セミ君 さん プロフィール

  •  
セミ君さん: Teppei Ikehila
ハンドル名セミ君 さん
ブログタイトルTeppei Ikehila
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/betterhalf20012001
サイト紹介文朝の始まりの予感。透明な色彩と青の光。 翼が深海と呼応する。
自由文ずっとそこに居たくなるような絵の世界です。
現実の日記とは思えない何かに挑み続けるような彼の日記は、いつも僕を元気づけてくれます。
皆さんもぜひご覧になってみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/11/30 19:05

セミ君 さんのブログ記事

  • 3ブランド合同展示会「Coup de couer!」
  • パーツ段階の写真とネックレスになった完成画像。OFFICE BACTEEIA KanaeBriandet×TeppeiIkehila 新作の「カヌーと水面レンズのネックレス」(レンズ部分は拡大鏡になっていてちゃんと使えます。)前にカナエとブルターニュでカヌーに乗った時、水面がレンズのようになって空を映して雲の高さに浮いているようでした。(どちらも一点ものです!)明日から 21日(日)まで 代々木上原のギャラリーDo progetto、3ブランド合同展示会「 [続きを読む]
  • 絵を描く3人
  • トークイベント「絵を描く3人」たくさんのご来場ありがとうございました。この日は朝から、息子がもうすぐスポーツテストがあるから50m走のタイムを計って欲しいというので、自宅の前の道路を巻尺で50m測って、さらに、お父さんのタイムも計ろうということになり、20年ぶりくらいに全力で50m走を走った後トークショーへ向かいました。この日お二人には初めてお会いしましたがすぐに好きになりました。北澤さんは一つのお菓子のパッ [続きを読む]
  • 世界で一冊の絵本を作ろう
  • 「世界で一冊の絵本を作ろう」が米子市のホームページで読めるようになりました!http://www.city.yonago.lg.jp/item/29315.htm#pagetop米子市立図書館にて3歳から70歳代まで88人の力を借りて作った絵本です。一人一人がこの世界を回す重要な一部分です。決して一人では描くことはできなかった長編絵本をどうぞごゆっくりお楽しみください。(お時間がありましたらアンケートで感想をお聞かせ頂けるととても嬉しいです。) [続きを読む]
  • 絵本づくり
  • 米子市立図書館「世界で一冊の絵本を作ろう」で完成した88枚の絵を文章で1つにつなぐ。ようやく僕の力を解放する時が来た。このワークショップで僕はまだ鳥取旅行と参加者の応援しかしていない。とても力を温存させている。何か技術を教えるわけでもなく、特別な画材を使うわけでもなく、描き方も参加者に自分で考えてもらった。「講師として呼ばれて教えることが何もない。」そう思うと前日は怖くて眠れなかった。画家になる為に [続きを読む]
  • トークイベントのお知らせ
  • 渋谷.道玄坂の本屋さんBOOK LAB TOKYOでトークイベントを開催して頂けることになりました。Life Design booksから出版した絵本を手がけた三人の作家による対談です。皆様のご来場お待ちしております!日時 4月14日(土)14:00〜16:00場所 BOOK LAB TOKYO http://booklabtokyo.comお申込みフォーム  http://tokyomermaid.jp/2018/03/13/form/facebookページ https://www.facebook.com/events/133152200847408/ [続きを読む]
  • 柴又 FU-TEN アートルームプロジェクト
  • 柴又FU-TENアートルームプロジェクト。ホテルの最上階の各部屋に14名のアーティストがそれぞれの柴又を表現します。僕は部屋一面の壁画と、もし自分がそこに住んだらと想像しながらドローイングや小作品を設置します。1作品目は帝釈天で見た猿の石像です。https://motion-gallery.net/projects/futenarthostel(クラウドファンディング今日までです!)帝釈天の猿の石像 [続きを読む]
  • アートフェア東京 2018
  • アートフェア東京4日間ありがとうございました。昨年末から1日も欠かさずに絶好調でいないと間に合わない毎日でした。そうやって全力を尽くした出来たての新作をこんなに大勢の人の見える場所に置いてくれたブルーノに本当に感謝しています。そしてご来場の皆様と、今日まで僕を絶好調でいさせてくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します! [続きを読む]
  • Makina オフィスバクテリアフェア
  • Makinaでのオフィスバクテリアフェア。18日まで行っています。先日はわずかな時間ですが僕もお店に滞在させて頂きました。1点1点掛け替えのない宝物のように扱ってくれるとお店とお客様の作品と向き合う姿勢に感動しました。引き続きよろしくお願いいたします。Makina https://www.facebook.com/makinayonago/ [続きを読む]
  • FU-TENアートルームプロジェクト
  • FU-TENアートルームプロジェクトの方に柴又の町を案内してもらいました。あれもこれも本当にお勧めの場所だらけで楽しい1日でした。僕の作品を見に来る人もここを通るのかと思うとワクワクします。そしてそれ以上にお勧めの場所を自分が作らなければなりません。僕はとてもやる気でいっぱいです。初めて柴又を歩いた感想とこれから制作へ向かう思い、僕の紹介を掲載して頂きました。クラウドファンディングも行なっています。ぜひ [続きを読む]
  • 世界で一冊の絵本を作ろう
  • 「世界で一冊の絵本を作ろう」場所 鳥取県 米子市立図書館主催 米子市市民人権部男女共同参画推進課88点の作品が完成しました。どの作品も一つも似たものがなく、全員が自分の描き方を発明しながら88通りのやり方でやり遂げてくれました。1人で88通りもの全力投球した絵を描くことはほとんど不可能に近いと思います。みなさんの力なしには出来ない今日を作ることができました。これからこれを絵本にしていきます。切り抜くこと [続きを読む]
  • アートフェア東京2018
  • 今年もアートフェア東京にgallery bruno massa より出品します。最新作を制作中です。会場 東京国際フォーラムgallery bruno massa ブースNo N35開催日時3月9日(金)11:00 〜 20:003月10日(土)11:00 〜 20:003月11日(日)11:00 〜 17:00ART FAIR TOKYO 2018 https://artfairtokyo.com実は作品がまだまだ未完成です。その日に描きたいものを画面に加えていくという方法で描いる僕の場合、まだ未完成というのは満足のいく作品に仕上 [続きを読む]
  • 米子市立図書館ワークショップ 世界で一冊の絵本を作ろう
  • 米子市広報誌「よなご 2月号」の裏表紙鳥取県 米子市立図書館でワークショップを行います。今回は場所が図書館であることから絵本を作ることにしました。なぜなら、図書館には世界中の素晴らしい本が集まっているからです。ここで本を読むのではなく、本を描くことは、オリンピックを観戦するのではなく、オリンピックに出場することと同じです。僕と一緒にそれをやりましょう。このワークショップの為に僕は5枚のうさぎの絵を描き [続きを読む]
  • ギャラリーゴトウ 20周年記念 展
  • (出品作品 光の行進 2015 32.0cm × 41.0cm oil on canvas)ギャラリーゴトウ20周年記念展に出品します。銀座にお越しの際はどうぞお立ち寄りください。2018年2月5日(月)〜2月16日(金)営業時間12:00〜18:00 (11日(日)、12日(月・祝): 12:00〜17:00 ※会期中無休)(最終日: 16:30)http://www.gallery-goto.com [続きを読む]
  • おばあちゃんへのプレゼント
  • 老人ホームに入居しているおばあちゃんに大きな絵をプレゼントしに行きました。これは僕自身が後悔しない為にどうしてもしたかったことです。ちょうど娘が保育園に通い始めた頃、おばあちゃんもディサービスに通い始めました。人見知りなおばあちゃんは最初は嫌がりましたが、2才の娘でも泣きながら保育園を頑張っているのに大人のおばあちゃんが嫌がっている場合ではありません。今では娘もおばあちゃんもすっかり慣れて楽しんで [続きを読む]
  • 2018年 1月 雪
  • 世界はとても美しく、子ども達は本当に楽しそうにはしゃいでいる。でも僕には大変なことの方が多すぎて心から雪を楽しめてはいなかった。なかでも2才の娘を抱っこして歩く保育園までの往復一時間は大変だった。一昨日から今日で3日目。今朝も凍った路面を滑らないように娘を抱えて保育園まで歩いた。これもいつかは良い思い出に変わるのだろう、とか考えながら。滑らないようにゆっくり歩く帰り道、だんだん自分に怒りが湧いてきた [続きを読む]
  • シジュウカラ
  • 毎日アトリエに遊びに来るシジュウカラが可愛くてたまりません。一日中窓の外から僕が絵を描くのを見ています。だから僕は色々な絵を窓の外に出して見せてあげます。今日は地球の絵を見せました。凄く似合っていたので一緒に写真を撮りました。水色の器を下に落としてこちらを見ているのはたぶん、「絵ではなくてひまわりの種をください」と言っています。 [続きを読む]