風 さん プロフィール

  •  
風さん: 道草だらけの人生凸凹日記
ハンドル名風 さん
ブログタイトル道草だらけの人生凸凹日記
ブログURLhttp://kaze69r-dekoboko.hatenablog.com/
サイト紹介文持続可能な百姓を目指して悪戦苦闘する週末一人農家・ニコニコファームの日記。古民家再生中。
自由文農業、古民家再生、同居猫メイとの日々、音楽、その他いろいろ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 140日(平均2.5回/週) - 参加 2008/11/26 22:51

風 さんのブログ記事

  • すごい人たちに会ってしまった。
  • とある撮影に参加させて頂いて、すごい人たちに会ってしまいました。山田元農水大臣は、たえず笑顔を絶やさない朗らかな人でした。自然農で有名な岡本よりたかさんは素朴で物静かな印象ですが、とても存在感のある方でした。収録した番組は、東京MXテレビにて放送される予定です。良かったら見てね?番組名 おかげさまで元気です。-I‘m fine thank you.-「未来のタネ」放送予定日 2018年8月26日(日) 25:05〜東京MXテレビの [続きを読む]
  • 田んぼの生き物調査は楽しい。
  • ひょんなことから知り合った大学生のH君が、埼玉県から田んぼの生き物調査に来てくれました。ナントカという珍しいゲンゴロウがいたと、ちょっと興奮気味のH君。他には水カマキリ、ドジョウ、そしてヘビ!カエルはうじゃうじゃいるので写真は省略。生き物がたくさんいる田んぼで嬉しいですね。にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 田植え、やっちゃいました。
  • 苗づくりに失敗して今年の米づくりは諦めかけてたのですが、苗を分けて頂くことが出来たので、急遽田植えをやってしまいました。無農薬の米づくりをしている仲間が居て嬉しく思います。youtu.be田植してすぐ、米ぬかペレットを動力散布機で田んぼに投入。肥料と同時に抑草効果が期待されます。ペレット散布終わるころには雨が・・・田植えが終わってほっとしたので、コンビニで添加物いっぱいのパンを買って一人早苗饗。ほとんど [続きを読む]
  • メールマガジンを創刊しました。
  • この度、『道草だらけの人生凸凹日記メールマガジン』を創刊しました。農業や古民家再生についての活動やイベント情報などを発信していきますので、良かったら以下のフォームから登録お願いいたします。メルマガ登録・解除道草だらけの人生凸凹日記規約に同意して登録解除 powered by [続きを読む]
  • 夢を与える仕事
  • かつてゴールデンタイムにプロレス放送されていた時代があった。僕にとってタイガーマスクといえば、佐山サトルさんだけど実際に映像を見るのは最近だ。スピード、技のキレ、華麗なファイトは37年経った今でも色あせない。スゲーかっこいい!佐山サトルさんが本当にやりたかったのは、ガチなシュートプロレスだったけど、新日本プロレスに説得されて渋々承諾。デビュー戦に急ごしらえの貧相なマスクで登場して当初は会場から [続きを読む]
  • まさかまさかの大失敗
  • 米づくりを始めて今年で4年目。今までなんとか大きな失敗もなく米づくりしていたのですが、今年はとんでもないことになってしまいました。4月26日(木)に播種したポット苗米づくりは『苗半作』と言われるほど重要な苗づくりに失敗してしまいました。播種後、2週間経ってもほとんど芽が出ませんでした。4月26日(木)に播種したポット苗発芽不良の原因は種もみの浸種時間不足と考え、再度浸種して芽だし後種まきをしました [続きを読む]
  • チーム日光再び
  • 久しぶりにチーム日光のメンバーが再び幾何楽堂に集まった。チーム日光は東日本大震災の災害ボランティアグループ。7年前、僕は新聞記事でメンバー募集を知り活動に参加することで色々な人と出会い、自分の生き方を変えるきっかけとなりました。今回はチーム日光の”切り込み隊長”こと片柳紀雄さんが2度目のK2登山に挑戦するとのことで、壮行会を行いました。登山に疎い僕ですが、K2とは世界第二位の高さを誇る山ですが、登 [続きを読む]
  • 水戸へ出張行って来ました。
  • ポット苗専用の田植え機(中古)が見つかったので、茨城県水戸市に出張してきました。茨城県農機具商業協同組合こちらは農機具屋さんが組合員の組織で敷地に置いてあるのは全部、農機具屋さんから販売委託されたもの。これが目当てのポット式田植え機。ポット式田植え機は非常にレアな機械で、東日本ではほとんど出回らい。エンジンは一発始動!しかし、肝心の植え付けはちゃんと機能するのか確認のしようがない。。こちらも珍しい [続きを読む]
  • 常連2人と古民家作業
  • 前日とは違い、この日は良い天気でした。N君と僕は唐箕で小麦の選別を行いました。保存状態が悪く、半数以上がだめでした。。昼飯はN君が造ったロケットストーブでお湯を沸かして、N君が持ってきてくれた賞味期限切れのカップヌードル。youtu.beたまに食べるとインスタントラーメンもうまい。ライダーK君はひたすらトラクターで草だらけの畑を耕耘。K君も足を複雑骨折して手術してボルトが足に埋まってるとか・・色々と考えさ [続きを読む]
  • Gwに常連さんが古民家にやってきた
  • 僕にとってGWはレジャーのためではなく、作業がはかどる黄金週間。毎年のようにバイクで宮城から手伝いに来てくれるN君ですが、今回は茨木の実家から車で来てくれました。実はN君、末梢神経のトラブルで一か月ほど前に入院してたのです。手足がしびれて歩けないほどになったそうで、だんだんと自分も年を取っていくことを実感しました。この日は雹(ひょう)が降るほど天気不安定で午前中は自宅でうだうだしてました。お昼は気 [続きを読む]
  • 水稲の播種作業
  • 水稲(コシヒカリ)の播種作業を栃木県上三川町にある民間稲作研究所にて行いました。朝、なぜか野良猫が近寄ってきて軽トラの荷台でゴロンとしてました。気に入られたようです(笑)民間稲作研究所は有機稲作を推奨するNPO法人で僕は3年前に研修を受けました。こちらは民稲研の水稲苗順調に発芽した模様です。さて、早速播種作業の開始。まずは440穴のポット式苗箱に床土を自動機械にて入れます。使用した育苗培土は民間稲作 [続きを読む]
  • プロの建築家が来ました。
  • クラウドファンディングが終わり、次のステップに進む第一歩。友人で建築家の小坂さんに修理を依頼することにしました。小坂さんは東日本大震災の災害ボランティア団体・チーム日光を立ち上げ、僕がそのボランティア参加してからのお付き合いになります。チーム日光は僕にとって特別な存在で、今現在の自分と関わり合いのある方はここから繋がっていったのです。災害ボランティアの集大成として、竪穴住居を建てた思い出が強く印象 [続きを読む]
  • パイプハウスの引っ越し完了
  • 昨年末に賃貸契約終了した農地の片づけは未だ完了してません。今回はバラしたパイプハウスをいよいよ古民家の農地へ運びました。クレーン付き4tトラックで2往復して、無事全てのパイプを移動させることが出来ました。こうすると少ないように見えるから不思議です。パイプは移動させましたが、旧農地にはゴミが散乱。パイプの下敷きにしていた木製パレットが腐食してしまいました。パレットには釘が打ってあり、このまま放置する [続きを読む]
  • ご支援ありがとうございます。
  • 古民家屋根修理のために立ち上げたクラウドファンディングが終わりました。ご支援頂いたみなさん、本当にありがとうございます。??♂?また、お金は払えないけど、作業を手伝いたいという言葉も頂き嬉しく思います。目標額には届きませんでしたが、懸案だった栗の木伐採費用に充てたいと思います。リターンにつきましては準備整い次第発送させて頂きますので、しばらくお待ちください。資金が無い中、古民家再生を始めて早3年目 [続きを読む]
  • 【古民家再生54日目】倉庫の整理
  • ご縁があってお米の乾燥機を譲ってもらえることになり、急遽、古民家の下屋を整理することにしました。譲渡予定の米麦乾燥機元々下屋には古い米麦乾燥機があったのですが、今は古い養蚕道具や農業機械が置いてあります。このままでは米麦乾燥機は置けないので、養蚕道具を隣の納屋に移動させることにしました。実はこの納屋は傾いていて、ちょっと心配なのですが、いかんせん場所がないので倒壊覚悟で養蚕道具を移動させました。下 [続きを読む]
  • 人海戦術、恐るべし
  • 昨年末に契約終了した農地の片づけが終わらぬまま、ついに4月になってしまいました。遅ればせながら、今週はバイトを一つ休んで少しでも早く片付けを終わらせようと気合をいれたのですが、いかんせん一人では作業進捗はゆっくり。こうして2日間の現場写真を見ると明らか。4月2日(月)の現場4月3日(火)朝の現場このままでは、次の農地借地人にご迷惑をかけることになるので、ついに有償でお助けを借りることにしました。ミ [続きを読む]
  • 陶芸家・橋本誠さんのお手伝い
  • 橋本さんはイマドキ珍しく薪で窯焼きをする陶芸家。偶然にも息子さんは僕の同級生なのです。3月28日から5日間火を絶やさぬよう薪を入れ続けました。僕は28日から4日間、夜の2時間だけお手伝いしました。久しぶりなので薪の投入方法を橋本さんから教わります。youtu.be橋本さんの窯焼きの特徴は窯内部温度を1220℃まで上げその後1150℃まで下げることを繰り返します。窯の温度を調節するにはどうすれば良いか分かり [続きを読む]
  • 2018年米づくりスタート
  • 昨年末に契約終了した農地の片づけが終わらぬまま、2018年の米づくりがスタート。今年は日光市で同じく無農薬で米づくりをする阿部さんの紹介で農地をお借りすることが出来ました。2反ほどの小さな田んぼですが、今の僕にはちょうど良いサイズだと思います。3年間作付けしていない田んぼなので掘りさらいを入念に行いました。久しぶりの鍬作業が楽しい。今回もつーどんにお手伝いをお願いしました。掘りさらいの後は不要にな [続きを読む]
  • 7年前
  • うちの♀猫メイは7年前、東日本大震災のあった2011年に生まれました。5月に引き取ったので名前はメイと名付けました。メイとさつきメイにはさつきという姉妹がいたのですが、残念ながら交通事故で無くなってしまいました。震災が起きた2011年3月11日、僕は研修先だったイチゴ農家のビニールハウス内にいました。午後2時46分、僕はハウス内で大きな揺れを感じて慌てて外に出ると電柱が折れそうなくらいぐらぐらと揺 [続きを読む]
  • 左手が痛い・・
  • 東日本大震災から7年目の2018年3月11日は契約切れになった農地でパイプハウスの解体作業でした。先週、刃が欠けてしまって使えなくなったパイプカッター。ホームセンターで替刃を購入して交換しました。これで良し。早速、天井の直管パイプを切断。ハウス6棟分25か所の直管パイプを切ったら、左手が痛くなってしまいました。。天井パイプの取り外しはつよしどんにお願いしました。次はハウス脇に埋まっている、らせん杭 [続きを読む]
  • 超オクテ
  • 小学5年生の遠足は焼き物で有名な益子だった。前から3列目、左端でよそ見してるのが自分小学生の頃からなぜか異性が苦手で、女子と会話した記憶がないのだけど、初恋の人の名前は憶えている。”たべいなか”さん眉毛がキリっとして、華奢でおとなしい女の子だったと思うのだけど・・たべいさんに好意を持っていたのだけれど、超オクテな自分はまともに話しかけることもできずウジウジしていたら、転校してしまい淡い初恋の思い出 [続きを読む]