南風 さん プロフィール

  •  
南風さん: 私家版里山図鑑
ハンドル名南風 さん
ブログタイトル私家版里山図鑑
ブログURLhttps://ameblo.jp/hayenokaze/
サイト紹介文里山に住む昆虫、鳥などの生き物を図鑑風にしてみました。
自由文チョウやトンボなどの名前が分からなかった時、活用下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2008/11/30 06:50

南風 さんのブログ記事

  • オオハナアブ 山茶花にて 2018年初冬
  • オオハナアブ 山茶花にて 2018年初冬 ハエ目ハナアブ科今日の当地(宮崎県串間市)、久しぶりに晴れてお天道さまの顔を見ました。晴れたので気温はそこそこ上がりましたが、風は冷たく、やはり冬だなって思います。でも、まだ霜が降っていない・・・なので例年だったら霜枯れしているはずの皇帝ダリアやヒマワリはまだ咲いていて、それに寒い時期の花ツワブキ、山茶花、それにスイセンも咲いているといった具合で、季節感の感じ [続きを読む]
  • ホソヒラタアブ 皇帝ダリアで採蜜2018年初冬
  • ホソヒラタアブ 皇帝ダリアで採蜜2018年初冬 ハエ目ハナアブ科今日のブログの話題、昨日に引き続き最高気温が20度を越した12月5日&皇帝ダリアで出会った蟲たちから、ホソヒラタアブです。今年は皇帝ダリアの開花が遅かったせいか、この花に来る蟲たちが少なく、ホソヒラタアブの独り占めのような状態です。良質な皇帝ダリアの花蜜を思う存分吸って、ホソヒラタアブのお腹はパンパンにふくれ、しかも良い具合に黄色になっていま [続きを読む]
  • ハリカメムシ 2018年初冬
  • ハリカメムシ 2018年初冬 半翅目ヘリカメムシ科引き続き今日の話題も、最高気温が20度を越した12月5日に出会った蟲たちからです。今日は先月、7年ぶりにこのブログに登場したハリカメムシ。この日はただひたすら、日向ぼっこ。この暑さが、よほど嬉しかったのでしょう。撮影日 2018/12/5 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。下の写真を して応援をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。に [続きを読む]
  • ホシホウジャク 皇帝ダリアで吸蜜2018年初冬
  • ホシホウジャク 皇帝ダリアで吸蜜2018年初冬 鱗翅目スズメガ科今日の話題も、最高気温が20度を越した12月5日に出会った蟲たちからです。紹介するのは、ホシホウジャク。昨日紹介したアカタテハ同様、皇帝ダリアにやってきていました。実はこの皇帝ダリアのすぐ近くには、遅めのヒマワリの花と、今が旬のツワブキの花が咲いているのですが、蟲たちを呼んでいるのはこの皇帝ダリアだけ。皇帝ダリアは、よほど良質の花蜜を提供して [続きを読む]
  • アカタテハ 皇帝ダリアで吸蜜2018年初冬
  • アカタテハ 皇帝ダリアで吸蜜2018年初冬 鱗翅目タテハチョウ科今日も、最高気温が20度を越した12月5日に出会った蟲たちの話題から、アカタテハ。今年は咲くのが遅く、今が盛りの皇帝ダリアで吸蜜していました。吸蜜するのに一息つくと、近くの樹に移動して日向ぼっこ。そしてまた皇帝ダリアに舞い戻る、その繰り返しでした。冬でも気温が20度を越すと、動きは活発になりますね。撮影日 2018/12/5 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 [続きを読む]
  • ツマグロヒョウモン 12月の産卵
  • ツマグロヒョウモン 12月の産卵 鱗翅目タテハチョウ科最高気温が20度を越した12月5日に出会った蟲たちから、今日はツマグロヒョウモンの産卵を紹介します。ツマグロヒョウモンの産卵についてはこれまで何回かであっていて、このブログでも紹介していますが、さすがに12月の産卵は初めてでした。ただ卵でこの冬を越せるかなあ・・・って、ちょっと心配です。撮影日 2018/12/5 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/12/5 撮影場 [続きを読む]
  • ナツアカネ(成熟♂) 2018年12月の赤とんぼ
  • ナツアカネ(成熟♂) 2018年12月の赤とんぼ トンボ目トンボ科12月には珍しく、最高気温が20度を越した5日、いろんな蟲たちが一斉に跳び回っていました。その中で一番目を惹いたのが、ナツアカネでした。つい先日、「2018年最期かな?」と紹介したばかりなのですが、見事に予感が外れ、12月も生き延びていた、と言う次第です。もっとも、現代において、ナツアカネと12月に出会うことはここ数年ひんぱんにあって、驚くことではあ [続きを読む]
  • ハラビロカマキリ 2018年晩秋
  • ハラビロカマキリ 2018年晩秋 カマキリ目カマキリ科晩秋に見たカマキリシリーズから、今日はハラビロカマキリです。見たのは11月29日。ちょうどツマグロキチョウの撮影を終えたときでした。近くに何やら飛んできた気配がしました。見ると、カマキリ。じっとこちらを見ているので、私もつられて見返します。そしてシャッターを押しました。【お断り】この記事、当初は以下の理由でチョウセンカマキリとしていましたが、鶴見様より [続きを読む]
  • オオカマキリ 2018年晩秋
  • オオカマキリ 2018年晩秋 カマキリ目カマキリ科11月下旬、縁側下のコンクリートで日向ぼっこ中のオオカマキリを見つけました。私も縁側に座ってひと休み中。つい私も足でもってオオカマキリにちょっかいを出したら、当のオオカマキリ、面倒くさそうにファイティングポーズをとりました。せっかく良い気持ちでいたのに・・・彼はそう言いたかったみたいですが、そんなことにはめげない私。しっかりとファイティングポーズをしたオ [続きを読む]
  • ジョウビタキ(♀) やっぱり可愛い、、、
  • ジョウビタキ(♀) やっぱり可愛い、、、 スズメ目ツグミ科12月1日、「オオヨコバイ」や「ハンミョウ」を撮っていたら、いきなり目の前のヒメカタシにやってきたジョウビタキです。慌ててカメラを構えました。可愛い、、、ぱはり可愛いです。今の時期からこんなに慣れていると、この冬のシーズン、ジョウビタキの登場回数が圧倒的に増えそうです。撮影日 2018/12/1 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/12/1 撮影場所 宮崎県串 [続きを読む]
  • ハンミョウ(ナミハンミョウ) 2018年初冬の出会い
  • ハンミョウ(ナミハンミョウ) 2018年初冬の出会い コウチュウ目(鞘翅目)ハンミョウ科12月に入って出会った蟲の2種目は、ハンミョウ(ナミハンミョウ)です。ハンミョウとの出会いでは、たぶん一番遅い記録ではないかと思います。(あくまで個人的な感想です)ちなみに一番早い記録は、2010年に出会った2月22日でした。その当時の見かけた地点(日南市)の一ヶ月の気温を見てみると、最高気温が24度の日があったりして、かなり [続きを読む]
  • オオヨコバイ 2018年初冬の出会い
  • オオヨコバイ 2018年初冬の出会い 半翅目ヨコバイ科いよいよ今年も残すところ一ヶ月。月日の移ろいって、早いですね。あっという間に、一年が終わろうとしています。蟲たちの姿も少なくなってきましたが、めげずに今年も最期まで走り続けたいと思います。と言う事で今日登場するのは、拙ブログ2回目の登場のオオヨコバイです。昨日のツマグロキチョウも2回目の登場だったのですが、ツマグロキチョウは個体数の激減による登場回数 [続きを読む]
  • ツマグロキチョウ 環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類
  • ツマグロキチョウ 環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 鱗翅目シロチョウ科わが家の庭でこのチョウに出会ったのは、いったい何年ぶりでしょうか。たぶん、捕虫網を振り回していたこどもの頃以来・・・なので、50年以上たっていると思います。最初はキタキチョウかと思っていたのですが、キタキチョウにしては前翅の頂が尖っています。とりあえず何とか写真に収め、後で確認。ツマグロキチョウと同定いたしました。拙ブログに登場した前回(201 [続きを読む]
  • ジョウビタキ(♂) 蒼空の下で2018年晩秋
  • ジョウビタキ(♂) 蒼空の下で2018年晩秋 スズメ目ツグミ科今日は冷たい雨の降った昨日と違って、朝から穏やかな晴れ。小春日和の1日でした。そこで出会ったのが、ジョウビタキの♂。最初は畑に降りていて、なにやらエサを探していたのですが、私が近づくとスッと飛び立ちました。で止まったのが、近くの枝。蒼空をバックに、あちこち見回していました。でも写真を見ると、何だかもやっとしていてキレがありません。もっとメリ [続きを読む]
  • ジョウビタキ(♀) 雨の日に
  • ジョウビタキ(♀) 雨の日に スズメ目ツグミ科市内某所で2018年シーズン初めてのジョウビタキを見て一ヶ月、ついにわが家の庭でも見かけました。冷たい雨が降る中、枝枝を渡り歩くジョウビタキ、ずいぶんと慣れているなあ・・・そんな印象です。2018年のシーズン、チョウやトンボなどとの出会いは少なかったのですが、案外、鳥たちとの出会いは多いかも。そんな思いがよぎった、晩秋の朝でした。撮影日 2018/11/28 撮影場所  [続きを読む]
  • タテハモドキ 低温期型の特徴
  • タテハモドキ 低温期型の特徴 鱗翅目タテハチョウ科11月25日、タテハモドキ数頭が、わが家の庭にやって来て日向ぼっこをしていました。もちろん秋型(低温期型)です。動きが鈍いタテハモドキをじっくり観察していたら、表翅の外縁部が茶褐色の帯状になっているのに気づきました。夏型は、この外縁部に三条のスジが走っていて、あきらかに違います。タテハモドキの秋型、夏型の違いは裏翅の模様で判断していたのですが、開翅して [続きを読む]
  • ナツアカネ(成熟♂) 2018年最期かな?
  • ナツアカネ(成熟♂) 2018年最期かな? トンボ目トンボ科この秋、めっぽう個体数の少なかったナツアカネ、わが家の庭先では、今のところ11月17日に♂と♀を一緒に見たきりお目にかかっていません。と言う事は・・・「2018年のシーズン、11月17日が見納め」と言う事でしょうか。例年なら12月に入っても見かけたので、ちょっと寂しい気がします。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。下の写真 [続きを読む]
  • ホシホウジャク ヒメカタシで吸蜜
  • ホシホウジャク ヒメカタシで吸蜜 鱗翅目スズメガ科11月、晩秋の小春日和に、ヒメカタシで吸蜜していたのは、ホシホウジャク。毎度の事ながら、芸術的なホバリングをみせてくれてました。ところでこのホシホウジャクですが、圧倒的に秋に姿を見ることが多いように思います。昨日紹介したイチモンジセセリ同様、秋に爆発的に個体数が増えるのでしょうかね。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場 [続きを読む]
  • イチモンジセセリ ヒメカタシで吸蜜
  • イチモンジセセリ ヒメカタシで吸蜜 鱗翅目セセリチョウ科11月になって少なくなったとは言え、まだまだ頑張っているイチモンジセセリ。この時期、花が少なくなって花蜜集めに苦労していると思うのですが、ヒメカタシで一心不乱で吸蜜中です。ところで2枚目と3枚目の写真、イチモンジセセリの隣にいるのは、ツマグロキンバエ。つい「遠慮せんで、花蜜集めなきゃ」と、ハッパをかけたくなります。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮 [続きを読む]
  • アカタテハ ヒメカタシで吸蜜2018年晩秋
  • アカタテハ ヒメカタシで吸蜜2018年晩秋 鱗翅目タテハチョウ科昨年もヒメカタシの花に吸蜜にやって来たアカタテハ、今年もちゃんとやって来ました。来る冬に備えての、栄養分の補給中でしょうか。これまでこのブログに登場したアカタテハの記事を見返してみると、圧倒的に秋から初冬にかけての登場が多いですね。チョウが少なくなる時期に、結構このブログへの貢献度、高いですね。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮 [続きを読む]
  • ネコハエトリ 2018年晩秋
  • ネコハエトリ 2018年晩秋 クモ目ハエトリグモ科触肢が可愛いネコハエトリも、穏やかな小春日和の日差しの下で、元気に捕食活動に勤しんでいました。ネコハエトリの出現時期は、ものの本には4月から8月となっているモノが多いのですが、なかなかどうして秋が深まっても頑張っています。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日  [続きを読む]
  • コカマキリ 2018年晩秋
  • コカマキリ 2018年晩秋 カマキリ目カマキリ科小春日和の穏やかな1日、浜木綿の葉の上で見つけたコカマキリです。獲物を探しながらも、暖かい日差しについなごんでいる感じ。でも私が移動するたびに、顔は絶えず私の方を見続けています。「一時も油断はしていませんよ」そんなコカマキリでした。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間 [続きを読む]
  • ハリカメムシ 2018年晩秋
  • ハリカメムシ 2018年晩秋 半翅目ヘリカメムシ科先日紹介したクロウリハムシのすぐ近くにいたのが、このハリカメムシでした。体長は12mmほどで、ハリカメムシの中でも大きい方でしょうか。よく見ると、口吻を葉に突き刺して、吸汁しているみたいです。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。下の写真を して応援をいただけると幸いです。よろ [続きを読む]
  • オオスズメバチ ヒメカタシにて2018年晩秋
  • オオスズメバチ ヒメカタシにて2018年晩秋 ハチ目スズメバチ科今年もヒメカタシに、オオスズメバチがやって来ました。頭を花を突っ込んで、豪快に吸蜜中。吸蜜中というより、花粉を食べているような感じです。ヒメカタシにオオスズメバチ。なかなか画になる構図です。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影 [続きを読む]
  • クロウリハムシ 2018年晩秋
  • クロウリハムシ 2018年晩秋 コウチュウ目(鞘翅目)ハムシ科小春日和の穏やかな日差しを浴びて、クロウリハムシも日向ぼっこ中。でもなぜか、葉の裏側にいる個体も。暖かさにたまりかねた・・・と言うわけではないでしょうけど・・・。撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市撮影日 2018/11/17 撮影場所 宮崎県串間市ランキングに参加しています。下の写真を して応援 [続きを読む]