おぐら修平 さん プロフィール

  •  
おぐら修平さん: すべての人に居場所と出番を、足立区議会おぐら修平
ハンドル名おぐら修平 さん
ブログタイトルすべての人に居場所と出番を、足立区議会おぐら修平
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ogura_shuhei/
サイト紹介文民主党、派遣・日雇い派遣等の雇用問題、貧困問題、子育て支援に力を入れて取り組んでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/11/19 15:19

おぐら修平 さんのブログ記事

  • 6/13(水)本会議 代表質問の概要と答弁
  • 6/13(水)本会議 代表質問が終わり、ほっとひと安心する間もなく、明日は総務委員会で補正予算案などの質疑です。今回の本会議 代表質問の概要は以下の通りで、具体的に成果のあった内容としては、来年度子育てサロンの日祝開館の場所を増やすことや、投票率向上に向けての各種施策の実施、事務処理ミス/生活保護算定ミスの改善策の実施、自転車盗/自転車事故防止対策の強化などで、一方、課題の残った案件としては、まず、新田 [続きを読む]
  • 6/13(水)本会議代表質問を行います
  • 明日、6/13(水)14:10頃から、足立区議会 立憲・民主の会を代表して本会議代表質問を行います。主な質問テーマは以下の通り。1、区長の政治姿勢について2、選挙の投票率向上について3、自転車盗対策について4、自転車事故対策、マナー向上について5、あだち若者サポートステーション、セーフティネットあだちの移転について6、生活保護の収入認定の周知徹底について7、新田橋の架け替えについて8、3歳から5歳の幼稚園、保育 [続きを読む]
  • 本会議質問準備の舞台裏
  • 全国それぞれ都道府県議会、区市町村議会によって本会議や委員会の進め方は異なるところですが、足立区議会の場合、本会議質問は定例会約1週間前に質問通告(本会議質問の概要)を提出しなければなりません。本会議の質問通告書を提出すると各部署から質問の主旨について問い合わせが相次ぎ、役所内では質問に対してどのような答弁をするのか区長はじめ幹部職員で調整。昨日は夜遅くに役所から電話があったので、事件?事故?緊急事 [続きを読む]
  • 家賃滞納と同時に抱える様々な課題
  • 「家賃滞納の「過酷過ぎる現場」 部屋にいたのは、カップ麺をかじる子どもたち…働きたいけど働けない理由」WithNews 4/30(月) 7:00配信 家賃滞納に関する記事の内容が、日々の生活相談の内容とよく似ていました。まず1点目に思ったことは、家賃滞納の他にも、借金、国民健康保険料や住民税の滞納、メンタルを患っていたり、失業中や、子どもがいる世帯では学費の滞納や中退等々、同時に複数の課題を抱えていることが大半であるこ [続きを読む]
  • 足立区議会 臨時会、各委員会・役職が決定
  • 先週5/31(木)に開会された足立区議会 臨時会で、常任委員会、特別委員会の委員並びに正副委員長、副議長、監査委員が選任されました。所属の委員会は引き続き、・議会運営委員会 委員・総務委員会 委員・災害・オウム対策調査特別委員会 副委員長に就任することとなり、会派(足立区議会 立憲・民主の会)幹事長もそのまま留任で、結局、今期4年間(2015年5月〜2019年5月)同じ役職を務めることに。振り返ると、今までは2年で所 [続きを読む]
  • 議員の普段の活動の一例
  • 「議員って普段どんな活動してるの?」時々、このように聞かれることがあるのですが、日によって場所も活動内容もバラバラで、終日議会の日もあれば、地域をまわって相談要望の対応や都心で会議や政策研修会なども。ちなみに先日はこのような日程で動いていました。幹事長職は何かと役所からの報告説明が多く、平日昼間は議会に詰める日程が多いのと、この時期は総会シーズンで平日夜と土日昼夜は連日各種団体の総会が続いてます。 [続きを読む]
  • 自分自身の活動と政治スタンス
  • 政務活動費の領収書を整理していて、研修会や視察内容、行先などを見てみると改めて自分自身の活動パターンというか政治スタンスに気づかされます。3月、2月で思いつくまま並べてみると、「生活困窮相談」「ホームレス夜回り活動」「LGBTの現状についてヒアリング」「SNSを活用したいじめ・自殺対策視察」「外部専門家を活用した年金・社会保障授業視察」「駅前再開発まちづくり調査」「公園の活用調査」「シングルマザーシェアハ [続きを読む]
  • 総務委員会で質問。自転車盗対策など
  • 本日、総務委員会が行われ、主に以下の3点について質問しました。1、職員研修について、他の自治体職員など横の繋がり情報共有の機会や、実際に現場に足を運ぶ機会を増やせないか。2、刑法犯認知件数1月〜2月、自転車盗が例年より大幅減となった要因と今後の対策について。3、足立区で新たに作成した政策パンフレットの活用と区民参画について、区民やNPO/団体などが共有するための取り組みと、今まで行政と縁がなかった個 [続きを読む]
  • 予算・決算特別委員会でネット中継開始
  • 足立区議会では本会議はネット録画中継とJ:COM足立(旧ケーブルテレビ足立)で中継を実施していたのですが、今回新たに、3月に行われる予算特別委員会(6日間)と10月に行われる決算特別委員会(6日間)でネット中継を実施することとなりました。足立区議会(定数45)では約半数の22名〜23名の議員が予算特別委員会、または、決算特別委員会の委員となるため、今回の予算特別委員会では出番がなく、秋の決算特別委員会で質問を予定 [続きを読む]
  • 「「ネット右翼でした」 沖縄に暮らし、記者になって思うこと」
  • 「ネット右翼でした」 沖縄に暮らし、記者になって思うこと 2018年04月02日この記事でポイントだと思ったのが以下の3点。1、ネットで自分の考えを固めていた。(事実かどうか定かでない情報をうのみに。無批判に受け入れてた。)2、現場に足を運ぶと、ネット上のデマが現実離れしていると感じた。(?現場?に行くことなど考えてもいなかった人や、「ちょっと怖そう」と思って敬遠している人も多いのかもしれない。)3、自分 [続きを読む]
  • 「災害・オウム対策調査特別委員会」
  • 3/19(月)午前中に「災害・オウム対策調査特別委員会」が行われました。質疑では主に、1、町会自治会と地元企業・団体などが災害協定を締結している事例の実態把握を。2、区と災害協定を締結している企業・団体が地域の防災訓練に参加していなかったり、地元と接点関りがないところもあるので、その仲介役、コーディネートを。3、受援計画(災害時における外部からの応援受け入れ)に関して、全国組織・団体から復旧支援やボラ [続きを読む]
  • 困った時はお互いさま「お福わけ券」の取り組み
  • 生活困窮者支援支援団体の一般社団法人 つくろい東京ファンドが運営しているカフェ潮の路(東京都練馬区)で実施している「お福わけ券」の仕組みがとても素晴らしいです。欧米のホームレス支援カフェの仕組みを取り入れたもので、お客さんが自分の飲食代だけでなく、「次に来る誰か」のために、ランチ代やコーヒー代を支払うもので、券の裏には支払った人と飲食した人のメッセージが記載されています。一度現地に伺いたいと思いな [続きを読む]
  • 教員の多忙化の問題
  • 「残業時間数がわからない 教員の出退勤管理 押印や目視で――過労死事案 ETCがタイムカード代わりも」 内田良 | 名古屋大学大学院教育発達科学研究科・准教授教員の多忙化の問題については、足立区議会でも各議員から質問があがっている案件で、足立区の現状としてはタイムカードなどで出退勤の時間は記録されてません。先日の予算特別委員会でも先輩の鈴木あきら議員や他会派からもこのことを指摘して改善を求めました。私も [続きを読む]
  • 〜立憲民主党として新たなスタート〜
  • 皆様にはご報告が遅くなりましたが、昨年末に民進党から立憲民主党の一員として新たなスタートを切ることとなりました。立憲民主党の掲げる、「上からでなく草の根からの声に基づく熟議の民主主義の実践」「多様性を認め合い、困ったときに寄り添い、お互いさまに支えあう社会の実現」「すべての人に居場所と出番がある共に生きる社会をつくる」これらの理念は、私自身が長年掲げてきた理念そのものであり、政治に対する原点に立ち [続きを読む]
  • メディアリテラシー教育の実践
  • 学生時代からの友人、泉健太 衆議院議員のパーティにインターン大学生とお手伝いで参加したところ報道陣が多数来ており、以下の画像の通り囲み取材が行われました。その様子を今期(2月〜3月 大学春休み期間)インターン生にも間近でみてもらい、後日、新聞でどのように報道されているか主要5紙を読み比べてチェック。メディア情報をただ鵜呑みにするのではなく、目的、内容、背景等を的確に読み取る力を養うメディアリテラシー教 [続きを読む]
  • 国民健康保険の減免制度
  • 国民健康保険料について、災害や失業などで減免制度が適用される場合があるのですが、この制度を知らずに滞納が数ヵ月〜数年続いているというのを生活相談を通じて何度も経験してきました。滞納分については、生活状況に応じて分納や一時支払いを先送りなど個々の対応となります。あと、今回の相談では、会社の社会保険に加入していた時期に国民健康保険から会社の社会保険への切り替え手続きをしていなかったため、その間も国民健 [続きを読む]
  • 住民参加の地域福祉と公的責任
  • 「「地域共生社会」を考える(上) 公的責任を後退させるな」yomiDr. 原記者の「医療・福祉のツボ」2017年11月24日毎回読み応えのある内容で、この連載を楽しみにしている一人です。今回のテーマ、住民参加の地域福祉について、地域住民同士が支え合う仕組みづくりやNPOやボランティアなど多様な担い手の参画など、今後の国の方針についてはその通りだと思う一方で、地域福祉の向上など美名の下に公が担うべき部分の削減、公的責 [続きを読む]
  • 日々いろいろな生活相談
  • 日々いろんな生活相談があり、最近の案件について以下の通り箇条書きにしてみました。現場に魂ありで、こうした生の声が新たな課題の発見や現在の制度の改善策の提案に結びつくことが多々あり。また、相談ごとの多くは個人的なことですが、他にも同じような悩みを抱えている方がいるもので、課題を可視化することにも繋がっています。議会質問では、皆さんからいただいた相談や要望内容がきっかけで取りあげるものが多いです。・難 [続きを読む]
  • 民主主義と多様性を包摂する社会
  • 過去の投稿を振り返ると、年頭所感には新聞記事の社説、民主主義についての記事についての感想が続いていましたが今年も同様に。毎日新聞の元旦1月1日(月)の社説「論始め2018 国民国家の揺らぎ 初めから同質の国はない」世界各国で起きている独立運動や米国トランプ流の過剰な同質性を求める動き、また、1868年の明治維新からの振り返りや、あるべき国家像とは?などの問いかけについて。ここでも、民主主義について触れられてい [続きを読む]
  • 若者の投票率向上、インターン大学生の受け入れ
  • 大学生の夏休み期間、この夏はインターン生(研修体験)を受け入れを一旦止めて、何か他により多くの学生に政治について考えたり、身近に自分事として捉える機会を模索しようと思ったのですが、次回、年明け2月〜3月の春休み期間は受け入れを再開しようと思います。毎回1名〜3名の少人数でかなり濃密なプログラム、多種多様な体験メニューにしているのですが、やはり限られた人数であることに課題を感じていたのですがこれはこれで続 [続きを読む]
  • 保育園入所など保育関係の相談が次々と
  • 保育施設の入所申し込みが11/17(金)から始まることもあり、保育関係の相談が相次いでます。昨晩は直接自宅に訪問して状況を伺ったり、その後は別件で電話相談。今日は、さらに別件で直接自宅に訪問したり、区の保育関連部署と状況確認など対応していました。夫婦共に正規雇用で育休中、契約社員、シングルマザー、出産前に退職など家庭環境は様々で、保育施設に子どもを預かってもらわなければ収入をえることが出来ず生活ができない [続きを読む]
  • 保育施設申し込みに関する相談 「保育コンシェルジュ」
  • 平成30年度、新年度の足立区 保育施設利用申し込みが来週11/17(金)からはじまりますが、申込書を提出する前に保育コンシェルジュもぜひご活用ください。保育コンシェルジュは専門の相談員が希望先や家庭の状況を伺いながら、保育施設の案内や個別のニーズ・状況に合ったサービスを提案。・認可保育所、保育ママ、小規模保育、東京都認証保育所などの保育施設はどんな施設か?どんな種類があるのか?・何をポイントにして保育施設 [続きを読む]
  • 衆議院選挙の公営掲示板が設置
  • いよいよ来週10(火)に公示される衆議院選挙の公営掲示板が設置されていました。公営掲示板ポスターは足立区全体で606ヶ所あり、東京12区(足立区西側1/5)で95ヶ所、東京13区で511ヶ所。実はそれぞれの陣営でポスターを貼らなくてはいけないのでなかなか大変なところでありますが、選挙戦にあたり各陣営は公営掲示板ポスター貼りも同時に一斉スタート。また、掲示板は9陣営がポスター掲示できるようになっていますが、9陣営が立 [続きを読む]