの目に刻んでる。はずなのになあ。てっきりマンガ原作だと思ってた。こんなキャラ設定、ストーリー展開、マンガでしょって。綿矢りさだったんだ、と知ったのはついここんと。映画見て納得。このなんというかねじくれた奥行きはやはり。ブンガクだ。とりあえず、ジャケ買いだったのよ。「勝手にふるえてろ」ってタイ [続きを読む]
  • 初TM、日本文理大戦に行ってきた
  • ああ、やっぱ試合っていいね。なんでこんなに寒いんだって、日本全国冷凍庫週間の日々だけど、この日は太陽も出てすこーし、まし。どんなに寒くたって、トリサポは見に行くのだ。ああ、試合っていいねと。見たかったあの選手、この選手、もうおる、おる、ピッチに立っっちょる。公式発表の、伊佐と星の得点で2−0ってこと以外は、お約束で書けないので、もちろん書かないけど、やっぱ、試合って、いいっすね。 [続きを読む]
  • 彼女がその名を知らない鳥たち【映画】
  • ジャケ買いというのがある。同じようなもので、タイトル買いというのもありそうだ。この映画は、まさにそれ。ちょっとブンガク的なニオイも醸しつつ、なんだか妙にそそられる。サイトもろくろく見ず、予告編だけの予備知識で、今年初の劇場映画。え、原作、沼田まほかる。それさえ知らずに、きちゃった。これってミステリーなんか。いきなりまほかる沼にはまった感じ。サイテーな人たちの、サイテーな恋愛。いや、これを恋愛と呼べ [続きを読む]
  • 2018トリニータ必勝祈願&新加入選手発表会
  • まさかニータン神社に行くなんて。ウワサには聞いていたが、今年はなんだか呼ばれてる気がして。別府市は八幡竈門神社、通称ニータン神社なのだ。亀様のいるとろこで、毎年トリニータは、始動前の必勝祈願を行う。おおおお、サポさん集まってきよる。おお、あの方とか、あの方とか、けっこうみなさん来てござらっしゃる。毎年、かすかに乗り遅れた感を感じてたんだけど、なんか今年は、ちょっと先んじてるよ。ニータンとか、社長さ [続きを読む]
  • ワカモノよ、旅に出よ
  • 大海に稚魚を放ち、大きくなって故郷へ帰ってこいよって、故郷帰還を促す。コテも、翔平も、國分も帰ってきた。今年は刀根が帰ってくる。これは大海放流型育成とでもいうのだろうか。ワカモノはやっぱり、外の空気に触れて、揉まれて強くならねば。育成型期限付き移籍というのは、プチ放流型なのかもしれない。翼が秋田へ、江頭が盛岡へ、野上が引き続きヴェルスパへ、武者修行に行く。ダイスケはベルギーで頑張っている。それぞれ [続きを読む]
  • プジョー3008にオチて VOL.4-プジョー大分の洗礼とは-
  • プジョー大分。さすがおフランスの車を扱うだけあって、ディーラーさんの建物も紺が目に鮮やかなおシャレな外観。同じ建物にシトロエンのショールームも併設されている。そこらここらに立ち居並ぶお車も、中古から新車まで、プジョー、プジョー、一個飛ばしてシトロエンという具合に、ザ・おフランスなのだ。早速、コーヒーなどいただきながら、話を聞く。なんか落ち着く。すごくこじんまりとしたお店なので、忙しく人が右往左往な [続きを読む]