Archangel さん プロフィール

  •  
Archangelさん: ヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ハンドル名Archangel さん
ブログタイトルヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ブログURLhttp://spiritualife2012.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ヒプノセラピーを通じて魂の世界を探求し、本質に回帰する覚醒のための気づきやヒントをご提供いたします。
自由文自己探求の過程で出会ったヒプノセラピー。深い意識と繋がって、本当の自分に出会えます。魂の故郷を探り、今生の目的を知る。過去からの心の傷を癒し、自分の未来からモチベートされます。ビジュアルタッチの豊富なスピリチュアルコンテンツ。誰もが新鮮な清浄感を味わえる軽快な筆致と真理の追求から知り得た経験に基 づくロジック。優しい語りで、清々しいスピリチュアルな癒しと気づきの世界へ、あなたを誘います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2008/11/23 11:58

Archangel さんのブログ記事

  • 「宇宙の真理を伝える」
  • 「人に役立つことをしたいのは、例えば、宇宙の真理を伝える。そのためにやるべきことは、自分が勉強して、自分が理解していく。まずは本を読むとか、いろんな講座を受けてみる。本や講座は、ネットで見つけて行く。大切にすることは、偶然はない。真理は1つということ。」クライアントの紀夫さんは、自分が100%の力を出していないのは、限界までやってないからと伝えられました。今のIT系の仕事は、そこまでやらなくても出来るか [続きを読む]
  • 「過去世で集団ストーカーを指南していた」
  • 「母親が毒親なのは過去世で私が母親を支配していたから。きつく支配した。私が父親で母が息子。何でもかんでも思い通りにさせた。母は泣いていた。カルマを解消するには母をいたわる。許してもらう。私も許す。お互いに許す。認めなければいけない。人として認める。」ヒプノセラピーの中で雅彦さんは、集団ストーカーに遭うのは、過去世で集団ストーカーを指南していたからと伝えられました。カルマの解消と魂の振り分けのためだ [続きを読む]
  • 「水をきれいにして水脈を通す」
  • 「懇意の地元の神職の方は、私の部下の感じ。悪いことをしていた。悪いこととは、思わないからやっている。場所は、着物を着ている昔の日本。時代は平安時代。悪いこととは人を陥れること。陰陽師みたいな呪術師だったこともある。神社でやることは、光をちゃんと通すこと。」クライアントの聡美さんは、魂のイメージが白いモヤモヤなのは、裏カーリーがいるからだと分かりました。表カーリーと共に、光を降ろすことで光に統合して [続きを読む]
  • 「闇のことは魂が分かっている」
  • 「お前は、こっち側なのに光ぶっているのかと言ったのは、私の中の存在。真っ暗の中に目が光っている。目が黄色で半月の形。人を陥れる闇の仕事をして楽しい。過去世の人に関わっていたエネルギー体。1人ではなくて、いっぱいいる。大元からちぎられて派遣されてくる。」ヒプノセラピーの中でクライアントの聡美さんは、自分の中の闇の存在が光に統合する度に、手が熱くなり、涙が出る感じになりました。涙が出る理由は、闇があっ [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2018年10月10日(水)を含む2日間、「輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)」を開催いたします。自分と地球を輝かせて行くことを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々が集い、大きな光になるきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 「海の闇のシステムが人を封じる」
  • 「自分を引っ張るのは、黒い指先がある大きな手。海から出て来る。変えない。幸せになってはいけない。闇のエネルギーの海にある闇。海が生むためのエネルギーを供給する。私の配給口。それを使って海が生み出す。さらわれた人たちの思念が渦巻いている。」ヒプノセラピーの中でクライアントの好美さんは、引き込まれる感じになるのは、海の闇にエネルギーを吸取られるからだと伝えられました。海の闇は亡くなった人の魂の集合体だ [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル1:札幌)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル1:札幌)」の受講者募集のお知らせ 2018年10月13日(土)、札幌市にて、「輝く地球・光の講座(レベル1:札幌)」を開催いたします。地球を輝かせるために自ら覚醒することを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々による光の集いのきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 青い炎が人間の感情を固めて魂が抜けていく 〜光の講座からの気づき〜
  • 「青い炎は冷たい。固める。物質ではない。人間に入って感情を固める。それで魂が抜けていく。孤独、殺意、恐怖を持つ人。エゴが大きい人。思考が固まるから感情を固める。動けなくする。青い炎が入ると固くなる。魂は柔らかい所にしか居られないので出て行く。」 光の講座の参加者・茉緒さんは、簡易のヒプノセラピーの中で、光に還れない魂の淘汰の仕組について伝えられました。いつまでも何もしない体に魂が宿ると腐るといいま [続きを読む]
  • 「自分を封印した」
  • 「骸骨の絵のカギが現れた。封印。定め。首に関係している。自分を封印した。神の怒りを買った。後々開かれる。首から上の頭が心地良くない。首の後ろが蓋をされている感じ。傲慢になり過ぎた。アトランティス大陸が沈んだことと関係ある。今回は封印解除の機の1つ。」クライアントの英利さんは、厳しい環境で育つために両親を選んで来たと伝えられました。傲慢さなど自分の出過ぎたものを統制するためだったといいます。人に光を [続きを読む]
  • 「闇を知るために多くの転生をして来た」
  • 「数多く転生して来たのは、闇を知るため。日本に生まれたのは、自分を出さない風潮があって、それを経験していく。自分を殺していく文化を学ぶ。目黒に生まれたのは閻魔様との縁。同じ心を持っている。傲慢と怒り。道を通じるものがある。過去世の僧侶から来ている。」 ヒプノセラピーの中でクライアントの英利さんは、自分の傲慢さと怒りは、人を見下していた過去世の僧侶に由来すると分かりました。光を降ろすことで僧侶は統合 [続きを読む]
  • 「辛い経験を通して光や幸せを学ぶ」
  • 「魂の目的は、より良く成長すること。心掛けることは起きることに任せる。魂の故郷はプレアデス。深いものがる。大きな包括するものがある。地球に来た目的は、辛い経験を通して光とか幸せを学ぶこと。学ぶことに終わりはない。これから癒しを通じて、人間を救う。導く。」クライアントの英利さんは、眉間の上に支配する役割の三つ目の存在がいると分かりました。三つ目の存在に光を降ろして還って行くと、浄化の涙が出て来たとい [続きを読む]
  • 「本心を偽らない」
  • 「備わった能力は、人を癒すこと。溶かす力がある。溶かすとは波を立てること。感情という石を溶かす。固まったものを溶かす。固形を液状にする。どんな風にやるのか見ている人は分かる。溶かす力は、大人が癒される所で使う。内面の内面の憧れ。子供心のある所で使う。」ヒプノセラピーの中でクライアントの美佐江さんは、前世で豊臣秀吉のお付の家臣として、斬首の処刑の役割をしていたと分かりました。前世の自分は、申し訳ない [続きを読む]
  • 「越えるべき山がある」
  • 「約束して来たパートナーは、1人いるよ。パートナーに出会っているのかを言ったら、探す気がなくなっちゃうでしょ。パートナーとの出会いは、あの山にあるんだよね。超えるべき山があるんだよ。心掛けることは、地上に降り立つこと。今の自分は浮いている。地に足を着ける。」クライアントの美佐江さんは、現在やっているサーカスアートは、人と繋がる手段の1つのツールだと伝えられました。これからは、教育の場所が欲しいといい [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2018年9月18日(火)を含む2日間、「輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)」を開催いたします。自分と地球を輝かせて行くことを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々が集い、大きな光になるきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 「道を開く」
  • 「草むらを歩いている。先が見えない不毛の地をかき分けて行く。かき分けた先に勇気の剣がある。勇気の剣を持つと、世の中が大きく変わる。草むらを歩くことは、道を開くこと。人が通したかった道を開く。あと6年掛かる。剣は持っているんだけど、歩いてみないと分からない。」ヒプノセラピーの中でクライアントの美佐江さんは、今世の目的はサバイバルであり、不毛の地をかき分けて道を開くことと伝えられました。かき分けた先に [続きを読む]
  • 「自分が感じられるようになる」
  • 「母親との魂的な関係は、何回も一緒だった。カルマは、母親から自立すること。まだ完全ではない。これから母親に対して、困った時は助けてあげる。母親のリウマチは、家の因縁が原因。先祖から続くもの。自分が出来ることは、自分が見本になる。光を与えること。」クライアントの成美さんは、これから自分が本質になっていくには、光を広げていくことと伝えられました。エネルギーを自分で感じられるようになることが大事だといい [続きを読む]
  • 9月お話会(葉山)開催のご案内
  • 「光を広げるための感謝と祈り」についてのお話、必要なアドバイスをお伝えする・対話の時間、グループ・ヒプノセラピーから構成されるお話会のお知らせ2018年9月20日(木)13:00〜葉山町にてお話会を開催いたします。ヒプノセラピーと光のワークを含め、本質になるという覚醒ついてのお話、参加者の方々からのご質問に対して助言をする対話の時間とヒプノセラピーのグループセッションを予定しております。 [続きを読む]
  • 「癒す人は守らなければならない人」
  • 「今世の目的は人を助けること。いろんなやり方で人を癒す。癒す人は、守らなければならない人。光を守っているけど出せない人。支配されている人。誰かと一緒にやる。主人が出て来る。主人とやるには主人を癒す。見えないものを分かってもらう。言わない。自分が変わる。」ヒプノセラピーの中で成美さんは、子宮が熱く感じるのは、前世で性的暴力を受けたからだと分かりました。夫も関係していて、自分の気持ちを分かっていたとい [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2018年9月17日(月・祝)他の2日間、「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」を開催いたします。自らが覚醒し輝きながら光を広げる役割を果たそうとする志を持った方々の講座です。本講座が、光の人たちが集い、大きな光となって、光輝く地球に繋がることを願っています。 [続きを読む]
  • 「闇を察知する能力が備わっている」
  • 「仕事が長続きしないで、幾度か転職して来たのは、人が嫌になるから。人の嫌な所が見えたら、嫌になる。例えば、意地悪な心。闇を察知する能力がある。人の嫌な所が何となく分かる。知らせるために能力が備わっている。闇から逃げるというより、闇に入りたくないから。」クライアントの成美さんは、ナルコレプシー(過眠症)を患ったのは、家のカルマの解消のためだったと示唆されました。先祖が人を虐げて恨みを買ったからだといい [続きを読む]
  • 「愛を知るためにボランティアをする」
  • 「魂の目的は愛を知ること。愛を知るのは傷ついたのを癒やすため。悲しかった。侍の過去世の時に殺された。誤解されて殺された。今世、愛を知るために、喜んでもらうことをする。例えばボランティアのようなこと。デイサービスを手伝っている人がいるので一緒にやっていく。」ヒプノセラピーの中でクライアントの成美さんは、魂にモヤが掛かっていて、闇に包まれていると感じました。雲の姿をした隠す闇の存在で、光に還って行きま [続きを読む]
  • 日金山東光寺での闇の龍神の統合 〜巡礼の旅からの気づき〜
  • 「箱根恩賜公園の上空の闇の龍が光に還って行った。芦ノ湖には逆ピラミッドの裏インドの仕掛けがあった。日金山東光寺で、瀬織津姫、大宜都比売、饒速日命が統合され、太陽の龍神と月の龍神が光に還った。姫の沢公園に光を降ろすと霧の姿の裏カーリーが統合された。」7月上旬、箱根・熱海巡礼の旅の1日目に、箱根恩賜公園を訪れました。ヒプノセラピーで言及された箱根恩賜公園は、「火」と「水」の地である箱根を開く上で重要な場 [続きを読む]