雑歌屋 さん プロフィール

  •  
雑歌屋さん: パリ音楽日記 雑歌屋
ハンドル名雑歌屋 さん
ブログタイトルパリ音楽日記 雑歌屋
ブログURLhttps://ameblo.jp/zakkayamusic
サイト紹介文パリで声楽指導中。クラシック、シャンソン、古楽、ロック、ジャズ。フツーの日常にもふれます。
自由文1992年に留学して以来パリ在住の声楽家。バロック音楽を専門に勉強しに来ましたが、ブルージュコンクールの入賞、パリCNR古楽科と同時進行のle concert spirituel他のソロ、プロ活動から、卒業後は放送合唱団サブなどリリック方面へ。ナクソスでもCD録音。
出産後に関節リウマチと判明し治療開始。声楽教授国歌試験に合格。雑歌屋の名そのままにマイペースなレパートリーでコンサートを続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2008/11/30 05:32

雑歌屋 さんのブログ記事

  • フランスから手紙を出すとき・・・
  • 日本にはいろんなきれいな切手があります。フランスにもあると思ってましたし、ありました。バレンタインのあたりでは、ハートのがあったりします。ところが、どうもこれ、「国内」用らしい。 最近、外国向けの手紙にはる切手を探したのですがあんまり夢があるデザインには思えませんでした。基本の切手に登場する「マリアンヌ」の外国用の色もあるのですが、やはり事務的に思えます。 いくつか郵便局を回っても、変なのしかない。 [続きを読む]
  • 音は環境が育てるもの
  • たいそうなタイトルだな 日本人が西洋の声楽をまなぶときに苦労すること(がいっぱいあるけれどそれは西洋で生まれたことをやってるんだから、今までの日本にないことをやってるわけで、いっぱいあっても当然)のひとつに、 声をおしてしまうというのがあると思います。 日本家屋で練習していたりしたら、なおさら。仕組みはよくわかりませんが、昔ながらの家屋は、音を吸ってしまうんですよね。音響を考慮して作られたいいホール [続きを読む]
  • 渡仏の大先輩、花子
  • 15日は「花子」の誕生日でした。花子とは誰か。(おうちの中の神様じゃありません。) ロダンのモデルになった女優さんなんです。 オーギュスト・ロダンのモデルです。花子さんは明治元年生まれ。外国ってなんじゃいな、って時代に、子供時代、いろいろあったあと「踊り」ために渡航、その後舞台女優としても活躍しヨーロッパに20年居続けたという方です。 背景は細かく書けますが、「渡仏の先輩」なのですよね。他の国にも滞在さ [続きを読む]
  • 裏方希望
  • できるものなら裏方に興味がある。裏やりたい! と思ったことが何度もあるけれど、いかんせん、体力がないと無理。特に、日本では無理みたい。 あいかわらず具体的な裏方の機会はない。 でも、やっぱり興味あるなあ。体力なくても裏方って、どんなことができるのでしょうか。 まずは公な翻訳(日→仏)、改良の余地はありとしても初仕事が終了。 フィンランド語を仏語に訳す大学の講義でなにかとブツブツ言ってたけど、その講義が [続きを読む]
  • 時差ボケたまま
  • 夏時間になって一週間。今は夜中の1時のハズ・・・ 時差がなくならない。 週末にはなぜか朝ぱっちりと目が覚めるも夕方に深い睡魔に襲われる。体がしびれるくらいの睡魔。 そしてそのあとパソコンで書き続けてると ・・・・眠くならない。 こんな楽しい時間、いつまで続くのかな。 しずかな、夜は、そのうち明るくなるのでさわがしくなりそう。 [続きを読む]
  • 春の危険
  • サマータイムになり、朝は暗いが午後が無駄に長くなった。 私の場合、夜レッスンを終えてのっそり学校を出てくるとお、明るいなあ、と思う程度。 あんまりありがたみがないのは家族の夕食を始めるのが遅くなる傾向があるから。21時に食べ始めるならまだいい方。作り始めだったりする。なんなら買い物してるかもしれない。 ・・・慣れました・・・。 今週は、いったいどうしたのか、あちこちの人に会ったりおさそいが突然来たりする [続きを読む]
  • 毎日インプロヴィゼーション
  • 即興、のことです。 今日は・・・今日は・・・差し歯が抜けて廃車にインプロヴィゼーション。開いててよかった。現在はネットで予約する仕組みがあるのですが、4月9日まで待つところだった。 自分で戻せればよかったけれど、なんだか突き刺さった部分を元に戻すのが怖くて。簡単にのりづけして、でも噛み締めたとき、奥の方に痛みがあったからその治療がはいってくることになる。 家族がちょうど同じ廃車に治療に行っていた時間帯 [続きを読む]
  • 時差ボケ
  • 旅行はせずともなれる時差ボケ。 夏時間になったら夜更かしの癖がすぐにつきそう。世の中は遅くまで明かるく浮かれる奴ら人々も増えてくる。 私は仕事で遅くアパートに戻り、食べたり、書いたりして、気が付くと あたりがしずか。 わーい!集中できる!! そんな、ただいま11時半。夜の。 実は体は重い。仕事から帰るとき、歩いて帰ろうかバスに乗ろうか、と迷ったあげく歩いているうちに気分がよくなったので少し歩き、ちょうどバ [続きを読む]
  • 夏時間
  • フランスはサマータイム突入。 いやだなあ、この季節・・・(つまりサマータイムが終わるまで) というのも、単に 夜が来なくて、 おてんとさまがいつまでもかんからしているから。日本でいう「夕方」が8時過ぎると、食事の時間も遅くなりがち。 子供を8時に寝かそうったって、部屋を暗くすることから始めないとどうしようもないの! いやもうその子供も大きくなったけど。 朝は、日が昇るのを一時間遅くとらえる、とうこと。 今朝 [続きを読む]
  • 頭が高いぜよ
  • 頭(ず)がたかいというか態度がでかいなあと思う◎◎◎人の発言。もちろん住んでるところの。もちろん全員ではありませんが。 TV見てたら、氷の海の上の氷を行くレポーター◎◎◎人と現地人。凍った海だろうが、現地の人はどう反応したらいいのか知っているから、氷の隙間からあれこれとってきちゃうのを見ながら◎◎◎人が「あぶないよ?おちないようにしないと」とか言ってる。 ほんのわずかなことだけど。相手にはわからない [続きを読む]
  • 共同親権と・・・
  • 私は共同親権推進派です。 子供に会えなくなる親、生き別れって・・・何時代だ? 日本は片親親権にしている数少ない国だと思います。 子供と同居しない親の親権というと、子供に会う「権利」と考えられがちですが、 子供を育てる「義務」の方が大事じゃないかと思います。義務の観点からなら、もう少し、話が進みそうな気がするのですが、養育費と引き換えに会わせない、会わせる、だったりやはりいつか、会えなくなっちゃったりと [続きを読む]
  • 前向きなアメブロランキング
  • 今のランキングってジャンルを変更できないんでしたっけね? 前々関係ないことの方が多いのにヨーロッパにしちゃった。( ;∀;)別にいいんだけど、のびるときと、低い時のギャップが1000くらいはあります。 でもね。ランクが低い時の方が前向きなの。 上へ向かう矢印がでますから。 これがいったんやけに高い位置についちゃううと確実。 というわけで、底辺まで沈むと、いいことばっかりなのです。 と、ふと、調子の悪い時のことを [続きを読む]
  • いろんな人に出会うと驚いていたことも普通になる
  • タイトル長い。 日本ではまだ珍しいとか、少数派な人々にどうも縁があるようです。日本ではまだ「大変ね」と思われたりするような次のような家庭の人々によく出会います。 シングルマザーであったり、シングルファザーであったり再構成家族だったり離婚していたり結婚していない家庭だったりもしくは子供たちにも祝福された結婚式だったり・・・ ・・・あと、何があるっけ?日本ではまだまだ批判されそうですが、次から次へとこう [続きを読む]
  • パッソコン音痴、ソフトも音痴♪
  • 歌はちゃんと歌えているが機械ものには時間がかかる。 楽譜作成ソフト MuseScoreを使って久しぶりに編曲した。音を出してくれるので確認しやすいんだけど最初にテンポ設定しないと、どえらけにゃあ、速く演奏されます。それを「後から」設定変更できるけれど、そこまでたどり着くのが大変。 そして2週間ばかり使っていなかったら使い方、すべて忘れた・・・。 全体は完了したものの、見直したら、渋給付四部休符が4つはいってい [続きを読む]
  • 祝日?
  • フィンランドは今日(2月28日)カレワラの日。だそうです。 100年前に独立した若い国なのだけどそれ以前スエーデンやロシアに収められていたころにはフィンランド語ということばは、一つの国の言葉ではなかったのですね。 日本はかなりの昔から「日本語」だから日本語を祝う日なんて、ありませんが、 カレワラは、フィンランド語の大事な詩集としてとってもとっても大事なお話ということです。 なんか、すごいなあ、と思う。 [続きを読む]
  • 一応ネット使用者なり
  • パリにいる日本人、増えた。3か月以上の滞在は難しいのだけど、ワーホリの人が増えたのかしら。(私が来た頃は、日本人のワーホリはなかったのです) フランス語を話さなくても、英語も話さなくても住める、便利な街になっています。 といっても、長く住んでらっしゃる先輩方にもフランス語使わないかたもあるみたい。メトロの窓口に日本語で呼びかけたときにはさすが!じゃなくて、さすがにびっくりしたけれど、通じてるんだよね [続きを読む]
  • 機械音痴
  • 一応動画の編集のやりかた、思い出した。私は音楽に絵を合わせたいので、その逆が簡単になっているソフトになじめなかったけれどなんとか、やれば思い出せそう。 私にもハンディの動画が取れる機械がある。でも古い。バッテリーが二つ付いていて、すぐ取り替えないと持たない。そしてとってみたけれどスマホのほうが美しい気がするわ。 亡父の同じくカメラをぶんどってきた子供に、「それ貸して」と言っているのだけど、忙しいらし [続きを読む]
  • 足元に気を付けるパリ
  • こんな時期にパリ旅行が入ってしまったら・・・お気をつけて、というしかありません。 それにつけても、足場の悪さよ。ほんの少しの外出でも、道がシャーベット状になっているので、くたくたです。きのうはお天気がよく、雪がとけてぽたぽた言う中、薬を取りに出ましたが、「歩道」を作ってあったのは歩いたうちの一本だけ。ちゃんと雪をかけば、歩きやすくなるという見本。 でも・・・そんなことはめずらしい。 日本でもびっくり [続きを読む]
  • 雪でタクシーも・・・
  • 時々利用するタクシー会社からメールが入った。 雪ひどいんで、やすみまーす。 スノータイヤとかチェーンもないし、無理には知らない方がいいよね。こんな日に出発とかなくてよかった(*_*; きのうの朝車で出勤しちゃって、行きはよいよい帰りは恐いになった人も多いらしい。 「早く言ってよ〜」と、怒り?の先は、政府へ向く。天気のことだから、なんともならない。ただ、今は、今日も、気温が下がりそうな明日も、「車は控えなさ [続きを読む]
  • パリに雪が降る
  • 雪が降るあなたは来ない。 だって、電車が動かない・・・とろい・・・車は530キロ渋滞とか・・・。 パリにも雪が昨日少し降り、今日はずっと降っている。そんなに寒くないと思うけれど、パリにしちゃ積もってきた。明日は13センチくらいかも、という話。でも、誰も雪を掃いたりしない。雪かきもしない。だから、夕方はシャーベット状態・・・凍ってはいないけれど、上手に歩かなくてはならない。 TVニュースでは、明日会社を休むの [続きを読む]
  • このブログに不足するもの
  • 思いつくままに脈絡なく書き綴っているこのブログを読んでくださる方々に感謝です。このブログに足りないのは・・・・写真、だよねええ・・・・ セーヌのことを書くなら写真くらい載せないと! →面倒で再度写真をとりに戻ったりはしない現状と→とっても、パソコンに入れて(パソコンで書いてます)・・・というところでフリーズしています。 水は日曜夜にピーク予想で、そのあとは減っていくけれど時間がかかりそうだということ [続きを読む]
  • おおみず
  • 上は大水下は大火事ってなーんだ・・・というのも昭和ななぞなぞになってしまって、今や通じないかもしれないなあ。(答えはお風呂です。) 今年のパリの冬は、大水になやまされているらしいです。セーヌ川の水位があがってきました。外にあまり出ないので、数日前に気が付き、その後ぬくぬくとニュースを見ています。パリ市内はともかく、パリを出ると、川のある地域は水が出てしまっているので、大変なようです。 なかでも、電気 [続きを読む]
  • お怪我はありませんでしたか
  • かなりの氷りようの地域もあったようですが、転んだりされませんでしたでしょうか。 池に氷がはった写真も見ました。道路凍ってる写真も見ました。←これはあぶない。仕事場へ行きたくても渡れなかった横断歩道を思い出させる。 しかし、「氷が張る=歩ける」と普通に考えてしまうようになったのは、いつからでしょう。慣れている国でも、うっかり氷が割れてしまうこともあるそうなのですが。そういう国の場合の道路には、除雪車が [続きを読む]