Archangel さん プロフィール

  •  
Archangelさん: ヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ハンドル名Archangel さん
ブログタイトルヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ブログURLhttp://spiritualife2012.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ヒプノセラピーを通じて魂の世界を探求し、本質に回帰する覚醒のための気づきやヒントをご提供いたします。
自由文自己探求の過程で出会ったヒプノセラピー。深い意識と繋がって、本当の自分に出会えます。魂の故郷を探り、今生の目的を知る。過去からの心の傷を癒し、自分の未来からモチベートされます。ビジュアルタッチの豊富なスピリチュアルコンテンツ。誰もが新鮮な清浄感を味わえる軽快な筆致と真理の追求から知り得た経験に基 づくロジック。優しい語りで、清々しいスピリチュアルな癒しと気づきの世界へ、あなたを誘います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2008/11/23 11:58

Archangel さんのブログ記事

  • 「大体のものが地球で闇に変えられた」
  • 「地球で音が変えられている。周波数を変えられている。大体のものが地球で闇に変えられた。地球を創った人たちに。リラは火だから山、火山、マグマが担当。リラが大陸を創った。火と水は、地球では打ち消し合うけど、本当は喧嘩しない。みんな、それぞれ役割がある。」クライアントの弥生さんは、地球の水晶は、リラの光の水晶を闇にしたものだと伝えられました。封印されて悪い方にしか行かないから使ってはいけないといいます。 [続きを読む]
  • 「巫女として舞うことでエネルギーを貰っていた」
  • 「今世、三輪山の近くに住んでいたのは、過去世で奈良に暮らしていたから。白い着物を着た巫女が踊っている。鈴の音で舞い、空からエネルギーを貰っていた。明日香に行きたかった。高松塚古墳。光があったみたい。渡来人が来て封じたみたい。明日香が気になる。」ヒプノセラピーの中でクライアントの弥生さんは、高次の存在と繋がるのを邪魔しているのはドラコニアンだったと分かりました。長い時間、ドラコと対話して、ようやく光 [続きを読む]
  • 「自然と人と土地が1つで人々の心が豊かな世界を作りたかった」
  • 「光に還りたいのは琉球王国の過去世の自分。御嶽で祭祀をやっていた。やり遂げていない思いがある。自然と人と土地が1つで人々の心が豊かな世界を作りたかった。今の自分がやることは、水が浮かんだ。水で伝えていくこと。水を清くすることをみんなに伝えていく。」クライアントの純玲さんは、自分がやることは水を清くすることを伝えていくことだと教えられました。大切な場所を思い出すためには、自然と繋がって暮らしをもっと [続きを読む]
  • 「御嶽は道を作る場所」
  • 「大切なものは沖縄の聖地。御嶽(うたき)。御嶽はゲートを開く場所。道を作る場所。人として生きてくために受取るための道。必要な所に呼ばれて集まって即興でやる。自分が無になる。生かし合う。踊ったりする。情報を受取ったりする。その土地に住む者に光を伝える。」ヒプノセラピーの中で純玲さんは、人々が御嶽に来るようになって精霊たちが居なくなったと伝えられました。精霊たちは息を潜めて、喜びが蘇る時を待っていると [続きを読む]
  • 「扉の向こうに光がある」
  • 「なかなか離れない。首が痛い。引っかかっている。光を降ろすと首に光が通った。杭が刺さっていて、猿がいたので光が通らなかった。顔が黒い嫌な感じの猿。まだ何か邪魔している。光の扉が開かないように。ゴツゴツしている岩がある。光を降ろすとプシュッと還って行った。」クライアントの奈美さんは、狐と猿が光に還ると首の後ろに杭が刺さっていると分かりました。杭の所にはゴツゴツした岩もあって光が通らなかったといいます [続きを読む]
  • 光を奪って生きて来たドラコニアン 〜自分が変わるために〜
  • 「エネルギーとして光を与えられないと生きていけないドラコ。故郷の瑠璃の星がなくなり、地球に定住しようと、エゴの闇のエネルギー体となって闇の仕事をして来た。ドラコが人から光を奪うから、奪われた人は闇になり、対立や戦いが起きてくる闇の仕組に繋がっている。」 10月中旬、札幌出張からの帰路につきました。札幌からのバスと新千歳空港からの飛行機での移動は、息苦しさを伴って大変でした。葉山に戻ってからも、真夜中 [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル1:札幌)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル1:札幌)」の受講者募集のお知らせ 2019年2月16日(土)、札幌市にて、「輝く地球・光の講座(レベル1:札幌)」を開催いたします。地球を輝かせるために自ら覚醒することを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々による光の集いのきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 「地球全体に光を降ろす」
  • 「水晶の剣を使って地球全体に光を降ろす。だから天狗が困る。多分シリウスでも、やっていた。だからドラコは私を殺そうとした。水晶のコントローラーも盗られないように隠した。剣の他にコントローラーも必要。光を調整する四角のパソコン。これも探さなければいけない。」ヒプノセラピーの中で奈美さんは、水晶の剣を用いて地球全体に光を降ろすと伝えられました。剣が隠された場所は七面山の一番大きな池の所かもしれないといい [続きを読む]
  • 「水晶の剣を七面山に隠した」
  • 「水晶の剣を使ってシリウスで光を集めていた。ドラコから剣を持って逃げた。盗られないように七面山に隠した。ペットの龍は、人に信仰させて七面山に登るよう手伝っていた。人がいっぱい来た方が盗られないから。天狗が水晶の剣を探している。天狗はドラコの化身。」クライアントの奈美さんは、シリウスで光を集めていた水晶の剣を七面山に隠したと伝えられました。ドラコの手に渡った剣を持って逃げたといいます。ドラコに盗られ [続きを読む]
  • 2019年 新年のご挨拶
  • 「2019年は自分が本質になって全体を輝かせる節目の年。"分離と支配"の闇の時代から"統合と自由"の光の時代に向かう。自分が輝くように自分を変えて行くことが、自分がより自由になることに繋がる。一人ひとりが光を選択し強い意志を持って行動すること。」新年あけましておめでとうございます。旧年中は、ヒプノセラピー、光の講座、お話会にご参加くださり、ありがとうございました。皆さまにはブログ記事を読んで頂き、心から感 [続きを読む]
  • 「自分を信じて歩んで行きなさい」
  • 「やるべきことがある。夫との関係。それが終われば日本に帰って来る。過去世でヨーロッパからの移民だった。夫が途中でいなくなった。亡くなる時に側に居て欲しかった。今世、いろんな経験を楽しんで、ずっと死ぬまで一緒にいる。オーストラリアで、そういう思いをする。」ヒプノセラピーの中でクライアントの浩子さんは、これから新しいことを始めると伝えられました。オーストラリアで日本の法律や政治について英語で勉強してい [続きを読む]
  • 「話していくと封印が解除されていく」
  • 「封印は、もう少し。それを解くのはちょっと大変。でも、だいぶ解けて来ている。まだ、いっぱい話さないといけない。話していくと封印が解除されていく。あの頃を思い出せばいい。それだけでいい。リラの話は、とても長い。いつか、それを語る時がある。その時は聞いて欲しい。」クライアントの弥生さんは、手で水に触れるとじんましんが出来るのは、水で封印されたからだと伝えられました。闇の集団によって火の星・リラが水で封 [続きを読む]
  • 「バラバラのものが繋がると何かが起こる」
  • 「みんなが光を共有していた。私はみんなにあげていた。沢山の人が私を守っていた。でも盗まれてしまった。私がバラバラになっている感じがする。だから探している。少し急いだ方がいい。バラバラのものが繋がると何かが起こる。少し焦っている。地球が痛いと言っている。」ヒプノセラピーの中でクラアイントの弥生さんは、大きな光があった源から旅立ってリラを選んで行ったと伝えられました。リラで守っていたものが盗まれて、地 [続きを読む]
  • 自分をリスペクトすることが大事 〜自分が変わるために〜
  • 「真夜中に息苦しくなり、自分に光を降ろすと、黒猫がいることが分かった。再び、統合するよう光を降ろすと、黒猫の中に小さなボスのドラコがいた。沢山の頭があるドラコの中心で、作戦を立てているのは過去世の自分だった。自分をリスペクトすることが大事だと伝えられた。」10月中旬の札幌出張の頃から全く眠れなくなりました。身体を仰向けにして寝ると、とても息苦しくなり、眠るどころではないのです。入院して分かったのです [続きを読む]
  • 「光の秘密が詰まった本当の三種の神器を取り返す」
  • 「拷問に掛けられドラコニアンの奴隷だった。シリウスの光の秘密が詰まった大事なものを盗られた。クリスタルの太陽を守っているもの。隠しているけど彼らには使えない。邪悪な心では使えない。取り返さなくっちゃ。箕面山の中かもしれない。剣もある。本当の三種の神器。」クライアントの奈美さんは、シリウスのクリスタルの太陽で、みんなにエネルギーを与えていたと伝えられました。光の秘密が詰まった大事なものをドラコニアン [続きを読む]
  • 1月お話会(葉山)開催のご案内
  • 「世の中の変化を知る」についてのお話、必要なアドバイスをお伝えする・対話の時間、グループ・ヒプノセラピーから構成されるお話会のお知らせ2019年1月18日(金)13:00〜葉山町にてお話会を開催いたします。ヒプノセラピーと光のワークを含め、本質になるという覚醒ついてのお話、参加者の方々からのご質問に対して助言をする対話の時間とヒプノセラピーのグループセッションを予定しております。 [続きを読む]
  • 「輝く光を取り戻す」
  • 「息子が生まれて来た目的は、私を教育するため。嫌なことをして私を鍛える。事故で入院した後から変わったのは、鳥の姿の黒い塊がついたから。アンドロメダから来た闇の存在。私と敵対させるため。私を守るために生まれて来た息子がいると困るから事故に遭わせた。」クライアントの奈美さんは、今世の目的は、輝く光を取り戻すことだと伝えられました。自分が輝くために、頭で考え過ぎないで素直になることといいます。因縁の深い [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2019年1月16日(水)他の2日間、「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」を開催いたします。自らが覚醒し輝きながら光を広げる役割を果たそうとする志を持った方々の講座です。本講座が、光の人たちが集い、大きな光となって、光輝く地球に繋がることを願っています。 [続きを読む]
  • 「地球の中にある大きな黒いものを取る」
  • 「地球に来た目的は、大きな黒いものを取る。地球の中にある。地底世界にある闇。大きな黒いものを取るためには、入口から光を降ろす。地底世界の入口はブラジルのロンカドール。地底だったけど山になった。洞窟があって魔女が守っている。UFOが守っている。」ヒプノセラピーの中で奈美さんは、魂の目的は、地球と日本を良くして、明るくすることだと伝えられました。自分の闇の経験の話をして、みんなの洗脳を解いて行くといいま [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2019年1月23日(水)、葉山町にて、「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」を開催いたします。地球を輝かせるために自ら覚醒することを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々による光の集いのきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • 「光の方に向かって飛んで行くことを思い出して」
  • 「目の前に何かいる。闇の存在がいる。ピンク色の狐。目玉の所からお金を持って来る。私をやっつけるため。やっつけないと困るから。見破られるから。大金に心を奪われるようにする。箕面山を暗くするために天狗がいる。箕面に生まれたのは眩しくして天狗を追い出すため。」クライアントの奈美さんは、箕面山を暗闇にする天狗を追出すために、箕面の地に生まれたと伝えられました。地底に繋がっているので、眩しくするには地中深く [続きを読む]
  • シリウスはドラコニアンに襲撃された 〜自分が変わるために〜
  • 「光を降ろすと頭が沢山あるドラコニアンがいると分かった。沢山のドラコニアンとメカニアンがシリウスを襲撃して、シリウスの叡智という大事なものを奪った。ドラコニアンは、メカニアンという殺戮ロボットをコントロールし、マシンのように騙して、術を掛けて奪うことをした。」10月上旬から息苦しさがある中で、ヒプノセラピーのセッションや光の講座は、何とか予定通りに行っていました。これまでの光のワークの経験から、体調 [続きを読む]
  • 「左手に大事な剣が封印されていた」
  • 「左手が強く封印されている。何か違う。大事。凄く大事。左手に何かある。左手が暴れている。左手に何か持っている。剣がある。左手が剣になっている。水晶の一部かもしれない。私の大事な剣だから。リラの一部。左に光がいっぱいあった。だから強く封印された。」ヒプノセラピーの中でクライアントの弥生さんは、左手にリラの水晶の一部である剣が封印されていたと分かりました。自分を守っていた彼と出会う必要があるといいます [続きを読む]