へんぽらい さん プロフィール

  •  
へんぽらいさん: へんぽらいの祭り談義
ハンドル名へんぽらい さん
ブログタイトルへんぽらいの祭り談義
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/henporai/
サイト紹介文祭り、富士山、猫、写真を通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
自由文祭りの保存伝承、実行に関わる人たちが共感しあえる交流の場を作ろうと、webサイト「祭にっぽん」を編集制作しています。
http://maturi.info/
また、郷土富士宮市の美しい風景や祭り、富士山の四季などを多くの写真で紹介しています。
http://www.miyachou.com/
へんぽらいの祭り談義には、こういった富士宮市やさまざまな祭りをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/11/22 12:20

へんぽらい さんのブログ記事

  • 四つ葉、五つ葉、六つ葉のカタバミ
  • 五つ葉、六つ葉と続けて見つかったカタバミを再度よく探したら、四つ葉もありました。こんな感じに一つの茎から生えています。茎自体が扁平で太いので、異常なのかも知れません。wikipediaの説明の中に多葉についての記述がありました。****以下部分引用クローバー同様、カタバミにも四葉、六葉といった多葉変異体が発生する。クローバーに比べて環境耐性が高いためか、発生率はクローバーのそれに比べて低いとされている[要出典] [続きを読む]
  • カタバミの多葉
  • カタバミの四つ葉はなかなか珍しいといいますが、探せば案外有るものかもしれません。昨年は、同じ鉢で2本の四つ葉をみつけました。そして今年、藤の鉢で五つ葉と六つ葉のカタバミがみつかりました。2本が重なっているのかと思ったら、1本に6枚の葉が出ていたものです。葉の出ている茎が太く扁平になっているのは、何かの異常なのでしょう。珍しい事でしたので、ご報告します。 [続きを読む]
  • 富士山世界遺産センターオープン!! 12月23日
  • 平成29年12月23日に静岡県富士山世界遺産センターがオープンします。現在工事は完了し、オープンを待っているところですが、外から見たその姿を紹介したいと思い動画を作成しました。逆円錐に組まれた木格子は逆さ富士のイメージ、その向こうに富士山が見られます。大きな水盤に張られた水に逆さ富士が映ります。南から見た富士山世界遺産センターの眺めです。浅間大社の大鳥居との間に富士山が鎮座しています。大きな水盤に深さ3 [続きを読む]
  • Googlemapに富士山撮影場所をマーク
  • 先日行われた富士宮まつりの公式サイトに、祭典実施区の会所の場所や競り合いが行われる場所などをマークした地図をアップしました。これは競り合いが行われる場所のマップです。サイトにはXoopsを使用し、モジュールはxpwikiというモジュールを主体に構築しています。その機能でGooglemapとの連携ができ、マップ上に多数のマークを置く事が出来たので、これを使用しました。PC上ではこの様に表示されますが、残念な事にiPhoneやiP [続きを読む]
  • 29富士宮まつり 宮本区-踊り
  • 地元町内では近年披露するために踊るという傾向があり、毎年違う曲目を練習しています。お披露目の場は、まず近隣区との恒例行事です。さの萬さん前に神立区、福地区、宮本区が集まり、競り合いの後交互に踊りを披露しました。福地区の踊り披露前列3名が青年の代表かな?そして我が宮本区の披露連日の練習の甲斐あって、よく出来ました。そして最後は神立区祭りを楽しむ事にかけては、いつも刺激されてきました。初日引き回しの最 [続きを読む]
  • 平成29年富士宮まつりのお知らせ
  • 富士宮まつりは富士山の麓の山車祭りで、今年は市制施行75周年の大祭りです。平成29年富士宮まつりが11月3日から5日にかけて行われます。ポスターチラシ表面チラシ裏面11月3日 午前9時より浅間大社拝殿前で宮参りが行われます。境内東側整列境内西側整列宮参りから帰ると、引き回しが行われます。11月4日 朝から各区引き回しを行い、定時に本宮会場に集結します。 本宮 午後1時から9時まで交通規制が行われます。    ・午 [続きを読む]
  • 夜景遺産の白尾山紹介
  • 平成19年10月28日 台風が太平洋側に逸れ足早に遠ざかった夜でした。煌々と照る月に気付き、富士山が見えているので急ぎ白尾山に駆けつけました。天候の回復で雲は見る見る消えて行き、その下には薄らと雪化粧が見えます。平成26年2月16日 風の強い満月の夜で富士山はくっきりと見えるのですが、風下側に山旗雲と呼ばれる消えない雲が居座っていました。画面右の雲が光っているのは、スキー場の灯り。平成26年12月4日 月夜の笠雲 [続きを読む]
  • 平成28・29年富士山頂写真レポート総目次
  • 平成29年富士山頂滞在レポート目次年輪 - 富士山頂鳥居建て替え 2017.7.1176年の歳月と風雪に削られた奥宮の鳥居が、建て替えられます。富士山に登ります 2017.7.19テレビのニュースを見て、建て替えられた鳥居の渡り初めを取材に登る事にしました。新鳥居見に富士登山 2017.7.2021日の新鳥居渡り初めを見に、20日に富士宮口から登りました。各号目の室ごとに写真を撮り時間を割り出しましたが、足の弱い年寄りが写真機材を欲 [続きを読む]
  • 富士閉山に思う
  • 9月10日で富士山も閉山となり、11日にお世話になった登山靴をしまいました。9年前に囃子奉納登山で膝を痛め登山からは遠ざかっていたものですが、申年小縁年の昨年は奥宮の大修復が完成し奉告祭などが盛大に行われ、体調も整ったので3回登り合計10日間滞在しました。平成23年の西臼塚付近を震源とする地震で奥宮が大きく損傷したため、5年がかりで修復工事が行われたものです。2016.7.27竣功奉告祭が行われました。2016.7.19竣功奉 [続きを読む]
  • 山頂の夜は氷点下
  • 昨年9月にも登るつもりでしたが、所用があったり足を捻挫したりで中止となりました。今年8月15日前後の例祭の頃は天候がすぐれずあきらめたので、シーズン末期の9月に登りました。山頂の神主さんからfacebookに山頂冷え込みの書き込みがあり、9月の冷え込みは承知していましたがこうして氷やつららを見ると実感します。9月4日朝、浅間大社奥宮隣のこのしろ池が結氷していました。けっこうしっかりと凍っている感じ。登山客がおそる [続きを読む]
  • 富士山頂から我が家が撮れた!!
  • 昨年の投稿で富士山頂から我が家は見える?と言うのがありました。こんなにはっきりと見えるなら、天気が良い日に富士山頂から望遠レンズで撮影すれば我が家が写せるのでは無いかというもの。そして、富士山頂の鳥居が見えたでは、浅間大社祈祷殿前から撮った写真に山頂の鳥居が写った事を書きました。これです。この鳥居なら家より多少小さいくらい。テレコンバーターで望遠レンズをさらに拡大すれば、我が家が写りそうです。そし [続きを読む]
  • 富士山頂夜明け前
  • 昨年撮れなかった富士吉田口登山者の灯りを狙うべく、早朝より起き出しました。蛇行する登山道をざわめきながら光が登ってきます。登山シーズン終期とは言え、おびただしい数に圧倒されます。登山者の灯りと街灯りです。ふと見上げれば空にはオリオン、久須志神社前に到達した登山者は静かに御来光を待ちます。 [続きを読む]
  • 御来迎(ブロッケン現象)に遭遇
  • 9月3日今年2度目の富士登山で富士宮口から登りました。支度で前夜11時までかかり、睡眠は3-4時間。ただでさえ体力が無いところに寝不足は体に応えました。閉山まで残り1週間となり各山室も閉山準備を始めています。新七合目少し上から見上げた物で、上辺に見えるのが八合目の境内地を示す鳥居と衛生センター、八合目の山室で、一段下がったところが元祖七合目です。元祖七合目に着いてみると、下から見上げた時に見えていた休憩用 [続きを読む]
  • 幻の池 トンボの秋
  • 昨日ベタ基礎の立ち上がり部分のコンクリート打ちが終わりました。夜雨が降ったので、基礎の中はまるで池のようです。おまけに、猫の足跡が見つかりました。建物が出来れば隠れるところではありますが、ちょっと残念。メダカの水槽もかなり水位が上がっていました。溢れなくて良かったです。基礎のたまり水を池と間違えてか赤とんぼが連結飛行で水面を叩いています。産卵行動なんですが、この型枠が外れれば穴から水が流れ出て干上 [続きを読む]
  • 軽井沢にて
  • 姪の結婚式が軽井沢で行われ、その晩は軽井沢で一泊しました。朝食前に宿舎の周りを散歩しようと出てみると、濃霧に覆われています。やむなく引き返しました。朝食の頃は雨、次いでの軽井沢観光が危ぶまれます。それでも1時間後のチェックアウトには、薄日も射し予報も晴れを告げています。とりあえず軽井沢駅までタクシーで移動すると、あちこちに警官の姿が見えるので何かあるのかと思っていました。軽井沢駅で兄弟三夫婦揃って [続きを読む]
  • このポーズ?
  • 百日紅の下を通りかかったら、散った白い花びらが蜘蛛の糸に引っかかっているように風に揺られています。じわじわと動くのをよく見ると、それは蜘蛛の糸をたぐっている白い蜘蛛でした。カメラを撮って戻ると、蜘蛛はポリバケツの内壁に糸で貼り付き休んでいる様子。この白い蜘蛛の名前を知ろうと検索したところ、アズチグモだと判りました。=Wikipedia=よりアヅチグモ(安土蜘蛛、Thomisus labefactus)は クモの一種、カニグモ科 [続きを読む]
  • 新鳥居見に富士登山(富士宮口登山道)2017.7.20
  • 新たな鳥居の渡り初めが21日に行われるというのを聞き、昨年撮れなかった山頂の星空と新鳥居を見に登りました。先ずは新五合目で1時間ほど散策して、体を馴らします。ここから見た、富士山麓のわが郷土富士宮市です。画面中央に見える白い大きな建物群2つは、医療機器メーカーの建物。左側の建物群上にある森が、どうやら浅間大社の森のようです。その森の右寄り上側に中央図書館と市民文化会館、我が家はその間にあります。残念な [続きを読む]
  • 富士山に登ります
  • 昨年の思い出深い富士登山では登り始めたのが、写真のデータでは7月26日の7:25となっています。途中から雨に降られ、雨合羽を着て慎重に登り、富士宮口頂上にたどり着いたのがデータによれば17:25の事でした。丁度10時間です。そこで待っていてくれた鳥居を見て、ホッとしたのが忘れられません。この星霜を経た鳥居が、今年建て替えられました。昨年は東日本大震災で傷んだ山頂奥宮の大改修が完成しましたが、鳥居はまだ古いまま残 [続きを読む]
  • スズメバチ退治
  • 昨日の黄昏時に家内がスズメバチの巣を見つけました。庭通路脇のサザンカの中で、たしかにスズメバチはよく見かけていたものです。昨日も庭の蛇口から水を飲んでいる姿を見たばかり。例年はアシナガバチがメダカの水槽で水を飲んでは人を威嚇していた物でしたが、営巣の環境が変わったためかアシナガバチに威嚇される事は減っていました。どうやら、スズメバチがこんな所に巣を作っていたのが影響していたかも知れません。巣はまだ [続きを読む]
  • 年輪 - 富士山頂鳥居建て替え
  • 7月10日の地元紙によれば、富士山頂浅間大社奥宮前の鳥居が76年ぶりに建て替えられるそうです。これは昨年平成28年7月19日に写したものです。今年の山開きで登ったfacebook友達によれば、すでに鳥居は撤去され建て替えの準備中だったとのこと。この鳥居の写真をよく見れば、向かって左の柱に凹凸が目立っています。ここだけみると割れもかなり目立ちますが、削られてくっきりと浮き出た年輪が見て取れます。グッと寄ると、まるで立 [続きを読む]
  • 千社札から閉め出され
  • 昨日の午後かかってきたのは、サイトに入れませんと言う電話聞くと先日電話をいただいた、あるパソコンスクールの講師さんからでした。こんな和風模様の画像データや和風図案の画像データそれを使って千社札を作ろうと言うことで、サイトで自由にダウンロードしていただいています。先日の電話は、データを授業に使っても良いかという問い合わせでしたので、快諾した次第。いざ授業という段階で、サイトに入れなくなってしまったと [続きを読む]
  • 平成29年神田祭 東神田三丁目宮入り
  • 平成29年神田祭で東神田三丁目町会に参加させていただき、道中を写真とビデオで記録させていただきました。富士宮市から駆けつけた浅間大社青年会の仲間+OB伝説の「江戸神輿ねっと振興社」メンバー再会です。写真と交互に撮っていたムービーを編集しました。お囃子や威勢の良いかけ声などは、写真では聴けません。動画も捨てがたいものですね。平成11年頃から21年までお世話になっていた岩本町三丁目町会の一行です。当時お世話に [続きを読む]
  • 完璧にはまだ遠い 浅間大社流鏑馬祭の記録
  • 平成29年浅間大社流鏑馬祭神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)を写真と動画で記録した物です。コンデジを三脚に据えて動画を、手持ちのデジタル一眼で写真を撮っていたものですが、残念なことに撮れなかったものがあります。まず、流鏑馬三番目の正射手の流鏑馬が写真しかありません。実はこの前にカメラの撮影モードがモノクロームになっているのに気付き、モードを切り替え、画像を急ぎチェックしていたので、コンデジの動画撮影が間に [続きを読む]
  • 珍事?それとも吉祥?
  • 25日にヤモリが来訪したと思ったら、今度はトカゲが家に入り込みました。おまけにカーテンを登るとは驚きです。ヤモリがガラスに貼り付くとこんな感じ。明らかに指先が違います。例年この時期には猫に襲われたトカゲをよく見かけますが、猫の手を逃れ必死でカーテンをよじ登ったのでしょうか。何か良い知らせなら良いのですが・・・。忍者の足の秘密 : へんぽらいの祭り談義 [続きを読む]