Archangel さん プロフィール

  •  
Archangelさん: ヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ハンドル名Archangel さん
ブログタイトルヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ブログURLhttp://spiritualife2012.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ヒプノセラピーを通じて魂の世界を探求し、本質に回帰する覚醒のための気づきやヒントをご提供いたします。
自由文自己探求の過程で出会ったヒプノセラピー。深い意識と繋がって、本当の自分に出会えます。魂の故郷を探り、今生の目的を知る。過去からの心の傷を癒し、自分の未来からモチベートされます。ビジュアルタッチの豊富なスピリチュアルコンテンツ。誰もが新鮮な清浄感を味わえる軽快な筆致と真理の追求から知り得た経験に基 づくロジック。優しい語りで、清々しいスピリチュアルな癒しと気づきの世界へ、あなたを誘います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2008/11/23 11:58

Archangel さんのブログ記事

  • 「ピラミッドは土地を封じて、目玉は人を封じる」
  • 「人に目玉を付けるのはピラミッドの頃から。ピラミッドの内部に沢山の目玉があった。ピラミッドは土地を封じて目玉は人を封じる。ピラミッドと目玉の仕組はプレアデスの闇が創った。お札からも目玉が出ている。米1ドル札のプロビデンスの目は、米国全土の監視と封印のため。」ヒプノセラピーの中でクライアントの直美さんは、目玉の仕組は封印の大元だと伝えられました。人は、指、喉、首の後ろなど光の出る場所に目玉を付けられ [続きを読む]
  • 根源的な分離の闇の女神・カーリーの解除・統合(2) 〜闇が光に還るとき〜
  • 「闇の女神・カーリーは日本のコーヒーチェーン店から解放された。コーヒーはカーリーの豆と伝えられた。カーリーの本質は、アークの地母神を分離して、水という光を封じるために創られた闇の女神。カーリーが光に還り、地母神が解放されることがアークの統合に繋がる。」土地と人を封じるための闇の女神・カーリーを解除するために、夢に出て来た知人を意図して光を降ろしました。「胸の奥の所に丸く穴が開いていて、逆ピラミッド [続きを読む]
  • 「ムー大陸の人々が移動して月を闇にした」
  • 「ムー大陸はレムリアが沈んで残った部分。ハワイ周辺で地上も地底も闇になった。ムー大陸は沈んだというより、宇宙に移動した。ラピュタのように浮かんで移動して月を闇にした。かぐや姫はムー大陸の人が月に移動した話。ムーが月に移って、今もアークが関わっている。」クライアントの直美さんは、プレアデスの闇として地底を闇にしていったと伝えられました。プレアデスの闇は、地球を占領するために地上のレムリアと地底のアト [続きを読む]
  • 「光の石を闇に変えて地球を支配するために使った」
  • 「岩肌をたたいて色のある光る石を採取した。蛍光色を放っていた石を集めて宇宙船に積んで他の星に運んだ。司令塔のアークの人の所に持っていった。地球を支配するために、その石を使った。暗闇の中で緑色に光る石。悪を広げるため。それを使うことで、みんなが従う。」ヒプノセラピーの中でクライアントの直美さんは、明り取りの光の石に高熱をかけることで、様々な色の闇の石に変えたと伝えられました。シリウスを裏切ってアーク [続きを読む]
  • 地球に置かれた目玉の解除(3) 〜闇が光に還るとき〜
  • 「壱岐島と隠岐島の古墳に目玉が置かれているのが分かった。佐渡島の金銀採取場跡地には、逆ピラミッドの仕掛けがあった。フランス・パリのシテ島とサンルイ島にも目玉があり、目玉の中心だった。地球を封じる目玉の役割が終わり、全てが自由になる段階を迎えている。」壱岐島(いきのしま)の解除に移りました。壱岐島は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島で、九州と対馬の中間に位置します。まず、壱岐島全体に光を [続きを読む]
  • 地球に置かれた目玉の解除(2) 〜闇が光に還るとき〜
  • 「アンコール・ワットは、マチュピチュと同様、3本のクリスタルの形の石塔があり、地球に目玉をつけている場所だった。ウルルとマウントオーガスタは、四国の剣山と石鎚山に相当すると感じた。ウルルに光を降ろすと、オーストラリア大陸を封じるための目玉の役割だった。」3月下旬、アンコール・ワットの遠隔解除を行いました。アンコール・ワットは、カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産であるアンコール遺跡の一つでと [続きを読む]
  • 地球に置かれた目玉の解除(1) 〜闇が光に還るとき〜
  • 「ストーンヘンジは、平面図で見ると目玉の形に巨石が置かれていた。闇のエネルギーの供給場所であり、地球に目玉を張り付けていると分かった。マチュ・ピチュは、分離の働きのあるクリスタルと関係がある。クリスタルの闇の解除には、マチュピチュを開く必要があった。」地球を暗闇にする基盤が「分離と支配」であることが、光のワークの中で分かっています。「分離」の働きをする1つがクリスタル(水晶)であり、「支配」の働き [続きを読む]
  • 「祈ることで精霊を解放する」
  • 「太子町の地に生まれたのは、精霊を解放するため。精霊が封印された場所に行って、祈ることをする。場所は何となく足を運べば分かる。現在、千葉の地に暮らしているのは、八幡宮周辺に封じられている龍神を解放するため。その場所に行って、エネルギーをつなぐ。」クライアントの美紀さんは、「おおた」のキーワードが浮かぶのは、エネルギーが隠されている場所だからと伝えられました。光のエネルギーが封じられた場所だといいま [続きを読む]
  • 「レムリアの過去世から光を広げるよう伝えられた」
  • 「自分はリラにいた。リラで、自由にしていた。飛んでいる。妖精みたいな感じ。リラは平和な星だったが、外から来た人に乗っ取られた。そして、戦争が起きた。リラの星がなくなった。自分は地球に逃げて来た。何人かの仲間と一緒に来た。地球はリラと違って怖かった。」ヒプノセラピーの中でクライアントの美紀さんは、レムリアの過去世の自分は、平和を祈っていたと教えられました。最初は、白い光に包まれた世界だったといいます [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル1:神戸)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル1:神戸)」の受講者募集のお知らせ 2018年5月9日(水)、神戸市にて、「輝く地球・光の講座(レベル1:神戸)」を開催いたします。地球を輝かせるために自ら覚醒することを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々による光の集いのきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 闇のエネルギーのサイン 〜ヒプノセラピーからの気づき〜
  • 「鼻炎の症状、あくび、ねむけ、頭痛などの症状は、闇のエネルギーのサイン。本来、病気や体調不良は、闇のエネルギーによって引き起こされるもの。闇のエネルギーに気づくためのお知らせと言える。純粋な祈りによって、闇のエネルギーを光に統合していくことが大事。」ヒプノセラピーセッションの中で、闇のエネルギーが人間の体にどのような影響を及ぼすのか、少しずつ分かって来ました。そもそも人間の肉体は、闇を経験するため [続きを読む]
  • 「古いものを破壊する」
  • 「今世の目的は、試練を喜びに変えること。そのためには外に求めない。攻撃性を元に戻す。今は出来つつあるけれど、無意識などから幻魔的な介入が入る。介入がなくなるよう、常に祈りをしていく。対象がない祈り。過去の人に祈ってもフェイク。これからやっていく。」 ヒプノセラピーの中でクライアントの雅章さんは、やるべきことは古いものを破壊することだと伝えられました。これからは、小さくていいから本物とつながっていく [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2018年4月25日(水)、葉山町にて、「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」を開催いたします。地球を輝かせるために自ら覚醒することを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々による光の集いのきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 「人間を淘汰する役割がある」
  • 「古い人間と関わることは終わり。もう自分の進む道は分かっている。新しい人間と繋がるのなら、今の場所ではなく、新しい場所で暮らす。人間を淘汰する役割がある。勝手に幸せになればいい。今の場所に停滞するのならば滅ぼす。徹底的に圧を与える。最終処分を下す。」クライアントの雅章さんは、古い人間と関わることを終わりにして、新しい人間と繋がるように強く促されました。人間を淘汰する役割があるからだといいます。日本 [続きを読む]
  • 「日本人であることで光になって行く」
  • 「魂は黒い球。墨のような、煙のような感じがする。自分の魂の目的は、日本人を経験すること。日本人である意味は、古来の日本の良さから来る。礼儀正しさ。日本人であることで白くなって行く。白くなることは光になること。それは、地球の他の宇宙でも出来ない。」ヒプノセラピーの中でクライアントの雅章さんは、魂の目的は、日本人を経験することだと伝えられました。日本人であることで光になっていくといいます。魂の故郷のオ [続きを読む]
  • 4月お話会(葉山)開催のご案内
  • 「我慢をやめて楽しむ」についてのお話、必要なアドバイスをお伝えする「対話の時間」、グループ・ヒプノセラピーから構成されるお話会のお知らせ2018年4月13日(金)13:00〜葉山町にてお話会を開催いたします。ヒプノセラピーと光のワークを含め、本質になるという覚醒ついてのお話、参加者の方々からのご質問に対して助言をする対話の時間とヒプノセラピーのグループセッションを予定しております。 [続きを読む]
  • 目玉のエネルギー体による支配の仕組(3) 〜闇が光に還るとき〜
  • 「目玉を持つ人が通ると、そこに目玉を付ける存在の通り道ができる。あらゆる場所に目玉を付ける存在が移動する。人や建物に目玉が付けられていく。それが支配という暗闇をつくる根幹の目玉の仕組。光を降ろして目玉を光に還していくことが自由な世界を開くことになる。」3月初め、夜になって喉が不調になり、目を付けられたと感じました。自分に光を降ろすと、「喉に目玉があった」と伴侶が教えてくれました。当日は、来客は1人も [続きを読む]
  • 目玉のエネルギー体による支配の仕組(1) 〜闇が光に還るとき〜
  • 「地球の闇の基盤は分離と支配。支配のベースが目玉のエネルギー体。支配の闇の経験のため、全ての人が目玉を付けられている。深い闇を経験した、古い魂を持つ人の中に目玉を付ける存在がいる。人だけではなく、建物や部屋の天井や壁などにも目を付けられている。」光のワークの中で、目玉のエネルギー体の解除・統合をしていくと、人は目玉を付けられることで「支配を受ける」という闇の経験をしていることが分かって来ました。地 [続きを読む]
  • 「5月ヒプノセラピスト養成講座」開催のご案内
  • 「癒す・繋がる・気づく・学ぶ」をキーワードとし、魂が光り輝く本来の自分に目覚めるためのヒプノセラピーに携わるヒプノセラピスト養成講座のお知らせ 2018年5月14日(月)、15日(火)の2日間、神奈川県葉山町にて、ヒプノセラピスト養成講座を開催いたします。自分と対話することを通じて、本質へ回帰する覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学習する少人数制の講座です。皆様のお申込みを心よりお待ちしております。 [続きを読む]
  • 「カルマを解消して光にする」
  • 「2つの虹の夢を見たのは光になるということ。発寒の地に暮らしているのは、カルマを解消して光にするため。過去世で土地を暗闇にした。囚人みたいな人を使っていた。開拓の前の古い時代。カルマを解消するために神社を解除する。発寒の地が光になりますように祈る。」ヒプノセラピーの中でクライアントの肇さんは、今世の目的は人を幸せにすることだと伝えられました。人を喜ばせ、笑わせたりして、楽しくなるようにしていくとい [続きを読む]
  • 「人の心が地球に繋がるように意識を変えて行く」
  • 「これから、あなたは広めないといけない。あなたは、自由を広める。自由を広めるために、取って行きます。要らないものを取って行きます。話すことで取って行きます。そのために、色々な意識状態を教えて行きます。要らないものを取って、新しいものを教えます。」クライアントの美香さんは、地球を軽くするために来たと伝えられました。地球を大切にして、人の心が地球に繋がるように意識を変えて行くといいます。星が破滅したゼ [続きを読む]