コージーアンティーク さん プロフィール

  •  
コージーアンティークさん: 古美術〜近代現代美術工芸まで:コージーアンティーク
ハンドル名コージーアンティーク さん
ブログタイトル古美術〜近代現代美術工芸まで:コージーアンティーク
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/masayuki1125_1967
サイト紹介文古美術〜近代現代美術工芸から家具・照明まで♪ 買取査定&評価報告書作成などお手伝い。
自由文アンティークや日々の情報とたまにニャンコ(愛猫)のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/11/25 10:31

コージーアンティーク さんのブログ記事

  • 古伊万里の皿
  • 先日、電車での移動の際のこと。席に座り、1時間弱の移動時間を寝て過ごそう・・・と思って5分ほど経過。あまりの寒さに目が覚め、肌がヒリヒリと痛くなり眠るどころではなくなってしまったのだが、冷やしすぎじゃ???と思ったのだが、どうなんだろうか。... [続きを読む]
  • 篆刻の品いろいろ
  • 随分と前に篆刻について本ブログで書いたなぁ・・・とあやふやな記憶を頼りに検索してみたら、ありました!もう1年半前か・・・と時間の経つ速さにビックリ。小林斗盦(こばやし・とあん)と小林松僊(こばやし・しょうせん)お客様とお話ししていて、自身で篆刻... [続きを読む]
  • 香炉いろいろ
  • 気がついたら丸々一か月以上ぶりとなってしまいました。米朝会談があり、ワールドカップサッカーが始まり、大阪での地震があり、ここ数日は西日本を中心とした豪雨の影響で多数の被災者が出ている様子。お見舞い申し上げます。サッカーの日本戦は本当に残念で... [続きを読む]
  • 輪島塗蒔絵硯箱・文箱など
  • ゴールデンウィーク後半戦。先週末から〇連休という方も多いのかな・・・うらやましいですね。そんな中、「TOKIOの・・・」のニュースが・・・ではなくて、ギブソンのニュースです。「米国の老舗楽器メーカー、Gibson Brands(ギブソン)が5月1日付で、日本の... [続きを読む]
  • 文房四宝
  • 20代のころ、年一のとあるイベント(正確な名称は忘れたが・・・)がありました。日本や韓国、中国、タイ、メキシコ、ドミニカ共和国なんかからの英語が母国語ではない学生が集まったイベントで、そこにアメリカ人などが遊びに来ます。母国の簡単な料理をふるま... [続きを読む]
  • 時代のおくりもの
  • 数日前に雪と思ったら、今朝はとっても良い天気。朝のジョギング時、いつもお花見で人気の場所の桜もすっかり咲き誇っておりました。きっと七分〜八分先程度か、それ以上か?今年は例年に比べて早そうなので、お花見の予定は前倒しが吉でしょう!最近、古い... [続きを読む]
  • 萩焼:坂田泥華
  • ようやく桜の開花の声が聞こえたと思ったら、今日は雪。。。ほころび始めた蕾も閉じてしまいそう・・・さて、茶道をやられている方や陶磁器に詳しい方なら耳なじみのある「一楽二萩三唐津」ということば。茶人に好まれる茶碗の種類で、1位が楽焼(京都... [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます!
  • 明けましておめでとうございます!本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。それでは、皆さま良いお正月を!コージーアンティークのHPはこちらから。。。 にほんブログ村⇒応援 を宜しくお願い致します!!Copyright 2006-20... [続きを読む]
  • 気が付けば師走。前回から随分と間隔があきましたが、その間にいろいろなこと世間では起こっていたようです。最近、我が家で話題に上ったのが大相撲の元横綱・日馬富士の引退のニュースでしょうか。いろいろな人がいろいろなところで、いろいろな話をしてい... [続きを読む]
  • 那覇:慶良間諸島の阿嘉島
  • 台風一過で、久しぶりに夏日和の東京。台風が来る直前の奇跡のタイミングでちょっと遅めの夏休み。ということで、沖縄へ。1泊目の那覇の夜に続き、2日目に慶良間(けらま)諸島の阿嘉(あか)島(じま)へ。那覇・泊港から船で移動。阿嘉島は、近隣の... [続きを読む]
  • 夏の夜のつれずれ
  • 気が付けば八月。お盆です。先月中旬のとある夕方5時ごろ。買い物帰りの途中、近所で足の悪そうなおばあさんが、路肩に持ち出した椅子に腰かけて何かを燃やしている・・・焚火でもごみの焼却でもなさそう。何か事情があるのか?・・・そう、迎え火だ... [続きを読む]
  • イタリアの陶磁器
  • 先ごろ、COP21(第21回気候変動枠組条約締約国会議)にて採択されたいわゆる『パリ協定』からアメリカが脱退するとの報道がありました。トランプさん、政治家としてブレないのはある意味すごいのだが、アメリカ国内においても賛否両論あり、この先どうなるのでしょう... [続きを読む]