Archangel さん プロフィール

  •  
Archangelさん: ヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ハンドル名Archangel さん
ブログタイトルヒプノセラピースピリチュアルライフ 夜明けのブログ
ブログURLhttp://spiritualife2012.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ヒプノセラピーを通じて魂の世界を探求し、本質に回帰する覚醒のための気づきやヒントをご提供いたします。
自由文自己探求の過程で出会ったヒプノセラピー。深い意識と繋がって、本当の自分に出会えます。魂の故郷を探り、今生の目的を知る。過去からの心の傷を癒し、自分の未来からモチベートされます。ビジュアルタッチの豊富なスピリチュアルコンテンツ。誰もが新鮮な清浄感を味わえる軽快な筆致と真理の追求から知り得た経験に基 づくロジック。優しい語りで、清々しいスピリチュアルな癒しと気づきの世界へ、あなたを誘います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2008/11/23 11:58

Archangel さんのブログ記事

  • 「ピエロの魚が魂の光を守って来た」
  • 「歌って表現する。家で言葉以外で伝える時に、意図したことが伝わるかが心配。表現の場数が必要。気に入られるようにしないでください。自分のために表現していくのが全てのためになる。自分のためだけに、歌って表現することが大事。鼻歌を歌うようにしてください。」ヒプノセラピーの中でクライアントの美子さんは、ピエロの魚の姿の存在が自分の魂の光を守って来たと伝えられました。ピエロの魚はシリウスとルシファーが合わさ [続きを読む]
  • 「人身売買された幼い自分が光に還る」
  • 「光に還りたい過去世の自分は、稚児舞を踊っている子供。神社で子供たちが舞をする。おしん、みたいに売り飛ばされた。実際に売っていた。貴族が来ている。場所は平泉。庄屋や公家の下で働いていた人もいた。貧困に基づいていた。良いことじゃないと分かっていた。」クライアントの美子さんは、ヒプノセラピーの中で、自分の内面にある闇を光に統合して行きました。貧困に基づいて深い闇を経験した稚児舞の子供の過去世もあったと [続きを読む]
  • 「親と離れなければならなかった子供たちの中に黒いタコは生まれた」
  • 「巫女が泣いている。間違ったことをしたと思っている。西日本の熊野の神社。病気とか障害を持つ子供が連れてこられた。誰かが首の骨を折っている。知っていたけど止めなかった。この人たちが大変そうだったから祈ることをしていた。分からないように表現された。」クライアントの美子さんは、過去世の巫女が間違ったことをして泣いていると分かりました。病気や障害を持つ子供の命が失われるのを知っていたといいます。親と離れな [続きを読む]
  • 「宇宙から地球を見る」
  • 「昼間の世界と夜の世界がある。夜は思考の世界。昼間の花畑の崖から見ると下に夜の花畑がある。昼間は2つの世界。夜の世界は、昼間の世界が見えない。雲の上は昼も夜も見渡せる場所。宇宙から地球を見ている。小さい自分はせっかち。地球を指さしている。」 ヒプノセラピーの中でクライアントの美子さんは、幼い自分から「生きているのが怖い」と伝えられました。誰かを言葉で傷つけてしまうかもしれないからだといいます。地球 [続きを読む]
  • 「いよいよ時が来た」
  • 「今後の仕事は飛び回っているイメージ。1つの所にじっとしてない。小さい所で5〜6人に話をしている。各地で集まってパワーを出している。九州から北海道までの8ヶ所。光の柱を立てる。磁場調整。端が九州の壱岐で北海道まで。北海道は苫小牧、白老の周辺。」ヒプノセラピーの中でクライアントの好美さんは、今世の役割は、自分を生きることだと伝えられました。自分を生きる上で心掛けることは、自分を大切にすることといいます。 [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2018年2月7日(水)他の2日間、「輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)」を開催いたします。自らが覚醒し輝きながら光を広げる役割を果たそうとする志を持った方々の講座です。本講座が、光の人たちが集い、大きな光となって、光輝く地球に繋がることを願っています。 [続きを読む]
  • 「光の虫を遺伝子操作によって闇に変えた」
  • 「虫を育てていた。虫は宇宙空間を飛ぶ使い手。私が虫の上に乗っている。惑星から惑星へと飛ぶ。全部一式入った、ベガの光の種を運んでいた。虫が苦手なのは、汚染の元だから。インドで生態系を壊す虫に変えた。手からエネルギーを出すことで遺伝子操作で闇にした。」クライアントの好美さんは、洞窟の中で金色の仮面をつけたカーリーの下で闇を広げていたと分かりました。地下世界で人の死を目的とした魔術と祈りによる闇の仕事だ [続きを読む]
  • 「覚醒すると決めて来た」
  • 「自分の中に同じ光の人がいる。まぶたを開けられなかった。もう1人いる。黄色の人。深いトンネルの働きをする。ずっとずっと、目を覚まさないようにしていた。体験するために覚醒しないようにしていた。でも、もう必要ない。覚醒することは決めている。覚醒すると決めて来た。」ヒプノセラピーの中でクライアントの好美さんは、自分の中に居た黄色の人、トカゲ、魔王の闇の存在の統合を見届けて行きました。黄色の人は、体験する [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル3:札幌)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(レベル3:札幌)」の受講者募集のお知らせ 2018年2月16日(金)、17日(土)の2日間、「輝く地球・光の講座(レベル3:札幌)」を開催いたします。自らが覚醒して輝きながら光を広げよる志を持った人たちのための講座です。本講座が、光の人たちが集い、大きな光となって、光輝く地球に繋がることを願っています。 [続きを読む]
  • シリウスの分離の闇の統合 〜闇が光に還るとき〜
  • 「シリウスは地球に光を降ろした後、純粋な闇を降ろすことも行った。原始キリスト教など美しい闇の仕組を作って行った。シリウスが分裂して、分離された闇が生まれた。シリウスの分離の闇は、美しさが分からなかった。光と表裏一体の闇から光と分離した闇に移って行った。」地球が分離という深い闇になったのは、プレアデスの闇が原動力になっていました。突然、分離されたプレアデスの闇の存在たちが、強い恨みと執念を持って地球 [続きを読む]
  • 「エネルギーの世界を伝えていく」
  • 「今までの困難な人生は、ほぼ終了。これからは、自分の人生を好きなように創造する。そのためには、まず、絵や文章を書いたりする。エネルギーについて伝えるため。インターネットを使って絵を描いて行く。抽象的な絵を通して、エネルギーの世界を伝えていく。」クライアントの郁美さんは人をいじめたくなるのは、人体実験をしていた過去世の闇に由来すると分かりました。闇の女神カーリーがいて、底の底の闇が楽しい状態だったと [続きを読む]
  • 2018年 新年のご挨拶
  • 「2018年は、お金で真実が隠されて来た闇の世界が本格的に崩壊して行くと感じます。お金を取るか、真実を取るか、の二者択一を迫られます。一番大事にするのは、お金なのか、真実なのか、です。真実の自分になることです。自分が真実を表すことが重要だと思います。」明けましておめでとうございます。旧年中は、ヒプノセラピーや光の講座、お話会のイベントご参加くださり、ありがとうございました。いつも本ブログの読んでくださ [続きを読む]
  • 「プレアデスの闇の存在が光に還る」
  • 「ふざけるなよ。方向転換するなよ。とても怒っている。自分たちが良いと思ってやったことと違うことをしようとしている。とんでもない。この者にずっとついてやる。光に還るなんて、とんでもない。この者には、俺たちが必要。自分たちが必要だ。」ヒプノセラピーの中で郁美さんは、足から入ってくるものは、重くて黒い丸い球の姿のプレアデスの闇の存在だと分かりました。過去世から闇の仕事して来たので、光に行くことに抵抗をし [続きを読む]
  • 個別出張ヒプノセラピーのご案内
  • 希望する日時で対面セッションを受講したい方や外出できない方のための個別出張ヒプノセラピーのお知らせ 主要都市で行っている出張ヒプノセラピー個人セッションの他に、個別出張ヒプノセラピーを開始しました。外出できない方やご希望の日時にヒプノセラピーを受講したい方のためのものです。個人セッションの他に、複数人で受講するグループセッションのご予約も承っております。 [続きを読む]
  • 闇の地下世界と繋がっていた富士山の解除 〜闇が光に還るとき〜
  • 「富士山とシャスタ山に光を降ろすと、虹色の光が放たれて開かれた。闇の地下世界と繋がっていた。セドナの4大ボルティックスの中心に光を降ろすと大きな渦巻きがあった。大地と天との接続点を表すシンボルの世界軸を通じて地下世界から闇が供給される仕組だった。」12月中旬、光の講座の参加者の方から「不二阿祖山(ふじあそやま)太神宮」のキーワードを伝えて頂きました。不二阿祖山太神宮は、山梨県富士吉田市にあり、富士太 [続きを読む]
  • 1月お話会(葉山)開催のご案内
  • 「光を選択する」についてのお話、必要なアドバイスをお伝えする「対話の時間」、グループ・ヒプノセラピーから構成されるお話会のお知らせ2018年1月25日(木)13時〜葉山町にてお話会を開催いたします。ヒプノセラピーと光のワークを含め、本質になるという覚醒ついてのお話、参加者の方々からのご質問に対して助言をする対話の時間とヒプノセラピーのグループセッションを予定しております。 [続きを読む]
  • 虹色の光が放たれた中尊寺釈迦堂の解除 〜闇が光に還るとき〜
  • 「中尊寺釈迦堂に光を降ろすと虹色の光が放たれ、裏インドの闇の地下世界と繋がっていた。中尊寺釈迦堂は闇の地下世界のポータルであり、奥州の光の地を封印する拠点だった。三浦富士は裏インドの闇と繋がっており、全国各地の富士山は封じる役割があると感じた。」エジプトのギザのピラミッドが裏インドの闇の地下世界のポータルだと分かってから、裏インド関係の解除が続いています。12月中旬、サラリーマン時代の先輩の人の夢を [続きを読む]
  • 「本当の光をここから伝える」
  • 「京都の地に暮らすのは、本当の光をここから伝えるため。音を奏でる。歌を歌う。色やアートの世界を描く。過去世で闇の仕事をしていたので、今世は光の仕事をする。やるべき時は今だ。今すぐ行動を起こさなければならない。音楽や歌をやる。もっと本当の光を広げていく。」クライアントの直美さんは、今の家族が地底で一緒だったのは、地球で光に導く手伝いをするためだと伝えられました。過去世で空海の指示を受け、行く先々で石 [続きを読む]
  • 「自然の中でライアーを奏でると精霊がやって来る」
  • 「地球を救うために来た。地球の破壊を防ぐ。そのためには人々の争いをなくす。争いをなくすには音を鳴らす。地球と波動の合う楽器を奏でる。自然の中でライアーを弾く。八ヶ岳などの森や山々で弾く。自然が、木々が、蘇る。愛が広がる。風が歌っている。精霊がやって来る。」ヒプノセラピーの中でクライアントの直美さんは、破壊を防ぐことで地球を救うために来たと伝えられました。地球の破壊を防ぐためには、人々の争いをなくす [続きを読む]
  • ピラミッドは裏インドの闇のポータル 〜闇が光に還るとき〜
  • 「シュメール遺跡のチョガ・ザンビールは、本来の闇の実験場。エジプトの三大ピラミッドに光を降ろすと、支配と分離を意味する目玉と同心円が出て来た。ピラミッドや階段ピラミッドは、裏インドの闇のポータルだった。裏インドの闇のポータルに光を降ろしていく必要がある。」12月上旬、パソコン作業をしていると左腕に痛みを覚えました。ここ1ヶ月の間、パソコンで記事を書いていると左腕に軽く痛むのを感じていました。左腕を意 [続きを読む]
  • 「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」開催のご案内
  • 自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」の受講者募集のお知らせ 2018年1月24日(水)、葉山町にて、「輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)」を開催いたします。地球を輝かせるために自ら覚醒することを目的とした講座です。自分が光輝き、地球に光を広げて行こうという志を持つ方々による光の集いのきっかけとなるよう願っております。 [続きを読む]
  • シャンバラは裏インドの闇の地下世界 〜闇が光に還るとき〜
  • 「大相撲の日馬富士事件からモンゴルに繋がった。モンゴルのゴビ砂漠のシャンバラランドは、裏インドの地下世界の入口と分かった。暗闇の中に浮かぶ色彩豊かな曼荼羅の世界。3つの目を象徴とする闇の世界。シャンバラは、闇の支配のために創られた地下世界だった。」ヒプノセラピーの中で「裏インド」の闇は、地球の闇の大元であると分かって来ました。「裏インド」の闇は、本来、精霊という地球の大きな光を封印するために創られ [続きを読む]